2017.03.25 16:12|FX
 3月第四週のFXの取引結果です。
決済回数 427回
利益回数 303回(勝率70.9%)
損失回数 120回
ゼロベース 4回
利益額 6,758円
損失額 6,706円
取引損益 +52円
開始からの累計損益 +69円

 20日夜の記事で書いた持ち越していた買い玉は朝方確認したら二つで1,000円ほどの損失となっており、さすがに無理と判断して損切り。この時点でマネパから貰った1,000円は使い切ったことに(苦笑)。やっぱりあのタイミングは違ったのかと反省しました…。

 と言うことでここからは自己資金での投資となり、失ったマネパ資金を取り戻すために更に色々と試して自分に合うスタイルを探すために色々なブログを物色。ボリンジャーが~、MACDが~、ストキャが~と色々なブログを回った結果、どうもMACDも性に合わないと言うことで見慣れた移動平均線での取引方法一本に絞ることにしました。当然MACDも役に立つ場面があるのですが、移動平均線と併用して使っていると迷ってしまう場面も多く邪魔なので今は見ないことに。要はどっちがいいか迷い、「こっちだ!」と投資してダマしに引っかかることが多すぎたと言うことです(笑)。

 あるブログで単純移動平均線(SMA、MA)とEMA(指数移動平均線)を使ってトレンドや入るタイミングを決める方法もあるよと紹介されており、親切にも入るタイミングや無視するタイミングなども書かれていたので、今回はこれを参考にすることにしました(単純ですが)。

4時間足

 上記のスクショのようにMAは34、89、144(フィボナッチ数列と言うらしい)に、EMAは13に設定し、最初に大きな時間足でトレンドを確認。中・長期線が上にあり右肩下がりなら下落トレンドと判断。次に30分、15分、5分足などの小さい時間足を確認して基準線としたEMAがSMAを下抜ける、又は跳ね返されて下を向く、実際の価格がEMAにぶつかり跳ね返されるタイミングを狙って取引するようにしました。大きなトレンドでは下落傾向なので上抜いていったのは無視して次の下落(するであろう)ポイントを待ちます。そう書いてあったのに、時々「今、買いで少し行けそう?」と入ったら逆方向へ持っていかれると言うお約束を何回もしました(笑)。無駄なことをしたなぁ。

 スクショは4時間足なので、これだけ見てたら一日の取引回数は数回となってしまいますが、実際は5、15、30分足などで取引するので回数はもっと多く出来ます。ポイントを説明するのにこれが一番きれいで分かりやすかったのです。

 ブログを周り模索しながらトレードした21日午前中は取引量を増やしてみたのですが、まぁ見事に往復ビンタを喰らい続けました(笑)。意気込んでしまい5,000通貨で取引してある程度の利益で利確してても1、2回大きく敗けてしまうともうダメで、どんどん適当になります(笑)。短い足を見ながら、売り→敗け、いやいやもう1回売り→敗け、う~ん、じゃあ買い→敗けとパチスロの目押し(やったことないけど)のようになってきて散々であり、やっぱりこのやり方は向いていないようです(笑)。

 で、午後に見かけたブログを参考にして1回の取引量を下げ(数回に分ける)、入るポイントを絞り、なるべく損切しないようにして取引するようになった訳ですが、ちょうど一方向へ下落トレンドが続く時間が長かった期間と言うこともあり、結構安定してトレード出来ました。
 全く損切しないわけではないのですが、まず一つ売りを出したらしばらく観察して仮に違う方向へ行ってしまっても、もう一つ上の平均線で売りをもう1つして、また観察。で、我慢していると下がり始めて最初の売り玉がプラスになるまでに、と言うことが多々あり、一つ目の利益は少なくても二つ目が大きかったり、一つ目が多少の損失でも二つ目のプラスとの合計でプラスと言う状態になることが多かったです。大きなトレンドを確認して、それが合っていると言うのが前提ですが(苦笑)。

 まぁ、そのまま逆方向へ持っていかれてしまったこともありダメだと思ったら損切するのですが、大きなトレンドに逆らって入ったパターンよりは回数はかなり少なかったです。今までは微妙な所で入ったらそこがトレンドの変わり目だったというパターンで、逆方向へ大きく持っていかれて損切と言うのが自分は一番多かったので、そういうのは減りました。もちろん外国からのニュースなどで急変してしまうこともあるのですが、結構使いやすい手法ですし自分には合っていそうです。
 とりあえず20日分の取引で1,030円ほど失いましたが、21~24日で1,082円と戻せたので一安心です。額が小さいのでピンとこないと思いますが、1,030万円を失った翌日から1,082万円を稼いだと考えると、自分的にはスキップしたくなるレベルです(笑)。

 下のスクショは3/23の午前0時からの1分足ですが、ちょうど英国でテロ報道が出たポイントです。
英国テロ発生時

 たぐまるが売りでINした数秒後に火柱が上がったので、狙って入ったわけではありません(笑)。0時の少し前を見てもらうと分かると思うのですが、長期線で跳ね返されているので入っただけなんです。なかなかないであろうタイミングで入ってしまった稀な体験でかなりビックリしましたが、大きな時間でも下落トレンドであることを確認して入ったので、また下がると考えて売り玉は放置して損切せず。一回目の下落は確認でスルーして、2回目の下落でもう一つ売り玉を入れ144のライン付近で利確。出来るなら3回目の下落時も売り玉を入れられたら良かったのですが、2回目を取ったことで安心してしまいスルーしちゃいました…。もう後は戻りきることを祈って元に戻った瞬間に決済で運よく脱出。いつもなら火柱が上がった時に追いかけて順張りで入ってしまい損をするのですが、この時は入らず正解だったのかなと。まぁ、そのまま上へ行くことも多々あるので結果論ではありますが(笑)。必ずしも同様にならないことは重々承知ですが、こういうこともあるから待ってみるのもアリかなと言う一つの例ですね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。


スポンサーサイト
2017.03.20 22:25|FX
 こんばんは。いつもの3連休なら月曜日はヒマを持て余すのですが、為替市場は動いているので本日は朝からFXを。始めてから約2週間ほどの結果を記しますと、
●3/1~17日
決済回数 253回
利益回数 171回
損失回数 52回
ゼロベース 30回
勝率 67.58%
利益額 598円
損失額 -581円
取引損益 +17円

 最初の10日間ほどは豪ドル円ばかりやっていましたが、後半ほとんどはドル円で取引してました。決済は253回してますが約76%ほどは売りで入って買いで決算しています。ひたすら売ってました。
 その割にタイミングが悪いのか買いとの相性が悪いのか、取引履歴を見ると大きな損失となっているのは買いばかりで、売りでコツコツとプラスを積み上げて買いで放出と言うのを繰り返しているのが確認できました(苦笑)。時間帯もほぼ同じところで、深夜0~1時、寝る前にちょっと…と入った時にボコボコされており、早く寝るために昼間ならナンピンなどして粘る場面でも損切しているため、アホな負け方をしています。

 とりあえず2週ほどやったので、今週からは取引量を増やし100~500通貨を1,000~5,000通貨にして取引開始。いや~、5,000通貨にするとびっくりするほどお金の増減が早いですね(笑)。チャートが大きく動いている時に入るとパッと画面に数字が映った瞬間から大きなマイナスだったりして「おお?」となります。ただ、最大5,000通貨となっても1円、10円の損益が50円、150円となっただけでまだマネパから貰った1,000円を600円ほどにした程度です。そう、取引量を増やした初日から大きく敗けています(苦笑)。

 基本的に売りで入っており午前中はそれで良かったのですが、14時頃にトレンドが変わってしまいそれに気づかず2回の取引で450円ほども損失を出してしまいました。下がるだろうと思って損切せずに長い時間持っていたのですが、16時過ぎにどうやら買いトレンドに転換しているようだと気づいて損切しました。
 そこからはひたすら買いで頑張って4時間ほどでプラスまで戻したのですが、今度は20時30時ごろから下落トレンドに転換したようで現在二つほど買いの建玉が大きなマイナスで捕まっています。調子に乗ってやってたら最後の二つを買った直後から下落です…。あの時やめておけばと絶賛後悔中ではありますが、pipsで言うとわずか16.0pipsの差しかなく、円で言うと0.16円の差なのでまだ保有中です。たぶん切らないとヤバいと思うのですが、寝る前粘ってみようと思います。どうなるかな? (あ、今、差がめっちゃ拡がった…)。

 とりあえず今後の一番の課題はトレンドの見極めでしょうかね…。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR