2017.07.17 21:33|FX
 こんばんは。7月も中旬となり暑さが本格化してきましたね…。東京都心では35℃超えとなり今年初めての猛暑日となったそうです。もうすぐ完全に「夏!」と言う感じになりそうですが、昨日の夜には急に雨が降り出すなど不安定さは残り、昨年はなかった都心部のゲリラ豪雨など今年はありそうですし、天気予報などは毎日必ずチェックしておいた方がいいでしょうね。

 週末にユーロ高が爆発したユーロ/ドルですが週明けの今日は朝からドル高傾向で高値から61.8%水準まで下落。ただ、夕方からはユーロ高が再度進行しており、邦人勢と海外勢では評価が違うのかな?と言う印象。ユーロ高ドル安が進行したことにより、ドル/円は上値を抑えられており、18時台に113.3円台から112.3円台に急落し現在も戻りはかなり鈍いです。米国、ドイツの10年債はともに週末より下落して推移しており、資源国通貨、新興国通貨にとっては追い風で特に南ア・ランド/円が堅調に値を伸ばしています。う~ん、ここまで伸びるとは考えてなかったので、安値で買った建て玉を処分するのが速過ぎましたね(苦笑)。と言っても米国、ユーロが緩和縮小に向かうのは、ゆっくりであっても間違いないでしょうし、要人の発言一つでガラっと変わるような気も。

 とりあえずは本日からマネパでメキシコペソ/円(PFX、nano)、トルコ/円(nano)がスタートしており、日中の安値付近で1,000通貨ずつ買付をスタート。ランド/円は押し目らしい所がなく上昇していたのでまた今度です。
 意外ではありますが、メキシコペソを取り扱っているのは国内FX会社ではたった4社。気になるスワップは1万通貨で13円(予定)。ランド/円が11~12円なので、ほぼ同水準みたいです。同じ証拠金額(35万円ほどと仮定)で買える量はメキシコペソ/円が34万通貨、トルコリラ/円が24万通貨ほどなので、やはりトルコリラのスワップはかなり高いですね。メキシコペソと南ア・ランドは現在の為替水準がほぼ同じなので、買える量もほぼ同じとなっています。動き的には三者三様ではありますが概ね上昇傾向でしょうか。欧米の長期金利が上昇した時に売りなのか?とイメージしていましたが、今現在はそうなっておらず、なかなかセオリー通りとはいかないです。
 考え方によっては欧米が堅調であれば、輸入も増えるでしょうし、中国や資源国、新興国からの輸出増加などがあるとも考えられるので一昔前のような感じにはならないのかも。特に先進国はほぼ全てが低金利ないしは0金利からのわずかな金利上昇ですし、資源国である豪州さえ低金利、南アやトルコは利下げの噂が絶えませんし、そもそもが正常じゃないですもんね。為替の上げ下げを判断するのは難しすぎます(苦笑)。

 とりあえず当面は1,000通貨での運用に戻すので資金はPFX(パートナーズFX)からnanoに移動。PFXの証拠金は代用有価証券のみとなりました。約10万ほどしかないので、最近ハマっているユーロ/ドルや相性が悪い(と感じる)ドル/円はわずか1万通貨しか買えません。これだけでは証拠金維持率が130%ほどにしかならないので少し運用は難しいかも。こちらも資源国、新興国通貨で入れる時に使う、と言う感じでしょうか。とにかくPFXの一万通貨での運用は一区切りし、nanoでの運用をメインしようと思います。7月は調子に乗ってやっていたら取扱通貨量が新規で1,000万通貨を越えてしまい、マネパカードのキャッシュバッグが3%になりそうです。やり過ぎました、怖い怖い(笑)。

 マネパカードのキャッシュバック率決定のタイミングが変更になるお知らせがあり、以前は「当月に条件を達成すれば翌月に適用」だったのですが、次回からは「当月の達成条件によって当月の率が決まる」仕様に変更されています。
・以前は
7月に条件達成したら、8月の使用金額に適用。
・今後は
7月に条件達成したら、7月の使用金額に適用。

 この変更を受けてキャッシュバック金額の決定日時や発表日時も変わるようですし、専用サイトでその都度使用したお店や金額が記載されていきましたが(承認は後)、今後(今現在も)は決定した時に一括で表示する仕様になるようです。
 要は月の途中でより良い条件を達成しそうになったならば、パパっと達成してしまえば当月に良いCB率が適用されると言うことですね。「今月プライベートでマネパカードいっぱい使っちゃったなぁ~。お、FXがあと少しで3%の条件達成だ。ちょっとやっとくか!」と言う感じでしょうかね? ……いや違うか(笑)。個人的にはカード会員が急激に増えてきて承認するスピードが追い付かなくなったんじゃないかと感じてます(笑)。1回の使用が承認されるまで4~5日ほどかかってましたし、その都度サイトが更新されていたので一括にすることで時間的余裕を持ったのかも。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2017.06.27 22:09|FX
 こんばんは。何やら民進党の議員が懇意のマスコミを徒歩で引き連れて首相官邸をアポなしで訪れて官房副長官との面会を要求したそうです…。えっと…、これは誰に対してのパフォーマンスなんでしょうかね? 顔を拝見すると愛媛県にアポなしで行って要人の誰とも面会できず現地の視察もできず(自分たちで連れて行った)テレビカメラの前でオロオロしていた議員と同じ顔ぶれでした(笑)。「国会議員なんだから会えるでしょ!」とのことらしいのですが、いやアポ取れよと。先方が来ることを了解してなかったらアポ取ったとは言わないでしょう(笑)。なぜ国会議員が逮捕間近と言われる籠池さんと同じことをしてわざわざ馬●扱いされるために行くんだと不思議ですが、どうせ「約束して行ったのに向こうが会ってくれなかった! 逃げた!」と言うんでしょうね(笑)。う~ん、民進党議員が国民を馬鹿にするのはまだまだ続きそうですが、一部のマスコミが若干トーンダウンして少し方向転換した記事を載せ始めている中でも変われない議員が少し憐れにも思えてきました…。まだ「総理が~」とやっているのって民放各社の情報番組と(一応は)報道番組だと思うのですが、これってほとんどが同じ制作会社みたいですね。本当かどうかは確認してませんが民間のある1社がほとんど同じ内容の反体制番組を作っているとするなら怖い話ですよね…。

 夕べから発生したドル/円の円安は10時台をピークに円高に転換。ランド/円も同じころにピークを迎えてちょうど自分が目標にしていたところまで上昇していたので最後の1万通貨を売却。最大で5~6,000円の含み損まで行きましたがスワップ含めて1,000円ほどのプラスで今回は終われました。下値で追加したものをずっと持っていることが出来れば良かったのですが今回も1発目が高値過ぎたため大損しないうちにコツコツと利確しました。

 で、午前中にピークを迎え円高傾向となったドル円ですが17時頃のECBのドラギ総裁の発言を起点にしてユーロ高が発生。ユーロ/ドルで急激なユーロ高となり、ドル円はドル安円高。ただ円高が進行している間も米国10年債は上昇していたため小一時間ほど円安に転換しています。22時現在もユーロ高も止まっておらず、ユーロに対してドル安、円安状態となっています。ユーロ/ドルはもう少しで6/14の高値を回復しそうな雰囲気で、ちょうどその辺りにトレンドラインがありひとまずの高値として意識されそうです。日足が崩れそうで崩れずにずっと推移してましたがここで一気に戻してきましたね。個人的に発言内容は結局、タカ派なの? ハト派なの?と判断のつかないものなのですが、市場の反応がこうなっているので、そういうことなのでしょう(笑)。

 本当の偶然に急上昇が始まる直前にユーロ/ドルを1万通貨だけ買っていたので、一瞬ビョンと上昇した時に売ってしまいました。そのまま持ってれば数千円になっただけに勿体ないことを…。いつもなら反応できないのに今回だけはササっと反応してポチっと出来てしまったことが悔やまれます。いつもは動かない指が自分でもビックリするほど早く動きました(笑)。

 とりあえずFXを始めて4か月ほど経ちましたがトータル収支は-4,500円ほどとなっています。最大で1.5万ほどまでマイナスになっていたのですが、コツコツやってなんとかここまで戻しました。と言ってもFX取引だけで戻したわけでなく、トータル収支にキャンペーンで貰った6,000円、自己アフィリエイトの1620円、キャンペーンに当選して貰ったアマゾンのギフト券1,000円×2回、マネパカードのキャッシュバック分などFXをやるにあたって関係するサービス全て込みで-4,500円まで戻せたと言うだけですが(笑)。それでも5/17、18日の大損記念日以後の収支は+7,200円ほどとなっており、そこまで可笑しなトレードはしてないかなと思います。もう少し利確を我慢できればいいのですが経験を積んで我慢を覚えていくしかなさそうです。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.05.17 23:16|FX
 こんばんは。またまた森友学園の話題が戻ってきたようなのですが、何でしょう? なんか籠池氏の話って後付の感じがしますし、昨日のヒアリングを見る限りだとむしろ詐欺要素が強まった感じで自分のクビをグイグイと絞めている気が…。ついこの間、音声データを公表して「ゴミが出たから値引きしろ」と恫喝していたのに、急にゴミはなかったらしく私は知らなかったと言われても…。と思っていたら別件の補助金不正受取で大阪府が刑事告訴することが決まったようです。こちらの件に関しては言い逃れできない感じかと思うのですが、どうなんでしょうね? 着地点が全く見えないですね(苦笑)。

 さらには新ネタで加計学園にまつわる謎文章が朝日から出され早速民進議員が飛びついて意気揚々と質疑していました。もう森友では無理なのでこちらで脚本を作ってきたんでしょうか? 朝日、となると最初に浮かぶイメージが「捏造」なのですが、朝日から民進にパスと言う流れだと更にこのイメージが膨らんでしまいます(笑)。
 「文科省関係者」から入手とあり「誰」なのかが分かりませんが、そんな文章を大人数が持つはずないと思うので調べたら分かっちゃいそうな気も。そんなリスクを冒して官僚がこんな文章出しますかね? そもそも頭のいい官僚がこんなハッキリと名前を出して記載したり作文みたいな文章書くんですかね? 証拠が残るのに? 会話で済む話なのに? 何かストーリーに必要な人の名前を全部入れている感じなんですが(笑)。
 書類としての体裁はおよそ官公庁使用ではないのですが、「私が出しました!」と名乗り出てくるなら悪い意味で盛り上がってきそうですね。誰が作って誰が出した文章なのか分からない限りは怪文書扱いでしょうか。だって関係者だと言って僕が書いて新聞社に送っても、新聞社が「これは本物だね」と言ったら信憑性のある文書として扱われることとたいして変わらないですよね(笑)。誰が書いたか分からない文章が国会で取り上げられるとはスゴイ国です。こんなこと以前にはなかっ……、あ、民主党の偽メール事件がありましたね(笑)。今回はどうでしょうね?

 さて、昨日はFXはまたブログを書いた後に一波乱。またまた急落を喰らってしまいました。もう21時以降は怖すぎです(笑)。この急落はナンピンでしのいでプラスにしたのですが、ここで精算しとけばいいのにあろうことか全建て玉を持ち越したまま就寝。もう落ち着いたから大丈夫だろ~なんて考えてしまったのですが、甘い考えでした(笑)。
 朝に確認すると日本時間開始とともに急落の第二波がスタートしており評価損は-8,000円ほど…。「ぉぉ…」と言う感じでした(笑)。
 チャートを確認して、もう1回トレンドを考え直した結果、ある程度戻したところで全て損切。3か月目で最大の損失を出してしまいました(苦笑)。今思えば夜の急落で4時間足が上昇トレンドラインをハッキリと割っており、元々上に下落トレンドラインが堅い上値としてあったことはハッキリと覚えているので、あそこでトレンドが変わったことを認識するべきでした…。やっぱりあれはヤバい動きだったのだと胸に刻んで今回は大きく損切です(苦笑)。
 損切した後は売り参戦でチョビチョビとマイナスを返済しているのですが、ちょうど大きな経験値を得たと言うこともあり取引通貨の上限を1万通貨にしました。どこかのタイミングで始めたいと思っていたので、そういう意味では踏ん切りがつきました(笑)。

 現状の取引の仕方自体は今月やっていて悪くはなかったので基本的なことは変えず。大まかな感じはこんな感じ。
・トレンドラインを引く。
・月足、週足、日足で大きなトレンドを確認。
・入れそうな足を探す。見るのは4、1時間足、30分足のみ。小さい足は無視する(動きに対応できないから(笑))。
・入れそうな足の直近高値と安値でフィボナッチ・リトレースメントを引く。
・目途となるライン付近以外では入らず、中途半端なポジションをとらない。あと少しで来そう、と言ってそこで入らない。
・下落トレンドなら戻り売り、上昇トレンドなら押し目買い。これのみやる。
・ダマしに気を付ける。一呼吸おいて確認してから入る。
・よく分からないなら入らない。
・急落、急騰は無視。その後の戻り売り、押し目買いで対応する。自分の目途で止まるとは限らないので飛びつかない。
・損切注文も入れる。今までは入れてなかったのですが数か月やって「これぐらいかな?」と言う目途が出来たので少し大き目ではありますが入れることにします。
・夜間は慎重に!
・ユーロ/ドル、米10年債の動きも確認する。

 今現在、こんな感じでチャートを見ています。これはドル円の4時間足。右から7本目の大陰線が昨夜の急落場面です。水色の上昇トレンドを突き抜けて下落しています。こういったラインを自動機能で引いてくれるので非常に助かりますし、黄色い横線がフィボナッチ・リトレースメントなのですが安値から高値で引いた後の右側分の動きを見ると結構入る目途になっているのが分かるかと思います。
20170517イメージ

 この図でいくと今は一番下のラインである111.191円に行くのかその上の111.500円近辺で止まるのかを確認中です。ここで止まらないならエライことですね(笑)。
 昨日の分を無理して持ったままだったら-17,000円ほどになっていたので今回は損切して良かったです(笑)。3か月の損益がキャンペーンで貰ったお金を含めると-7,600円ほどと可愛いものなのですが、万を超えてくると少し痛いのでリカバー出来る範囲で済んで良かった(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。


2017.05.05 22:10|FX
 こんばんは。ただいま米国雇用統計相場に参加中です。朝からやっていて昼間の米国原油の急落時に買いで入って半日持っていた中途半端なポジションを発表と同時にプラスで売ることが出来たので今は一服中です。残りは6,000通貨で平均単価は112.345円なので今現在はプラスで推移しており指値で130円に決済を入れているので何とか今日中に行ってくれないかな?と期待しつつ待っています。
 中途半端なポジション分は持ちすぎていると思ったので半分損切しており本日の損益は-2,282円となっているので残り分を上手く決済してトータルプラスに出来たらいいのですが上手くいくかな? 雇用統計前に大きなマイナスを作るとかアホですね(笑)。

 雇用統計は非農業部門雇用者が市場予想の19万人を上回る21.1万人。失業率は市場予想4.6%に対して4.4%とかなり良い数字。為替のドル円は+0.25円のほどの円安で反応しましたがすぐに急落。米国10年債も上昇で反応しましたがこちらも急落し30分ほどたった今現在も本日の安値水準での推移となっています。
 要因としては上記の数字が改善した一方、平均時給の伸びが低いこと、前月分の雇用統計が速報値から下方修正されたことがあるようです。修正前提の統計なのですが、毎回毎回こんなことがニュースで流れてきますよね(笑)。10年債利回りが上がってこないと為替の上値が抑えられてしまうので少し厳しいのかな? まぁ、この後に主要な要人の発言が連発予定なので今回の統計の数字を踏まえて発言となるでしょうし夜中に上がりそうな気がしますが(笑)。

 チャートを見ても想定されるレンジ内で動きで推移しており夕方からの上昇トレンドは崩れている雰囲気もないため、このままロング継続で113円を目指したいと思います。発表されてからの30分間の値幅は0.40円ほどであり実はたいして動いていないので行っても不思議じゃない気も。実際24時間前には113円台に入ってますしね。ただ、日足112.7円ほどに抵抗線、週足で113.3円ほどに下向きの下降トレンドのラインがあるので今日は113円に指値を入れつつそこに近い水準になって満足すれば利確して終わろうと思います。今日はとにかくトータルで±0近くに出来れば満足です。とにかく疲れた(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。


 
2017.05.03 20:54|FX
 こんばんは。本格的な連休に入り為替がどうなるかな?と注目されていましたが、今現在でドル円は112.20円と昨日までの3営業日で抜けなかった112円を上抜いてきています。このラインは本当に堅かったので抜けないのかとも思いましたが抜けましたね。現在は週足でこのラインにある抵抗線にチャレンジしており完全に抜けるのか注目したいです。今夜からイベントが続きますしどうなるでしょうか?

 まだ抜けるのは先かと思い先ほどまで売りで入っており、111.80円から一気に112円台まで持っていかれた時は「あ、またやっちゃったかも…」と思いましたが、ひたすら我慢していたら一瞬戻ってきたのでタイミングよく利確できました。また危ない橋を渡ってしまいました(苦笑)。
 小さいトレンド的には円安方向かと考えていますが、上値の抵抗線での戻り売りを狙っており、ちょっと早すぎたりした分は「我慢」で今日もカバーしました(笑)。昨夜は最後にそれで失敗してしまいちょっと損失でしたが取り戻せて良かったです。前回、大失敗した豪ドルで入ったのですが、またも失敗と最近、豪ドルって実は難しいんじゃないかと感じ始めたので、しばらくはドル円中心に考えていこうかと思います。主要全通貨からの影響が複雑な印象なんですよね…。

 連休に入ってもFXが休みなく取引できるのは株市場にはない魅力で新鮮ですが、せっかくなので明日は姪っ子を動物園に連れて行こうかなと思います。天気が良過ぎて暑いでしょうけど、おじさん頑張ります(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR