2017.04.01 16:46|月末PF
 3月末のPFです。前月末比-20,126.56円となりました。月内にVTHD100株を+11,000円で売却しています。

20170401PF.png

●実現利益額(税引き後)
(2014年1-12月 +244,274円)
(2015年1-12月 +418,146円)
(2016年1-12月 +506,603円)
2017年1月 +11,892円
2017年2月 +10,000円
2017年3月 +14,900円(エリアリンクの配当あり)
2017年合計 +36,792円

●月末PF内利益
(2014年12月末 +772,099.52円)
(2015年12月末 +588,528.26円)
(2016年12月末 +72,568.90円)
2017年1月末 +30,045.05円
2017年2月末 +23,970.96円
2017年3月末 +3,844.4円
PFの2016年末比 -68,724.5円

 2013年1月から数字を取っていてPF内利益がマイナスになったのは51か月中3回。直近では昨年8月でした。マネパを買い下がっていることもあり、3月末は+3,844.4円と久しぶりにマイナスが射程に。この調子で行くとどうやら来週に突入しそうです(笑)。アルバイトに行くにはちょうど良いタイミングなので、なんとか踏ん切りをつけて行きたいところです…。

 ワールドリートの基準価額は3,223円から3,097円に下落。ここ二日は戻していますが昨年10月末の3,101円を下回っており購入以来の最低価額となっています。ただ、分配金の再投資を続けているため評価額は10月末の398,235.07円から434,855.34円の+36,620.27円となっています。基準価額は減っていますが資産としては増えているのかなと。

 VTHDは526円から578円となり昨年末水準へ回復。一時615円ほどまで上がりましたが500株は売却せず継続保有としています(少し悩みましたが)。外資の空売りが入りやすい銘柄なのでたまにキツイ期間があるんですよね(苦笑)。

 マネパはここ2週の下げがきつくて519円から464円へ下落。買い下がりを継続中ですが下げ止まり感もないですし、板を見ていてもかなり慎重な感じで買い上がる感じでもないので少しずつ買っています。こちらも外資の空売りが入っていますが、空売りの買戻しもあるため一気にストーンと落ちずに徐々に下がる感じです。なんで値幅もない、こんな小型株に執着しているのかは分かりませんが3月初旬から増やし始めて28日に少し減らしていますが依然として継続中のようです。この外資は昔のワコムでも長い期間執着していたような気もします。

 まだHPでIRによる発表は出ていませんが、昨夜FX会員宛てのメールで、5月上旬から「トルコリラ」の取引を開始する旨が発表されています。1月頃だったか社長が会員とチャットしながらするセミナー動画でトルコリラの取り扱いはしないのかと聞かれて「しない」と言っていたので意外ではありますが、ヒロセなど多くのFX会社では取り扱われおり、以前ほど高いスワップではありませんが一部では人気があるようなので需要はあるのかなと。
 自分はFX口座は開いていませんがSBI証券でも取り扱っており、今日現在で30.63円ほどになっています。2008年当時は80~90円あったのですが、約3分の1まで円高となっており個人的には「どうなの?」と言う感じ。2015年の年末以降は戻りもなく下がりっぱなしで、他通貨が円安となっているのにひたすら円高ですが地政学的にシリア問題、ロシア問題、中東問題、更に国内情勢の不安化と問題が有り過ぎるので仕方ないのかなと。南アフリカのランドさえ昨年の年央から円安傾向になる中、ひたすら下がってますね。売りで入っておけば勝てるのかも?なんて思いますが、高スワップ狙いの買い下がりなんて戦法もありのようです。

 日経平均は前月末比で-209.73円の18,909.26円。昨年11月末以来4か月ぶりに終値で19,000円を割り込んでいます。ただ、高値では19,668.01円と昨年来高値を記録しており依然として高値圏である印象です。月足チャートは2か月ぶりに陰線引けとなっていますが、週足同様に12月からレンジ相場と言う感じでしょうか。

 ドル円は2/28の終値が112.75円で3/31の終値が111.38円となり-1.37円の円高。日米金利差を週末で見ると3/11の2.484%をピークとして3週連続で金利差縮小ですから仕方ない印象。3/10には高値で115.5円まで戻していただけに中旬以降の円高は日経平均にとっては少し痛かったですね。ただ、高値から4円も円高になりましたがその割には日経は下がらなかったと言う印象もありますが、海外から見たら日本の政局で何をそんなに騒いでいるのかよく分からないのでとりあえず売っておけと言う感じもあるのかも。予算で90兆円以上も組む国がたった数億円の問題で騒いでるんですから(苦笑)。まぁ、報道への見方が変わるキッカケになったので自分としてはある意味良かった気もしてます。

 投資部門別株式売買状況(現物)を見ると海外は2月3週から6週連続で売り越し。売り越しが大きくなってきており、2月3週~3月2週の700~980億円から3月3週が4,069億円、4週が3,741億円と急増しています。期末の益出しなんて言われていますが来週発表の3月5週を見ないと何とも言えないですね。昨年3月5週はわずか79.4億円の売り越しと前週の2,042億円の売り越しから激減しただけに今年はどうなるか。
 日経が沈む中、個人と証券は二週連続の買い越し。下がり始めたところから個人は逆張りで対応しているようです。3月4週は3,266億円の買い越しとなっており、買い越しの金額的には昨年1月1週のに次ぐ大きさでした。昨年の7月以降今年1月まで月間で7か月連続で売り越していた個人が2月は小幅買い越しに転じていたので、3月の最終週をどう対応したかも注目かなと。4週までだと2,779億円の買い越しなので余程でない限りは…と思うのですが気になるところです。まぁ、日経を買っているわけではないですし、発表されるのは過去のデータなのでどうしようもないのですが、逆張りも過ぎると相当ヤバいことになるので一応は注目しています。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。


スポンサーサイト
2017.03.03 22:01|月末PF
 こんばんは。2月末のPFです。前月末比-6,074.09円となりました。

20170228PF.png

●実現利益額(税引き後)
(2014年1-12月 +244,274円)
(2015年1-12月 +418,146円)
(2016年1-12月 +506,603円)
2017年1月 +11,892円
2017年2月 +10,000円
2017年合計 +21,892円

●月末PF内利益
(2014年12月末 +772,099.52円)
(2015年12月末 +588,528.26円)
(2016年12月末 +72,568.90円)
2017年1月末 +30,045.05円
2017年2月末 +23,970.96円
PFの2016年末比 -48,597.94円

 ワールドリートが少し改善しましたが、今度は安定していたVTHDがガタっと崩れてしまいました。まぁ、崩れたと言っても550円ぐらいが適正だと考えているものが526円になっただけですが(笑)。今日現在では540円台付近まで戻しているので再び550円になるか注目したいと思います。

 先日発表された新車自動車販売の2月分は登録車+軽自動車の概算が48.4万台で前年同期比107.4%と好調。プラスは4か月連続となり四半期としても10~12月は104.9%となり、11四半期ぶりのプラスとなりました。昨年春に三菱問題があり軽自動車が低迷と言うイメージもあるかと思いますが軽自動車自体15年から前期比マイナスを続けていたので、統計的には大きな問題ではありませんでした。三菱、日産が売れなくても他が売れるので差引はそんなに変わらないですしね(プラスにはならないが)。なのであれがなければもっと早く新車販売がプラスになったかと言うとそれはまた別の話のような気がします。
 ブランド別の大手3社の2月は、
・ホンダ 
普通 76.4%
小型 107.4%
計 94.1%
 ホンダは1月がまずまずだっただけに2月の低迷は少し意外。普通車の方であまり売れ筋がないのが気になるところです。

・日産
普通 100.2%
小型 136.7%
計 116.2%
 セレナ、ノートの新型発売から数か月経ち、さすがに少し伸びが落ちてきましたが二ケタ増加を維持。

・トヨタ
普通 140.6%
小型 125.3%
計 132.2%
 プリウスの販売がさすがに息切れしてきたかと考えていたのですが再度息を吹き返してますね。いやはや何とも…。車種別1位を明け渡しからではないでしょうが、新型プリウスのネット広告はイヤと言うほど見ますし、TVはほとんとNHKしか見ないのでハッキリ分かりませんが恐らくCMをバンバンやってるでしょうから、今度発表される車種別ランキングが面白そうです。

 2月の日経平均の終値は前月末比+77.65円の19,118.99円となり2か月ぶりに反発。月足チャート的には1月の陰線から再び陽線となっています。1月の下落局面でさえほとんど崩れていなかったので当然現状もトレンド継続のように感じます。
 本日発表されたGPIFの運用報告のH28年度第三四半期の期間収益額は+10.49兆円(利子・配当6,693億円)となり四半期で過去最高を記録。1Qが-5.23兆円で2Qが+2.37兆円でしたから大幅なプラスですね。
 1Qの-5.23兆円にしても累積収益額が平成20年度に2.5兆円にまで落ち込んでいたものが26年度50.7兆円、27年度45.4兆円、28年度1Q40.1兆円になっただけで、「前四半期からマイナスになった」と言うのはあまり国民に浸透してないような気がします。マイナスマイナスと騒がれたのは少し違和感がありましたし、民主党政権時代から3.8倍ほどに大きくしたと考えれば安倍政権がことGPIFに関しては突出して成功しているとも言えると思います。世界情勢などのタイミングも最悪だったので必ずしも民主党が悪いわけではないですが、GPIFのHPのグラフを見れば笑っちゃうぐらい違います(笑)。
 各期末時点の時価に基づく数字のため株価が下がればまた前四半期比でマイナスになる可能性は高いですが平成20年度以前のレベルまで落ちなければ問題ないかなと。まぁ、それは誰にも分からないので、ちゃんと管理してねとお願いするしかないのですが(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.02.01 12:32|月末PF
 こんばんは。1月末のPFです。前月末比-42,523.85円となりました。マイナスの内訳はVTHDが-16,200円、ワールドリートが-12,964.09円(評価額)、エリアリンク売却が主な要因でした。昨年、一昨年は年始にある程度の金額がPFに入っていたので下落が堪えましたが、元が少ないとあまり気にならないものですね(笑)。



●実現利益額(税引き後)
(2014年1-12月 +244,274円)
(2015年1-12月 +418,146円)
(2016年1-12月 +506,603円)
2017年1月 +11,892円

●月末PF内利益
(2014年12月末 +772,099.52円)
(2015年12月末 +588,528.26円)
(2016年12月末 +72,568.90円)
2017年1月末 +30,045.05円
PFの2016年末比 -42,523.85円

 1/4に開幕ダッシュで年末比+479.79円の19,594.16円となった日経平均でしたが、翌日1/5の19,615.4円を高値としてそこから下落。1/18の安値18,650.33円まで調整。直近は19,404円まで戻し、1/30、31に続落しましたが1月の終値は19,041.34円となんとか大台を維持しています。月足は4か月ぶりに陰線となりましたがトレンドが崩れるまでには至っておらずチャート的にはまだ上目線でいいのかなと言う感じでしょうか。

 昨日-327.51円と下落した日経平均は朝方18,916.18円まで下落して日足の50日にタッチ。このラインの滞在時間はわずか15分でそこから切り返しての反発。今年は既に50日線に3回チャレンジして3回とも弾き返しているので意外と底堅さがありますが、戻しても下向きになってきた25日線で止まっており、今後が注目されるところです。
 昨夜は漏れ伝わったトランプ発言により21時過ぎから24時までに一気にドル円で円高が1.8円ほど進行。日中に戻しが入ってますが21時現在で113.2円ほどとまだ昨日のラインまでは戻し切れていません。この後発表のFOMCで夜中から朝方にどうなるか明日の朝が楽しみです(笑)。

 決算が続々発表されていますが、リストの銘柄で特に目立つのは昨日発表だった3092 スタートトゥデイでしょうか。ちょっと今期業績は異次元であり、3Q時点で昨年通期の売上高に迫り、利益面では抜いてしまいました。見ている銘柄ではダントツですね(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.12.31 14:19|月末PF
 12月末のPFです。前月末比-19,499.77円となりました。



●2015年度 実現利益額(税引き後)
(2014年1-12月 +244,274円)
(2015年1-12月 +418,146円)
2016年1月 +67,675円
2016年2月 +94,728円
2016年3月 +28,117円
2016年4月 +157,526円
2016年5月 +2,869円
2016年6月 +13,589円
2016年7月 +35,940円
2016年8月 +3,083円
2016年9月 +18,004円
2016年10月 0円
2016年11月 +58,319円
2016年12月 +26,753円
2016年合計 +506,603円

●2015年月末PF内利益
(2014年12月末 +772,099.52円)
(2015年12月末 +588,528.26円)
2016年1月末 +482,375.01円
2016年2月末 +198,855.10円
2016年3月末 +326,982.34円
2016年4月末 +98,451.19円
2016年5月末 +106,396.83円
2016年6月末 +36,089.69円
2016年7月末 +79,659.68円
2016年8月末 -44,828.23円
2016年9月末 +39,435.43円
2016年10月末 +91,720.95円
2016年11月末 +92,068.67円
2016年12月末 +72,568.90円
PFの2015年末比 -515,959.36円


 15年年末のPFが+588,528.26円で今年の確定利益が+506,603円でPF内利益が+72,568.90円、これを足すと+579,171.9円となり差引-9,356.36円。利益確定で払った税金が8.5万円ほど。う~ん、見事に税金を払っただけと言う寂しい結果となりましたね(笑)。

 昨年末に保有していた銘柄は株式が9銘柄と投信が1つ。それが今年は2銘柄と投信1つまで減少。仕事をしたなと思うのは日経が沈んだ時期にVTHDを買い増して後の上昇で利益確定をいくつかした所だけだった気がします。後はほぼ傍観者であり、区切りをつけて整理をし始めた9月以降は特に見ているだけでしたね(苦笑)。思いのほか10月以降にPFが盛り返したことで、やっていたアルバイト探しをやめて市場を注視しましたが、如何せん自分基準の目標株価と実際の株価の乖離が大きくなる一方で全く手が出ず、保有銘柄の上昇が止まってしまえばジ・エンドでした。

 投信のワールドリートは15年1月をピークに下落局面に入り基準価額は丸々2年間下がりっぱなし。15年1月末の基準価額は5,240円で今12月の終値は3,343円ですから-36.2%も下落したことになります。この間自分はひたすら分配金の再投資を行い取得単価を下げ続けおり、15年1月末の取得単価4,416円から今12月現在で3,338円まで下げています。-24.4%も下げたことになりますね。
 今年1~11月まで取得単価が基準価額を割り込みマイナスとなりましたが、今12月は1年ぶりにプラスを回復して久しぶりに特配ではない配当金をもらいました。まぁ、その分税金を払うことになり再投資分の金額が減ったのでかなり微妙ではありますが(笑)。

 一年前と比較すると
・数量
105.64万口 → 133.78万口(+28.1万口
・取得単価
4,174円 → 3,338円(-20.02%
・基準価額
4,241円 → 3,343円(-21.17%
・損益
+7,078.26円 → +668.90円(-6409.36円
・損益率
+1.61% → +0.15%(-1.46%
・評価額
448,043.41円 → 447,231.22円(-812.19円

 毎月1回再投資をしていますが、投資しているお金は既に投資しているお金であり、新たに追加のお金を入れているわけではないので、特に注目するのは「口数の増減」、「評価額の増減」の二つとなります。評価額は-812.19円とマイナスですが、口数は+28.1万口となっており、自分的には812円で28.1万口を買ったと考えることにしています。これを続けて行っていつかどこかでリートの上昇局面が来てくれたら…と期待はしていますが、当然まだ下落することも想定されるので、見通し的にはまだ先かなとも考えています。プラスになってもヨコヨコと言う見通しを数か月前に立てて見守っていますが、実際にヨコヨコなので見通しが当たっているのが嬉しい反面、上がらないなぁ…と言う気持ちで微妙なところです。

 この投信がどういった性質のものかを書いた記事は見たことがあるのですが(大抵評判は悪い)、実際に長く保有して推移を記事にしている人は見たことがなく、自分自身も数字をよく見始めたのが今年からなので(遅っ…)、機会を見てもう少し詳しい推移を記事にしようかなと思ってます。現金に困って売り払う可能性は0ではないのでそれまでに機会があればですが(笑)。

 日経平均は年初からの下落から数字上は回復し、終値は19,114.37円となり前年末比+80.66円で、バブル崩壊後では最長となる5年連続の上昇を死守。高値は12/21の19,592.90円、安値は6/24の14,864.01円。差は4,728.89円となり、15年の4,051.22円より+16.7%ほど値幅の大きい年となりました。
 ただ、実際のところ昨年末の終値を上回ったのは最後の12月だけなので、月足で見ると出入りはそれほどなく、ひたすら出、出、出だったような気もします(苦笑)。自分が入ってよい入口は6月だけだったのですが、この時に良い銘柄が見つけられず入れなかったのが今年の主な敗因なんでしょうね…。

 PF内利益は増やせませんでしたが注目リストの企業は一年間でかなり増え、投資を始めて5年目だった今年で自分のやりたい投資スタイル、興味のある銘柄の傾向、色々な指標の見方・使い方なども勉強出来ましたし、そういった意味では有意義な一年でした。数年間、実験的に続けてきた目標株価の算出方法なども少しマイナーチェンジを加えながら徐々に納得の行くものになってきており、完璧と言うのは当然あるはずもありませんが、自分的にはある程度使えるなと言う目途も立ったので、今後に生かして行きたいと思います。とは言え、そろそろ働きたいので、とりあえず来年の目標は、「アルバイトをする」とするんですが(笑)。いや、本当にいい加減に探せよと(笑)。

 とにかく色々なイベントが起こり大変な一年でしたが、読んでくれている皆様お疲れ様でした。そして、一年間ありがとうございました! しばらく更新はありませんが来年も宜しくお願い致します。それでは良いお年を~~。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.12.01 12:05|月末PF
 こんにちは。11月末のPFです。前月末比+347.72円となりました。



●2015年度 実現利益額(税引き後)
(2014年1-12月 +244,274円)
(2015年1-12月 +418,146円)
2016年1月 +67,675円
2016年2月 +94,728円
2016年3月 +28,117円
2016年4月 +157,526円
2016年5月 +2,869円
2016年6月 +13,589円
2016年7月 +35,940円
2016年8月 +3,083円
2016年9月 +18,004円
2016年10月 0円
2016年11月 +58,319円
2016年合計 +479,850円

●2015年月末PF内利益
(2014年12月末 +772,099.52円)
(2015年12月末 +588,528.26円)
2016年1月末 +482,375.01円
2016年2月末 +198,855.10円
2016年3月末 +326,982.34円
2016年4月末 +98,451.19円
2016年5月末 +106,396.83円
2016年6月末 +36,089.69円
2016年7月末 +79,659.68円
2016年8月末 -44,828.23円
2016年9月末 +39,435.43円
2016年10月末 +91,720.95円
2016年11月末 +92,068.67円
PFの2015年末比 -496,459.59円

 いくつか利益確定をしましたがPF内利益はほぼ変わらずですが、投資元金がかなり減ったのでPF全体の益率は+5.64%から+9.40%に上昇。金額が少ないほど率は上がりやすいため、あまり意味はありません(笑)。

 米国大統領選挙の結果を受けた円安効果でワールドリートが直近上がり始めており、金額で+27,246.72円、率で+6.17%上昇。資料を見てもリート要因より為替要因でのプラスが際立って高くなっており、今後の為替推移が気になるところ。12/1現在は114.5円ほどまで昨日の夜から急伸していますが、どうなるでしょうね。

 選挙前と選挙当日にエリアリンクが上昇したので、300株売却してしまったのですが、その後も上がり続けて前月末比+199円(+16.7%)の1,394円まで上昇。おかげで300株売ったにも関わらず評価益は+12,400円増加。ただ、そのまま持っていたら+6万円ほどの違いが出ていたので、タイミング的に悪く完全に失敗です…。丁度決算を通過した後で、しばらく個別に材料はないし、米国大統領選でここが上がるとも思わなかったので現金を増やすために売却してしまいました。当日の100株は売るつもりではなかったのですが、市場全体が大下落する中、何故かエリアリンクの株価がポンっと大きく上昇していたので、ついつい…。その時は「いや~、ラッキーだなぁ」と思ったのですが、今現在の状況を見ると全然ラッキーじゃなかったですね。他と一緒に下げてくれた方が良かったです(笑)。ここまで上がると残りの100株も…、なんて考えるのですが、もしもですよ? 売った直後に一部へ指定替えなんて発表があったら、多分泣けると思うので踏ん切りがつきません(笑)。

 VTHDは565円から558円に下落しましたが、売却した200株は平均570円で売却出来たので、まずは当面の目標値で売ることが出来ました。540~580円で推移が続いており、良く言えば値固め中、悪く言えば買い上がる材料なしと言う感じ。現状の水準が当面の自分の目標株価と言うこともあり、ここからの上昇はボーナス程度にしか考えていないので再度570~590円をつけるようならもう少し売りたいなと考えています。

 夕べのOPECの減産合意の一報を受けて上昇して始まった米国市場でしたが後場に入って徐々に値を消し、NYダウは微増、NASDAQ、S&Pは下落と一気に利益確定の地合いに。反面、為替は円安ドル高継続で夜のうちに114円台に突入したことで、日本市場の前場は大幅高となっています。
 日経平均は前日比+413.90円(+2.26%)、TOPIXが+1.86%。指数別には東証一部大型が+2.01%、中型が+1.77%、小型が+1.24%となっており、大型主導の上げと言う雰囲気。実際自分が見ているような中型・小型が弱含んだ時間帯でも日経平均だけは上がってました。

 日経平均は勢いがつきすぎて前場の終値が18722.38円と今年の高値である1月の18951.12円を射程に。元々出来高が少ない価格帯であり前回高値の時もサッと通り過ぎてしまったので値固めして欲しいのですが、今回も通り過ぎてしまうのか後場も注目したいと思います。とりあえず今のところ自分が買えるような株価の銘柄は少ししか見当たらないです。日経平均銘柄なんて普段からほぼ見てませんしね(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR