2017.07.21 20:48|8732 マネパG
 こんばんは。マネパの1Q速報値が発表されました。既に4~6月の月次で収益が前期比-16%ほどになることは分かっていたので注目は利益面でした。

・営業収益 14.07億円(前年同期比-16.25%) 金額にして-2.73億円
・営業利益 1.06億円(前年同期比-75.63%) 金額にして-3.29億円
・経常利益 1.15億円(前年同期比-73.68%) 金額にして-3.80億円
・純収益 0.74億円(前年同期比-75.25%) 金額にして-2.25億円

 う~む、どう控えめに見ても非常に悪いですね(笑)。前2期の1Qが前年同期比で151.9%114.2%と非常に好調でしたし、今6月のボラが全くなかったためリカバリー出来なかった印象です。加えて10周年記念キャンペーンなどで多くの通貨のスプレッドを縮小していることが利益減少の主要因でしょう。コストなどは大きくは変わらない事業ですし、営業収益が伸びなければ利益も伸びない、元々利益金額が少ないので販促費などが少し上昇すると影響が出やすい事業なので、マイナスのことが同時に起こるとツライですね(苦笑)。削るコストがあまりないですからそういう類の企業努力はしにくい事業です。

 為替相場のボラが低いためFX各社は苦労しており、ヒロセも6月月次は前期比65.1%と低調。3か月累計は90.4%と前期割れ。GMOも悪いですし今1Q期間は各社にとって厳しかった雰囲気です。6月があんなに動かないと言うのは少し意外だったんじゃないでしょうか。加えてマネパを起点としたかは定かではないですが、現在は各社ともスプレッドの縮小をどんどん行っておりサービス利用者にとってはある意味歓迎できる状態です。マネパのスプレッド水準はほぼ業界最低水準まで落ちており、これいつまで続けられるのかな? と心配しています。なにより未発表のキャンペーンがあと5つも残っていることを考えると怖い気さえしますね(笑)。

 前年度2Q期間の月次累計は前年比91.2%と一見低調でしたが、前々年度2Q期間が138.9%と好調だったことの裏返しの一面もあったので、一概に悪かったとも言えない数字かなと。ただ、8~10月は数字的にも悪かったので今期はここで今やっているキャンペーンなどで獲得した顧客が収益化できればいいなと思います。まぁ、全てはボラ次第ですし夏場の為替相場は低調なのでどうなるかは分かりませんが(苦笑)。

 ちなみに今1Qの数字でも15年度1Qよりは良い数字であり、15年度は2Qまで低調で3Qに活気づいて最終的には通期では前年比プラスでした。15年度の1Qごとの営業利益の前年比推移は、
1Q -91.36%
2Q -11.11%
3Q +216.66%
4Q +54.07%

 このように収益の上げ下げ要因が会社ではどうにもできない「ほぼ全ては相場次第」と言う事業であり、円高になるにしろ円安になるにしろ、収益的には一方的な円高、円安どちらでもよく、とにかくボラと取引量が重要なので、動け~と祈っています(笑)。

 自分のFXはと言うとPFXでの1万通貨はしばらくお休みしてnanoに資金を移動。現在はトルコリラとメキシコペソを1,000通貨ずつ買い下がっている状態です。まだ数日で4,000通貨ほどしか買ってないですが、トルコリラのスワップはやはり魅力的ですね。現在のレートで●年間保有していたら、などエクセルでシミュレーションデータを作っているのですが、10年後とか見るとニヤけます(笑)。レートの数字を打ちかえると評価損益がどうなるかも分かるように併せて作りましたが、ここ数年の安値を入力しても評価損はたいしたことなく未来の貰える(ハズ)のスワップ合計の魅力の方が頭の中では大きいです(笑)。
 ちょっとここ数日、トルコとドイツの仲が悪いのが表面化しているのが気になるところですが、余程のことがない限り続ける予定です。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2017.07.07 17:11|8732 マネパG
 こんにちは。マネパの6月月次が発表されました。

営業収益 4.49億円(前年同期比60.8%)(前月比92.0%
外国為替取引高 82,184百万通貨(前年同期比90.2%)(前月比112.9%
外国為替取引口座数 301,557口座(前年同期比+20,741口座)(前月比+1,418口座
外国為替取引預り証拠金 620.91億円(前年同期比108.6%)(前月比100.9%
 一般顧客 513.53億円(前年同期比105.9%)(前月比101.0%
 金融法人 107.37億円(前年同期比123.8%)(前月比100.2%
マネパカード口座数 85,019口座(前月比+3,830口座

●4~6月累計
営業収益 14.06億円(前年同期比-16.25%

 う~む、前年6月が過去最高収益レベルだったので前年比でマイナスなのは覚悟していましたが、英国総選挙等イベントはそれなりにあったのでもう少し収益があると考えていたのですが自分が想定していたよりも悪いですね(苦笑)。5億円ぐらいは行くと思ったのですが…。
 要因としては為替の変動率の影響が大きくて15年11月以来の低い水準。確かにFXをやっていてユーロ/円はそれなりの動きに感じましたが、ユーロ/ドル、ドル/円は狭い範囲での小動きでしたし、なによりポンド/円が動かなかったです。狭い範囲でも動けばいいのですが、動き自体も少なかったかなと。

 現在、マネパはキャンペーンで主要通貨のスプレッドを縮小して各通貨で業界最低水準レベルでサービスを提供おり、そのおかげで外国為替取引高は前年比では90.2%とマイナスではあるものの前月比では112.9%と高水準でした。ただ残念ながら変動率が上がらないと参加者が様子見している時間が増えて収益が上がらないと思われ、今回は上手く業績に結びつきませんでした。

 ユーロ/円、ユーロ/ドルなどはスプレッド0.3、0.4pipsとなっており、ドル円中心に取引していた自分も取引しやすくなったので6月下旬以降はこちらを中心に取引しているのですが結構面白いです。特にユーロ/ドルは一方向に動きだすとトレンドが長い印象もありドル/円とは少し違った面白さがあるかなと(1回大負けしてしまい一気に収支を悪化させてしまったのですが(笑))。スプレッド縮小キャンペーンは7月中旬までなので可能なら伸ばしてくれないかな?と甘い考えを持っていたのですが、今回の月次を見ると少し厳しいかもですね。
 収益に結びつかなかったのは残念ですが、開催中のキャンペーンで今まで触りづらかったユーロに自分は興味を持てて今後はドル/円以外でも取引して行こうと思うので、そういった人が増えているならば通常のスプレッドに戻った時にある程度の取引量増加が見込めるかも、なんて期待はありますから今後に注目したいと思います。

 マネパカードは前月比で+3,830口座と純増。3月末が73,733口座でしたから3か月で+11,286口座。ペースは急激に上がったりはしないでしょうが順調に伸びているのでこれからも期待できそう。
 欅坂46にファンクラブ(FC)が開設され、ライブなどイベントの申し込みはFC先行予約ができたので、マネパ先行予約はどうなるの?と心配したのですが、HPなどを見るとマネパ先行予約はあるようで一安心。今後はFC→マネパ→楽天?→一般と言う順序で申込が行われるみたいです。先日の事件などもあり今後は身分証明が厳しくなることが予想されますしマイナンバーカードを提出して作っているマネパカードはある程度の有用性があるでしょうし、何より一般だけでは当選できる確率はかなり低いでしょうから持ってても損にはならないでしょう。
 と言うかキャッシュバックなどがあるので得することが多いのですが、SNSなどを見ていると理解していない人が結構いるので勿体ないなと(笑)。クレジットカードなどを持っている社会人は別にして若年層にはかなり有用だと思うんですけど、如何せん広報が弱い…。僕のブログのトップページにあるアフィリエイト広告を見てもらうと分かると思いますが、「海外プリペイドカード」と言う文言があるためパッと見るだけでは「国内で最大2%のキャッシュバック」と言う最大のメリットが顧客に伝わらない気がするんですよね…。「あ、なんだ海外専用か」となってしまっている気がして勿体ないなぁと。

 お知らせで「7月17日(月)より、パートナーズFXおよびパートナーズFXnanoにてメキシコペソ/円(MXN/JPY)、のお取扱いを開始、さらに従来パートナーズFXで提供しておりましたトルコリラ/円(TRY/JPY)につきましてパートナーズFXnanoに追加を致します。」となっており、まだスワップなどは発表されていませんが楽しみです。
 様子を見ているトルコリラ/円はここ数日円高が進んでおり、32円から31.2円水準まで下落。4/24にできたマドを埋めないかな?と待っているので丁度良いタイミングでnanoで買えたら面白そうです。
 今は南アフリカランド/円でスワップ狙いをテストしているのですがトルコリラをnanoで買えるなら乗り換えることも検討しています。どちらも政治、地域リスクがあるのですが、まさかここからドル円などでスワップ狙いなんて出来ないので色々と検討しています。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.06.21 11:29|8732 マネパG
 こんにちは。本日21日にマネーパートナーズGが上場10周年を迎えたそうです。それを記念して本日から「マネパ史上最大の大還元祭」と銘打って各種のキャンペーンをスタートさせています。
 まず本日からはスプレッド縮小キャンペーンで
・ポンド/円 1.1円→1.0円
・豪ドル/円 0.7円→0.6円
・ニュージーランドドル/円 1.2円→1.0円
・南アフリカランド/円 1.2円→1.0円
 が6/21~7/4までの営業期間でスタートしました。詳細は出ていませんが来週28日にも何かをスタート、その後7/5にも、それ以降も「まだまだ続く大還元祭!乞うご期待!」となっているため、これから毎週何かしらのキャンペーンを発表していくのだと思われます。

 加えてマネパカードでもキャンペーンが始まっており、通常1%のキャッシュバック率のところキャンペーン期間中は1.5%に(新規入会キャンペーンは2%で新規入会者はそちらが適用)。加えてFX・CFDの取引量に応じて最大で100%のキャッシュバックが発生するなど、なかなかクレイジーなキャンペーンとなっています(笑)。



・適用されるキャッシュバック率
・マネパカードをお持ちのお客様:1.5%(全員が対象)
・FX口座をお持ちのお客様:1.7%
・月間のFX取引量が1万以上10万未満のお客様:1.8%
・月間のFX取引量が10万以上1000万未満のお客様:2.0%
・月間のFX取引量が1000万以上1億未満のお客様:3.0%
・月間のFX取引量が1億以上3億未満のお客様:6.0%
・月間のFX取引量が3億以上5億未満のお客様:15.0%
・月間のFX取引量が5億以上10億未満のお客様:30.0%
・月間のFX取引量が10億以上15億未満のお客様:60.0%
・月間のFX取引量が15億以上20億未満のお客様:80.0%
・月間のFX取引量が20億以上のお客様:100.0%

 自分はFX口座を持っているので基本は1.7%。FX取引量が1000万未満なので最大で2.0%が適用されることになりそうです。今までになかった取り組みはそれ以降の取引量に応じたCB率であり、20億通貨以上の顧客はなんと100%のCB率。自分がやっているような1万通貨の取引を20万回繰り返して達成できると数字であり個人で達成できる人はごくわずかでしょうか(笑)。ただ、10億通貨未満であれば本気でFXに取り組んでいるデイトレーダーやスキャルの人は10万通貨を一日500回やると行く計算なので達成する人はいそうな気がします。まぁ、その取引の結果でCB率を上回る損失を出す可能性もありますが(笑)。現実的には2.0~3.0%のレベルに多くの人が収まりそうな気がしますね。

 上場10周年と言うことで通年で何かしらのキャンペーンなどがスタートしそうですし楽しみです。こういう時に記念配当などを出す会社は多いのですが、ここはどうなんだろう?

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.06.07 18:20|8732 マネパG
 こんばんは。注目していたマネパの5月月次が発表されました。

営業収益 4.88億円(前年同期比104.3%)(前月比104.1%
外国為替取引高 72786百万通貨(前年同期比106.3%)(前月比115.2%
外国為替取引口座数 300,139口座(前年同期比+21,779口座)(前月比+1,672口座
外国為替取引預り証拠金 615.29億円(前年同期比103.5%)(前月比102.6%
 一般顧客 508.19億円(前年同期比103.1%)(前月比101.4%
 金融法人 107.09億円(前年同期比104.9%)(前月比108.3%
マネパカード口座数 81,189口座(前月比+3,686口座

 大きなイベントは仏大統領選挙、G7首脳会議等でしたが、トランプ大統領の信任問題が出たこともあり円高進行。5月から主要通貨のスプレッドを縮小したこともあり取引高は前月比+15.2%と大きく伸びましたね。口座数は初めて30万人を突破し、預り証拠金も増加。個人より金融法人の伸び率が高いのは良い傾向なのかと考えています。

 一番気になるマネパカードも前月比+3,686口座で口座数は81,189口座と純増。このまま順調なら年内に12万口座ほどになるのかと期待しています。本当はマネパカードが使用された金額なども発表してくれたらより良いのですがダメなのかな。
 自分はカードを使用して3か月になりますが、ここまで10万ほど使用してキャッシュバックは1,952円。正直、カードが使えない家賃や公共料金、年金代等を除くとお金は月々3.5万円ほどしか使わないのでキャッシュバックの金額自体は小さいですが、家族が多くて食費や生活備品などで10万使っていれば月2,000円もキャッシュバックされるので1年通して使えばかなり実感できる金額になりそうです。

 4、5月の営業収益累計は9.57億円で前年同期比+1.7%と微増。昨年度4~6月累計が16.79億円なので7.22億円(前年同期比-2.2%)必要な計算になります。なんだ、前年比マイナスでいいのかと考えがちですが、昨年度の6月の収益が過去最高水準の数字だったためハードルはかなり高いです。英国の国民投票の影響でドル円は110.5~99.3円と上下11円ほど円高に動いた恐ろしい月ですね(笑)。昨年11月のように101.2円~114.3円と13円ほど円安が進行するなら取引参加者の7割は買いで入る人が多いため、だいたいの人はハッピーではありますが、逆は●ねますね(笑)。

 幸い?なことに今年の6月も英国のイベントである総選挙があり、仏下院選もあります。加えて米FRBのFOMCもあり、利上げする、しないが微妙な空気になり始めていることもあり上半期最後一大イベントとなりそうです。大きく動きさえすれば収益が伸びるのは昨年6月、11、12月で実証されているため楽しみではありますが、買い玉を持ち越している身としてはガクガクしてます(笑)。

 明日に英国国民投票、元FBI長官の証言などを控え本日は日中は円安傾向、夕方からは再度の円高が進行し昨日の安値を抜いています。まずは日足の233日線がある109.2円台を一つ目の目途としていますが、つい先ほど少しの時間ではありますが突き抜けました。
 現在はこのラインでの攻防となっていますが、特別ドルを買う理由もないので自分の目は週足の233日線がある108.7円台に向いています。それがダメなら月足の233日線の107.6円台、もうそれでもダメなら月足の上昇トレンドラインがある105円台。それでもダメなら…しばらく休憩でしょうか(笑)。上は112円台以上が厳しくなって印象ですし、しばらく下目線でしょうかね。じゃあ、なぜお前は買いで入って捕まってるんだと言う話ですが、もっと上下しつつ下げると思ったので失敗しています(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.06.05 22:36|8732 マネパG
 こんばんは。先週末の最後の最後に一気に円高に傾きましたが週明けの日本市場は動揺することなく小幅のマイナス。為替のドル円も週末より10~20銭の円安で推移と日中は落ち着いた雰囲気でした。2本捕まっていた建て玉は運よく1本は微益で回収し残るは111.02円と現状から考えると50pipsほど離れており、チャートの形だけ見ると行くとしてもかなり時間がかかりそうな気がしてます。豪ドル円などは急落前の50%戻しを午前中にしたかと思えばそのまま伸びて行って全戻しプラスαとなっているので買うならこっちの方が良かったのかと少々ガッカリ。他の対円の主要通貨とは反対の動きなのでなかなか手を出しづらかったのですし、現在はスワップもドル円と大差ないですしスワップの魅力はかなり薄いので手を出しやすいドル円で勝負したのですが、短期的に見事に失敗ですね(笑)。ただ、4,000円超で持ち越したものが損切などせずに現在2,000円まで縮小しており、金曜日との合算で考えるとマイナスは500円ほどとなっているので損切してしまっても良い気も。5/17、18の大負けで改心してからはチャートに集中して(なるべく)決まり事を守ってコツコツとプラスを積み上げ+5,500円としていたので今なら痛くない(笑)。

 ジリジリとしか下がらないマネパですが、500円割れを待てずに本日503円(+手数料)で100株購入。メインのSBI証券ではなくマネパ口座でFXの代用有価証券扱いで買っちゃいました。すぐ使えるのかと思っていたのですがHPで説明を見たら4営業日目から証拠金に反映されるそうなので少し待つことに。代用有価証券はnanoでは使えずパートナーズFXのみなので1万通貨の勝負をする時に使いたいと思います。SBI口座の特定口座100株はキャンペーンで移管手続きをして1,000円貰おうかと考えたのですが10万以上の移管が条件なので今回はやめて直接マネパ口座で買うことに。移管手続きに1か月ぐらいかかるので面倒です(笑)。

 先週もマネパはスプレッドの縮小を発表しており、ZAR/JPY、NZD/JPYの両通貨を1.2まで下げました。この2通貨とトルコ/円の三通貨はマネパ、ヒロセ、GMO、トライオートの中では最小と言うことになります(昨日現在)。他の通貨も他社と比較してほぼ同じか小さかったりするので元々約定力を謳っているマネパがスプレッドの面で他社より少しだけ頭が出た雰囲気です。本当に急に下げだしたので心配性の自分としては大丈夫なのかな?と。まぁ、大丈夫だからやってるんだと思いますが(笑)。今回の一連の縮小でnanoは下げていないのでnanoとパートナーズFXのスプレッド差は結構開いた通貨もあり最大0.7ぐらい開いていたりするのでガツンと買いたい時に使うのはアリかと感じています。
 反面、1か月間の取引量に応じて抽選などでプレゼントしていた景品キャンペーンは今月から停止。この前アマゾンのギフト券1,000円分が当たり喜んでいたので少々残念ではありますが、よくよく考えるとFXの取引サービス以外を充実させても儲かるわけではないので、これでいいのかなと。FX会社が景品キャンペーンを大々的に宣伝してどうするんだと基本に立ち戻ったのか、スプレッド縮小で勝負に出ているので余計な出費はやめたのかは分かりませんが、「マネパカード」を使えば1~2%のキャッシュバッグがあるため自分は現状のサービスで満足しています。そもそも一番上の賞を貰うのに「新規2,500万通貨以上の取引」が必要だったため達成している人は少数だったんじゃないでしょうか(笑)。

 スプレッドを下げ始めて1か月経ちもうすぐ5月月次が発表ですが、自分のようにnanoでチマチマと練習しているような参加者の影響は小さいとして、大口で投資している人たちの取引がどう変化したのか楽しみです。劇的に増えたのか、少しだけの変化なのか、全く変わらないのか月次を待ちたいと思います。そして何よりマネパカードの口座数ですね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR