2017.07.05 20:15|4745 東京個別
(2017年7月5日15時20分発表)

売上高 34.28億円(前期比+5.3%
営業利益 -7.57億円(前期-9.54億円の赤字) 赤字幅縮小
経常利益 -7.56億円(前期-9.52億円の赤字) 赤字幅縮小
当期純利益 -5.43億円(前期-6.70億円の赤字) 赤字幅縮小

・売上高営業利益率(2017年度1Q)→2018年度1Q
(2017年度1Q -29.32%)→-22.08%(改善
・売上高経常利益率
(2017年度1Q -29.28%)→-22.07%(改善
・売上高純利益率
(2017年度1Q -20.61%)→-15.87%(改善
・売上高原価率
(2017年度1Q 76.93%)→77.08%(悪化
・売上高粗利益率
(2017年度1Q 23.07%)→22.92%(悪化
・売上高販管費率
(2017年度1Q 52.38%)→45.00%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2017年度1Q 227.09%)→196.35%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q 赤字幅縮小

 随分と長い間ここを見ていますが1Qで赤字額が前年同期より減ったのは2010年度以降で初めてとなります。1Qの売上高増とCMその他のコスト増加による利益赤字増加と言う形式だったので短信を見た時、何かあったんじゃないかとビックリしました(笑)。

 原価率は前期比で若干悪化して%では僅か+0.15%ですが金額にすると+1.38億円ほど。一方で販管費率は-7.38%と大幅に低下。金額にすると-1.62億円。売上原価と販管費合計は前期比で-0.23億円となり売上増とコストダウンで赤字幅縮小と言う結果に。

 売上原価の内訳では講師給与が前年比で+1.48億円となっており原価上昇の要因はほぼこれですね。他を少しずつ削って1.38億円になっていますが、今回は随分と増やした印象です。

 販管費の内訳では広告宣伝費が-1.91億円の減少となっており大幅なカットとなっています。前年通期で言うと年間の広告宣伝費は21.84億円で1Q単体では10.31億円。年間予算のほぼ半分を1Qで使い生徒募集、講師募集をかけるのですが今期は少なく済んでますね。短信によれば「都市部ドミナント戦略」や最適メディアの選択によって広告費を抑制とあり効果があった雰囲気。
 前年度1Q終了時点での新規入会者数並びに在籍生徒数との比較では、
・新規入会者数
前年度1Q 7,057名(対前年比108.9%) → 今年度1Q 7,553名(対前年比107.0%

・5月末在籍生徒数
前年度1Q 25,276名(対前年比106.1%) → 今年度1Q 26,538名(対前年比105.0%

 広告費を抑えても十分な生徒数を確保できており、数字上は上手くいっている印象です。ドミナント自体は数期前から進めていますが、やっと「これぐらいの広告費でいいのかな?」と言うラインが見えてきたのかも。

 前年度のように講習会シーズンに悪天候が重なり利益化できなかったこともあるので注意は必要ですが、まずは順調な1Qかと思われます。今期は通期で売上高+5.0%の会社予想となっており控えめですしね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2017.04.05 18:29|4745 東京個別
(2017年4月5日15時発表)

売上高 179.09億円(前期比+4.8%) 会社予想 180.00億円(未達
営業利益 23.05億円(前期比+4.0%) 会社予想 24.00億円(未達
経常利益 23.08億円(前期比+3.8%) 会社予想 24.03億円(未達
当期純利益 14.38億円(前期比+4.0%) 会社予想 15.33億円(未達

・売上高営業利益率(2016年度4Q)→2017年度4Q
(2016年度4Q 12.97%)→12.88%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度4Q 13.01%)→12.77%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度4Q 8.09%)→8.03%(悪化
・売上高原価率
(2016年度4Q 60.63%)→61.70%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度4Q 39.37%)→38.30%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度4Q 26.40%)→25.43%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2016年度4Q 67.05%)→66.38%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q 赤字幅拡大
2Q -5.08%
3Q +26.60%
4Q +3.81%

 今期は1Qは順調なスタートを切ったものの夏場の台風など天候不順にあい2Qが低調。下方修正をした数字も3Q時点で少し厳しい見通しとしていました。予想達成に4Q単体の売上高で前期比+6.48%、営業利益で+10.05%が必要だったのですが、結果は売上高+4.77%、営業利益+3.81%となり予想比と比較するとかなり物足りない数字でした。
 売上原価は昨年度4Qが103.64億円、今4Qが110.49億円で+6.85億円(+6.61%)の上昇。15→16年度が8%台の上昇だったのでそれに比べればマシですが、想定より売上高が伸びなかったため想定より粗利益率が落ちてしまってますね。
 四半期ごとの営業利益の前年比を見ると16年度は1Qの赤字幅拡大のあと、2~4Qは13~26%の大幅増とかなり好調だったため同じイメージでいると今期は物足りないと感じる人もいそうです。

●四半期末ごとの生徒数推移(新規入会者数 → 月末在籍生徒数)
5月末 7,057名(前年比108.9%) → 25,276名(前年比106.1%
8月末 15,669名(前年比108.5%) → 30,958名(前年比105.3%
11月末 20,034名(前年比108.8%) → 31,532名(前年比104.5%
2月末 24,774名(前年比110.6%) → 23,807名(前年比103.9%
(3/9のIRのよると、現在在籍生徒数における高校3年生の割合は過去最高)

●セグメント別売上高
授業料 122.02億円(前年同期比+4.54%
講習会 42.91億円(前年同期比+5.12%
サイエンス/文章 2.69億円(前年同期比+20.08%
ネット教室 0.15億円(前年同期と変わらず
クラスベネッセ 0.13億円(前年同期と変わらず

 期中平均の月末生徒数は通期で28,483名で前期比105.4%。16年度は107.3%だったので会社想定より売上高は伸びませんでした。高校3年生の割合が増えたからかここ2期の1月は退会率減少傾向ですが、代わりに2月の退会率はグッと上がるので今2月の退会率は昨年度より2%ほど上昇したようです。

 増収増益を確保したものの事前予想を割り込んだためイマイチな決算に見えますが年26円の配当は確定。配当金総額は14.11億円で配当性向は98.1%。前年度が24円、13.02億円の94.2%だったので更に上がる結果に。ここの配当性向は26年度以降「配当性向50%以上」に変更となったのですが、二期連続で90%以上を出すことに。50%ほどにすればもっと見栄えの良い決算書が出るかと思うので、90%以上をいつまで続けるのか注目ですね。純利益14.38億円の会社が14.11億円の配当を出すので大丈夫?なんて思うのですが、現金及び現金同物は前年度末が33.99億円、今期末が72.07億円となっており現状は全く問題なさそうです。内部留保と株主対策(主に大株主)はバッチリのようです。と言うか自社株買いしてもいいぐらいかと(笑)。まぁ、ベネッセが62%ほど既に保有しているので自社株買いする意味がないから配当性向90%以上を続けているんでしょう。

 今回の数字で目標株価を算出すると445円。前年度末が432円なので若干のアップとなりました。今期予想を見ると懲りずに昨年に続いて利益は二桁増予想となっていますが、中間で下方修正をした実績があるため額面よりも若干下に見た方が無難な気がします。事業自体は好調なので増収増益は十分可能ですが、二桁も伸びるかな?と。
 配当は26円を継続しており配当性向は84%ほどと高い水準。たた、現在の株価で配当利回りを見ると1.8%ほどで旨みはないような気も。今日現在で予想PERは52.20倍となっており、明日以降の市場の判断が気になるところです。しかし、株価1,472円ですか。随分と跳ねたなぁ~。あのまま持ってたら7倍かぁ~。うーん、泣けます(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.01.11 17:26|4745 東京個別
(2017年1月11日15時発表)

売上高 123.39億円(前期比+4.8%
営業利益 7.14億円(前期比+4.3%
経常利益 7.17億円(前期比+4.0%
当期純利益 4.00億円(前期比-3.1%

・売上高営業利益率(2016年度3Q)→2017年度3Q
(2016年度3Q 5.82%)→5.79%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度3Q 5.86%)→5.81%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度3Q 3.51%)→3.25%(悪化
・売上高原価率
(2016年度3Q 64.11%)→65.62%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度3Q 35.89%)→34.38%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度3Q 30.07%)→28.59%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2016年度3Q 83.79%)→83.15%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q 赤字幅拡大
2Q -5.08%
3Q +26.60%

●四半期ごとの生徒数推移(新規入会者数 → 月末在籍生徒数)
5月末 7,057名(前年比108.9%) → 25,276名(前年比106.1%
8月末 15,669名(前年比108.5%) → 30,958名(前年比105.3%
11月末 20,034名(前年比108.8%) → 31,532名(前年比104.5%

 マーケティングが奏功して在籍生徒数は過去最高を更新しましたが、昨年度は期を追うごとに高くなっていた伸び率は低下傾向。今期は例年より退会率が高く3~11月の9か月中8か月で前年比プラスとなっており、過去5年を見ると生徒数増加とともに退会率もどんどん上がる傾向にあるようです。学生区分の生徒数比率を2013年度→2017年度で比較すると、
・小学生 9.9% → 9.5%
・中学生 37.8% → 36.5%
・高校生 52.3% → 54.0%
 となっており、高校生の比率が伸びたので仕方ないのかも。短期講習などが終われば退会する人も多そうですしね。

●学年区分別売上高
小学生 9.82億円(前年同期比100.5%
中学生 43.28億円(前年同期比98.6%
高校生 68.06億円(前年同期比109.4%
サイエンス/文章教室 2.00億円(前年同期比118.7%
他 0.20億円

 中学生は1Qから低調で2Qで前期比98.7%になり3Qも98.6%と回復せず。小学生も低調で期中平均の生徒数は2,684名で前年同月からわずか+4名の増加。前年は+58名だったのでかなり少ないですね。中学生も+527名から+25名に激減し、高校生は1,127名から1,458名と大幅増なので、今期は完全に高校生頼みとなっています。元々の傾向ではありますが今期はより目立ちます。

●会社予想 → 予想との差 → 前期4Q単体(必要な伸び率)
売上高 180.00億円 → 56.61億円 → 53.16億円(+6.48%
営業利益 24.00億円 → 16.86億円 → 15.32億円(+10.05%
経常利益 24.03億円 → 16.86億円 → 15.34億円(+9.90%
純利益 15.33億円 → 11.33億円 → 9.69億円(+16.92%

 例年3Q単体と4Q単体で売上高+30%~、営業利益+200%~ほどの違いが出る会社ですが、その傾向で考えると今期4Q単体は3Q比で売上高約+40%、営業利益で約+253%も必要なのでハードルは少し高めかもしれないです。そういった意味では11月末の生徒数と3Q期間の売上高はもう少し欲しかった気がします。

 株価は保有していた時の高値800円を超えて900円台に入っており、とてもじゃないけど今さら買いたいと思わないので、稼ぎ時の12月、1月の講習でどれだけ上積みがあるのか注目して観察だけしていようと思います。11/9の終値が551円で直近高値が967円となっており約2か月で+75%ですからスゴイ上昇です。日経さえ+21%ほどなのに(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.10.15 18:27|4745 東京個別
(2016年10月5日15時発表)

売上高 82.94億円(前期比+4.9%
営業利益 0.50億円(前期比-68.4%
経常利益 0.52億円(前期比-67.8%
当期純利益 -0.21億円(前期は0.81億円の黒字)

・売上高営業利益率(2016年度2Q)→2017年度2Q
(2016年度2Q 2.03%)→0.61%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度2Q 2.07%)→0.64%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度2Q 1.03%)→-0.26%(悪化
・売上高原価率
(2016年度2Q 63.61%)→65.02%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度2Q 36.39%)→34.98%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度2Q 34.36%)→34.36%(変わらず)
・販管費率(対粗利益)
(2016年度2Q 94.42%)→98.25%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q 赤字幅拡大
2Q -5.08%

 8月末の生徒数の伸びが昨年ほどではなかったので少し物足りなかったのですが、一応は純増だったため会社予想からそこまで乖離しないかと考えていたのですが、夏場の天候不順による未実施授業の発生などが影響して下方修正となってしまいました。今期は春先から例年より講師確保に力を入れており夏場の講習などへの対応も万全だったのですが、台風や大雨などでキャンセル(9月へ振替)などが発生したので売上を伴わない人件費だけが残ってしまったようです。
 売上原価に占める講師給与の割合は43.8%で前年同期の42.2%から上昇。金額ベースで2.41億円(111.4%)も上昇しているので、こちらが利益減少の一番の要因かなと。

 生徒数は問い合わせ、入会者数、在籍生徒数ともに過去最高を記録していて一見堅調なのですが、自分がイメージしていたよりは少なく会社の期初予想の強気ぶりから考えると物足りない数字だったので、あの時の違和感は今後の参考にしたいと思います。
 決算発表後に出るファクトシートで確認したかったのは生徒数や入会者数の月別推移なのですが、入会者数が6月に前期比99.6%になった以外は堅調で、入会者数に限っては7月110.2%、8月114.4%とむしろ好調でした。
 その割に売上高が伸びなかったのですが、今期は退会率が高めになっていることも要因の一つなのかなと。3月の前年同期比-0.16%の後は、5か月連続で前期より高く8月に至っては前期比+1.13%の3.97%となっているので例年より退会者が多いです。夏期講習だけ受けようと入会した人が台風などでキャンセルした可能性もありますね。

 学年別売上高を見ると、前期比で高校生が109.7%、中学生が98.7%、小学生が100.3%となっており、高校生以外は低調でした。中学生のマイナスは金額で-0.38億円の減少で一見すると小さいのですが、会社予想の前提がプラスなので予想比と言う点ではもっと大きいかと思われます。授業のキャンセルが出たのは中学生が多かったのかも。

 新たな会社の通期予想は売上高は前回予想と変わらず利益面のマイナスとなっており、8月に未実施となった授業が9月に振り替わる前提で試算されているようですが、夏休みの8月だから受けたかった授業を9月に入ってから全部受けるかと言うと少し微妙なのですが現時点では何とも言えない感じです。
 昨年下期の売上高は91.87億円、営業利益は20.57億円。今2Qと会社予想の差は売上高97.06億円、営業利益23.50億円なので売上高で+5.6%、営業利益で+14.2%ほど必要な計算となります。15年度下期→16年度下期が売上高+9.8%、営業利益+25.3%だったので可能性としてはアリか?とも思うのですが、生徒数の伸びが16年度は3期間連続で二桁増とかなり好調だったため、現状と比較すると大きく伸びる下地があったかと思われます。
 なんにしろ利益の大半は4Qでの計上となるため、4Qが終わらない限りハッキリした業績は分からない会社なので、現在出ている数字だけで考えると、生徒数が想定より伸びていないことも考慮すると少し厳しい気も。予想に対しては厳しいですが増収増益着地は十分に可能な位置にいるので、冬場に問題さえなければいいですね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.09.29 20:35|4745 東京個別
 こんばんは。OPECの非公式会合において「減産合意」の報道が朝からあり日経平均は前日比+228.31円の16,693.71円と反発。権利落ちの昨日が-218.53円でしたが外部の材料により権利落ち分を埋める格好となっています。数日前のニュースで合意は難しいとなっていたので「無理かぁ」なんて思っていたので意外な展開ですね。
 これを受けて為替のドル高が進みドル円は昨日の安値から1円以上も円安になりました。円がと言うよりはドルが高くなったのかと思ったのですが、ユーロ/ドルはあまり動いておらず今のところは対円が動いている印象です。まだ非公式会合の段階であり、11月の会合で正式に合意されるまでは分からんぞと言う感じなんでしょうかね? 更に合意されたとしても実際に実行されるまで数か月かかったり、ヒドイ時には数か月後の数字を見たら減産してなかったなんて事態も前回はあったそうなので、まだまだ不安はありそうです。原油ブルのETFを見ると10%以上値上がりしており勝負所と見た買い方が本日は相当頑張った感じですが、夕方になって原油相場は下落に転じているので明日以降どうなるか注目されそうです。

 昨日は気付かなかったのですが、4745 東京個別が中間と通期の下方修正を出しています。
 中間は
売上高 83.88億円(前年同期比+6.1%) → 82.94億円(前年同期比+4.9%
営業利益 2.00億円(前年同期比+25.0%) → 0.50億円(前年同期比-68.7%
四半期純利益 1.01億円(前年同期比+24.7%) → -0.21億円(赤字化
 
 修正理由としては、売上高が夏場の天候不順の影響を受け会社予想に未達(前期比プラスは確保)。利益面は新規開校、移転、リニューアル等の設備投資の実施、社員・講師への投資を強化したためとあります。
 9/8に8月末時点の新規入会者数、生徒数が発表されており、昨年度と違い1Q時点より伸び率が落ちているのが気になってはいて、何月に生徒数が伸びなかったのかと思ったのですが、天候不順と言う言葉からすると8月で、台風や大雨でキャンセルが出たのかもしれませんね。
 1Q時から求人費が高い伸びを示しており、アルバイト講師が前年同期で+12.1%(前年は+3.2%)となっているのは1Q決算で確認していたので、これが上手く夏期講習などでフル稼働できるなら…、と甘く考えていたのですが想定より生徒数が伸びず売上高未達になったため、そのままコスト増になってしまった印象ですね。ファクトシートなどで確認しないと分かりませんが高単価の夏期講習が若干空振りになったのかなと。

 う~ん、天候不順が主要因なのが本当ならどうしようもないところですが、元々高い予想を掲げていたので修正後の通期予想売上高+5.3%、営業利益+8.3%と言うのは案外しっくりくる数字になってスッキリした印象も受けます。それでも現状からだと若干厳しいかと言う水準ではありますが新規開校の進捗は順調ですし、冬期講習で挽回する可能性もあるだけに、まだ無理と言う感じではないかな? 

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR