2017.02.16 21:19|注目中の株
 こんばんは。決算シーズンもほぼ過ぎたので2月時点でのリストを。理解が進まなかったり興味がなくなったり比較対象としての役割を終えた銘柄などを外しています。

単価=目標株価(基本的には期末の数字で計算。会社の来期予想が減収や減益で幅が大きいものは予想を反映しました。じゃないと目標株価が高くなり良く見えてしまうので)
株価>単価 割高
株価<単価 割安

※全てが欲しい銘柄ではなく、欲しい銘柄の比較対象も入っています。
※期中に株式分割、併合などあった場合は目標株価は変わります。一通り確認はしてますが、見落としがあったらすいません。
※個人的な目途な数字です。暖かい目で見て下さい。
※全167社

●自動車関連(17社)
201702注目自動車関連
 ネクステージやKeePer技研は値動きが激しいですね。IDOM(旧ガリバー)は業績悪化してますが小売の数字は良いです。ネクステージその他は悪くありません。

●小売・卸売(28社)
201702注目小売・卸売png
 2月時点でもまだ厳しい状態が続いており店舗系は大変そう。シュッピンのようなEC系は好調でした。宝飾系の決算はなかなか良かったです。上場して間もないスタジオアタオ、リネットなどは依然として高値維持ですがリネットは決算を通過して崩れてきている印象です。


●産業機械(23社)
201702注目産業機械
 良かったり悪かったりマチマチの決算。レオン自動機や日本ピラー工業、レーザーテックなどは良かったのですがそれ以外はパッとしなかったです。

●IT・マスコミ(19社)
201702注目ITマスコミ
 インタースペース、ウェルネット、アイドマなどを追加して結構充実してきたかなと思ってます(笑)。ワコム、イマジカの二凶は保護観察中。インタースペースかファンコミュどちらかが欲しいと考えているのですが現在迷い中です。ちょっとサービスを体験してみたいのでアフィリエイトをやるかも。

●不動産・金融(12社)
201702注目不動産金融
 日本管理センターは決算の数字も良く来期見通しもこの会社にしては控えめですが良いものでした。GMOクリックHD、ヒロセ通商などはマネパの比較対象として入れています。三協フロンテアは目標株価を超えて残念。東証は100株に統一したいようですが、ここはいつ100株単位に変更してくれるんでしょうか(笑)。

●環境・インフラ(10社)
201702注目環境インフラ
 昨年の熊本地震で注目した土木、建設、応用地質などは本決算はあまり良くありませんでした。地震発生から半年ぐらいで何か動きがあるかと思ったのですが16年度の数字にはあまり出ませんでした。ただ、今後も注目したいです。

●流通(9社)
201702注目流通
 本日はANAが急な会見をすると言うことでスゴイ下ヒゲ。内容は業績ではなく社長交代と言うことで13時過ぎから戻しましたが凄かったですね(苦笑)。SBS、丸和は順調と言う印象。ちょっとSBSの来期予想が悪いかもしれませんが事業の特性上仕方ないかなと。丸和は業績堅調に加え財務も良くなってきており個人的にすごく良い印象。株価はほぼ目標株価と一致するぐらいになりました。

●飲食(15社)
201702注目飲食
 飲み屋系の銘柄は全店売上はプラスですが、既存店がず~~~と前年割れしている銘柄が多く、素人ながらにそれでいいのかな?と思っていたのですが、先日、APカンパニー社長のインタビューか何かで間違いだった的な話があったのでやはり良い訳ではなかったようです。あまりに長い間出店、出店を繰り返すので今時はこのスタイルが流行で正解なのかと考えそうになってしまいました(笑)。きちり、チムニー、ハブ、ホットランドも同じような感じなので大丈夫なのかと観察しています。

●教育・趣味(6社)
201702注目教育趣味
 ついに東京個別が1,000円台に突入。持ってれば5倍高だっただけに笑うしかないですね(笑)。ただ、正直割高だと思います。

●(自分的)超優良(28社)
201702超優良
 結構減らしました。凄く良い会社ばかりでしたが医療機械系はやっぱり理解できそうにないので外しました(笑)。株価もみんな高いですし。アサンテはシロアリ駆除の会社で上場以来ずっと見てましたがもういいかなと(笑)。
 ここ数年ずっと良い数字を出してきた会社が多いのですが他のリストに比べてさすがに今決算は息切れ感が(息切れ感と言っても利益率などを見るとそれでもスゴイ数字が並びますが)。クックパッド、インフォマートも株価が低調で、株価的にはスタートトゥデイ、ニトリが非常に好調でした。インフォマートは株式分割がいらなかったような気が。シマノは4四半期連続で営業利益が前年割れ。-30、-18、-27、-19%となっても最終的な営業利益は19.98%もあり化け物かと(笑)。
 全銘柄がプラスになっており、全て目標株価で買うと元金は1,017万円ほどで評価損益は約738万円、率にすると+72.6%と高いパフォーマンスとなっています。もうこのリストは見て楽しむだけのものになりました(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2016.12.30 19:12|注目中の株
 こんばんは。12月末時点で注目リストです。

単価=目標株価(前期末の数字で計算)
株価>単価 割高
株価<単価 割安

※全てが欲しい銘柄ではなく、欲しい銘柄の比較対象も入っています。
※期中に株式分割、併合などあった場合は目標株価は変わります。一通り確認はしてますが、見落としがあったらすいません。

●注目自動車(19社)
201612注目自動車
 今まで自動車メーカー自体は追っていなかったのですが、今年下半期に入り日産に勢いが出てきており、来年以降国内販売が面白そうだと感じたので今後は決算を追っていくことにしました。オートバックス、イエローハット、ソフト99、ロックペイントなどを追加し、不動産に分類していた駐車場銘柄をこちらに移したので前回より数が増えています。市場を細かく見れば部品などの会社もまだまだあるのですが、製造過程までは興味がなくあくまで完成車が市場に出て以降の周辺企業を調べているので、現在の企業を中心に追って行こうかと思います。

●注目小売(28社)
201612注目小売
 服、バッグ、靴、メガネ、家具、時計、宝石、カーテン、リユースなど生活に身近で、大抵の人が知っている企業が多くリストの中では一番親近感が持てるグループになりました。超優良に入れているシマムラ、ニトリ、ファーストリテイリング、ワークマンなどを加えた企業群を見ていれば、だいたいの消費動向が見えるかな?と考えています。

●注目産業機械(22社)
201612注目産業機械
 
●注目環境インフラ(11社)
201612注目環境インフラ
 
●注目不動産金融(12社)
201612注目不動産金融
 以前から金融系の銘柄にも興味を持っており興味のある企業が見つかったら調べたいと思っていたので今回からマネーパートナーズグループをリストに入れています。FXの会社ではありますが、興味があるのは2017年にビットコイン関連になりうるのか?と言うことと、ここが発行しているマネパカードが非常に便利そうと言うことです。春先にビットコイン銘柄としてお祭りになっていましたが、未だ取引開始には至っておらず今後の動向が注目されるところです。取引自体はすぐにでも開始出来るらしいのですが、法整備や会計処理をどうするかなど色々と問題があり現状は足踏み状態らしいです。なので既に実際に流通しているマネパカードが今後知名度を上げていくのかが現在一番の注目点でしょうか。本業のFXは円高局面が続くと弱い印象があるので為替動向にも注目したいと思います。日本ではロング一辺倒の人が多いと聞くのでそういう影響もあるんでしょうか。

●注目流通(7社)
201612注目流通
 秋からの円安局面で観察していたエーアイテイーが800円台から1,000円台後半になってしまいました。円安はプラスとは認識していたのですが割高感を感じたので買えませんでした(苦笑)。買いたいとかは全くないですが、ANAをリストに追加。いつも訪日、出国動向などは追っていますが、もう少し詳しくなりたいのでこういった銘柄にも少し目を向けようかと思ってます。

●注目飲食(15社)
201612注目飲食
 ブログには書いてませんが一応は毎月月次をチェックしている企業が14社ほどあり、飲食系も小売同様今年はあまり良くありませんでした。飲み屋が一番悪くて既存店月次が全くプラスにならない企業が多いですね。ファミレス系も下半期に入ってマイナスが続いてますし低調で、サイゼリヤとトリドールの奮闘が目につく程度でしょうか。今年上場したコメダも月次を見てみると3~11月の9か月間で既存店の前年割れが7回となっており上場前の雰囲気からすると少し「あれ?」と言う感じです。

●注目ITマスコミ(19社)
201612注目ITマスコミ
 ファンコミュは欲しいなぁと考えてはいるのですが、社長さんのツイッターを見て少しゲンナリしており、主力サービスの一つの低下傾向に歯止めの目途がつかない印象を持っていることもあり保留中。VOYAGEは最近バンダイなどのリアル企業?と提携を発表していますが、業績への影響が見通せないので保留。先行投資などで減益が続く見通しを会社が示しているのですが次の決算以降で何か変化があるのかを注目しています。

●注目教育趣味(6社)
201612注目教育趣味
 東京個別が最近スゴイですね。とうとう今日の終値で946円となり、自分が保有していた時の800円台を余裕で上抜いてしまいました。先日発表されている生徒数などの伸びはまずまずの数字でしたからその辺りが好感されているんでしょうか? ここまで伸びるとは少々意外でしたからビックリです。

●超優良(45社)
201612注目超優良1
201612注目超優良2
 目標株価(単価)と比較した場合の評価益率でマイナスなのは45社中わずか3社。自分なりに評価して超優良リストに入れているので高PER、高株価なのは仕方ないのですが、あまりに高過ぎてとてもじゃないけど手が出せません(苦笑)。新年度に入りインフォマートが株式分割を迎えて684円ほどとなり金額的には買い易くなったのですが、PERは60倍以上…。普段PERを見て売買はしませんが、分割後の目標株価は161円なので乖離が大きすぎますね(苦笑)。
 分割したことによって僕のようなのは買い易い株価となりましたが、普段デイトレなどしている人にとっては旨みはない印象です。(税金を考慮せず)同じ1万円を儲けようと思うと、1,000円の株価なら10%上がればいいですが、これが600円の株価だと約16.7%必要となり手間がかかりそう。2万円を株価1,000円で儲けるなら20%ですが、600円なら33.3%も必要ですから枚数や回転率を上げないと厳しそう。しかも今回の分割で発行済株式数は1.29億株とかなり多くなったため板を消化するのも時間がかかりそうですしね。ただ、上がりづらそうになった反面、下がりづらくなった気もするので会社としてはそれでいいのかな?と言う気もします。しかし、こんな小型株で1.29億株ってスゴイ数ですが、エリアリンクのようにならないか心配ですが、業績やサービスを見る限り一緒にするのは少し違うかなと思われます。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.11.13 17:19|注目中の株
単価=目標株価(前期末の数字で計算)
株価>単価 割高
株価<単価 割安

※ワコム、イマジカなど「問題児」は今期会社予想で概算
※全てが欲しい銘柄ではなく、欲しい銘柄の比較対象も入っています。
※期中に株式分割、併合などあった場合は目標株価は変わります。一通り確認はしてますが、見落としがあったらすいません。

●注目自動車関連
201611注目自動車関連
 ネクステージ、中央自動車工業が好調。自動車産業のWeb情報サービスの3901 マークラインズを新しく追加。統計などをいつもここで見ていて重宝しており、世界の自動車販売台数など随時更新されるので助かります。ずっと見ていたのですが、最近上場会社だと気づきました(笑)。
 中古車市場は1~10月累計で100.3%と前期並みでしたが、10月単月は92.5%と低調。輸出抹消登録台数は累計で94.7%ですが、10月単月は121.8%と好調。ただ、これは前年が10月が74.6%と絶不調だったためで台数自体はそれ以前より若干少ないです。中古、輸出車市場の回復はまだ先と言う印象。

●注目小売卸売
201611注目小売卸売
 天候不順の影響などを受けて全体的に低調。ずっと月次が好調だったライトオンも7月以降の月次は低迷、株価は4月から下がり続けてますが、900円台に入ったことで下げ止まりを期待したいところです。
 リユースも現状は厳しくハードオフ、トレファクなども下方修正。「リユース」と言う括りで見ればシュッピンはかなり頑張っている印象です。マーケットエンタープライズはMVNO事業に手を出してしまったので、買いとは思わなくなりました(笑)。
 スノーピークの株価がいまだに高値を維持しているのは結構驚き。決算が良いからなのですがここまで頑張るとは…。

●注目産業機械
201611注目産業機械
 トランプ勝利で注目されてきたインフラ関係ですが、現状では良い悪いが分かれています。リストにはありませんが、ショベルカー大手の竹内製作所が最近人気ですし、高所作業車のアイチC、特殊車両車の兼松エンジニアリング、消防・救急車などのモリタHDは決算が良かったです。建設用クレーン最大手のタダノは減収減益で減益率は-37.6%と大きな減少。コマツも関連銘柄として買われましたが、中間の減益率は-35.2%ですから好調なわけでもなさそう。今悪いから買う、と言うのも良いのですが、どうせならどの銘柄も最悪になった時に買いたいです(笑)。
 椿本チェインは為替の影響もあり悪く、レオン自動機も悪いかなと思ったのですが、海外が低調でも国内が好調となり増収増益となりました。これは少し意外でした。ポンプの鶴見製作所は下方修正。汎用品が多いとある程度統計通りとなることが確認出来ました。
 機械向けシール大手のNOK、イーグルの親子会社はともに大きな減益ですが、日本ピラー工業は増収増益と明暗が。

●注目環境インフラ
201611注目環境インフラ
 海外売上高比率が異常に高いデクセリアルズがどんな決算か注目していましたが、通期予想が赤字に。配当は55円予定としていますが配当利回りは6.68%となっており、本当に出すのかな?と言う感じ。上場してすぐの業績悪化ですが為替や市況の影響を受けやすい事業なので、回復待ちですね。
 エリアリンクと同日に株式併合をしたDICは併合直前の安値1,950円から今日現在で3,125円と+60.3%の上昇。よく言われる併合は株価にマイナスと言うのが必ずしもそうじゃないことを証明しています。結局は業績とその時点の相場などが重要なんでしょうね。過去の併合を見ても短期はともかく、中・長期で見るとほぼ関係なさそうです。
 建設技術などのインフラ系は熊本地震や鳥取地震などで注目されましたが、まだ数字には出てない雰囲気。最注目している土木管理総合研究所は決算が11/14予定なので楽しみです。個人的には次の四半期あたりから数字が上がるんじゃないかと思っているのですが、どうでしょうかね。

●注目不動産
201611注目不動産
 いいなぁと思ったのはやはり9639 三協フロンテア。地震などからの需要が下期は落ち着くでしょうが、上期が絶好調でした。配当もいいのでいつか欲しい銘柄ですが、1,000単位なので手が出せません…。目標株価より下なので、出来るだけ早い時期の100株変更をお願いしたいです(切実)。
 底地事業大手のサンセイランディックは11/14が決算発表で楽しみです。ここは配当利回りが1.75%と低いので、5円ほどの増配をすれば上に吹っ飛ぶ気もしないではないのですが、どうでしょうか? 四半期ごとの業績が読みづらい点はありますが、なかなか良い会社のように思うだけに注目はしておきたいです。

●注目流通
201611注目流通
 春に問題があったエイジスは現在も毎月取り組みについてIRを出してますね。月次は8、9月に少し落ち込みましたが、10月は回復。今後四半期ごとに平準化が進むかも注目しています。
 9381 エーアイティーはTPPが気になるところですが、まだ対中国が主役なので影響は小さいかな? 2708 久世は中間を上方修正しましたが通期は据え置き。利益率が向上しないと厳しいのかな?

●注目飲食
201611注目飲食
 サイゼリヤ、トリドール、くらは良いですが、飲み屋系はダメですね。好調だった日高屋でさえ既存店が3か月連続マイナスで、ハブが若干頑張ってるかな?と言う程度。エーピーカンパニー、きちりなどは全店のプラスが続くものの既存店はずっとマイナスとコストが回収できません。チムニーも厳しいですし、まだまだ飲み屋系には手を出しづらい気がします。一時勢いが良かったモスバーガーもマックの回復に合わせて落ちてきてますし、少し微妙な雰囲気。

●注目IT・マスコミ
201611注目ITマスコミ
 9412 スカパーは思ったより悪くない数字。衛星が輸送中の事故で打ち上げ延期になったことを除けばそこそこの数字です。YouTubeを見ていると、おすすめでエロ番組が出てくるのですが、あれはスカパーの番組の違法アップロードでしょうか? 内容がヒドイのでやめて欲しいんですが(笑)。
 ファンコミュとVOYAGEは勢いが無くなってしまいましたが、どうでしょうね? 目標株価より下なので欲しい気もするのですが似たような銘柄も多いですし、ネット広告やアフィリエイトに疎い自分としては、どの辺りが会社の強みなのか判断が難しいです。大幅に割安なら、間違っても大きな損失にはならないと思いますが、う~ん。セレスも含めて他の銘柄より将来図が描けないので手は出しづらいです。

●注目教育・趣味
201611注目教育趣味
 他の塾関係を見ているとそんなに悪くなく、先に終わっていた東京個別の決算と比較すると「あれ?」と言う感じ。為替の影響を受けやすいヤマハはそれでもなんとか中間単体の営業利益を+3.94%とプラスを維持。1Qの+33%と比較するとかなり見劣りするので、直近は売られてますね。ピークアウトが近い雰囲気も。

●超優良
201611超優良1 201611超優良2
 浜松ホトニクスが微増益、二桁減益決算。10月からの今期予想も減益となり売られてますね。減益予想と言えど営業利益率は15.5%と高い水準なのですが、株価が高いだけに仕方ないかなと。業績好調が続いていた三菱鉛筆は二期連続で20%台の減益。ヤマハもそうですが、オールドエコノミーの優良会社に少しピークアウトの動きがある印象です。
 クックパッドは今日現在で961円と以前と比較してかなり手を出しやすい株価になったので検討していますが、どうせなら目標株価より下で買いたいので待ってみることに。経営陣がゴタゴタしてますし不安材料もありますが、今のところ業績に問題はないのでいつかは、と言う感じです。
 インフォマートも欲しいのですが、株価はだいぶ高め。12/31基準日で株式を二分割するそうなのですが、今日現在は1,090円となっており、こんな水準で分割したら値幅の小さい株になってしまう気が。短期トレードで値幅を狙うなら1,000円以上の株価の方が都合良いので、そういう意味では妙味が少なくなるのかも。現在で6,485万株なので分割したら1.29億株となり、数は違いますがヤフーみたいになる気が(笑)。

 大手からレーティングが出る会社もいくつかリストに入っているのですが、決算発表直前にレーティングを上げておいて、実際決算を見たら悪かったと言う銘柄がチラホラありました(毎度ですが)。元々証券会社のレーティングは参考にもしてないですし、なんならウソだと思っているぐらいなのですが、会社の発表を見て精査して評価するのがレーティングだと考えると、決算発表前のレーティング変更はなかなかクレイジーだと思いました(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.08.30 22:58|注目中の株
 こんばんは。まとめをしている関係で注目リストを大雑把ではありますが、業種別に分けました。決算参考用としていた銘柄も入れたので、全168銘柄となりました。全部が全部欲しい銘柄ではなく、注目している銘柄1社だけを観察しているより比較対象となる会社があった方が事業内容や優劣を理解しやすいので数が多くなっています。それでも以前まで数四半期観察していて追う必要がないと思った銘柄を20社ほど外しており、幾分決算時期が楽になるかなと思います(笑)。

単価=目標株価(前期末の数字で計算)
評価損益率 プラス 割高
評価損益率 マイナス 割安

●自動車関連
201608注目自動車関連
 新車ディーラーは今後増える可能性は低く、中古車業界への新規参入は障壁が低いため競争が激しくなるかなと考えてます。ホンダの新車ディーラーの最後発はVTHDらしくそれ以降はないらしいですし、日産ディーラーも経営者の高齢化、後継ぎがいない、経営が上向かないなどの理由でVTHDに買収を相談する例も。
 自動車の保有期間が約8年ほどに伸びており新車買い替えまでの時間が長くなってますし、新車販売台数は緩やかな低下傾向。反面保有台数は徐々に伸びているためディーラー各社は整備・車検に力を入れています。元々、新車販売の粗利益は10%~20%ほどと利益は薄く、整備・車検サービスの高い利益率(30~40%)が生命線かと思われる事業です。

●小売・卸売
201608注目小売・卸売
 8%の消費増税以降伸びてはいましたが、この1年間は低調な推移。ずっと好調だったリユースも最近は低調になってきているので、更にお財布のヒモが堅くなってます(苦笑)。
 値下げを始めている会社も出始めており、いの一番に「デフレだ、デフレだ」とマスコミに目をつけられる業種ですが、出来れば値下げはせず乗り切って欲しいです。値下げラッシュになると物価見通しが下がり、期待インフレ率も落ちると株価的にはマイナスなのでどうにか…。

●産業機械
201608注目産業機械
 海外の生産拠点を持つ会社が多く、海外売上高も高い銘柄が多いので為替の影響を受けます。世界経済が低調になると業績が落ちる傾向大。反面、高いシェアを誇る製品が多いので回復期間に入った時の伸びは高いのが特徴ですね。財務が良いですが、地味な会社が多いです(笑)。なかにはリーマンショックなどの景気低迷期でも赤字にならなかった会社もあるので高いシェアはかなり重要な要素かと思います。

●環境インフラ
201608注目環境インフラ
 過去に地震など災害が起きた四半期は特別良い数字にはなりませんが、期を追うごとに仕事が増えていく印象を持っています。6171 土木管理総合試験所などはいいなぁと思っているので今後も注目したいです。

●不動産
201608注目不動産
 販売用不動産など保有資産が多ければ目標株価は高めに出がちなので注意が必要ですね。不動産銘柄は現在は難しい時期なので手は出しづらい気も。この中なら9639 三協フロンテアが好きなのですが、1,000株単位なので買えません。コツコツ買って90万円ならいいのですが、一回で90万の株は無理です(笑)。

●流通
201608注目流通
 4659 エイジスの4月の黒企業騒動は何だったのかと思うほど業績、株価は好調。注目しているのは9381 エーアイテイーで中国向けサービスに加えて北米航路を始めたらしいのでどうなるか楽しみな銘柄です。素直に陸運関係を見れば良いのですが、あえて海を見てます(笑)。

●飲食
201608注目飲食
 消費増税で値上げが奏功。昨年度までは高単価の食事も売れていましたが、最近少し陰りも出てきている雰囲気。デフレに戻らないためにも値下げせずに踏ん張って欲しい業種ですね。

●IT・マスコミ
201608注目ITマスコミ
 自分的にはここの判断が一番難しいかも。2461 ファンコミュなどは株価的にもいいなと思ったのですが、数年前までの業績の伸びが見込みにくくなった印象も。ただ、他のIT関連もそうですが、どこかと提携などのIRが出ると跳ねることがあるので面白そうな業種ではあります。

●教育・趣味
201608注目教育・趣味
 一番注目しているのは当然4745 東京個別です。最近どんどん株価が落ちてきているのですが今現在の業績はまずまずの印象ですし季節的、需給的なものか、単純に株価が高いのかなと。9月に入れば入会者数が発表されますし反転の兆しになるか注目しています。400円台前半なら再度買おうかと思ってます。明光はFCの給与不正などの悪評もあり株価低迷。業績も急に悪くなったので現状は見ているだけですね。
 7951 ヤマハ(音楽の方)は600、700円台で500株ほど保有していたことがあるのですが、相場の波に飲まれて安値で売却。その後安倍さん登場で上昇し続けて現在は3,360円ほどとなり約5倍に…。投資を始めてからの売却で一番後悔している銘柄ですが、投資を始めたばかりで何の基準もなく買っていたころの話なので当時はどうしようもなかったです(笑)。

●超優良
201608超優良1201608超優良2
 以前より少し下がって来ましたが依然として割高感のある銘柄が多いです。これぐらい高利益率の会社の株価が踏ん張っているので、自分的な相場全体の見通しを少し割高~適正レンジに見ているところはあります。いつになったら買えるのか(笑)。

 3年と少し投資だけやってみて興味が特に持てたのは小売、産業機械、自動車、不動産が多く、なんだかんだで日本的な業種が多いですね。並べて見ると景気に左右されやすい、ある程度波がある業種が多いのも少し特徴的なのかなと思います。特に産業機械などは日本独自に発展した会社が多いですし、営業利益率10%を超えるような銘柄も多いので探していて楽しいので今後も増えて行きそうな気がしてます。
 世界経済の波に影響されて落ち込む時は落ち込みますが上昇期間に入ると息の長い上昇が期待できるのも魅力の一つなのですが、そういった銘柄に注目しがちと言うのも年初からまとめ期間に入っている理由かもしれません。下値から始めて上がって行くイメージを強く持っているため、少し高値~適正株価ぐらいからスタートするイメージがなかなか持てないのです(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.06.26 18:12|注目中の株
 こんにちは。英国の国民投票から二日経ち、色々なニュースやネット記事を読んでいたのですが、そのうち「あれ? この国民投票に法的拘束力はあるのかな?」と思いだして調べてみると、どうやら「ない」らしいです。

 投票前に首相が「離脱が決定すれば速やかに手続きを開始する」と言っていたのに、速攻で辞任を表明して「交渉などは次の船長に…」としてしまったと言うことは現首相が通告をすると言うことはないのだと思いますし(通告したら取り止めは出来ず、2年と決まっている交渉期限のカウントダウンがスタートしてしまうため)、離脱派もすぐに通告することはないとしていたため、じゃあ一体誰が、いつ通告するんだ? と言う雰囲気。次に選ばれる首相が残留派だったら、どうするんでしょうか?

 法的拘束力がないので、仮に通告しようとするならば議会の承認などが必要だとすると、基本的に二大政党の議員には残留派が多いとのことなので、否決される可能性もあるのかも。そういえばギリシャが国民投票した時も、「我々はこれ以上の緊縮財政を受け入れないぞ!」と言うことでユーロ残留を争いましたが、投票結果は「緊縮財政NO」だったにも関わらず、投票後にNOを主導した現首相があっさりと「Yes」に手のひら返しをして、交渉の成果により緊縮具合を緩く出来たとアピールしたことがありましたね。

 次の首相が通告して離脱交渉に入るにしても、総選挙や再度の国民投票をして残留にするにしても、どちらも国民の半分の意思と違うことを決定することには違いなく、同じぐらいの敵を作ると言う意味では変わらないので、まだまだ一波乱がありそうな気もします。有力者が色々言われることを覚悟で残留を訴えることがあるなら、市場も少しは反応するかも。投票結果に大きく差があれば難しいですが、実際問題は僅差ですからチャレンジする人はいても良さそうです。秋に向けて英国議会が熱そう。まぁ、辞任までに方針がまとまれば現首相が通告しても可笑しくはないですが。やらなければ国民投票を無視したことになりますし、政治家として終わってしまいますしね。

 今年も既に半年が過ぎたと言うことで、今日現在の注目リストを。単価=目標株価(期末時点)で損益率がマイナスなら割安、プラスなら割高としており、今期の業績が前期比プラスになるなら目標株価は記載のものより高くなります。今期も業績が悪そうなのも当然入ってますから、それは目標株価は記載のものより下になると見て下さい。

注目している銘柄(優先度 高)
201606決算注目

注目している銘柄(優先度 中)
201606注目参考1


注目している銘柄(優先度 低)
201606注目参考2

(自分的)超優良銘柄
201606超優良1
201606超優良2

 日経が15,000円割れとなり、数か月前よりかなり株価水準は落ちてきており割安と思うものもかなり増えましたが、全体的にはまだ適正株価より少し上かなと言う印象ですが、配当利回りが3、4%を超えてきているものもあるので出来ればいくつかの銘柄には挑戦したいと考えてます。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ





10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR