2014.12.31 13:21|月末PF
 こんにちは。今月末のPFです。前月末比で+56,862.42円となりました。

20141231PF.png

2014年度 実現利益額(税引き後)
1月 +21,326円
2月 +72,721円
3月 +4,280円
4月 +26,914円
5月 +9,220円
6月 +15,408円
7月 +7,289円
8月 +40,030円
9月 +30,157円
10月 +3,565円
11月 +7,623円
12月 +5,741円
合計 +244,274円

2014年月末PF
(2013年末 +268,044.42円)
2014年1月末 +421,300.6円
2014年2月末 +329,270.82円
2014年3月末 +374,118.45円
2014年4月末 +267,285.73円
2014年5月末 +346,925.54円
2014年6月末 +495,418.2円
2014年7月末 +589,684.37円(キャプチャは8/1のもののため+16,000円してます)
2014年8月末 +577,848.99円
2014年9月末 +563,439.2円
2014年10月末 +709,000.33円
2014年11月末 +715,237.1円
2014年12月末 +772,099.52円
PFの2013年末比 +504,055.1円

2014年末結果


 昨年度末の実現利益が41.5万ほどだったので、今年度は半分ほどになってしまいました。ただ利益を確定しないでPF内利益を伸ばすことを目標とした1年だったので仕方ないかなと思います。
 逆に言うとこの実現利益は利益確定を「してしまった」失敗作ですね(苦笑)。今年の一番の失敗は900円台で持っていた3179 シュッピンを春先の下落局面で売ってしまい買戻しをしなかったことです。昨日の終値1,410円(分割前2,820円)となっているので、3倍高近くの利益を自ら放棄したこととなりました(苦笑)。今考えると他にめぼしい銘柄が見つかっていない時期だったので、手放すべきではなかったと反省しています。現在ほど銘柄選びの基準が定まっていない時期でもあり、考えがフラフラしてたんでしょうね…。

 PF内利益は昨年末より50万ほど増やすことが出来ました。昨年末も保有していたイマジカ、東京個別、トレファクはまだ保有していますが、株価はイマジカ754円→510円、東京個別は241円→382円、トレファクは1,720円→4,974円(現在は2分割されて2,487円)となっています。この3銘柄とサックスバーHDがPFの中心銘柄ですね。

 現在のPFで計算すると来年度の税引き後の配当利益は87,000円ほどになります。
 現在のワールドリートの分配金が月5,000円ほどなので1年間もらうと60,000円ぐらいになるのですが、来年は毎月の積立を分配金の再投資だけにしてしばらく様子を見ようと思います。そうすると毎月増える数量は9000ほどなので年末に合計数量が100万となります(現在90.2万)。買値とちょっと乖離してきてますし、米国の利上げが開始された時の影響が分からないので当面は様子を見ようかと思います。

 当面の目標だったPF内利益を100万にすることは出来ませんでしたが、昨年度末より大幅に増やすことが出来たので満足です。ただ当然ですが、1か月にかかる生活費を賄うほどにはなっていないので資産は減っています(笑)。来年の4月で退職して2年になりますし、この2年(特に今年1年)で自分のやりたい投資スタイルがかなり見えてきたのでそろそろアルバイトを探そうと思います。市場も高値圏ですしね。以前のような9時~23時が定時のような仕事はノーサンキューですが何か良いのがあれば応募してみようかな。

 今年1年間、当ブログを訪問して頂きありがとうございました。来年も頑張りましょ~。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ



スポンサーサイト
2014.12.30 21:25|ブログ
 こんばんは。2014年最後の営業日は日経平均は前日比-279.07円の二日続落となりました。12月中旬から回復していた市場でしたが、最後は商いの減少とともに弱含みでの終了となりました。

 幸い自分のPFは9日連騰となったので、なんとか年末の最後の最後に設定来高値を更新出来ました。ちょっとだけですけどね(笑)。それでも自分の持ち株の現在値はどれも直近の最高値になっているわけではない中での設定来高値なので、来年以降に少し期待が残りましたから今年はこれで十分でしょう。月初から中旬までの下落局面ではどうなることかと思いましたから、良しとします(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014.12.29 21:58|ブログ
 こんばんは。今日は前場は堅調でしたが、13時過ぎから急に崩れてしまいましたね。下げ幅は最大で前日比-293.3円まで行きました。ちょうど調べものをしていて見ていなかったのでパッっと見たら急激に下げているので思わずビックリ(笑)。
 急いでリスト内の銘柄ですごく下がっているものはないか確認しましたがたいして動いておらずガッカリ。僕がリストアップしているような小型、中型株への影響は限られていたのかなと思います。実際に二部、新興はプラス引けですしね。

 ニュースなどを見ているとどうやら法人税の実効税率の引き下げが決まりそうですね。現在34.62%の実効税率を2年をかけて3.29%以上引き下げるようです。
 2015年度に2.51%引き下げて、2016年度に0.78%以上の引き下げを目指す模様。ただそれだと目標にしていた20%台には入らないので、2016年度の「以上」と言う文言が実際はどうなるのか注目されます。

 僕は目標株価を算出する時の割引率に法人税率を使用しているのですが、現在は40%で計算しています。実効税率が34.62%なんだから最初からそうしておけばもう少し株価に幅が出て選択肢が広がったのにな~、と最近ちょっと反省しているところだったので、減税が正式決定されたら新しい数字に変更しようかと思います(苦笑)。銘柄によってはポーンと跳ね上がるものはありそうなのでちょっと楽しみですが、緩めの数字となるので心配もあります(笑)。

 あとはNISAの投資枠が2016年から100万→120万に拡がるようですし、年80万円を限度としたジュニア版NISA創設なんて話も出ていますが、使い勝手の良し悪しは横に置いておくとして、こちらも楽しみです。

 特にジュニア版NISAは将来、子供のために毎年少しずつでも積み立てて行くことに役立ちそうです。ある一定の年齢まで払い出しに制限あるなどの話を聞きますが、むしろその方が長期投資に向いている気がします。なかなか年間80万円もフルに投資するのは難しいでしょうが、毎月5000円ずつでも利用していけば負担は軽いんじゃないでしょうか。さらに言うと健在なら祖父、祖母からも少しずつ出してもらって積み立てるとさらに良さそう。個別銘柄よりは日経平均やTOPIX、NYダウに連動したETF、インデックス投資信託などが向いてそうですね。手数料も安いですし。
 個別銘柄を選んでしまうと「倒産」などを考えなければいけないですし、インデックスなら市場がなくならない限りは安心です。当然、値下がりはありますが、市場がなくなるようなら経済が破綻してますから何をしても無駄だと思われます(笑)。

 ドル平均コスト法と呼ばれるような毎月定額でも良いですし、値下がりしたら大目に、値上がりしたら少な目になど工夫しながら投資すると預けっ放しにするより楽しみがあるので、創設されたら妹に言って姪っ子用の口座を作ろうと思います。どのみち僕の資産運用はほぼ姪っ子のためですから、最初からそっちの口座でも積み立てておいたほうが後々楽そうです。出来ればジュニア版NISAの非課税は恒久的なものにして大人になってもそのまま使用できる設計にしてくれたらいいんですけどね。どんな内容になるんでしょうね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014.12.28 22:00|4653 ダイオーズ
 その3です。

●年度ごとの連結決算推移
連結推移
(今更ですが、画像を大きく貼ることを覚えました(苦笑)。)

 2014年度に売上高が跳ね上がってますね。国内は積極的な販促キャンペーンの成果と新規顧客件数が期初計画を上回ったこと、解約件数が前年度より減少したことが主な理由みたいです。
 米国では2013年5月に当社初の東海岸拠点となるワシントンDC郊外の同業者をM&AしワシントンDC支店を開設。6、7月にはテキサス州で3件のM&A。M&Aと言っても大規模なものではなく、地元に密着した中小の同業社を買収して規模を拡大しているみたいですね。
 M&Aと言うとお金がかかるイメージなのですが、当社は自己資本比率もずっと70%以上をキープしており借入金も長期ではなく短期で2億~14億円ほどで推移しており、健全な状態をキープしています。
 2015年度2Q時点
・自己資本比率 74.6%(前年同期79.4%)
・現金及び預金 25.82億円
・短期借入金 13.99億円(前年同期は7.90億円。今期も5、6月に米国でM&Aを実施しておりその関係の増加と思われる。今期は今までと比較するとかなり多い)
・利益剰余金 73.34億円

 昨年度の国内、米国の伸び率を見ると
・国内 売上高87.87億円(前年同期比+5.5%) 営業利益8.09億円(前年同期比+8.6%
・米国 売上高104.49億円(前年同期比+36.9%、ドルベース+13.9%) 営業利益7.55億円(前年同期比+24.3%、ドルベース+3.5%
 やっぱり円換算した%がかなり大きいので円安が業績に大きく寄与しているようです。

●2015年度2Q(2014年11月13日発表)
売上高 101.66億円(前期比+9.6%
営業利益 7.37億円(前期比+2.2%
経常利益 7.83億円(前期比+4.6%
当期純利益 4.66億円(前期比+9.2%

・売上高営業利益率(2014年度2Q)→2015年度2Q
(2014年度2Q 7.78%)→7.26%(悪化) 1Q 7.74%
・売上高経常利益率
(2014年度2Q 8.07%)→7.71%(悪化) 1Q 7.63%
・売上高純利益率
(2014年度2Q 4.60%)→4.59%(悪化) 1Q 4.30%
・売上高原価率
(2014年度2Q 42.43%)→42.18%(改善) 1Q 41.77%
・売上高粗利益率
(2014年度2Q 57.57%)→57.82%(改善) 1Q 58.23%
・販管費率(対粗利益)
(2014年度2Q 86.49%)→87.45%(悪化) 1Q 86.70%

 四半期の業績としては1、3Qの方が良い数字が出やすい傾向(極端ではない)なので、1Qより2Qの方が利益率などが若干落ちているのは過去決算を見ると確認できます。基本的には3Qでまた数字が若干上がると見ていますが、2月中旬の3Q決算で上がっていないようだったら「あれ?」となると思うのでここは要確認ですね。前期のように連結決算で営業利益の伸び率が四半期ごとに大きくなると言うのはさすがに期待していません(笑)。

 2Q短信によると
・ウォーターサーバー、ティーサーバーなどは売上、契約件数が増加
・コーヒーサービスも売上、契約件数増加
・カバーオール事業は4期連続の二桁成長
・競争が激しく、かつ売上高構成比率の高いダストコントロールでも売上、契約件数増加
 とあり、実際売上高は前年同期比で+9.6%となっています。契約件数を増やすために販管費率(対粗利益)が上がっているのが気になるところですが、ストックビジネスなので新規顧客が根付いていけば利益はある程度改善してくるのかなと考えています。米国事業の円換算とドルベースの伸び率の差を見ると円安の影響がなければ実はちょっと減益かも?なんてことも思いますが(苦笑)。
 現在は原価率などもほとんど変わっていないので、3Q以降は利益率が2Qより良くなるか、販管費率(対粗利益)は下がるのかに注目したいと思います。

 会社の通期予想では売上高198.65億円、営業利益15.89億円、経常利益16.11億円、当期純利益9.66億円となっていますが、2Q+3、4Qが前年並みで計算すると、売上高200.43億円、 営業利益15.08億円、経常利益16.22億円、当期純利益9.26億円となり、ほぼ予想通りの数字となります。ただ決算説明会資料によれば想定レートは1ドル=100円となっており、現在の為替水準とかけ離れているので、まだ上ブレはありそうです。前期は95円で予想を出していたのでどこで想定レートを変えるのかにも注目したいと思います。前年度で言えば、2Q時点では95円想定でしたが、4Q時点では100円に変わっていました。

 2014年度末の数字で目標株価を算出すると1,040円ほど。万が一下ブレして2013年度並みになったとしても970円ほどです。ただそれ以前の数字となると一気に600~700円とガクっと下がるので営業利益が10億円以上をキープ出来るかはずっと注目しなければいけないかなと思います。
 会社予想の数字で概算すると1,100円ほどなので、上値はそんなにないかなと考えています。ただ、財務面が優良で景気後退期に赤字を出していないなど堅実な面が気に入ったので要因でもあるので長く保有出来そうかなと思います。

株主優待は
300以上~1000株未満で100杯分のコーヒー、1,000株以上で200杯分のコーヒー及び日本茶
だそうです。1,000株以上は現状の株価だとハードルが高いですね(笑)。

 ちなみに2Qと同時に年間配当金の15円から20円(15円+特別配当5円)への増配を発表しています。安定配当として15円を約束しているようですが、業績に応じて特別配当(会社算出の方程式がある)を出しているので、期初予想は基本的に15円となります。これを知らないと新しい予想が出た時に「減配だ!」と騒ぐことになりそうです(笑)。実際HPの報告書の質疑応答で質問されていました。

・特別配当金の算出方法
算定基礎=経常利益×乗率(55%)
配当金=算定基礎×乗率(30%)
1株当たり配当金=配当金÷発行済株式総数(端数は四捨五入)
特別配当金=1株当たり配当金-普通配当

と言うのが載っていました。経常利益次第みたいですが、ちょっとややこしいですね(笑)。どうやら2013年度から導入しているようです。
 今回の5円増配は会社予想の16.11億円を使用していますが、じゃあ例えば将来30億円になったとしたら? 計算してみると特別配当が22円となります(笑)。普通配当15円と合わせて37円になりますが、本当にくれるんでしょうか?(笑)。
 30億円はさすがに無理としても20億円なら視野に入りますから計算すると、10円になりますから悪くないですね。ちょっと他にはない配当システムじゃないでしょうか? おいそれと株式の消却などは出来ない気もしますが(笑)。正直、業績が伸びていくとしたら、普通配当15円と言うのを変えて普通の増配システムに変わる気もしますね。じゃないと特別配当が発表されるまで気持ち的には減配してる感が出そうです。ただ下降期でも15円を約束してくれていると思えば下支えになるでしょうから、そのままでもいいのかな? 配当利回りなんて株主が買った価格で変わりますしね。自分が安く買えばいい話です。たまに自分が高値で買ったから利回りが低いのに、「利回りが低い、配当を増やせ!」と言う書き込みを某掲示板で見ますね(笑)。

 とりあえず今回はここまでとして、引き続き注目して行きたいと思います。そんなすぐには買わなくてもいいのかな?と言う気もしてきたので、無理して順張りはしないようにしようと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ



2014.12.28 14:36|4653 ダイオーズ
 考察その2です。

●企業構造
ダイオーズを純粋持株会社として、子会社8社と関連会社5社から構成されている。
・連結子会社
(株)ダイオーズサービシーズ(国内事業)
ダイオーズUSA(米国事業)
・非連結子会社
台湾2社、上海、北京、香港、韓国に1社の計6社
・関連会社
(株)カバーオールジャパン(国内のカバーオール事業)出資比率は50%
(※カバーオール社と言うのは米国のオフィス向け清掃サービスシェア1位と言われる大手会社。HPを見ると関連会社にダイオーズと関西清掃大手のダイキチがあるので、半分はダイキチの持ち株と思われます。実際、ダイキチカバーオールと言う事業を展開。要するに米国カバーオール社のエリアFCに加盟しているようです。)
他4社

 他の国内OCS事業を営んでいる会社との一番大きな違いは「海外事業」を展開している点でしょうか。事業的にはOCSもトナー事業もウォータサーバー事業も清掃事業もほとんどの会社にあります。

 ダイオーズは2011年度より米国でM&Aを加速させて事業拡大を図っており、売上比率も2014年度には米国が国内を抜いています。
業績推移
(営業利益は調整前の数字)

 前年度末までで国内は売上高3期連続増収、2期連続増益。米国も売上高3期連続増収、3期連続増益となっています。経済が低迷した2009~2011年に業績は悪化していますが、赤字になっていないところが気に入っています。

 ただ、為替の影響を考慮しなければいけないので、純粋に米国事業をドルベースで見ると
・2013年度
売上高 前期比+116.0%(円換算表記なし)
営業利益 前期比+145.3%(円換算表記なし)
・2014年度
売上高 前期比+13.9%(円換算では+36.9%
営業利益 前期比+3.5%(円換算では+24.3%
となるそうです。
 2014年度の円換算の伸び率を見ると米国の事業拡大と円安のタイミングが上手に重なったのかなと思われますね。直近の2015年度2Qでは
売上高 前年同期比+13.0%、(ドルベース+7.0%
営業利益 前年同期比+5.2%(ドルベース-0.4%
 となっていますが、新規拠点開設や償却費用の影響でドルベースでは若干の減益となっています。それでも円換算するとプラスになるので、円安の恩恵を受けているのかなと思います。

 反対に国内は円安の悪影響を受けることがあります。コーヒー豆を輸入して自社で焙煎しているので、コーヒー豆の値上がりには影響を受けるそうです。ただ、サービス価格に転嫁することで影響を最小限に抑えているとは書かれていました。
コーヒー先物
 2013年末~2014年年初に底値をつけて現在は2011年高値に対して半値戻しぐらいの価格で推移しているようなので、この先どっちに振れるか注目しておいた方がいいのかも。まぁ、国内で原価が上がっても逆に米国ではドル高で原価は下がるので売上規模が逆転している現状だとメリットの方が多少なりとも大きいのかなと思います。しかし、チャートを見ると2011年は異常に高いですね。一体何があったんだろう?

 その3に続く。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ


2014.12.27 21:36|4653 ダイオーズ
 とりあえず買い付けを始めたと言うことでダイオーズについて書いておこうと思います。

●4653 ダイオーズ
・創業 1969年 今年度は45周年にあたります。
・上場 1996.10月に株式店頭公開→2005.12月に東証第二部へ上場→2007.3月に東証一部指定。
・本社は1998年に世界貿易センタービルへ移転。
◎事業
1969年 クリーンケア商品販売のFCに加盟(ダスキンのトップFCにもなったらしい)
1977年 オフィスコーヒーサービス(以下OCS)直営営業所開設→日本初のOCS事業らしいです。
      NCSA(全米OCS協会)国際正会員加盟
1988年 ダイオーズUSA(カリフォルニア)設立
1997年 ECOトナーサービス事業開始
1999年 台湾ダイオーズ設立
2000年 ピュアウォーターサービス事業開始
2000年 オリジナルブランドによるクリーンケアサービス事業開始ダスキンのFCを離脱
2003年 米カバーオール社と提携。カバーオール事業(オフィスの定期清掃サービス)開始
2004年 上海ダイオーズ設立
2005年 ダイオーズ韓国設立
2010年 北京ダイオーズ、ダイオーズ香港設立
 現在は日本各地と中国、米国本土(約40箇所)に拠点があります。四季報によるとオフィスコーヒー(以下OC)で国内首位級、米国3位とあります。
 国内首位「級」なので首位ではないようです(笑)。OCS市場のシェアはちょっと詳しい資料が手に入らなかったので正確ではないのですが、おそらくユニマットライフが首位だと思われます。ユニマットのHPを見るとグラフが載っていて、
1位 ユニマットライフ 51.8%
2位 A社(おそらく三井物産系のエームサービス株式会社) 12.4%
3位 D社 9.5%(ダイオーズだと思われます、ネットに落ちている上場していた頃のユニマットライフの会社説明会資料も上位3社はこの3社の実名だったので。)以下、N社6.5%、T社4.5%、その他15.3%となっています。

 ダスキンもドリンクサービスとして事業を行っていますが、決算書などを見ると2013年度で13.87億円、2014年度で14.16億円と専業でやっているわけではないので事業規模としては極小となります。やはりここはお掃除(1,000億円規模)とミスタードーナッツ(1100億円規模)がメインですね。

 ユニマットライフのOCS事業(コーヒー、ティー、ウォーターサーバー、トナー販売他)の売上高、営業利益は分かった範囲で言うと
・2009年
売上高 297.91億円
営業利益 49.62億円
営業利益率 16.65%
・2010年
売上高 281.71億円
営業利益 41.38億円
営業利益率 14.68%

 ダイオーズは事業別ではなく、日本と米国という分け方でセグメント報告をしているのでOCS事業単体の数字はハッキリと分かりませんが、2014年度末で日本の売上高87.87億円、セグメント利益8.09億円となっているので規模的にはユニマットが圧倒しているのは間違いないようです。
 現状だとOCS事業がいくらで、カバーオール事業がいくらなどの個別事業の業績が単体では分からないのが不安と言えば不安です(笑)。説明会資料などにも「カバーオール事業が2ケタ増」などとあるのですが、元になる数字が分からないのでなんとも言えないところがありますね。普通は地域別、事業別の両方記載していても可笑しくないんですが。

 とりあえず今日はここまでで「その1」とします。疲れちゃいました(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014.12.27 10:56|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比+92,365.44円となりました。

20141227PF.png

 17日からのPF7連騰でなんとか745,410.64円まで戻ってきました(苦笑)。設定来高値だった11月3週末の757,675.17円まであと少しなので、残り2日で超えられるか楽しみです。超えたとしても実はたいした意味はないんですが、なんとなく気持ちの問題です(笑)。年末ですしね。

 今週は4653 ダイオーズを100株だけ買ったのですが、当面の目標は300株かなと思っています。ちょうど株主優待が300株からでちょうど良いですしね。コーヒー100杯分なので、どうしても欲しいわけではなく順張りで買値より高値では買わないと思うので時間はかかるかもしれませんが当面の目処にしたいと思います。来週下がれば達成しちゃいそうですが(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014.12.26 21:03|ブログ
 こんばんは。今日は12月の配当落ち日だったので、もう少し下へ行くかと思ったのですが、後場に持ち直して日経平均は前日比+10.21円となり、配当落ちを即日埋めています。
 東証一部の売買代金は昨日に続き1.36兆円と低商い。値上がりは全体の76%でした。ただ大型株は+0.26%で、今日は中型+0.59%、小型+1.14%となっていることから主に小型株が買われていたようです。マザーズなどは前日比+4.60%となり大陽線になってますね。
 実際に場中にリストを眺めていると下がっているのは12月決算銘柄が多かったのですが、引けにかけてプラ転しているものもあり、低商いの割には底堅さを感じました。持ち株だと8914 エリアリンクが該当しますが前日比+1円で引けたのでかなり意外でしたね。正直ガーンと下がるかも?なんて思っていたので(笑)。
 外食や食品系の銘柄は12月決算が多いこともあり、値下がりしたものが多かったようです。2702 マクドナルドは前日比-2.20%ですが、正直この株価(2600円台)をまだキープ出来ていて、かつ配当落ち日でもこれしか下がらないのが不思議で仕方がない(笑)。キャッシュリッチな会社だけに1、2年の赤字ではビクともしませんね。

 注目リストに入れている2588 ウォーターダイレクトが25日に発表したIRで本日はS高(+80円)となっています。
 9435 光通信の子会社の総合生活サービスが1株650円でTOBを12/26~2/12まで実施するそうです。
 12/25の終値が516円で、僕の目標株価は450円ほどでしたので「ジワジワと落ちて400円台になったらいいなぁ」と余裕をこいていたらあっという間にS高となってしまいました…。カービュー、ウェブクルーに続き今期3件目のTOB銘柄の買い逃しとなりました。ウェブクルーも光通信のTOBですから、「おのれ、光通信め!」と言う気持ちがちょっとあります(笑)。まぁ、何か月も見ているだけだった自分がノロマなだけなんですが。どの銘柄がTOBされるかなんてなかなか分からないですから難しいですね。

 あとは注目参考リストに入れていた7523 アールビバンも本日はS高。熱心に追っていたわけではなく目標株価(1,340円)を算出したあとは放っておいたので、何故上がっているのか見当がつきませんが、ちょっと残念。
 ここはディズニーのイラスト関連とゲーム関連、あとは「日本だけ」で超有名なクリスチャン・ラッセン、ファイナルファンタジーのイラストで有名な天野喜孝さんの絵画などを取り扱っている会社です。目標株価1,340円に対して300円台の超割安でくすぶっていたのですが、色々ネットで調べた時に昔の悪い噂などが目に入ったので、参考までに留めておきました。あんまり関係なかったのかな? ちょっと気にし過ぎだったかなぁ。一過性の高騰で終わってくれればいいのですが(笑)。
 こうなると同じ時期に目をつけた2437 シンワアートオークションでも買っておくか!と無駄な色気が出ちゃいますが、やめておこう(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014.12.25 16:59|未分類
(2014年12月25日15時発表)

売上高 29.94億円(前期比-6.5%
営業利益 7.84億円(前期比-15.0%
経常利益 10.13億円(前期比+1.3%
当期純利益 6.49億円(前期比+5.4%

・売上高営業利益率(2014年度1Q)→2015年度1Q
(2014年度1Q 28.83%)→26.19%(悪化
・売上高経常利益率
(2014年度1Q 31.24%)→33.83%(改善
・売上高純利益率
(2014年度1Q 19.25%)→21.70%(改善
・売上高原価率
(2014年度1Q 53.17%)→53.20%(悪化
・売上高粗利益率
(2014年度1Q 46.83%)→46.80%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2014年度1Q 38.44%)→44.04%(悪化

 元々会社の中間予想が売上高+2.6%、営業利益-1.2%、経常利益-4.9%、純利益-7.1%と言う減益予想だったのですが、減益幅が考えていたよりも大きいですね。

 1Q単体の営業利益の7.84億円は過去5年間の平均が7.69億円なので悪いわけではないですし、前期が過去5年の中でも突出して良かった(9.22億円)反動もあるのかなと思います。短信にも前期は更新物件が集中し7.5%の大増収だったと記載されており、今期は更新物件が少なかったそうです。また売上高に対する売掛金率もここ4年の中では高水準なので1Qで利益化出来なかった案件も多そうです。

 悪化と言っても大きく変動していない指標で目立つのは販管費率(対粗利益)が前年同期と比較して+5.6%も増加していることでしょうか。短信には「H26年1月の新本社への移転に伴い減価償却費が増加」とあるのですが、短信には数字が記載されていないので事業報告書が出るのを待って確認したいと思います。ちなみに前期1Qの減価償却費は0.62億円、前々期が0.60億円です。過去5年間を見ても0.6~0.7億円ぐらいなので、どれぐらい増えたのか興味がありますね。償却期間にもよりますが、それだけでこんなに跳ね上がるのかな? まぁ昨年度1Qの38.44%と言うのが相当低く抑えている数字なので、ある意味普通になっただけなんですけどね(笑)。2010年度は48.85%ありますし。

 この会社は売上高、利益ともに3Qに集中するので、正直1、2Qは極端に悪化していない限りは良い、悪いの判断は難しいですが、中間予想にはちょっと届かないかも?と言う雰囲気はあります。実際、2Qが前期並みだとしても営業利益の中間予想18億円に対して17億円ほどにしかなりません。1億円足らないだけでそんなに問題あるか? と言う話もありますね(笑)。

 予想よりも上ブレしている中間決算もあるので1Qだけでは何とも言えませんが、いつもよりちょっと悪くても営業利益は26.19%もある優良銘柄ですから1、2Qで騒いでも仕方がないでしょう。メインの3Qが悪かったら大騒ぎですが(笑)。
 1月初旬~中旬には四半期報告書が出ると思うので、会社側の言う減価償却費の増加がどれぐらいなのか確認して、また書きたいと思います。

 あとは決算と同時に公開買付けによる自社株買いを発表しています。どうやら第四位の株主さんが保有する114万株のうち100万株(発行済株式に対して2.62%)を売却したいと言うことらしいです。
・期間はH26.12/26~H27.1/30
・価格はディスカウントが入って1,500円(12/25の終値1,927円)
・買付予定数は110万株。
・買い付け資金は16.73億円。また一人億万長者が増えますね…。元々そうか(笑)。

 僕の目標株価は2014年度末で1,530円なので、今回の買付価格はほぼ適正かなと思います。これが現在の1,900円台での自社株買いだったら正直、割高価格での買付となりますが、適正な株価で納得しないで逆上してブン投げる株主さんではなくて良かったですね(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ
2014.12.24 21:43|4653 ダイオーズ
 こんばんは。いや~、クリスマスイブですねぇ。聖なる夜ですよ。今年も先ほど実家で姪っ子とケーキを食べてきましたが、これでイベント終了です。他には何もありません。別に悲しくなんてありませんし、悔しくもありません。本当です。本当なんです!

 とまぁ、明らかに残念な文章ですが会社を退社してから2回目のイブを迎えました。例年だと23時頃までは仕事をしていたので特にクリスマスに思い入れは本当にないんですよね…。
 周りもそんな人ばかりでしたし15年、20年職場でイブやクリスマス、誕生日などを迎えていると「早く仕事を終えて帰りたい! 寝たい!」と言う気持ちが大きすぎてイベントにまで頭が回りませんでした(笑)。残念な20代30代でしたね。そういう意味ではここ2年は普通のクリスマスを過ごせていると言えるかも。無職ですが(笑)。

 さてさて、自分へのクリスマスプレゼントの意味も込めて、本日は久しぶりに買い出動。買ったのは4653 ダイオーズです。
 聞いたことのない人のために事業内容を書きますと…、
・オフィスにコーヒーやお水、お茶などのマシンを供給する飲料事業
コーヒーサービス、ウォーターサービス、ティーサービス
・契約した会社の清掃などを行う環境事業
クリーンケアサービス、ECOトナーサービス、ダイオーズカバーオール、オフィスグリーンサービス
・主に国内、米国と中国の一部(北京、上海、香港)などで事業展開。
・オフィスコーヒーでは国内首位級、米国3位
 と言うちょっとダスキンに似た会社です。
 特にダイオーズカバーオールはFC契約をして一人からでも仕事が出来ること、営業は本部が代行するのでFCオーナーは基本的に営業しないで済むシステムなど、現在無職の僕でも「あれ? いいな!」と思える面白い事業です。この事業が一番気になったので買い出動してみたと言えます。

 全く知らない会社だったのですが、ヤフーを見ていて何かの記事(失念)を読んだ時に名前が出て来たので、気になって調べました。過去の決算書を読んで事業や財務が気に入り、目標株価を算出すると現在の株価は若干ですが、割安感があったのでとりあえず100株から買い付けを始めてみました。
 特に確信めいた物があるわけではないですが、円安ドル高局面ではかなりメリットがある銘柄ですし、どんどん伸びている訳ではないですが業績の波も小さく日本市場が低迷した2010年度から2012年度でも若干低迷はしましたが安定していたところが気に入りました。とりあえず887円での買付スタートですが、様子を見ながら買い増して、記事も書いて行ければいいかなと思います。
 2014年度末の数字で出した目標株価は1,040円。正直チャートだけを見れば現在はかなり高値圏に見えてここから上値はどうなの?と思わなくはないですが、会社の為替想定が1ドル100円となっており、今日現在では120円ほどで推移しているのを見るとまだ上積みはありそう。
 来年度以降本当に日本経済が良い方へ少しずつ行くならオフィスサービス事業にも恩恵はありそうな気がしますし、万が一悪化しても、過去決算を見ると業績が極端にどうしようもなく悪くなっているわけではないので、耐えられそうです、多分(笑)。

 米国経済がバブル化して破裂するなら即逃げですが、正直それは他のどの銘柄でも同じだと思えるぐらい現在の相場は高値だと見ているので、せめて自分の設定株価より下値で良い銘柄が見つかるなら頑張って買って行こうと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式長期投資 ブログランキングへ
11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR