2017.09.02 19:40|月末PF
 8月末のPFです。前月末比+28,000円となりました。仕事を始めたと言うことで全く何もしていないなか、上がってくれたので嬉しいです(笑)。

20170831PF.png

 日経平均は前月末比-278.94円の19,646.24円で8月の取引を終了。そんな中、(たった2銘柄の)PFは6週連続で値上がりですから、まぁ良い月だったんではないでしょうか。
 為替のドル円は109.96円で前月末比-0.29円の円高。安値は108.25円で4、6月に続いて108円台を記録しています。
 9月に入り8月の雇用統計が発表されていますが、相変わらず「予想」より悪いと受け止められたようですね。この予想自体が意味がないのでどうでもいい数字なのですが、利上げ観測が高まらなかったため発表を受けて米国市場は上昇しています。バランスシートの縮小が先に始まるでしょうし、利上げ自体は非常にゆっくり小出しに上げていくイメージでいるので雇用統計がそこそこの数字を出している限りは金融の引き締め傾向は徐々に強くなってくるんでしょう。

 先日は各省庁の来年度の概算要求額が判明して、報道機関はまた「日本の借金が増えて、国民一人当たりの借金がいくらいくらに…」とやっていたのですが、国民一人当たりの資産はどれぐらいなのかは言わないですね。両方を報道しないのはマスコミの印象操作なんでしょうか(笑)。マイナスイメージばかり報道するから世相が明るくならないんじゃないでしょうか。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2017.08.01 21:08|月末PF
 こんばんは。台風の影響か7月の後半から関東は天候の悪い日が多いです。本日も朝から曇天で昼過ぎからは雨。夕方には雨量をある程度伴っての本降りとなりました。雨自体は良いのですが、それで涼しいわけでもなく梅雨時のようにジメジメした感じで過ごしにくいですね(苦笑)。

 さて、7月末のPFです。前月末比-11,100円となりました。前月末まであったマネパの特定口座と代用有価証券分はモルガンの大量空売りがいきなり消えて、何が起こるのか怖いので売却。取引自体も現在は停止して完全に様子見態勢となりました。と言うかもう1年以上はその状態で待機して疲れたので、中途半端な態勢をやめて仕事に行くことにしました(笑)。
20170729PF.png

 早いもので7月が終わり今日から8月に突入。政治の停滞がスゴイ割には日本の株式市場は大崩とはなっていません。為替の方は7/11を境に再度の円高傾向となってしまい、ドル円は7/11の高値114.495円から今現在で110.46円と3週間ほどで4円も円高になっていまっています。これでも株式市場は崩れていないので業績期待なのか、現在の円高が一過性と見られているのかは分かりませんが少し不思議な状態ですね。

 日経平均は前月末比-108.25円の19,925.18円となり数年ぶりに2万円台で取引を終えた6月から反落。2万円台を維持して月を終えるのは本当に難しいですね(苦笑)。7/11以降に減っていた東証一部の売買代金は7/26ぐらいまで低迷していましたが、7/27以降は増加傾向にあり8月最初の本日は2.6兆円とまずまず。

 為替の方はドル円が前月末比-2.1円の110.25円で7月を終えており、本日の日中には約1か月半ぶりに109円台へ一瞬頭を突っ込んでいます。当面の目安としているフィボナッチの233日線は110.83円ほどであり、19時30分現在は110.46円ほどなので目安を割っていることになります。次の目途的には週足で見ると233日線は109.4円で、前回、前々回の安値はこのラインで反転しているため、当面はここを意識しておこうかと思います。
 ドル円とは反対にユーロ/ドルの7月は大きくドル安が進み月足チャート的には大陽線。ユーロ買いが止まらないです。ユーロ/ドルはトレンドが発生すると長い傾向にありますし、トレンドが出たら意地でも変わらない印象があるのでしばらくはこのままなのかな? とも思いますが、月足的にはこのレートまで来ると厚い雲の入口付近となるので、上値が重くなるのか注目したいと思います。

 現在はFXでの活発な取引は控えており、先月中旬からはトルコリラ/円、メキシコペソ/円を少量保有しているのみ。現在は円高傾向となっていますが、時折反転しては全体としてプラスになることもあるぐらいの水準なので、保有数を増やすペースは非常にゆっくりとなりました。24日に買って以来1週間は何もしていません(笑)。メキシコペソは1,000通貨でスワップが1円ほどなので全然スワップは溜まらないのですが、トルコリラは1,000通貨で9.7円ほどもあるため現在の6,000通貨だと一日に約58円ほど溜まります。一日だと少なく感じると思いますが30日だと1,700円ほどの計算となり、年間だと20,900円ほどにもなると考えると高スワップと言うのはスゴイんだなと改めて感じます。とにかく希望のところに指値を入れて下がったら少しずつ買っておいて将来の楽しみにしたいです(笑)。

 めでたく会社面接に合格したので近日からお世話になることにしました。近所の通いやすい所で見つけられたので出来れば2年、3年は続けたいなぁと「今」は考えています。時給が良かったり、もっと長時間働ける仕事も求人にあったのですが、興味を持ってしまうとググっとそっちに引き寄せられる性分のため、いつも通りに今回もやってみたいと思った会社へ行くことにしました。税や社会保険などを込みで試算するとお給料的には正直、生活水準は向上しないレベルなので節約生活は変わらないと思いますが、別に贅沢して生きたいわけでもないので我慢できるかなと。
 基本時間が休憩込みで7時間なので、これが8時間だったら毎月かなり余裕が出るのですが、朝遅く出れる、土日は必ず休みと言うことにメリットを感じてしまいました(笑)。流通系の仕事でこういうのは求人を見る限りはほとんどなかったので、これしかないかなと。
 今回は流通系の宅配ドライバーなどを探したのですが、2年半前に検索した時よりも明らかにドライバーの求人が増えている印象です。特にアマゾンに代表されるECの宅配ですね。多くの派遣会社がドライバーを求人して集めようとしていますし、小さな会社が支度金をとって軽自動車を貸し出していたり、自家用車OKで求人していたりとスゴイ数でした。ヤマトや佐川のアマゾン問題もあり急激に小さな会社が増えているのかもしれませんね。
 「一日100~140件の配達で月50万円でした!(ニッコリ)」「貰ったお金、何に使おうかな?」みたいな見出しで求人しており、HPなどを見てみると経験者の体験談などが記載されていて、内容を見てみると、とにかくスピード、スピードと言う感じです(笑)。反面、事故を起こしたりした時の対応や研修の有無、内容、就労後の待遇などは記載されておらず「これ、大丈夫なの?」と言う印象も持ちました。とにかく小さな会社が人をかき集めている感じなので、今回はパスと言うことに。と言うか一日100件も配達するなんて自分には無理そうです。おそらく同じ地区を回ると思うので慣れるとは思うのですが疲れそうで(笑)。

 と言うことで今回は、お給料は若干少ないものの毎週、毎月のコースで頼んだ商品を決まった会員さんのお宅に配達するルート配送の会社にお世話になることに。これならほぼ毎日同じお客さん、同じルートなので頑張ればやれそうかなと(笑)。研修もしっかりあるそうなので頑張りたいと思います。面接の時の話だと残業も1時間程度はある雰囲気なのでもしかすると目標の1日8時間と言うのはクリア出来る日もありそうなので、あれば頑張りたいです。

 そうそう、自転車で通うので今日自転車を買いに初めて「あさひ」の中に入りました。外が曇天と言うこともあったのですが、中に入ると暗いし、何より自転車が所狭しにギュウギュウに並べられていて、イメージしていた店内とは全く違い、「え~、こんな感じだったのか…」と軽くショックを受けました(笑)。どのタイプの自転車がどこにあるかなど目印もないですし、店内に音楽もかかっていないのでシーンとしてますし(たまたま?)、並んでるから商品かと思ったら修理中の自転車だったりとちょっとイメージとは乖離してましたね。まぁ、勝手にイメージしていただけですが(笑)。あさひはネットで予約、店舗で受取が出来ると思うので案外、「お店」に行くと言うよりは「倉庫」に取りに行くイメージで見ていた方が合っているのかも。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.07.01 21:05|月末PF
 こんばんは。6月末のPFです。前月末比-22,700円となりました。

20170630PF.png

●実現利益額(税引き後)
(2014年1-12月 +244,274円)
(2015年1-12月 +418,146円)
(2016年1-12月 +506,603円)
2017年1月 +11,892円
2017年2月 +10,000円
2017年3月 +14,900円(エリアリンクの配当あり)
2017年4月 -54,835円
2017年5月 0円
2017年6月 7,300円
2017年合計 -10,743円

●月末PF内利益
(2014年12月末 +772,099.52円)
(2015年12月末 +588,528.26円)
(2016年12月末 +72,568.90円)
2017年1月末 +30,045.05円
2017年2月末 +23,970.96円
2017年3月末 +3,844.40円
2017年4月末 +64,000.00円
2017年5月末 +115,300.00円
2017年6月末 +92,600.00円
PFの2016年末比 +20,031.1円

 日経平均は前月末比+382.86円の20,033.43円となり18か月ぶりに2万円台を回復。この間には安値で14,864.01円をつけるところまで下落していることを考えるとよく持ち直したなぁ~とビックリしますね。チャートの形的には前回高値と今現在の高値でWトップをつける形で、いつ下落しても不思議ではない気もしますが落ちるとしても欧米指標が現状悪くないためもう少し先でしょうか? ちなみに前回の高値は2015年6月で8、9月で3,000円超の下落をし、年末の11、12月で戻り高値を記録した後に10か月ほどに及ぶ長い下落トレンドに入ったので今回も似た感じになるのか個人的には注目しています。相場は繰り返すと言いますしね。

 6月のイベントとしては英国総選挙、仏下院選、米国の対キューバ制裁の再開、英国EU離脱交渉開始などがありました。
 英国総選挙では自分たちから仕掛けた総選挙で保守党が過半数を失うと言う失態をおかしたのが印象深いですね。EU離脱交渉「以外」の公約を有権者が見ていると言う現実主義的なところが垣間見える選挙だったのかなと。まさか敗けるとは。
 仏は圧倒的な支持でマクロン新大統領が誕生しましたが、今日現在までで既に4閣僚が辞任と「あれれ?」と言う展開。元々が経験値不足の少数与党とはいえ、この短期間でのスピード辞任は指名前の身体検査のあやふやさを示しており大丈夫?と言う感じでしょうか。幸い独では現与党の支持率が回復傾向だそうですし、経済指標も一人勝ち状態なのでユーロ全体の混乱にはまだならない感じでしょうか。伊もまずまずの状態のようですし全体としては上向きなのは間違いはなさそうです。
 問題は米国で利上げを再開したものの予想インフレ率は上がらず、利上げペースは非常に緩やかな見通しとなってますし、年初から話題になっているオバマケアの代替法案も上院提出が延期となり決まるまでまだ時間がかかりそう。トランプ政権の減税法案も可決されるとしてもまだまだ先なので経済見通しも不透明感が残ったままです。なにより政権自体の信用が低いため共和党からも不満が出る状態なので、これで2期8年やれたら奇跡かも(笑)。

 トランプ氏のロシア関連疑惑は結構深刻そうですが、あちらの報道機関の中立性と言うのは日本とどれぐらい違うんでしょうかね? 日本の報道はただひたすらに文句を言う、揚げ足をとる、事実を報道しない、報道しても極端に短い、ばれにくいように微妙にニュアンスを変える、なんなら事実を曲げる、よく分からない自称専門家や素人コメンテーターが報道機関の支持通りのコメントをする、もしくは普通にそういった発言しかしない人ばかり呼ぶ、自分の番組に自分たちで呼んだのに、違う考え方の人が発言すると遮る、CMに入るなど、情報をしっかりと伝えようとはしないのに自分たちの権利だけは声高に叫ぶ、と考えていますが欧米はどうなんだろう? ここまで酷くはないんでしょうかね?

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.06.03 23:35|月末PF
 5月末のPFです。前月末比+51,300円となりました。評価益率は+15.54%で10%を超えたのは昨年3月の+23.62%以来となります。

20170527PF.png

●実現利益額(税引き後)
(2014年1-12月 +244,274円)
(2015年1-12月 +418,146円)
(2016年1-12月 +506,603円)
2017年1月 +11,892円
2017年2月 +10,000円
2017年3月 +14,900円(エリアリンクの配当あり)
2017年4月 -54,835円
2017年5月 0円
2017年合計 -18,043円

●月末PF内利益
(2014年12月末 +772,099.52円)
(2015年12月末 +588,528.26円)
(2016年12月末 +72,568.90円)
2017年1月末 +30,045.05円
2017年2月末 +23,970.96円
2017年3月末 +3,844.40円
2017年4月末 +64,000.00円
2017年5月末 +115,300.00円
PFの2016年末比 +42,731.1円

 5月は国内政治では加計学園ばかりを野党がやっていたので経済にスポットライトが全く当たらず国内ムードはあまり良くありませんでした。テロ等準備罪がなんとか衆院を通過したので後は会期末までに参院を通過できればと言う感じでしょうか。日経新聞さえ「共謀罪」としているのですが、自分の意に反した事であっても名前は正確に報道した上で批判すればいいのになと感じてます。

 海外イベントでは仏大統領選、G7首脳会議などがありました。もう伊勢でサミットをやってから1年経つんですね~。早いなぁ。

 日経平均は前月末比+453.83円の19,650.57円となり2か月続伸。政治は停滞してますが株価の方はまずまず好調で6月に入り2万円に突入となっています。森友、加計学園などの問題も海外勢から見たらたいして意味のないバカ騒ぎに見えるのかもしれません。他国と通じたわけでもないですしね。日本は野党4党とマスコミが通じていると言われていますが個人的には通じていると言うより指示されているレベルじゃないかと感じてます(笑)。
 アジア各国、主に中国、韓国からの訪日数が過去最高を更新しつづけるのは良いのですが、犯罪者集団も簡単に入国できてしまっているため少し目標を下げて入国を厳しくしてもいい気がしてきましたね。善良な市民が来日してもそういう目で見られてしまうと気の毒ですし、こっちも身構えてしまうので。
 2016年の訪日数は2,400万人でしたが、政府が掲げている目標は2020年に4,000万人、2030年に6,000万人となっておりよくよく考えると怖い数字です。日本の人口が約1.2億人として半分の6,000万人が1年間に訪れたら一体どうなるのか想像もできませんね(苦笑)。安倍政権の政策でこれはちょっとと思う政策の一つですが、これがある限りは入国審査が厳しくはなりそうにないので最近起こっているような事件はまだまだこれからも発生しそうです。まぁ、6,000万人も訪日したら空港がパンクしてそうですが(笑)。

 為替の方はドル円が前月末比-0.78円の110.75円と円高傾向。ただ月中平均は112.23円となっており4月の110.03円よりは円安でした。なので企業への影響は比較的軽かったような気もします。ただ、6月にはいってすぐ安値で110.30円と4月安値の110.21円に肉薄する水準を記録しているだけに何とか110円台で踏ん張ってほしいところです。
 5月は終値としては円高が進行したのですが、要因的には円が、ドルがと言うよりはユーロの影響が非常に大きかった印象です。他通貨が円高傾向になる中ユーロ円は円安傾向でしたし、なによりユーロ/ドルのドル安が止まらずドル円にとってはいい迷惑でした(笑)。5/12以降上がり続けて最近停滞してましたが昨日の米雇用統計を受けて再び動意づいたかもしれないので少し怖さがありますね。新しい通貨で、かつある意味不完全と言われるユーロなので一体どの辺りが適正なのか、過去の高値、安値は信用できる目途になるのか?などかなり不透明ではありますが、米国の貿易赤字から見たらドル高が行き過ぎているのかもしれませんし今後も動きがありそうです。なにげにユーロ圏の経済指標が少しずつ良いものが出てきてますからね。ただ、FXで「買い」で入りやすいかと言われたらユーロ/ドルなので高い金利通貨で安い金利通貨を買うことになるためスワップはマイナスになってしまうので長期では入れないかなと。

 6月は英国の総選挙、FOMCで利上げの有り無しが注目されており、日本と日銀の存在感がイマイチ薄い印象。最近黒田総裁がおとなしいのが少しに気になりますね。注目度がかなり落ちているのかも。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.05.02 13:39|月末PF
 こんにちは。4月末のPFです。前月末比+60,155.60円となりました。

20170429PF.png

●実現利益額(税引き後)
(2014年1-12月 +244,274円)
(2015年1-12月 +418,146円)
(2016年1-12月 +506,603円)
2017年1月 +11,892円
2017年2月 +10,000円
2017年3月 +14,900円(エリアリンクの配当あり)
2017年4月 -54,835円
2017年合計 -18,043円
●月末PF内利益
(2014年12月末 +772,099.52円)
(2015年12月末 +588,528.26円)
(2016年12月末 +72,568.90円)
2017年1月末 +30,045.05円
2017年2月末 +23,970.96円
2017年3月末 +3,844.40円
2017年4月末 +64,000.00円
PFの2016年末比 -8,568.90円

 マネパが思いのほか下落したのでナンピン買い。取得単価を下げるためだけで極端に保有枚数を増やしたかったわけではないのでナンピン分はすぐに売却しています。単価まで戻る前にササっと整理したので実損として計上し、かわりにPF内利益が大きく増えました。この損失分が-33,000円なので、今の保有枚数でマネパを保有して4年ほど配当を貰ったらチャラになる計算です。ただ、今日現在の評価益が+35,300円なのでトータルで現時点では微益と言う考え方もできるかなと。とにかく長い付き合いになりそうです。

 株式、投信その他含めて初めて買った金融商品である国際ワールドリートを5年で売却。最終の売却損は-21,835円となりましたが、期間を通してのトータルリターンを口座情報で見ると+91,874円となっており、プラスなんだかマイナスなんだかよく分からない状態です(笑)。分配金はほとんどそのまま再投資としていたので手元には残らなかったのですが、新たな資金で買付していたわけではないのでマイナスもないと言う感じ。
 内訳は
売却金額 431,986円
買付金額 599,517円
分配金額 259,405円
トータルリターン +91,874円
 元々ある程度まで買ったらあとは分配金を貰い続ける前提で買っていたので中途半端なところで売却するとかなり微妙な数字で分かりにくいですね(苦笑)。分配金はほとんど再投資しているので買付金額に含まれまれるため、買付-売却で実損じゃないか?とも思えるので複雑な気分です。
 「ワールド」リートと言っていますが、保有資産を見ると大半は米国内の上場株式で、他地域は数十か国にわたりますが、数%ずつなので米国リートのヘッジにはなってません。現在は利上げ局面のためリートとの相対的な利回りの差は縮小しマイナス要因ですが、かわりに利上げでドル円が円安進行したからと言ってもこの商品へのプラス影響はあまりありませんでした。2012年のドル円70円台から買っていましたが現在の110円水準まで円安が進行しても基準価額は当時よりマイナスのため、保有銘柄の業績がメインではありますが、金利>為替だったのかな?と言う印象です。金利は数%しか変わっていませんがドル円は40円も違うのに円ベースでプラスに働かないって一体(笑)。
 仕組商品なので組成が複雑ですし、上がった下がったの理由を考えるのも個別株式と比較して一苦労なので5年間保有した感想として、買付候補の一番手にはしない方がいいかなと言う感じでしょうか。毎月分配と言うことでその都度リート資産は減りますし、コストもかかるので、これを買おうと考えている方がいるなら、もう一考してからでも遅くないかと。もちろんプラスで推移した時期も長くあったので、恐らく待っていればまたプラスになる機会はあると思うのですが、とにかく個別株式やFXなどの商品と比較して、考えれば考えるほど複雑に思えてきたので自分は今回でやめました。

 日経平均は前月末比+287.48円の19,196.74円となりましたが、24日まではマイナス圏で推移でありプラスになったのは最終週だけでした。終値的には12月から続くレンジ相場での推移で大きな動きはなかったですね(苦笑)。日足もトレンドが崩れそうな位置まで行きましたがそこで反転してますし、なんだかんだで強いなと。
 為替のドル円は前月末比+0.15円の円安。安値で108円台まで行きましたが、こちらも日経とともに反発。日足、週足、月足のフィボナッチで見ると233日線で全てきっちりと反発しており108円台はかなり強そうな印象です。
 ここ数日間上値を抑えていた111.70~80を抜けるのに時間がかかりましたが昨日やっと上抜け。日足的には抵抗線は112.80円ほどまでないのですが、週足で見てもその水準に中期線があるので当面の上値はこの辺りが目途なのかな?と言う印象です。現状は年明けからの下落トレンドの中での反発局面かと思うので本物になるのか良い機会なのでチャートと睨めっこしながら勉強したいと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR