2017.11.16 19:13|7593&3347 VT&トラスト
(2017年11月13日16時20分発表)

売上高 979.91億円(前期比+33.4%) 1Q時 +47.2% 会社予想 +29.3%(達成
営業利益 31.87億円(前期比+4.8%) 1Q時 +21.6% 会社予想 +15.0%(未達
経常利益 33.82億円(前期比+11.0%) 1Q時 +39.8% 会社予想 +14.9%(未達
当期純利益 17.71億円(前期比+4.8%) 1Q時 +49.2% 会社予想 +12.4%(未達

・売上高営業利益率(2017年度2Q)→2018年度2Q
(2017年度2Q 4.14%)→3.25%(悪化
・売上高経常利益率
(2017年度2Q 4.15%)→3.45%(悪化
・売上高純利益率
(2017年度2Q 2.30%)→1.81%(悪化
・売上高原価率
(2017年度2Q 80.96%)→83.33%(悪化
・売上高粗利益率
(2017年度2Q 19.04%)→16.67%(悪化
・売上高販管費率
(2017年度2Q 14.90%)→13.42%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2017年度2Q 78.25%)→80.49%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q +21.57%
2Q -3.03%

 売上高は会社の中間予想を上回りましたが、利益面は未達となりました。

●セグメント別業績
◎自動車販売関連事業
売上高 928.88億円(前年同期比+30.7%) 1Q時 +42.6%
営業利益 28.92億円(前年同期比-9.8%) 1Q時 +2.8%

(内訳)
・新車部門(増収増益
ホンダ 2,609台(前年同期比-1.8%) 1Q時 -0.7%
日産 6,852台(前年同期比+24.0%) 1Q時 +41.3%
グループ全体(海外含む) 19,117台(前年同期比+42.7%) 1Q時 +66.9%

・中古車部門(増収 微減益
輸出 3,370台(前年同期比+14.6%) 1Q時 +26.0%
中古車販売台数 28,109台(前年同期比+20.3%) 1Q時 +32.2%
(子会社トラストの中古車輸出事業)
売上高 28.87億円(前年同期比-16.3%
営業利益 0.82億円(前年同期は営業損失0億円)

・サービス部門(増収増益

・レンタカー部門(増収 減益
(子会社トラストのレンタカー事業)
売上高 45.71億円(前年同期比+9.4%
営業利益 4.90億円(前年同期比-28.4%

 総店舗数は130店、総保有台数は16,085台(前年同期比+12.6%)、レンタル終了車両の販売台数は971台(前年同期比+11.0%)となり事業自体はまずまず好調。ただ、出店にともなう車両増や車両の代替に伴う減価償却費の増加で減益。

・子会社トラストの海外自動車ディーラー事業(増収 減益
売上高 16.06億円(前年同期比+18.3%
営業損失-0.11億円(前年同期は+0.04億円)

◎住宅関連事業(増収増益)
売上高 50.07億円(前年同期比+115.3%) 1Q時 +248.5%
営業利益 5.08億円(前年同期比+437.5%) 1Q時 2.08億円

 分譲マンション事業が非常に好調、戸建て分譲もまずまず。大きく営業利益を伸ばす結果で利益貢献大ですね。

 会社予想に未達の要因で大きなものは新車販売ではなくて子会社トラストの方と言う印象です。営業利益で言うと未達分は3.13億円なのですが、トラストの下方修正分は2.27億円もあるので数字上はこっちかなと。発表されている統計を見ると日産の不正に伴う新車販売への影響は9月まではプラスとなっておりそこまで影響していないのですが、10月に入ると登録車は前年同期48.4%と一気に半減。決算上にハッキリ出てくるのは3Qからと思われます。うーん、頭の痛い話です(苦笑)。11月に入り国内5工場での車両生産、出荷を再開したようなので今後の進展を見盛りたいです。

 11/7に発表された乗用車ブランド通称別順位を見ると9月1位だったノート(前年比278.5%)が10月は25位(前年比154.9%)とランクダウン、セレナに至っては9月7位(前年比126.2%)から圏外へ。ただ、ランクは大きく落としましたが、ノートは前年比で見ると大きくプラスとなっており、そういう意味ではプラス要因かも。リーフなどは9月圏外からの10月は19位へランクアップし、販売台数は前年比707.4%と好調なスタートを切っており、印象としては今回の不正で日産を見限った消費者が多いと言うのはないですね。そもそも数年来もその体制で検査されており特別問題があったわけでもないので、自動車自体には問題はないと考える人が多数なのかも。これは昨年の軽自動車問題の時も思いましたが、「よくよく考えると自動車に問題はなく、会社の意識の問題」と言う気がします。

 なんにしろ販売自体が止まっていた期間が1~2か月ほどあるため、ディーラーには堪えますが意外と戻りは速そうな気も。セレナe-POWERなども東京モーターショーで発表されたようですし、ノートも人気車種であることは間違いないので統計を見つつよく観察したいと思います。国内もそうですが英国、スペインの販売もどうなるか気になるところですね。政治、経済で問題が出てきそうな二国だけにこちらも統計は注目したいと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2017.11.12 19:08|8732 マネパG
営業収益 28.40億円(前期比-10.1%) 1Q時 -16.2%
純営業収益 26.57億円(前期比-12.2%) 1Q時 -21.6%
営業利益 3.11億円(前期比-54.4%) 1Q時 -75.5%
経常利益 3.30億円(前期比-51.6%) 1Q時 -73.7%
当期純利益 2.18億円(前期比-52.6%) 1Q時 -75.1%

・売上高営業利益率(2017年度2Q)→2018年度2Q
(2017年度2Q 21.59%)→10.95%(悪化) 1Q時 7.53%
・売上高経常利益率
(2017年度2Q 21.59%)→11.62%(悪化) 1Q時 8.17%
・売上高純利益率
(2017年度2Q 14.56%)→7.68%(悪化) 1Q時 5.26%
・売上高原価率
(2017年度2Q 4.21%)→6.44%(悪化) 1Q時 8.81%
・売上高粗利益率
(2017年度2Q 95.76%)→93.56%(悪化) 1Q時 91.19%
・売上高販管費率
(2017年度2Q 74.17%)→82.57%(悪化) 1Q時 83.58%
・販管費率(対粗利益)
(2017年度2Q 77.45%)→88.26%(悪化) 1Q時 91.66%

・営業利益の四半期別前年比
1Q -75.63%
2Q -17.00%

 1Q同様に前年同期比では悪いですが、1Q時よりもどの項目も良くなってかなりマシな決算になった印象です。売上高販管費率が依然として80%台であるのが気になりますが、キャンペーンが長期化してますし今期中に前年度並みになることはないかと腹をくくりました。

 期中に仮想通貨交換業登録が済みましたが、今の所は表立った情報は何もなし。来年以降に何かしら始めるとは思うのですが、いわゆる取引所ではないのかなとイメージしています。自分にとってこちらはオマケの事業なので急がず情報を待ちたいと考えてます。

 2Qも前年比で悪い決算とはなりましたが、8月~10月の月次は3か月連続でプラスとなっており、営業収益に関しては徐々にではありますが好転している雰囲気も。10月までの7か月累計では6か月累計の前期比-10.1%から-5.6%と改善しており残す5か月で何とか前年並みに、と期待が少し残っています。
 問題は今11月ですね。昨年11月は米国大統領がトランプ氏に決まり為替相場がかなり動いたため、マネパの11月月次は前年同月比で145.2%の5.62億円と非常に伸びました。今11月も頻繁に113.5~114.5円を行ったり来たりしてまずまず活況の印象ではありますが、さすがにプラスを記録するのは難しいかなと。5億円台を記録してくれれば御の字でしょうか。それでも前年度4Qである本年1~3月が前年比でマイナスと低調で巻き返す機会はあるので、通期で見た時に前年並みと言うのは少し期待を持っておこうと思います。

 自分的最重要事業であるマネパカードは4月末の77,503人から10月末で104,187人と+26,684人の増加。ただ、資料で見ると受入手数料は1~2Qの累計で0.49億円(前年同期比+11.3%)と期待ほどは伸びていない印象。2Q単体に限れば-22.2%なので、まだ会員増が収益に繋がっている感じではないですね。キャッシュバック率を高めるなどした長期キャンペーンを展開中であり、結果が見えてくるのはまだまだ先なんでしょう。会員数は月によって増加数にバラつきがありながらも純増しているので楽しみに待ちたいです。プリペイドカードとしては非常にお得なカードですし、アイドルグループのイベント関連でカードを作成した人もどんどん使ってくれると良いのですが。自分に関しては3月から10月までのキャッシュバック合計が6,000円を超えたのでかなり得したと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.09.07 21:03|8732 マネパG
 こんばんは。マネパの8月月次が発表されています。

営業収益 4.89億円(前年同期比121.9%)(前月比121.03%
外国為替取引高 117,248百万通貨(前年同期比189.3%)(前月比132.9%
外国為替取引口座数 304,509口座(前年同期比+19,643口座)(前月比+1,403口座
外国為替取引預り証拠金 632.53億円(前年同期比107.7%)(前月比100.7%
 一般顧客 534.10億円(前年同期比108.6%)(前月比101.8%
 金融法人 9,843億円(前年同期比103.1%)(前月比95.2%
マネパカード口座数 97,327口座(前月比+6,625口座

 営業収益は昨年8月が前年比72.6%と低調だったこともあり前年比121.9%で3か月ぶりにプラスを記録。ただ4億円台後半で今期はまだ5億円の月がないのでそんなに良い数字と言うわけでもないです。
 10週連続キャンペーンの成果なのか為替取引高は前年同期比189.3%、前月比132.9%と非常に大きな伸び。約30か月ぶりに大台を突破となっています。スプレッドを下げているので利益はそこまで伸びませんがある程度の成果は出たんじゃないでしょうか。
 10週連続キャンペーンは一旦終了しましたが、今週に入り新しいキャンペーンである「乗換キャンペーン」がスタート。スプレッド縮小は顧客に好評のため継続となっており、8月の取引高を見る限りは好意的に受け止められている印象です。

 一番の関心事であるマネパカード口座は前月比+6,625口座と大きく伸張。3,000、4,000、5,000人台の増加が続き、8月で6,000人台に突入しており、増加ペースが毎月上がってますから非常に良い傾向かと考えています。考えているよりも早く10万人を達成できそうで嬉しいです。

 直近の株価は全く冴えず、火曜日には7%超。なにやら中国でビットコイン関連の規制の話題が出たようで関連株が軒並み下落したみたいですね。仮想通貨ネタでマネパの株価が大きく動くとは、まだまだ関連株だと見ていた人がいたんでしょう。zaifと提携したマネパカード以外は何もやっていないので今現在の仮想通貨の動きはあまり関係はないのですが、そう見られているのなら仕方ないかなと。個人的には完全な関連株だとは考えてはいないのですが(笑)。

 しかし、以前発表された海外旅行保険「t@biho」との提携がまっ~~~~たく続報が出ませんね…。何も言わないと言うことは、この話はすでにボツになっているんでしょうかね? もしそうなら楽しみにしていた提携だっただけに非常に残念です。マネパカードの増加ペースが伸びていることに、日本旅行などとの提携が寄与しているならこちらもある程度は有用かと考えていたのですが、どうなっているんでしょうね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.08.12 12:55|7593&3347 VT&トラスト
(2017年8月10日16時発表)

売上高 469.07億円(前期比+47.2%
営業利益 11.72億円(前期比+21.6%
経常利益 12.47億円(前期比+39.8%
当期純利益 6.51億円(前期比+49.2%

・売上高営業利益率(2017年度1Q)→2018年度1Q
(2017年度1Q 3.03%)→2.50%(悪化
・売上高経常利益率
(2017年度1Q 2.80%)→2.66%(悪化
・売上高純利益率
(2017年度1Q 1.37%)→1.39%(改善
・売上高原価率
(2017年度1Q 80.36%)→83.83%(悪化
・売上高粗利益率
(2017年度1Q 19.64%)→16.17%(悪化
・売上高販管費率
(2017年度1Q 16.61%)→13.67%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2017年度1Q 84.57%)→84.54%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q +21.57%

●セグメント別業績
◎自動車販売関連事業
売上高 443.36億円(前年同期比+42.6%
営業利益 12.26億円(前年同期比+2.8%

(内訳)
・新車部門(増収増益
ホンダ 1,209台(前年同期比-0.7%
日産 3,309台(前年同期比+41.3%
グループ全体(海外含む) 8,853台(前年同期比+66.9%

 前期1Qは三菱自動車問題が直撃し日産の軽自動車も販売停止だったため、今期は日産車が大きく増加。1~6月のセレナ販売は前年同期比154.3%、ノートは163.3%となっており販売好調を維持。特にノートは1、3月の2回で販売トップとなるなど人気車種に。7月の自販連統計を見ても1位となっており前年同月比128.0%と好調。ホンダは主力のフィットが1~6月累計で前年比78.7%と低調だが7月は124.1%となり回復傾向が見える。代わりに今期はフリードが好調で1~6月は前年同期比335.7%、7月も495.2%でした。ただ、このタイプの車は各社の主力モデルが混戦で、トヨタのC-HRの強さが光っています。

・中古車部門(増収 微減益
輸出 2,002台(前年同期比+26.0%
中古車販売台数 14,225台(前年同期比+32.2%

 台数ベースで増加も輸出、国内市況の低迷の影響受け微減益。

・サービス部門(増収増益

・レンタカー部門(増収 微減益

 新店、既存店ともに堅調で増収。レンタカー増車、積極的なレンタカー車両の代替に伴う減価償却費増加で若干の減益。四半期の営業減益は10四半期ぶりだが、減益幅は-0.97億円ほどであり2Q以降に挽回可能かと思います。

◎住宅関連事業(増収増益
売上高 25.23億円(前年同期比+248.5%
営業利益 2.08億円(前年同期は-0.63億円の損失

 受注、引き渡しともに好調に推移。グループ外部への商業施設の受注拡大に注力し1Qで営業黒字を確保。新車販売の利益率は高くないため、この事業である程度カバー出来るのは良いことだと思います。

 全体の売上高は+47.2%増となりましたが、要因としては国内新車販売の回復と英国、スペインの子会社連結の影響が大きいと思われます。売上高の伸び率の割に利益率は上がりませんが、海外子会社などは利益率が低い傾向にあるため仕方ないかと。VTHD子会社になって利益率が改善してくることを期待して見守りたいと思います。ただ、やはり国内とは勝手が違うので、今までの海外子会社などを見ている限りだと、なかなか上がらないかと言う気もします。
 国内の新車販売が増える=今後数年間の保険料収入となるストックビジネスであり、車検などでサービス部門の利益増につながるため、新車販売自体は薄利ではありますが新車販売が増えることは非常に良い傾向だと思います。

 中古車販売の利益率が下がる傾向ではありますが、全体としては良い決算でしたね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.07.29 17:50|8732 マネパG
(2017年7月28日15時30分発表)

営業収益 14.07億円(前期比-16.2%
純営業収益 12.83億円(前期比-21.6%
営業利益 1.06億円(前期比-75.5%
経常利益 1.15億円(前期比-73.7%
当期純利益 0.74億円(前期比-75.1%

・売上高営業利益率(2017年度1Q)→2018年度1Q
(2017年度1Q 25.89%)→7.53%(悪化
・売上高経常利益率
(2017年度1Q 26.01%)→8.17%(悪化
・売上高純利益率
(2017年度1Q 17.80%)→5.26%(悪化
・売上高原価率
(2017年度1Q 2.56%)→8.81%(悪化
・売上高粗利益率
(2017年度1Q 97.44%)→91.19%(悪化
・売上高販管費率
(2017年度1Q 71.49%)→83.58%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2017年度1Q 73.37%)→91.66%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -75.63%

 既に発表済の速報値と同一の数字であり数字自体は改めて見てみても悪いなぁと(笑)。今のところFX各社はどこも悪いので相場が盛り上がらなかったと言うことでどうしようもないですね。
 期中に起こったイベントは、
・北朝鮮のミサイル発射実験、核実験(継続中)
・仏大統領選挙
・米国のロシアゲート問題(継続中)
・英国総選挙
 など。英国総選挙は予想に反し与党が議席を減らすと言う大失態だったことが影響し為替相場が乱高下したものの、どの通貨ペアも値幅はそこまで大きくなくボラは上がりませんでした。北朝鮮のミサイル問題なども以前は発射が発表されると円高へと動くことも多かったですが、今年は何回も何回も発射するので反応は限定的になったかなと感じます。もちろん米国が日本海まで来た時は連日報道などがあり反応はありました。この間、日本発の表立った経済政策は皆無。よくこれで日経2万円を達成できたなと(笑)。

 4~6月の月次は前年比で
4月 99.2% 5月 104.3%とまずまずの数字でしたが、大きく動くか?と期待された英国総選挙があった6月は全く盛り上がらずに60.8%と低調。確かに前年6月が7.38億円と単月として過去最高レベルだったためプラスを期待するのは難しい状態ではありましたが、6月の4.49億円と言う数字自体も今4~6月の中で若干低い数字だったことは事実なので物足りない数字でした。まぁ、相場が盛り上がらなかった割に4~6月の数字が大きく違わないことは良く言えば安定的ではあるのですが。

 収益悪化の要因の主要因は相場のボラではありますが、会社側でも短期的に収益減少となる施策である10周年キャンペーンなどを行っており、営業収益の落ち込み幅と比較して営業利益などの幅が大きくなった要因ですね。ほぼ全通過のスプレッドを一気に縮小しましたからね(苦笑)。下げ過ぎて取扱通貨ペアに関しては業界最低水準となっています。ここまでやるのは相当ですよ(笑)。
 ユーロ/ドルなどはドル/円と比較してスプレッドが広かったので人気通貨でありながらマネパに限れば取引通貨の7割はドル/円でした。自分含めて今回のスプレッド縮小で取引しやすくなり手を出した人は一定数いたんじゃないでしょうか。自分なんかは調子乗り過ぎて7月の前半だけで1,000万通貨達成しましたからね。一区切りをつけて今はトルコリラ、メキシコペソをnanoで少量保有に切り替えていますが、あのままやってても飲み込まれていたでしょう(笑)。
 保有して10日間ほどですが、トルコリラのスワップはスゴイですね。現在6,000通貨保有なので一日58円ほど入ってくるのですがトルコリラ/円が円高に振れて含み損となっていても10日ほど経過すると580円ほどにもスワップがなるため、今のところは合計の損益があまり気にならないです。慌てずにゆっくりと下がったら買うを繰り返していれば将来は…なんて期待感のある通貨であることは間違いないでしょう。nanoのスプレッドは3.8pipsと広いため、現状の建玉のレートよりかなり下がってから買わないと、「あれ?」と言う事態になるので、そこは気を付けながら増やして行こうと思います。

 FX口座は6月末で301,557口座となり、初めて30万口座を突破。数字的には他社より少ないかもしれませんが、会社自体としては前期末比で+4,696口座の純増なので悪くはないかなと。マネパカードの純増数と比較すると少ないため、出来ればマネパカードと一緒にFX口座を開設してくれる人が増えればいいですね。両口座を開いて初めてマネパカードが100%活かされるので、もっと積極的にPRすればいいのになと思います。全く広報が仕事していない気もします。特にツイッター(笑)。

 注目のマネパカードは6月の月次では85,019口座となり前期末比で+11,286口座の純増。ひと月平均で3,700口座なので、結構良いペースなんじゃないかなと考えています。マネパ側から特にお知らせは出ていないので、ハッキリしない点もあるのですが、欅坂に続いて乃木坂でもマネパカードでチケット購入が始まるとのことなので期待したいところであります。
 気になる手数料収入ですが、短信によると受入手数料は0.28億円で前年同期比+64.7%と大きく伸張。と言っても元の金額が0.17億円と小さいため増額は0.11億円です(笑)。前四半期単体が0.27億円なので受入手数料自体はこの3か月で変わらない感じですね。キャンペーン中でキャッシュバック率が上がってますし、多少収益を落とす要因になったかと思われます。ペースが変わらないとするならば年間で1.1億円ペースとなり、前期0.92億円と比較して+21.7%を見込みます。
 ただ、会員数の増加に伴い収益ペースも増加、収益機会も増えるためもう少し期待したいところではあります。なんにしろ現状8.5万口座が今期中には10万口座に増加することが期待されますし、プリペイドカードとしてはとにかく優秀なカードなので先々を楽しみにしています。自分の場合で言うとスーパーのアコレで買い物する場合にマネパの2~3%のキャッシュバックに、(イオンの)ワオンカードの約2%を同時にレジで提示するため毎回4~5%も割引となるため既に手放せないレベルとなっています(笑)。土日にカードに入金できないことを除けばほぼ満足しています。が、株主としてはキャンペーンが長くなればなるほど収益は減るんじゃないかと不安に思うことも(笑)。長すぎるキャンペーンはどの業種でもあまり良いことはないのでほどほどにして欲しいかも。

 仮想通貨関連に関しては期中に提携先のテックビューロと間でマネパカードへの現金入金サービスを開始。取引所に関しては現在も金融庁の認可待ちで、現状認可された企業は「0」です。認可が出るのは9月頃なんてウワサも聞きますが、正直全く分かりません。マネパ自体が申請したのは間違いないと思うのですが…。
 仮想通貨、主にビットコインに最近の動きに関しては、出来るだけ情報を見るようにしていますが、詳しく語るほどの知識はないので、なるようになるでしょう的なスタンスです(笑)。楽観的に見ているのは間違いないですが。
 現状、マネパが実際に事業として行っているわけでもないため、業績に関係ないと言えばないですし、仮に取引所を開設したとしても非常に儲かって「ウハウハだ~」と言うことはない事業と考えていますし、それよりもマネパカードをもっと進化、普及する努力をして欲しいかな(笑)。為替はどうやっても予想がつきませんが、カードなら会社が持っている月間の使用金額やらの数字である程度見込み額を会社が立てることが出来るでしょうし、不安定なFX事業を少しでも補う事業になるかと期待しています。とりあえず広報さん、ツイッターなどSNSでもっと発信して下さい。何もやっていないと言っても良いぐらいに足りないと思います(笑)。

 短信で一つ気になるのは、「固定負債」の「リース債務」が急に増えたこと。今1Qは3.16億円を計上しているのですが、前期1Q時は1.96億円で、前期末でも1.47億円だったため急に増加しました。3.16億円と言う金額自体は過去数年と比較して特別高いわけでもないので問題ではないのですが、前年度まで減少傾向で数期前の4、5億程度から1.47億円まで減っていたところに今1Qはグンっと増えてしまったことが何故だろう?と気になります。このあたりは8/1に補足説明資料が出るそうなので確認できたらいいなと思います。固定負債ですから、事業を行うのに絶対必要な何かだとは思うのですが、何でしょうね? 決算書など過去に遡って行けば分かるかな? とも思うのですが面倒クサいです(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR