2017.02.28 17:56|4666 パーク24
(2017年2月28日16時発表)

売上高 504.04億円(前期比+7.7%
営業利益 42.63億円(前期比-13.5%)金額にすると-6.68億円
経常利益 43.53億円(前期比-10.6%
当期純利益 28.72億円(前期比-10.2%

・売上高営業利益率(2016年度1Q)→2017年度1Q
(2016年度1Q 10.54%)→8.46%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度1Q 10.40%)→8.64%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度1Q 6.84%)→5.70%(悪化
・売上高原価率
(2016年度1Q 74.25%)→74.40%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度1Q 25.75%)→25.60%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度1Q 15.21%)→17.14%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度1Q 59.07%)→66.95%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -13.54%

◎セグメント別業績
●駐車場事業
(国内)
・タイムズ駐車場運営件数 15,992件(前年度末比101.3%
・運営台数 536,780台(前年度末比101.1%
・総運営件数 17,367件(前年度末比101.1%
・総運営台数 653,324台(前年度末比101.2%
売上高 359.75億円(前年同期比+5.2%
(調整前)営業利益 62.29億円(前年同期比+4.7%

(海外)
・総運営件数 1,482件
・総運営台数 363,118台
売上高 6.21億円(前年同期比+25.8%
(調整前)営業利益 0.47億円(前年同期比+75.3%)

 新たに豪州など5か国で事業を行っている会社を買収したので海外の規模が大きくなり今回から国内、海外を別々に表記するみたいですね。合算した総運営台数は101.6万台と100万台を超え前年度1Q比で+64.1%と大きく伸びています。
 1Q期間でのみなし取得で今1Qに損益影響はないとあるので、運営件数や運営台数には数字が入っているでしょうが、売上高、利益には反映されていないと思われます。

 気になっていた「のれん」は短信によると168.87億円。1月のIRではいくらになるか分からなかったのですが、大きいものの思ったよりは少ないと言う感じです。前年度末の10月時点の「のれん」は3.86億円しかありませんでしたが、今回の買収で171.74億円と大きくなったので、これから毎期どんな風に償却して行くか注目したいと思います。
 今回の短信には前年度と同じ0.38億円ののれん償却額しか記載されていませんでしたが、連結に入ってくる2Q以降に分かるのかなと思います。20年償却だとだいたい毎期8.5億円ほどでしょうかね?

●モビリティ事業
・会員数 754,770人(前年度末は719,434人)
・車両台数 43,720台(前年同期比101.8%) うちカーシェアリングサービス車両は16,836台)
売上高 138.50億円(前年同期比+14.1%
(調整前)営業利益 5.09億円(前年同期比-28.6%)金額にすると-2.04億円

 車両台数の伸びは前年度1Qも100.5%と小さかったのでこんなものかなと。ただ、カーシェア用車両は前年同期比+22.5%と高い伸びですし、全体に占める割合は前年度1Qで35%、今1Qでは38.5%と高くなっています。
 売上高は順調に二桁増でしたが、営業利益は安全装備への投資、増車ペースの加速等によるコスト増加で30%近い減益。会員数の伸びがを見ると11~1月の3か月で+3.5万人も増えているので確かに増車ペースを上げないと間に合わない気がします。

 セグメント別の営業利益は調整前の数字の合計は67.86億円。調整額(のれん消却額+全社費用)は25.23億円となっており、これは前年同期比+43.4%、金額にすると7.64億円も増えた計算になります。この辺りの推移も2Q以降どう変化するのか注目かなと。

 海外の数字が2Qでハッキリ分かるまで良いとも悪いとも言えない決算かな?と言うのが印象ですね。国内駐車場は安定して伸びてますし、モビリティの減益も投資や増車のためとあるので、それを信じるなら問題のない数字なので、売上高200億円~250億円規模が推定される海外の数字待ちと言う感じです。特に利益ですね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2016.12.15 18:51|4666 パーク24
(2016年12月15日16時発表)

売上高 1943.98億円(前期比+8.2%) 会社予想 +6.8%超過
営業利益 214.53億円(前期比+14.5%) 会社予想 +13.2%超過
経常利益 211.64億円(前期比+13.9%) 会社予想 +13.0%超過
当期純利益 139.63億円(前期比+20.9%) 会社予想 +16.9%超過

・売上高営業利益率(2015年度4Q)→2016年度4Q
(2016年度4Q 10.42%)→11.04%(改善
・売上高経常利益率
(2016年度4Q 10.34%)→10.89%(改善
・売上高純利益率
(2016年度4Q 6.43%)→7.18%(改善
・売上高原価率
(2016年度4Q 74.01%)→72.71%(改善
・売上高粗利益率
(2016年度4Q 25.99%)→27.29%(改善
・売上高販管費率
(2016年度4Q 15.57%)→16.25%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度4Q 59.90%)→59.56%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q +20.12%
2Q +20.38%
3Q +19.50%
4Q +3.80%

 3Qは記事を書くのを忘れていてすっ飛ばしってしまいましたが、昨年度2Qからの増益傾向は継続しており好調な決算です。14年度から原価率の上昇があり、利益が伸び悩んでいたのですが、15年度2Qの75.32%をピークとして今4Qまでに72.71%まで低下。一番良い時で71.63%と言うのがあるので、まだ1%ほどの改善余地を残しての好業績です。
 粗利益に対する減価償却率も同様で、15年2Qの46.01%をピークとして、今4Qでは41.06%まで低下。以前は34~42%ほどで推移していたので良い傾向ではないでしょうか。

◎セグメント別業績
●駐車場事業
・タイムズ駐車場運営件数 15,792件(前年同期比105.4%
・運営台数 531,135台(前年同期比106.3%
・総運営件数 17,171件(前年同期比104.6%
・総運営台数 645,849台(前年同期比106.0%
売上高 1,422.41億円(前年同期比+5.9%
営業利益 249.80億円(前年同期比+8.4%

●モビリティ事業
・車両台数 42,943台(前年同期比110.1%) うちカーシェアリングサービス車両は16,252台で+23.6%
売上高 523億円(前年同期比+14.9%
営業利益 44.57億円(前年同期比+56.8%

 今年度四半期単体の営業利益の推移を見てみると、
1Q 7.13億円
2Q 7.21億円
3Q 8.22億円
4Q 22.01億円
 となっており、4Qで跳ね上がっていることからモビリティ事業が完全に軌道に乗った印象です。会員数は前年度末で54.9万人でしたが、71万人を超えるまでに成長しており順調そうです。カーシェアリング車を検索すると、自分の家から徒歩で行ける範囲を数えたら29台まで増えており、これだけあれば平日なら借りられないと言うことは自分に限ればなさそうです(笑)。
 11/1~1/10まで「おためしキャンペーン」(月額基本料金(1,030円)2か月間無料、カード発行手数料(1,550円)が無料)をやっているようですし、10月末で71.9万人でしたが月次によれば11月末には73.1万人となって毎月1万人以上のペースを継続しており、会員数の増加は続きそうな雰囲気です。まぁ、注意書きを見ると、本キャンペーンで申し込んだ場合は通常プランに含まれている無料利用分(1,030円)はつかないそうなので、実質的にはカード発行手数料だけが無料のような気もしますが(笑)。

 決算に先立って12/7には豪州、NZ、英国で駐車場事業を展開する企業とシンガポールで展開、マレーシアで展開する企業の株式を80%取得してグループ化することを発表しています。韓国・台湾には進出していましたが、一気に地域を広げてきました。株式取得日は来年1/6予定で取得金額は合計で227.8百万豪ドル、12/8時点の為替では185億円ほどだったと思うのですが、今日現在のレートだと198.5億円まで跳ね上がっており、実際に払う金額がいくらになるのか注目されるところですが、色々な手数料も入ってきますし、200億円はかかりそうな気もします。パッと見の印象は高い買い物のような気もします。

 開示されている買収する企業の決算数字には営業利益が示されておらず、お約束の「EBITDA」が示されており、イマジカのM&Aを経験しているだけにイヤな感じ。いざ連結したらとんでもない赤字企業だったトラウマがあるので、もっと情報がないと何とも言えないですね。買収額が大きいだけに「のれん」もどうなるか興味があったのですが、今日のIRでは特に記載がなく不明です。確かここはすぐに説明会資料が出ると思うので、その辺りを確認したいと思います。資金はどうするのかも気になりますしね。

◎来期会社予想
売上高 2320.00億円(前期比+19.3%
営業利益 242.00億円(前期比+12.8%
経常利益 240.00億円(前期比+13.4%
純利益 160.00億円(前期比+14.6%

 大幅な増収増益予想なのですが、内訳が分からないので今回のM&Aを織り込んだものかはハッキリ分かりません。まだ買収してませんし、普通に考えたら入っていないと思うので資料で確認したいと思います。なので評価はなしです。

 今回の数字で目標株価を算出すると1,363円となり、株価は今日の終値で3,025円と割高感はあります。ただ、初めて見た時から割高でしたし、もうずっとその状態なので業績が上向いてきた現状から、こんな安値になることはないでしょう(笑)。仮にのれんの償却が毎年10億円発生して利益を削ったとしても元々が高い利益率ですし、増益で目立つことはない可能性はありそうです。イマジカは元々の利益が小さいのに毎期利益の半分~1/4を償却しなければいけないので、ダメージが悪目立ちしましたが、ここはそんなことはないんじゃないでしょうか? とにかく資料で確認出来ればいいなと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.06.01 18:40|4666 パーク24
(2016年5月31日16時発表)

売上高 936.64億円(前期比+8.2%
営業利益 95.31億円(前期比+20.2%
経常利益 93.08億円(前期比+17.4%
当期純利益 60.10億円(前期比+22.5%

・売上高営業利益率(2015年度2Q)→2016年度2Q
(2015年度2Q 9.15%)→10.18%(改善
・売上高経常利益率
(2015年度2Q 9.15%)→9.94%(改善
・売上高純利益率
(2015年度2Q 5.67%)→6.42%(改善
・売上高原価率
(2015年度2Q 75.32%)→73.82%(改善
・売上高粗利益率
(2015年度2Q 24.67%)→26.18%(改善
・売上高販管費率
(2015年度2Q 15.52%)→16.00%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2015年度2Q 62.91%)→61.12%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q +20.12%
2Q +20.38%

 高止まりしていた原価率も73%台に戻ってきましたし、営業利益率も3四半期連続で10%を超え、4四半期連続で営業利益が前年同期比マイナスが続いたあと5四半期連続でのプラスとなり、完全に成長軌道に戻った印象を受けます。
 モビリティ事業の車両が増えていたこともあり粗利益に占める減価償却費率が高い水準で推移し右肩上がりだったのが、事業の売上高が高い伸びを示し始めたことで2015年度3Qから減少に転じているのもプラス材料かなと思います。2009年度が29%ほど、ピークの2015年度2Qでは46.01%まで上昇していたので今2Qの42.92%まで改善したことは良かったなと。

●セグメント別業績
○駐車場事業
・運営件数 15,412件(前年度末比+2.8%
・運営台数 523,664台(前年度末比+4.8%
・総運営件数 16,800件(前年度末比+2.4%
・総運営台数 633,698台(前年度末比+1.6%
・売上高 696.88億円(前年同期比+6.3%
・営業利益 118.31億円(前年同期比+10.2%

○モビリティ事業
・車両台数 40,947台(前年度末比+4.9%
(うちカーシェアリングの車両台数は14,917台)
・売上高 240.46億円(前年同期比+14.0%
・営業利益 14.34億円(前年同期比+35.0%

 タイムズ駐車場などの伸び率は低めですが、もう既にかなりの運営件数のため二桁増加などは必要ないのかも。着実に増やしていって既存物件がある程度の稼働率で推移しさえすれば今後もある程度の数字は確実に出しそうな雰囲気。

 モビリティ事業も完全に軌道に乗っており安定的な黒字事業へ成長しました。カーシェアリングサービスはステーション数が7,969か所にまで増え、会員数は前期末の54.9万人から61.3万人に、車両数は13,149台から14,917台と1,768台増加となっています。

 ずっと増えないかな~?と考えていた地元で一番近いタイムズ駐車場は先日1台から3台になり、会員になってみたいなと言う気がしてきました。70歳台の父親もマイカーが古いことや年間の維持費がもったいないと言うことで来年の車検までに考えることにするなんて言ってきたので、やはり設置されている台数が増えるのは魅力のようです。1台だと使いたい時に使えるのか不安ですしね。家から徒歩10~15分圏内のタイムズ駐車場のカーシェアリング車両を数えると22台となっており、いつの間にと言う感じです(笑)。これだけあれば土日はともかく平日はまず予約出来ないなんてことはないかも。

 前回の増税では思いのほか影響を受けた印象ですし、業績が戻ってきた現状での増税延期は若干のプラス材料(客足が遠のかないと言う意味で)ですから安定的な業績が見込めるような気がします。ただ、株価は3,200円台となっており、目標株価のはるか上のため観察を続けるだけとなります(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.02.29 20:32|4666 パーク24
(2016年2月29日16時発表)

売上高 467.89億円(前期比+8.0%
営業利益 49.31億円(前期比+20.1%
経常利益 48.68億円(前期比+18.4%
当期純利益 31.99億円(前期比+23.4%

・売上高営業利益率(2015年度1Q)→2016年度1Q
(2015年度1Q 9.48%)→10.54%(改善
・売上高経常利益率
(2015年度1Q 9.49%)→10.40%(改善
・売上高純利益率
(2015年度1Q 5.98%)→6.84%(改善
・売上高原価率
(2015年度1Q 75.32%)→74.25%(改善
・売上高粗利益率
(2015年度1Q 24.68%)→25.75%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2015年度1Q 61.60%)→59.07%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q +20.12%

 事前に日経新聞で経常利益20%増、50億円弱と報道されていたので、本当かな?と注目していたのですが、実際は少し下の+18.4%、48.68億円でした。2014年度1Qの49.29億円を超えて、この期間としては過去最高水準になったようです。
 2014年度2Q~2015年1Qまでの4四半期単体が前年割れになり、若干成長への疑問が出ていましたが、2015年2Q~今1Qで連続4四半期前年比でプラスとなったことで、再び成長軌道の入口へ戻ってきた印象もありますね。
 ただ、前述のように4四半期連続の前年割れの後で若干ハードルが低かったところでの4四半期連続のプラスですから、あくまで入口へ戻ってきただけとも思えます。来年度には再度、消費増税が予定されており、前回は考えていたよりも影響を受けた様子なので駐車場の増加を加速させるのか、少し落として来年の落ち込みに備えるのか注目したいです。

●セグメント別業績
○駐車場事業
・運営件数 15,070件(前年度末比+0.6%
・運営台数 508,141台(前年度末比+1.7%
・総経営件数 16,493件(前年度末比+0.5%
・総運営台数 619,444台(前年度末比+1.6%
・売上高 346.87億円(前年同期比+6.3%
・営業利益 59.76億円(前年同期比+8.0%

○モビリティ事業
・車両台数 39,224台(前年度末比+0.5%
(うちカーシェアリングの車両台数は13,736台(前年同期は10,645台なので+3,091台))
・売上高 121.37億円(前年同期比+12.9%
・営業利益 7.13億円(前年同期比+224.6%)前年同期は2.19億円なので+4.94億円

 思ったより駐車場事業は伸びておらず、営業利益は59.76億円。2014年度1Qが68.72億円あったことを考えると少し物足りない数字。売上高は伸びているだけにもう少し利益率を過去数字に近づけたい気がしますが、原価率が2年前より2%上がっており現状は少し厳しいかな? 販管費の伸びも売上高同様に前年同期比+8.0%なので、本来はもう少し抑えたいところかも。

 営業赤字だったモビリティ事業は2014年度4Qから黒字が定着。期を追うごとに利益が多くなっており順調そうで、今1Qの利益面の増額の約半分を占めるまでに。ただ、相変わらず家の近所のカーシェリング車は一台ずつなので使い勝手はイマイチそうで、まだ会員になりたいとは思いません(笑)。

 とりあえず今1Q、2Qは前年度が低調だったこともあり、プラスになりやすい面もありますから3Q以降に強い数字が出るかで本格回復を判断したいと思います。ぶっちゃけ目標株価より約3倍ほど高く、とても買える株価ではないので注目リストのランクを1個下げて見ているだけになりそうです(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ


 
2015.12.17 12:30|4666 パーク24
(2015年12月15日16時発表)

売上高 1796.98億円(前期比+7.6%) 会社予想 1800.00億円(若干未達)
営業利益 187.30億円(前期比+6.7%) 会社予想 186.00億円(達成
経常利益 185.89億円(前期比+6.2%) 会社予想 185.00億円(達成
当期純利益 115.49億円(前期比+11.2%) 会社予想 115.00億円(達成

・売上高営業利益率(2014年度4Q)→2015年度4Q
(2014年度4Q 10.51%)→10.42%(悪化
・売上高経常利益率
(2014年度4Q 10.48%)→10.34%(悪化
・売上高純利益率
(2014年度4Q 6.22%)→6.43%(改善
・売上高原価率
(2014年度4Q 73.60%)→74.01%(悪化
・売上高粗利益率
(2014年度4Q 26.40%)→25.99%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2014年度4Q 60.19%)→59.90%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q -16.71%
2Q +1.78%
3Q +13.03%
4Q +28.92%

 3Q時点で会社予想の営業利益を達成するために+26%ほどが必要だったので若干の未達かと考えていたのですが、結果は+28.92%となり見事に予想達成となりました。7~10月のタイムズ駐車場の稼働率が良い具合に上がり原価率が前期より3~4%改善して推移したことも要因の一つでしょうね。かつモビリティ事業が黒字化しているので駐車場事業の前期のマイナスの穴埋めをしている形です。
 9%台に落ち込んでいた営業利益率も前年度4Qを若干下回りましたが、10.42%まで回復。原価率の悪化が改善してきたことに加えて前年度より販管費の上昇率を抑えたことで2Q以降に右肩上がりの回復となりました。10%台を回復出来たのは大きいですね。

◎事業別
●駐車場事業
売上高 1343.48億円(前年同期比+5.3%) 3Q時 +4.8%
セグメント利益 230.44億円(前年同期比-2.4%) 3Q時 -6.8% 2Q時 -11.8% 1Q時-19.5%
●モビリティ事業
売上高 455.06億円(前年同期比+15.1%) 3Q時 +15.5%
セグメント利益 28.43億円(前年同期比+169.8%) 3Q時 -0.15億円の損失

 駐車場事業は1Qが悪すぎた影響で最終的に-2.4%の減益で回復傾向ではありますが、これが次の四半期でプラスになるのか注目されるところです。前1Qは悪かっただけにハードルは低く今のままならプラスにはなると思います。
 モビリティ事業は黒字化しましたし、車両台数は前期末比で107.4%の39,020台。会員数は前期末の41.5万人から54万となり拡大傾向が続いています。うちカーシェアリングの車両台数は13,149台で来期予想は16,000台。まだ家の近所のタイムズには1か所に1台しかなく使い勝手が悪いので、まだ随分先でしょうが早く2、3台と増えないかと期待しています。1台だけだと必ず使いたい時に使えるのか不安ですしね。まぁ、希望車が予約出来なくても近所のタイムズ駐車場の車両を数えると8台ほどにはなるので、ちょっと遠くまで取りに行けばいいだけなのですが、面倒なので近くの駐車場が増えないかな~と(笑)。

◎会社来期予想
売上高 1920.00億円(+6.8%
営業利益 212.00億円(+13.2%
経常利益 210.00億円(+13.0%
純利益 135.00億円(+16.9%
 4四半期連続の減益の後、3四半期連続で増益の流れを受けて久しぶりにまずまず強気な予想ですね。株価の方も好感して上昇しており、まず順調なスタートです。残念ながら自分の目標株価は2015年度の数字で1,150円と現状の2,700台よりかなり低いため手を出せません。不調だった昨年度の10月末が1,600円台ですから、自分が買えるとすればそこだけだった気がしますので、将来の回復を見越して買っていた人はさすがだなぁと感心です。ただ、業績に落ち込みがあっても回復出来る企業であることは確認出来ましたので、これからも注目は続けていきたいと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR