2017.04.22 13:25|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比+34,500円となりました。



 先週末にZaifとの提携サービスを発表していたマネパは約5%ほど上昇。高値では472円まで行きましたが終値は460円となり残念ながらPFのプラス回帰はなりませんでした。もう仮想通貨ネタはあまり反応がないかも?なんて考えていたので少しでも上がってラッキーでしたが、下がってくれても良かったので微妙でもあります。特定口座で100株(460円)を購入しましたが、これは将来マネパに移動させてFXの代用有価証券にしようかな?と考え始めていることと、当分先ですが保有が本当になが~くなってNISA期間が終わった時に取得単価が時価に変わってしまうことにも対応しようかなと考えたためです。

 NISA口座の主なデメリットは他の口座との損益が通算できないことと終了する時に時価計算されることらしく、100万で買ったものが終了時に80万円の時価になっていた場合、80万円から運用スタートしたとみなされ仮に99万円に戻った際に売却すると19万円の利益が出たことになり課税されると言うことで、本来は100万を99万円で売ったので損失となり税金はかかりませんが、NISAの仕組みにより課税されることになるようです。なので「この株はずっと持つんだ!」と決めている銘柄がある場合、その一部は特定口座などで持ってもいいかもしれないですね。NISAは2023年までだったかな? まだ先ですがそれまでに恒久化してくれると有り難いなぁ。

 日経平均は前週末比+285.12円の18,620.75円となり6週ぶりに反発。安値では今年の最安値を更新しましたが小幅ながら戻しています。日足のフィボナッチ指数ではキレイに144日線で戻っており一応機能していそうです。
 
 日米の10年債の金利は日本が0.014%で前週末比+0.003%。米国が2.246%で前週末比+0.014%。金利差は前週末比+0.011%と拡がりドル円は109.07円と前週末比+0.46円の円安水準となっています。ただ、安値では108.11円まで行っており「終わってみれば円安」だったと言うだけで依然として方向性は出てないかなと。終わってみれば先週末より円安だったなんてFXでバタバタと売り買いした自分が馬鹿みたいですね。何もしていない方がプラスだったとか結構笑えます(笑)。「週末の仏大統領選が懸念され円高へ~」なんてニュースなどがたくさん流れてきましたが、終わってみれば主要通貨のほとんど全てが先週末より円安と言う結果であれはなんだったんだ?と為替の予想などは誰にも出来ないんだなと痛感します。将来のどこかでちゃんと運用できるようにと練習していますが、もう既に頻繁な売り買いは必要ないんじゃないか?と感じ始めています(笑)。まぁ、やらないと慣れないのでやりますが。

 今週も国会などを見てましたが、民進党のY氏とK氏は特にヤバいですね(以前から言われてますが)。昔の共産党かと思うほどの発言が多くツイッターなどを見てみても平気で総理へ暴言を吐いており度をこしている気がします。対テロの法案が通ったら国外へ行くなどと言っており、なんで対テロの法案でお前が国外へ逃げるんだと。変な人ですね(笑)。どんなコメントが寄せられているのかな?と覗いてみると、まぁ、非難で埋め尽くされおり、これが毎日くるのに変わらず可笑しな言動を続けられるって、一体どんなメンタルの強さだよとある意味感心してしまいました。自分なら鬱になりそうです(笑)。
 先週には共同通信の記者がインタビューを断られた家の壁を蹴って防犯カメラで証拠を撮られると言うこともありましたが、今週は朝日が維新の議員の質疑が官邸側の指示だったと言うウソと思われる記事を出していたりとテレビ、新聞、ネットニュースなどマスコミ関連も現状ヒドイ状態で、何か起こると自分で調べなければいけないので面倒な時代です(苦笑)。ネット社会になって情報が簡単に入るようになって便利になったハズなのに、ウソや誤報が多く以前より面倒になったと言うのは何だか切ないですね…。
 ちなみに朝日の記事の元になった質疑内容は質疑する前にそれを委託した民間の人と議員の今度やりますからと言う会話がユーチューブで配信される番組であったので、素人の自分でも知ってました。どこにも官邸が入る余地はないと思うのですが朝日恐るべしですね(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2017.04.15 12:39|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比+12,217.24円となりました。プラス表記ですが保有銘柄が値上がりしたわけではなくマイナスだったワールドリートを全売却し、マネパの取得単価を下げるために1000株追加した後にその1000株を売却して一部損切の形をとったためのプラスとなります。損失をPF内から実現損益に移したんですね。



 ワールドリートは2012年から約5年間保有していましたが売却しました。米国の国債金利が上がらないのはプラス要素なのですが、為替のドル円は逆に円高傾向でマイナス要素、利上げ見通しは年残り2回か3回かハッキリせず、リートの保有銘柄の株価も冴えない、商業施設の売上も低調、トランプ氏のドルは強すぎる発言など色々な要素が絡まってしまい、自分で判断できる範囲を越えちゃったかなと言うのが主要因です。
 毎月1回の定期的な買付なのでこれだけなら継続でいいのですが、FXの方に資金を振り分けたいことと株式相場が下落してきたので買付資金を用意しておきたいと言うのもあって売却しました。よく分からなくなった物に資金を回しているよりいいかなと。

 マネパの取得単価は498円(900株)から461円(1,000株)に。目標としていた400円台中盤まで単価が落ちました。1,000株にした後、二日に分けて500株ずつ購入してその日に売却し一部損失を確定して、1,000株保有と取得単価低下を優先しました。結論から言うと一回全部売って下で買い直した方が取得単価は低かったのですが、どこまで下がるかは分からないので一部損失の確定と言う形に。金曜日にもう500株買うか迷ったのですが、週末(特に15日)の北朝鮮情勢が不透明だったため来週にしました。
 引け後に会社からテックビューロとの提携サービスが発表されており、反応が気になるところではあるので上がってしまうようなら保留です。とりあえずPTSは取得単価を超えてプラスになってますが、ほとんど関係ないでしょう。出来高1,200株って(笑)。すごく会社を気に入っているので長いお付き合いになりそうですし、下がるなら買い、上がるなら観察のスタンスは継続で行こうと思います。もう少し単価を下げたいなぁ。

 日経平均は前週末比-329円の18,335.63円となり5週続落。地政学的な問題はありましたが、やっぱり18,000円台は弱いですね(苦笑)。最近はチャートをフィナボッチ指数で見ているのですが、日足は144日線を割り込み12月初旬の水準に。週足は18,300円台の34日線ぴったりで止まっていますが、89・144日線がすぐ下の17,800円台にあるので来週以降このレンジ内での推移に変化するのか注目されるところです。このレンジを下回ってきたらトレンドが崩れたと判断してもいいのかな?と言う雰囲気でしょうか。

 日米の10年債の金利は日本が0.011%と前週末比-0.043%の低下。米国が2.232%となり-0.15%の低下。金利差は2.221%で前週末比-0.107%で金利差縮小。ドル円は111.05円から108.61円と-2.44円の円高となりました。金利差縮小で円高なので一応は教科書通りなのですが、トッピングされる材料によって幅が変わるため全く読めないですね(苦笑)。FRBが利上げしている状況なのに上がらないのは外部要因が大きいためでしょうか。一部では地政学的な問題を材料にした過度な円買い仕掛けなんて話もニュースで流れてきますが、米軍が日本海に来ているのは事実ですし何とも言えないところです。近くで戦争が心配される中、通貨が買われるっていうのも可笑しな話ですが、大震災でさえ買い要因となった円なので色々理由があるんでしょうね。

 FXの方はドル円が下値の目途にしていた110円を割って109円、108円台に入ってしまったのでドル円は小休止。売りを中心に練習しているので下値の目途がないとやりづらいのです(苦笑)。
 ただ、何もしないのも勿体ないので豪ドル円を200通貨だけ買って保有しています。こちらは失業率などの指標が良好だったようで週末に少し円安。米ドルとの絡みで円買い要因があるので下に0.5円刻みで100通貨ずつ指値を入れて保有数を増やしてみようかなと考えてます。(ほんの少し)スワップを貰えるぜ~と思ったのですが、欧米市場がお休みなので貰えませんでした(笑)。貰えない日もあるんですね、初めて知りました(笑)。2013年には4%台だった豪10年債も現在は2.5%台と金利が低下していますしスワップも以前より小さいため魅力は小さくなってますが当面はこちらで様子見をしようかと。

 今現在で北朝鮮からのミサイル発射の報道はないですが、パレードは始まっているようなので今日が終わるまでは「撃つなよ~」と念じておこう。まぁ、今日撃たなくても今月はまだ撃ちそうな日程があるらしいので心配はつきないのですが…。
 こんな時でも野党4党は街頭で「森友が~」「首相夫人が~」とやってますし、国会の重要法案の審議で「森友が~」と言って、ルールを守るように委員長に注意を受けながら狂ったように同じ言葉を繰り返し、じゃあ質疑はないんですねと採決したら、「強行採決だ~」「与党の横暴だ~」と騒ぐしで国会中継を見ていると怖すぎです(苦笑)。洗脳でもされているんじゃないか?と疑うレベルで話を聞かないのでこの人たち大丈夫?と心配になります。保守系議員いわく一対一で話すとちゃんと話せるそうなので「国会」と言う場に立つと「やらなければいけない状況」に追い込まれているのかな?なんてことも思いますね。党からこれを言わないと次の選挙で落とすぞとかあるのかな? 
 話題の「テロ等準備罪」などが普通の一般国民にも適用されるなんてどこにも書いてないですし、それがなくても条約に入れると言ってますが実際に民主党政権時代に入れなかったわけで、条約に入ってないのは内戦とか紛争がある数か国のみでG7では日本のみ加盟できていないのはオカシイですよね…。もうこれ何年やってるんだと言う話ですよ…(共産党が反対するのはなんか分かる気もします。自分たちが危ないですからね(笑))。

 ブラウザーを起ち上げて最初に出るHPをヤフーに設定していたのですが、よくよく見ると政治のニュースのトップに来るのは朝日や毎日のニュースばかりで、「あれ? これって…」と思い始めて他のHPにしようと探してみたのですが、グーグルニュースに行ったら朝日と毎日の広告が出てるし、「おい、おい…」と言う感じ。とりあえず産経ニュースをHPに設定して必要な時だけ検索サイトへ行くことにしました(苦笑)。あったこと、分かったことを事実だけ報道してくれれば右でも左でもいいのですが現状は右側の報道の方を信頼したいかな…。右と言うよりは保守ですが完全に左かつ中国、韓国寄りの報道よりはいいでしょう。だって野党4党の国会質疑を見てたら、ここは中国、韓国なのかと錯覚しそうになりますからね(苦笑)。
(個人的な感想です)

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.04.08 13:06|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比-14,561.64円となりました。



 PF全体としては-10,717.24円となり、8月4週~9月4週の5週間連続以来のマイナスとなってしまいました。と言っても昨年2月あたりからずっとPF内利益は低調なので現状でたいした差はありません。2銘柄しかないですしね。

 日経平均は前週末比-244.63円の18,664.63円となり4週続落。2週連続で19,000円割れとなっています。出来高の方は3月4週に落ち込みましたが5週、4月1週と連続して増えており今週の日経平均の出来高は何気に今年一番の数字となっています。日足で7日連続陰線継続の中で商いが増えているのがいいのか悪いのか微妙なところではありますが。
 週足は4週連続で陰線となりましたが、まだ崩れておらずレンジ内の印象。ただ、18,000円台は過去の出来高が少ないゾーンなので落ち始めたら足は速そうな気もします。月足は12月の安値近辺となりレンジの下限付近。下に行くなら17,800~18,200円ぐらいが当面の目途なのかなと。上昇局面でいつも18,000円台は素通りしてしまっていたので弱いんですよね。

 為替のドル円は111.05円となり前週末比-033円の円高。日米10年債の金利は日本が0.054%、米国が2.382%となり金利差は2.328%。先週末比で+0.01%拡がりましたが若干の円高で取引を終了しています。
 昨夜の雇用統計直前までは米国10年債は2.3%台前半まで落ちていましたが、通過後に反転して2.30%近辺から2.38%まで上昇しており、ドル円も110.1円近辺から111.05円まで円安進行。雇用者数が激減したことを「失望」と表現するメディアもありましたが、金利は上昇して引けており、日本側としてはまずまずの結果なのかなと思われます。と言っても3月初旬には2.6%台だったものが現状2.38%になっただけですし、3月下旬の2.4%台を回復したわけでもなく、前週末比でも若干ではありますが下がった状態なので依然として低下傾向にあるのは変わらないです。トランプ大統領の政策実行への期待が戻らないと上がらないでしょうし、今回の統計を受けてFRB要人の発言が直近の利上げ年内残り2回が妥当的なものからどう変化するか注目されるところです。個人的には米国なりの完全雇用状態に入っていると思いますがどうでしょうね?
 FXは雇用統計発表時である程度プラスに出来て、ブログを書いた後どうしようかな? と観察したのですがヨコヨコの展開が続いたのでもうそれ以上はやりませんでした。チャートを確認すると2時までヨコヨコでしたが、2時なると急激に円安に傾いて高値は111.36円まで行っているので統計を円安要因と見込んだ見通し自体は合っていたようです。ただ、2時まではオジサン待てないので(笑)。上値を抑える要因も多々あるので110~112円ほどのレンジは続くでしょうし来週以降また頑張りたいと思います。シリア、北朝鮮と地政学的なものが再燃しているので瞬間的な円高もありますし、まだ練習の範囲は出ない方が素人的には無難でしょうかね。

 マネパは今週も100株追加して取得単価は503円から498円に。昨日の安値448円にも指していたのですが約定せず。そこから反転して460円で引けたので無理はしませんでした。
 昨日の引け後に3月月次が発表されたのですが、3月の営業収益は前年同月比98.5%の5.21億円となり、1~3月の合計は前年同期比83.8%の13.91億円となっています。4~3月の累計は60.34億円で前年比99.1%。これに数百~数千万の手数料収入が入りますが現状ではほぼ月次の数字が決算数字なので17年度の営業収益はだいたいこれぐらいと言うのがほぼ確定したかなと思われます。
 正直、3月の営業収益が5.21億円になるとは考えておらず2月の4.12億円近辺かもなんてことも想定していたので前月比+26.4%は望外に良い数字でした。ヒロセのHPに日ごとや期間ごとのボラティリティを見る機能があるのですが、それによると米ドル/円の3月のボラは前年同月比90.2%と低調だったのでかなり意外でした。ボラはかなり重要な収益指標ではありますが、やっぱりそれだけでは分からないものですね(苦笑)。

 営業利益を3Qの原価率、販管費率などで概算すると12.3億円ほどであり、前年比-18.8%ほど。3Qが-14.3%でしたから現実的ですし、だいたい12~13億円を見込んでおこうかと思います。16年度の15.25億円と言うのは良過ぎた数字であり、15年度の11.92億円より良ければまずまずではないかと。今期は例年より売上原価プラス金融費用の合計がかなり多いですしね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。



2017.04.01 13:43|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比-15,600.65円となりました。

20170401PF.png

 日経平均は前週末比-353.27円の18,909.26円で3週続落。週末の終値が19,000円を割れたのは2017年に入って2回目、2月1週以来のこととなります。週足チャートで見ると12月3週からのレンジ相場と言う感じが続いており崩れたと言う感じではないですが、3週連続の陰線引けと言うことで18,200円辺りは意識されてくるのかなと言う印象です。現状、海外勢が積極的に買う理由もないですしね(苦笑)。

 為替のドル円は前週末比+0.05円の円安。日米10年債の利回りは日本が0.071%、米国が2.389%となり、金利差は前週末比-0.033%と縮小しています。
 金利差は縮小したのに若干の円安となっているのですが、これは31日の貯金が残っただけの印象です。週明けの月曜27日には110.09円まで円高が進行し、28日の小幅戻しを挟んでから円安傾向、31日のお昼には112.19円まで円安となった後、今日の引けまで円高傾向が続いたのですが、111円台前半が思いのほか強かったんでしょう。
 先週末時点のチャートを眺めて一度は110円台前半にタッチしそうかと考えており、売りだけでは今週は厳しいかと書いたのですが、実際やってみて、本当に厳しかったです(笑)。タッチした所までは「おお、結構チャート合ってるじゃないか」なんて思いつつ売りで勝っていたのですが、反転した後が散々でした。
 価格が長期線を上抜いてしまい、そこから長い時間下抜けない状態が続いたため、「あれ? この場合はどうするんだ?」とノープラン状態に(笑)。下落トレンドが長く続く中、ひたすら売りで参戦していたためトレンドの最後の方に来て、上下すると「あれ? あれ?」と右往左往状態です(笑)。売ることばかり考えていたので、短期線が上から落ちてくると「下抜ける」と言うイメージが先行して売りで入っちゃうのですが、31日の昼まではそこから上に跳ね返ることが多く全くダメでした(苦笑)。

 分からないならやらなきゃいいんですがマネパのキャンペーンで2月に口座開設した人が3/31までに新規100万通貨~500万通貨未満の取引をすると5,000円をキャッシュバックと言うのがあり、先週末で80万通貨ほどで可能性がありましたし、2日ほど用事であまり時間が取れず3日で20万通貨をクリアしなければいけなかったので少し無理して頑張りました。おかげでクリア出来たので5,000円ゲットしたと思われます。「思われる」と言うのは、特に会社から「クリアしましたよ」と言うお知らせがないため、本当に大丈夫なのかが分からないためです。結果が分かったらまた書きますね。

 FXはまだ練習段階でたいした問題ではないのですが、本丸のマネパ株の方は今週も値が下り、先週末の484円から464円となっています。元々400円台中ごろが適正と考えつつ500円台から入っているのですが、どんどん近づいています(笑)。今週も200株追加して計800株で取得単価は503円に。先週末より11円下げることが出来ました。来週も下がると思われるのであと200株ほど買えたら、ひとまずストップと考えています。後はのんびり観察しながら次の買い時期を待つ予定です。その間にアルバイトに行けたらバッチリなので、来週から探そうと思います(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.03.25 11:26|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比-17,041.82円となりました。VTHDが急に値上がりしたので100株売却しており+11,000円がPFから抜けています。下落のほとんどはワールドリートでした。

20170325PF.png

 VTHDは前週末比+5.3%の上昇で終値は596円。高値では615円と目途にしている600円を一瞬超えました。その前に580円に到達したことで100株売却しており「ふぅ、もう本当にやることなくなったな~。先週ブログに500株は600円以上じゃないと売らないなんて書いちゃったしね!」なんて考えていたので、まさかすぐに600円をクリアするとは少しビックリ(笑)。当然、「どうする? 自分…」とオタオタしたのですが、自制して保有続行としています。
 東海東京調査センターがレーティングを800円にしたことが一因のようで、普段レーティングを信用していない発言をしている自分としては少し複雑ではありますが、上がって嬉しくないはずもないのでしばらく様子を見ることにしました。

 マネパは前週末比-5.8%の下落。今週に入りビットコインの分裂問題が表面化したことが影響したのか売りが強かったですね。ただ、現状取り扱っているわけでもなく、元々自分が好きなのはマネパカード(最近はFXも)なので、100株買い増ししました。
 478円で指値を入れた木曜日には、株価が478円に入るも指値するのが遅かったために順番が回ってこず。じゃあ、金曜日だなと思ったのですが、痛恨の寝坊(サッカー見てた…)で朝方の安値475円付近を買えずガッカリ。仕方ないので買えそうだった484円での購入となりました。取得単価は520円から514円になり6円低下。取得単価400円台目指して今後も注視して行こうと思います。

 日経平均は前週末比-259.06円の19,262.53円と2週続落。安値では木曜日に18,973.75円を記録(前週末比-547.84円)しましたが金曜にある程度戻していることから、木曜の証人喚問の注目度が高かった印象です。証人自身が総理に依頼したことはないと言った以上、今後は大阪と証人の問題に移行していく気がします。総理夫人が頼まれたので総理に取り次いだなんてことを言わない限りは、どうやっても総理には辿り着かないのかなと。さすがにそれはないかと思うのですが、どうでしょうか?

 チャート的には水曜日にマドを空けて大きく下落したので日足が一瞬崩れそうになりましたが、週末2日で持ち直しており下落前の安値19337.22円に近づいてますから、来週早々にマドを埋めれば問題ないのかなと。週足は長い下ヒゲが出ましたが全く崩れておらず月足に至ってはまだギリギリで陽線を維持。短・中・長期線も上向きとトレンド自体は継続の印象です。ただ、材料が多すぎて一発なら耐えられますが、連発されると怖いと言う気もします(笑)。
 英国のEU離脱通告が29日と決まった時に市場は大きく下げましたが、離脱案が可決されたのは13日で、この時の報道で既に3月末までに通告されることは確実とされており、その時は下げなかったくせに今さら材料にするのか~と感じてました。

 注目された昨夜の米国議会では、オバマケア代替法案が撤回。下院本会議で採決する予定でしたが可決に必要な票数が確保できずに採決することなく引っ込める形となったようです。与党議員の票が足りないと言うのはなんとも米国らしいですね。
 問題は株式市場ですが、NYダウは前日比-0.29%の小幅安と終値ではたいした影響は出ていません。撤回発表後は下げ足を強めて下落しましたが、引けの1時間前からは戻しが入る形と底堅さが感じられるものかなと。可決、否決と不透明感がクリアされ、これからは税制改革に軸足が移り、推進に弾みがつくとの楽観的な見方が出ているようで、君らはどれだけポジティブなんだよと切り替えの早さに圧倒されます(笑)。そもそも指標その他は悪くないので下支えはありましたが、この辺りも日本市場とは違うんだなと感じますね。

 為替の方はドル円の終値は111.33円となり前週末比-1.37円の円高。日米10年債の金利は日本が0.067%、米国が2.418%となり金利差は2.351%。前週末が2.428%でしたから0.077%ほど金利差が縮小しています。
 21、22日には米国10年債が2.4%を割り込むなど縮小幅が拡大し円高進行が早くなるかと思いましたが、下げ足は速まらず24日は日足で9日ぶりに陽線を記録。少し一服感が出た印象です。個人的には110円台前半に一度はタッチする見通しを持っていたのですが、24時の111.0円ほどから今日の朝方までに110.6円を記録した後はNYダウ同様に反発し111.33円となっており、来週は今週のように売り一辺倒でFXをすると危ないのかな? と言う気もしています。今週は売ってれば何とかなったので比較的楽だったのですが難しそうです。
 まぁ、楽と言っても自分に合ったスタイルを探すために色々試して勝ち負けを繰り返したので収支は微増なのですが(笑)。この辺りはあとでFXの記事にしようかと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR