2017.07.22 18:20|7599 ガリバー
(2017年7月12日15時発表)

売上高 711.30億円(前期比+7.5%
営業利益 12.43億円(前期比-0.2%
経常利益 9.03億円(前期比-23.0%
当期純利益 4.57億円(前期比-37.5%

・売上高営業利益率(2017年度1Q)→2018年度1Q
(2017年度1Q 1.88%)→1.75%(悪化
・売上高経常利益率
(2017年度1Q 1.77%)→1.27%(悪化
・売上高純利益率
(2017年度1Q 1.11%)→0.64%(悪化
・売上高原価率
(2017年度1Q 77.33%)→77.38%(悪化
・売上高粗利益率
(2017年度1Q 22.67%)→22.62%(悪化
・売上高販管費率
(2017年度1Q 20.79%)→20.87%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2017年度1Q 91.70%)→92.27%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -0.16%

●地域別セグメント業績
・日本
売上高 605.62億円(前年同期比+11.4%
セグメント利益 15.69億円(前年同期比+16.4%

・豪州
売上高 101.84億円(前年同期比-10.8%
セグメント損失 -2.32億円(前年同期-0.05億円の損失)

 売上高は国内小売が好調のため+7.5%の増収。セグメント利益も増益と国内は他社同様に好調です。
●主要項目前期比比較
・買取台数 48,369台 → 48,726台(前期比+357台
・卸売台数 31,819台 → 31,393台(前期比-426台
・小売台数 23,396台 → 32,947台(前期比+9,551台

 卸売台数は小売への変換を図っているので減っていて良いのですが買取台数があまり伸びませんね。毎期数十店舗増加している割にはと言う感じです。小売台数は粗利益率を下げてまで売っているので毎四半期高い伸びです。
 中古車市場全体としては2017年1~6月の6か月中5か月が前期比プラスで現在4か月連続プラス。四半期も2四半期連続でプラスになるなどまずまずの環境。伸び率は1~3月が102.1%、4~6月が104.1%とここ5年間では高い伸びではありますが、新車ほどは伸びませんね。

 国内はネクステージなど競合他社が伸長して、ネクステージの今期売上高予想は1,000億円ほど。まだガリバーの半分よりも少ない水準ではありますが、毎期10~20%伸びてきており数年後には…と言う雰囲気。今1Qのガリバーの営業利益は1.75%ですが、ネクステージは2Q時点で2.78%。小売は薄利多売の事業なので率としては高くないですが、その中でも約1%ほど違うのでネクステージの方が効率良く売っている印象ですね。原価率はネクステージの方が高いので、高く買い取って少ない店舗で安く売っているイメージがあります。
 ネクステージは毎期数十店舗も増やすわけではないので売上高販管費率は12~14%ほどで安定していますが、ガリバーは毎期20%ほど。とにかく販管費がかかる会社です。新規出店費用が足を引っ張っているとしか思えないのですが(笑)。現状の店舗でも多く感じるのですが、ネクステージその他も店舗を増やしている中、更に…と増やしても効果はあるのかな? と以前から疑問が。

 市況がまずまずなので国内は良かったのですが、豪州事業が低調。豪州全体の新車販売はそこまで悪くないのですが(17年1~6月累計は前年比+0.2%)、会社資料の「西オーストラリア新車市場」は昨年から前年比マイナスが続いています。「西」と言うのが微妙なところで豪州の西ってあまり人が住んでいるイメージがありません(笑)。シドニーとかメルボルンは東ですよね? 
 地域の市況が悪いのに加えて「のれん」を消却しなければいけないため更に利益を削りますし、今1Q時点で「のれん」の残りは92.42億円が計上されており、15年度末が19.97億円だったことを考えると償却が終わるのはまだまだ先だなぁ~と言う感じですね。現時点ではハッキリしませんが豪州事業買収が正しかったのか検証が必要かも。
 元々豪州自体の自動車販売も16年の1年間で117万台ほどと日本市場の1/4ほどですし、実はこれが現時点で過去最高の数字らしいのでここから大きく伸びるイメージもないんですよね。数年前のIRなどで東南アジア、豪州などに進出すると出た時は非常に期待感があったのですが考えていたような中古車販売だけと言う事業ではありませんし、現状はまだ成功とは程遠い感じです。これが更に数年後に毎期プラスを記録するようになるなら先見の明があったと言うことになると思うので会社側はそんなに気にしていない雰囲気もあるのですが、今後どうなるんでしょうかね?

 国内が好調になってきたので今期に限れば前期比でそこまで可笑しな決算にはならない印象ですが、如何せん出店攻勢をやめないのが引っかかります。店舗ってそこまで細かく必要なんですかね?

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2017.07.05 20:15|4745 東京個別
(2017年7月5日15時20分発表)

売上高 34.28億円(前期比+5.3%
営業利益 -7.57億円(前期-9.54億円の赤字) 赤字幅縮小
経常利益 -7.56億円(前期-9.52億円の赤字) 赤字幅縮小
当期純利益 -5.43億円(前期-6.70億円の赤字) 赤字幅縮小

・売上高営業利益率(2017年度1Q)→2018年度1Q
(2017年度1Q -29.32%)→-22.08%(改善
・売上高経常利益率
(2017年度1Q -29.28%)→-22.07%(改善
・売上高純利益率
(2017年度1Q -20.61%)→-15.87%(改善
・売上高原価率
(2017年度1Q 76.93%)→77.08%(悪化
・売上高粗利益率
(2017年度1Q 23.07%)→22.92%(悪化
・売上高販管費率
(2017年度1Q 52.38%)→45.00%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2017年度1Q 227.09%)→196.35%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q 赤字幅縮小

 随分と長い間ここを見ていますが1Qで赤字額が前年同期より減ったのは2010年度以降で初めてとなります。1Qの売上高増とCMその他のコスト増加による利益赤字増加と言う形式だったので短信を見た時、何かあったんじゃないかとビックリしました(笑)。

 原価率は前期比で若干悪化して%では僅か+0.15%ですが金額にすると+1.38億円ほど。一方で販管費率は-7.38%と大幅に低下。金額にすると-1.62億円。売上原価と販管費合計は前期比で-0.23億円となり売上増とコストダウンで赤字幅縮小と言う結果に。

 売上原価の内訳では講師給与が前年比で+1.48億円となっており原価上昇の要因はほぼこれですね。他を少しずつ削って1.38億円になっていますが、今回は随分と増やした印象です。

 販管費の内訳では広告宣伝費が-1.91億円の減少となっており大幅なカットとなっています。前年通期で言うと年間の広告宣伝費は21.84億円で1Q単体では10.31億円。年間予算のほぼ半分を1Qで使い生徒募集、講師募集をかけるのですが今期は少なく済んでますね。短信によれば「都市部ドミナント戦略」や最適メディアの選択によって広告費を抑制とあり効果があった雰囲気。
 前年度1Q終了時点での新規入会者数並びに在籍生徒数との比較では、
・新規入会者数
前年度1Q 7,057名(対前年比108.9%) → 今年度1Q 7,553名(対前年比107.0%

・5月末在籍生徒数
前年度1Q 25,276名(対前年比106.1%) → 今年度1Q 26,538名(対前年比105.0%

 広告費を抑えても十分な生徒数を確保できており、数字上は上手くいっている印象です。ドミナント自体は数期前から進めていますが、やっと「これぐらいの広告費でいいのかな?」と言うラインが見えてきたのかも。

 前年度のように講習会シーズンに悪天候が重なり利益化できなかったこともあるので注意は必要ですが、まずは順調な1Qかと思われます。今期は通期で売上高+5.0%の会社予想となっており控えめですしね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.07.04 15:52|8008 ヨンドシーHD
(2017年7月3日15時発表)

売上高 113.41億円(前期比-2.1%
営業利益 13.41億円(前期比-13.3%
経常利益 17.14億円(前期比-7.9%
当期純利益 11.88億円(前期比-2.4%

・売上高営業利益率(2017年度1Q)→2018年度1Q
(2017年度1Q 13.36%)→11.83%(悪化
・売上高経常利益率
(2017年度1Q 16.05%)→15.11%(悪化
・売上高純利益率
(2017年度1Q 10.51%)→10.48%(悪化
・売上高原価率
(2017年度1Q 41.05%)→41.75%(悪化
・売上高粗利益率
(2017年度1Q 58.95%)→58.25%(悪化
・売上高販管費率
(2017年度1Q 45.59%)→46.42%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2017年度1Q 77.34%)→79.69%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -13.31%

 減収減益で四半期単体としては2四半期連続で前年比マイナス。

●ジュエリー事業
売上高 69.78億円(前年同期比-4.5%
営業利益 12.12億円(前年同期比-12.3%

 今期で45周年を迎えるそうで限定ジュエリーなどを展開。店舗数は前年度末比プラス6店舗の228店に舗(国内222、海外6)。店舗の内訳で見ると「ファッションビル」が6店舗増加となっているのでこちらに集中して出店したようで短信の「専門店としての独自性を追求」と言う文言と一致します。

 減益の理由は特に記載されていませんが売上原価、販管費の金額は前年度1Qより少なく抑えているので問題ではないのかなと。期間中の月次を見ると、全店累計が94.3%、既存店累計が91.2%となっており、客単価も累計92.7%だったことによる売上減が一番の要因かと思われます。

●アパレル事業
売上高 43.63億円(前年同期比+1.9%
営業利益 1.70億円(前年同期比-4.2%

 昨年度までに不採算子会社を清算して利益面はプラスで推移。現在はデイリーファッション事業「パレット」の出店拡大を進めているのでコストがかかっていると思われ減益。と言ってもパレットの店舗数は前期末比プラス3の64店舗なのでそこまでの減益理由ではないかと。ジュエリーと同様に円安による輸入コストなどが若干かかったのかなと。
 月次を見るとアスティが既存店累計102.5%、アージュが全店累計101.0%、既存店103.4%となっており事業自体は回復してきた印象もありますが、しまむらさえ減益になるほど服が売れないため不透明感はあります。

 期初予想でも中間は微増収、減益だったため現状では問題ないかなと。利益の約40%は4Qに入る会社で、いつも数字を予想にあわせてくる会社ですし1Qでどうのこうのと言うのはないです。少し心配なのは円安傾向ではありますが、現在の為替水準は前年度4Qとたいして違わないため、これ自体は極端な負担にはならない印象です。宝飾類は価格に転嫁しやすいですしね。ただ、在庫が例年より少ないかも。

 月次は全社が5か月連続マイナス既存店が10か月連続でマイナスとなっており仕入れコスト云々の前に店舗の立て直しによる売上増が必要かなと。EC事業はずっと伸び続けているものの全体に占める割合はまだ低いですし、伸び率自体も低くなってきているのでテコ入れが必要なのかも。一応会社は過去最高益を予想しているのですが伸び率は低めで控えめですし、肝心要のジュエリー事業の店舗売上が低調なので月次には注目しておいた方が良さそうです。

 今期は子会社売却などの予定外のプラス要素もないですし、昨年度はちょっとその辺りで誤魔化された気もしますが本業に注目して観察して行こうと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.06.27 16:11|3333 あさひ
(2017年6月26日15時発表)

売上高 183.83億円(前期比+5.8%
営業利益 28.93億円(前期比+6.0%
経常利益 29.11億円(前期比+5.3%
当期純利益 19.60億円(前期比+7.4%

・売上高営業利益率(2017年度1Q)→2018年度1Q
(2017年度1Q 15.71%)→15.74%(改善
・売上高経常利益率
(2017年度1Q 15.91%)→15.84%(悪化
・売上高純利益率
(2017年度1Q 10.50%)→10.66%(改善
・売上高原価率
(2017年度1Q 51.56%)→50.93%(改善
・売上高粗利益率
(2017年度1Q 48.44%)→49.07%(改善
・売上高販管費率
(2017年度1Q 32.73%)→33.33%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2017年度1Q 67.57%)→67.92%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q +5.97%

 一見良さそうな決算なのですが前4Q時に発表している今期の中間予想(売上高+7.1%、営業利益+21.3%)を考えるとかなり物足りない数字と言う印象です。ここは年間の営業利益の80%が1Qに入る構造のため予想達成のためには2Q単体で営業利益12.16億円(前年同期比+84.8%)を稼がなければならない計算になりますが、過去3期の2Q単体は1.90億円、8.89億円、6.58億円となっており普通に考えるとかなり厳しそうです。それ以前の12~14年度の2Q単体は12.27億円、11.13億円、11.70億円だったので過去の計算モデルなら可能性はあるのですが、その頃は3Q単体も10億円台あるぐらい調子が良かった時期のため3億円程度となっている過去3期を見る限りは可能性は低いかも。

 出店は10店舗、退店は1店舗で店舗数は直営426店、FC店25店の合計451店に。4Q時に発表していたリユース事業について今回の短信では何も触れておらずどうなっているのか不明です。数字的には中間予想が危うい感じなので、速攻性のある何かしらのプラス材料があるのかな?と思って読んでみましたが特にありませんでした。

 前期は1Qから在庫が膨らみ、これからどうするんだろう?と思ったのですが今1Qの在庫水準は前年同期比-9.6%と減少。前々期1Qよりは+18.1%多い数字ではありますが、昨年の2Q時点よりは少ないです。前期はなんであんなに在庫が膨らんだんだろう?

 3~5月の月次は
・3月
全店 112.5% 既存店 106.5%
・4月
全店 98.9% 既存店 91.3%
・5月
全店 110.5% 既存店 101.8%
 となっており、4月以外は好調。決算的には4月だけが誤算だったのかなと言う印象。本来はここでもう少し欲しかったです。

 期間中の5/1には「自転車活用推進法」が施行されたとあるのですが初めて知りました(笑)。現在自転車に乗っていないのですが、これって認知度どれぐらいなんでしょうね? 今期は現在まで各地で電動アシスト自転車の試乗会を多く行っているのはHPで確認できるのですが、この法律が施行されたからと言って需要が急激に増えると言うこともないでしょうし何とも言えないところでしょうか。
 昨年度の既存店月次が悪い月が多かっただけにプラスを期待できる月が多いので大崩れするイメージもないですが、如何せん中間予想のハードルが高過ぎるため、株価は本日-4%ほどの下落ですが、別に割高でもないのでそのうち織り込んで下げ止まる気もします。数字自体は悪くないですしね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.06.11 16:27|4666 パーク24
(2017年5月31日16時発表)

売上高 1074.51億円(前期比+14.7%) 1Q時 +7.7% 中間予想達成
営業利益 85.60億円(前期比-10.2%) 1Q時 -13.5% 中間予想未達
経常利益 85.33億円(前期比-8.3%) 1Q時 -10.6% 中間予想未達
当期純利益 56.04億円(前期比-6.8%) 1Q時 -10.2% 中間予想未達

・売上高営業利益率(2016年度2Q)→2017年度2Q
(2016年度2Q 10.18%)→7.97%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度2Q 9.94%)→7.94%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度2Q 6.42%)→5.22%(悪化
・売上高原価率
(2016年度2Q 73.82%)→75.14%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度2Q 26.18%)→24.86%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度2Q 16.00%)→16.90%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度2Q 61.12%)→67.96%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -13.54%
2Q -6.58%

 1Q時より回復が見えるもののまだ弱く売上高以外は中間予想を大きく下回りました。

●セグメント別業績
・駐車場事業 国内
運営件数 16,404件(前期末比103.9%
運営台数 543,242万台(前期末比102.3%
総運営件数 17,779件(前期末比103.5%
総運営台数 666,119台(前期末比103.1%

売上高 723.21億円(前年同期比+5.2%) 1Q時 +5.2%
営業利益 119.64億円(前年同期比+1.6%) 1Q時 +4.7%

 堅調な数字ではありますが営業利益の伸び率は1Qより低下。1Q時より運営件数、運営台数の伸びが高いため投資を先行させた印象でありコストが想定よりかかったのかなと。

・駐車場事業 海外
総運営件数 1,534件
総運営台数 372,641台
総運営件数 19,313件
総運営台数 1,038,760台

売上高 78.44億円(前年同期比+722.5%
営業利益 0.56億円(前年同期比+14.9%

 M&Aを進めており現在は7か国に。売上高は急激に伸びましたが、「のれん償却」があるため営業利益率は伸びません。昨年度2Q時の「のれん」は3.86億円でしたが、今2Qでは169.37億円まで膨らんでおり毎四半期2億円ほどずつ償却していく感じでしょうか。

・モビリティ事業
(カーシェアリングサービス)
ステーション数 9,380ステーション(前年度末比+9.2%
配備台数 18,380台(前年度末比+13.1%
会員数 800,958人(前年度末比+11.3%
(モビリティ事業全体)
車両台数 46,607台(前年度末比+8.5%

売上高 273.63億円(前年同期比+13.8%
営業利益 11.04億円(前年同期比-23.0%

 完全黒字化したものの、まだ投資期間が続きますね。カーシェアリング会員カードでレンタカー貸出ができるようになるなどサービスも拡大中。1Q時の会員数は754,770万人でしたから1四半期で約4.6万人増と言うことになり、年度末には90万人ほどが想定されます。安全装備や増車ペースの加速でコストが増加すると言うことなので利益面でここから急激に伸びると言うのはまだ先の話でしょう。
 当社が増車ペースを加速することでカーシェアリングの認知スピードも上がり需要が増加するかと思いますが、需要増と同時にライバル会社も当然増えてきており、三井のカレコ、DeNAのエニカなどもサービス拡大傾向になっているようです。うちの地元にもカレコのステーションがポツポツと出始めていますが、エニカはどこまで本気なのかまだ分からないかな。大手が参入することで料金の改定があるかもしれませんが、キャンセル料などで帳尻を合わせることもあるため注意事項や契約内容はよく読んだ方が良さそう。ただ個人的にはサービスの質が下がるような極端な値下げ合戦はやめて欲しいです。

 とりあえず通期予想の変更はなしで3Q以降を見守る感じ。過去決算からも上期より下期の方が営業利益が高くなる傾向の会社ですし、特に4Qに伸びる会社なので3Qでそれなりの数字が出るならまだ可能性はあるかと考えています。現状では国内はまずまず堅調、先行投資も順調ですが、海外は国内と比較して利益率はそんなに高くならない気がしますし、豪州などに進出したガリバーなどが見込み違いで苦戦しているため海外駐車場が今後どうなるかが一番注目でしょうか。インドなどに進出した流通会社も失敗して撤退してますし、海外特にアジアは難しいです(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR