2015.12.31 17:03|月末PF
 こんにちは。今月末のPFです。前月末比-94,324.69円となりました。イマジカのプラス分が無くなったことを考慮すると-44,000円ほどとなります。



2015年度 実現利益額(税引き後)
(2014年1-12月 +244,274円)

2015年1月 +5,035円
2015年2月 +5,090円
2015年3月 +133,403円
2015年4月 +195,204円
2015年5月 +11,318円
2015年6月 +20,895円
2015年7月 -2,413円
2015年8月 +9,175円
2015年9月 +6,926円
2015年10月 +14,006円
2015年11月 +11,856円
2015年12月 +40,073円
合計 +450,568円

2015年月末PF内利益
(2014年12月末 +772,099.52円)

2015年1月 +864,068.08円
2015年2月 +994,643.97円
2015年3月 +913,222.89円
2015年4月 +906,518.40円
2015年5月 +792,592.72円
2015年6月 +704,040.43円
2015年7月 +780,046.97円
2015年8月 +639,590.20円
2015年9月 +621,715.02円
2015年10月 +618,079.22円
2015年11月 +682,852.95円
2015年12月 +588,528.26円
PFの2014年末比 -183,571.26円

2014-15年PF内利益推移
(2014~2015年12月PF内利益推移)


 2月からの相場の上昇に伴って持ち株も上がったので3、4月に32.8万円ほど売却しましたが、相場の上昇は8月中旬まで続き、最高値での売却とはなりませんでした。月末のPF内利益の高値は2月の+994,643.97円で、年間の最高値は4/14の+1,180,713.68円。一応はこの時に目標であった+100万円は達成したのですが、それをキープすることは出来ず。それでも数日間は100万円で推移出来たので良かったかなと思います。

 もともと取引数は極端に少ないのですが、それに加えて相場が8月まで高値をキープしたことで注目銘柄も高値圏で推移。8月中旬以降に一気に下落しましたが、その時点でも自分の目標株価より上で止まったため全く手が出ず。逆に売らなくて良かったKeePer技研などが売った次の日から急反騰し、持っていたら現時点で+10万円ほどになっていたと言う大失敗を犯しています(苦笑)。これが今年一番の失敗ですね…。中国の緩和策がポンと出てきて相場が反転したのですが、あと数日待てれば…、と反省したのですが、年末のイマジカでも同じ失敗をしているので、自分はそういう運がないんだと諦めるしかありません(笑)。

 今年は1月~8月は商いもそこそこあり期間を長めにとった順張り投資が有効な相場で、10月・11月は一見すると順張りが有効に見えたのですが、一日一日の商いが少なくいつ反転するのか様子見姿勢が大勢を占め、同じ順張りでも短期での売買が有効だったように感じます。一方で自分は、目標株価より安値から始めることがほとんどで、かつ順張りを基本的にしないので8月以降にPF内利益が低迷したのは当然のことかと思います。現在の相場で待っているだけで増えるわけないですよね(苦笑)。
 ある程度安くなっても、その期間は短く、少しずつ買おうとすると枚数は買えないのですが、この思考が染みついているため改善するのは難しそうですが、どちらかと言うと下落相場が長く続く時に有効な考え方ですから、順張り有利の時は少し考え方を工夫しなくては(苦笑)。

 と言うことを11月頃から考えており、現在の株価が目標株価より高値でも安値で持っている持ち株と合わせることで取得単価は現在の株価と目標株価を超えないならOK、と言うことを選択肢に加えました。持ち株のVTHDで言うと、
目標株価=今期末600円、前期末530円
持ち株100株 380円
追加100株 696円
取得単価=538円
 となります。今までの考え方だと現在の株価と目標株価だけを主に比べていたのですが、持っている安値の持ち株で取得単価を抑えることが出来ることも考慮しようかと。もちろん、そのまま上がっている株を買うだけだと、ただの順張りになってしまい、ゴール(売却)をどんどん自分で近づけてしまうことになるので、積極的にやるかと言われればNOなのですが、チャートの山ではなく谷で買ったり、決算の数字を確認してから(主にこれ)など従来やってきたことと併せて来年度はやっていけたらなと思います。そういう意味では現在の持ち株でトレファク、東京個別、タクミナ、アネスト岩田、サックスバーなどは買い増しの余地がありそうです。まぁ、既存の買付金額より現在の株価での買付金額の方が大きいので、やってしまうと評価益率がガーンと一気に落ちてしまうので、やるには相当な気合いが必要になり、ケチくさい自分が慣れるには時間が必要かなとも感じてますが。

 東京個別は現在評価益率+205%で約3倍になった計算ですが、持ち株214円(400株)に現在の株価654円を100株追加しただけで、取得単価は302円、評価益率は116%と100%近くも落ちてしまいます。目標株価は15年度末で360円、今期末で435円ほどで302円は許容範囲となりますが、+205%はコツコツと積み上げた(我慢した)上での数字なので、心の中で葛藤しつつも、決算などをよく確認しながら実行して行こうと思います。年明け1週目には3Q決算予定なのでよく考えたいです。

 年末のPF内利益は前年比でマイナスとなってしまいましたが、実現利益と合わせると+26万円ほどのプラス。譲渡益税で8万円ほど取られていることを考えると、NISAの非課税と言うのはやはり大きいですね(苦笑)。現在、PF内利益は58.8万ほどですが、そのうち45万円ほどは税金を取られる特定口座で、売却したら約9万円も税金で払わなければいけないので、どこかのタイミングで完全にNISA口座だけにすることは引き続き考えたいと思います。

 今年も色々とあった相場でしたが、一年間お疲れ様でした。来年も宜しくお願い致します。みなさん、良いお年を(^.^)/

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ




 
スポンサーサイト
2015.12.29 22:06|ブログ
 こんばんは。甥っ子たちが昨日から来ているのですが、昨日は池袋の水族館、今日はスカイツリーと久しぶりに連日の外出となっています。子供たちより70代の爺様の方が良い所を見せようと張り切っており、こちらも階段で転ばないか、何かに躓かないかなどフォローしないといけないので結構疲れます。上機嫌なのかお金は自分の分も払ってくれるので助かるのですが、いつか電池が切れるんじゃないかと少しヒヤヒヤしてました(苦笑)。明日も東京駅への見送りを頼まれているので、あと一日頑張りたいと思います。普段、あまり歩かないだけに2日動いただけで足が棒です…。

 さて、東証一部の売買代金は昨日が1.54兆円、本日が1.76兆円と先週からの薄商いは継続。ただ指数自体は僕が見れた本日の前場は低調でしたが、後場から切り返したようで本日の高値近くで引けてますね。値上がりは全体の80%と年末にふさわしく全体が上昇しており、中型・小型銘柄が物色されたのが指数には出ています。
 ただその分、なんでも上がっている印象で、前場に通期予想の大幅な下方修正を出した3186 ネクステージさえ買われ+4.05%となっているので、特に意味のない一日だったかなと言う印象もあります。
 この会社の予想は元々強気過ぎたので行くわけないと思っており、やっと出したか、と言う感じですから、案外市場もそんな感じで待っていたのかも。ここの予想を見た後に同業種のガリバーを見ると、強気のガリバーさえ保守的に映りますから、やっと実数に近い数字が出たので安心した向きもありそう。実際、過去の数字と見比べても良い数字ですし、会社予想だけが張り切りすぎて「??」な状態だったので良かったんじゃないでしょうか(笑)。

 とりあえず明日も朝方しか見れないのは確定してますし、年末最後に指値を入れるのも何だかな?な感じなので、何もしないで終わりそう。PFは二日続伸なので、どうせなら明日も上がって一年を締めくくってほしいところです。意味はなくとも上がって終わるだけで気持ちが楽ですからね。PF内の利益の前年末比マイナスがほぼ確定しているだけに最後くらい大目に見てほしいです(笑)。
 一年の総括は甥っ子たちが帰って時間が出来たらやろうと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2015.12.26 15:56|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比-72,558.12円となりました。イマジカのプラス分が無くなったことを考慮すると-26,000円ぐらいです。

20151226PF.png

 2015年のNISA投資枠が昨日までで、15万円ほど残っていたので使おうかな?なんて思ったのですが、今年100万円使い切らなかった自分が来年120万円分を使い切ること可能性はかなり小さいので「余ったから」と言う理由で買うのは止めておきました。

 来週月曜日から水曜日に甥っ子二人が東京へ来ることになったので恐らく相場を見る時間は限られると思うので取引は厳しいかなと思うのですが、気になる銘柄には指値を入れておこうと思います。週間天気予報を見る限りはお正月まで晴れが続いており、小売には良いことだと思うので年内最後の追い込みがあることを期待したいですね。

 以前から任天堂の3DSが欲しいなぁと思っていたのですが、昨日のニュースに2DS発売が出ていました。今回は限定的な発売らしく、折りたためない、3D機能がない、音声がモノラルなど廉価版ですが3DSのソフトは普通に使えるそうなので価格も1万円ほどで興味をそそられますね。3DSより持ちやすそうですしね。
 2DS機種の存在は知りませんでしたが、以前から米国や欧州、韓国では売っていたそうで何故日本では売ってなかったのか不思議ですが社長さんが急逝した影響もあるのかも。四季報を見ると「3DS後退」とあるので、方針転換かな? 選択の余地なく高い方を買わされていたと思うと少し頭に来ますが、モンハンや妖怪ウォッチなどキラーコンテンツも出てきてますし、ハードさえ普及すれば面白そうですね。出来れば付属のペンをワコムにしてくれないかな?と思うのですがダメでしょうか?(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2015.12.25 22:03|ブログ
 こんばんは。12月の権利付最終売買日であり、年内受け渡し分の最終日だった日本市場ですが、東証一部の売買代金は1.60兆円の超低商い。ダラダラと上がり続けた11月でも2兆円ほどはキープしていたのですが、よく言われるようにクリスマス休暇に入る人が多いからなのか開店休業状態でした。前場をかろうじて前日比プラスで折り返したものの今日も後場に一段と弱含み値を消してますね。昨日の寄り天からの角度のキツイ下げではなかった分だけ良かったと考えるしかなさそうです。今年最終週である来週3日間で少しでも商いが戻ってくれれば良いのですが…。

 昨日S高をとった6879 イマジカでしたが、朝から売り込まれて-53円(-10.54%)で引けています。昨日の出来高が71.74万株だったのですが、今日は153.28万株と出来高では倍返しを食らっています。過去の出来高を見ると800円ほどに集中しており、戻り売りプラス年末の節税売りの合わせ技じゃないかと感じるぐらいの下げっぷりでした(笑)。2月の急騰以降、出来高は一度も膨らみませんでしたから売れずに持っていた人が年末と言うことで見切りをつけたのかも? 先週末で見るとわずか+16円となり、損した気分だった自分としては笑っちゃいけないと思いつつも若干口元が緩む結果です(笑)。とりあえず今週は素人考えでデイトレなどしなくて良かった…。癖があり過ぎるイマジカでデイトレは余程じゃないと自分には無理です(苦笑)。

 空売りをしていた9990 サックスバーHDは月曜日に下落した時点でチャート的に自分の考えていたような上がって下がって最後に上がる形になったのでジュース2、3本分のプラスで買戻しを完了。そこから火曜日にかけて急騰して1,800円を回復していたのでタイミング的には丁度良かったかも。まぁ、木曜金曜で再び1,742円まで下落しているので結果的には買戻ししてなくてもプラスだったわけですが、下値も見えてきた(と思われる)し、諸経費等なども考え今回はこれで終了です。来週以降下げたら、それはそれで仕方ありません。

 現在自分のPFで一番値幅が出てしまう銘柄(株価が高いため同じ1%でも株価の低いものより値幅が出る)で下値に目途が立たなかったため、金額面で激しく動かれるのが嫌だったので空売り対象として選んだのですが、踏みあげられて-7,000円まで行った時は完全に「やっちまった!」状態でした(苦笑)。時と場合によるでしょうが、今回はある程度自分の我慢強さが役に立った買戻しとなったので、ラッキーでした。目的は相場が落ち着くまで損しなければ良い、と言うことだけだったのですが、空売りを入れる価格はもう少し上にするべきだったので、次回に生かしたいと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2015.12.24 21:34|ブログ
こんばんは。休日明けの日経平均は前日比-97.01円の18,789.69円となり四日続落。期待を持たせる感じで寄りましたがそのまま寄り天となりズルズルと値を消していきました。東証一部の売買代金は1.93兆円と昨日に引き続き2兆円割れ。値下りは全体の78%でした。下手すると1.7兆円ぐらいになるかと思うぐらい商いが盛り上がっていませんでしたが、最後に伸びてなんとか昨日と同レベルをキープしています。
 指数別に見ると東証一部大型が-0.37%、中型が-1.02%、小型が-1.26%、東証二部が-1.38%、マザーズが-3.00%と小型銘柄に売りが集中した印象です。特に上場間もない新規上場組の中にはブン投げに近いほど下落している銘柄も出てますね。節税売りで-10%も下げられたら溜まったもんじゃないです(苦笑)。一応年内受け渡しの最終売買日は明日までですから、明日は後場に崩れないか注目したいところです。

 見事なタイミング?で売却したイマジカは前日比+38円で寄った後にグングンと値を伸ばし9時30分前にS高(+80円)となりました。そこから一度も剥がれることなくS高をキープしたのでかなり強い買い意欲を感じますね。終値が503円となったことで明日以降のS高は+100円となりますから暫くは続きそうな気もします。残念は残念なんですが、S高自体はこの銘柄で過去に何度も体験しているので、そこまで羨ましくはなかったかな? どこまで上がっても一度は見た景色ですし、S高の後のS安も体験してますし(笑)。

 今回の買収(まだ完了してませんが)は過去の話題よりも国内の会社である点で利益面で確認しやすい面もあり、妖怪ウォッチと言う大きなキーワードも入ってますから過去の上昇とは全く違うものと認識していますから、どこまで行くのか楽しみです。今日の上昇で来期予想PERは50.81倍になりましたから、市場がどこまで許容するのかも注目したいと思います。会社側の予想が出ない限りはハッキリした来期PERは出ませんから、出るまで続くのかな?
 
 月次が好調であった7445 ライトオン+6.77%の上昇。どうみても良い数字だったので好感されて良かったですね~。今日も小売銘柄全体は売り込まれている中で突出して買われていた印象です。
 ただ明日が1Q決算の発表予定となっており、内容が注目されますから注意は必要そうです。まだ1Qなのでまさか上方修正などは期待されてはいないとは思うのですが、市場全体がこんな状態ですから注目度は高そうです。出来高も昨日より大幅に膨らんでますしね。ライトオンは財務を調べたり、目標株価を算出したりはしていなかったのですがそろそろ調べてみようと思います。決算が出たら原価率、販管費率などを確認しようと思います。

 年初の目標で8914 エリアリンクを1,000株まで買う、としてましたが、3Q決算を見て期限を設けず2,000株まで、と変更しており年内はもう買わないかなと考えていたのですが、前回下落時の安値近辺である140円(安値139円)まで下がってきたので100株を追加しました。全体相場の煽りを受けて後場に急落してきたので指値を入れる時間帯はかなり遅かったのですが最後の最後、引けの取引で約定しました。
 12月決算銘柄で明日25日が権利付最終売買日ですから、月曜には更に下落する可能性の方が高いのですが、「140円」は買うと決めていたので、別にこれで良いかなと。一応は年初の目標1,000株保有を達成したので、小さな満足感があり少しスッキリしました(笑)。昨年はこの辺りから下落し始めて2月の本決算でドーンと下落していますが、現状も似た感じをイメージしており、まとめて買わずにチマチマと買い集めて来年中には2,000株にしたいと思います。

 先週末から為替に落ち着きがなく日に日に円高になっているのですが、ドル円は21時現在で120.3円ほどと夜中のうちに120円を切ってしまうのではないかと心配になるところまで来ています。ユーロ円もペースは遅いですが、132円を切って尚も円高傾向ですから明日も為替の援護はちょっと期待しづらそう。まぁ、定着さえしなければ割ってもいいんですけどね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2015.12.23 20:50|統計など
 こんばんは。先週末の日銀ショックを受けて週明けの日経平均は月・火曜の二日で先週末比-100.1円の18886.70円。東証一部の売買代金は月曜2.53兆円、火曜1.93兆円と思いのほか月曜日に膨らんだので言われるほど商いが落ち込まないかなと感じたのですが、火曜にガクっと落ちて、「ああ、やっぱり…」的な展開となっています。

 日本が休日の中、為替のドル円は120.7~121.1円ほどの中を小動きで推移。ユーロ円は132.8円から現在は132円を切りそうなところで推移しています。今は居心地の良いところを探している感じですが、2Q時に想定為替をドル円120円、ユーロ円130円に切り替えている会社も多いので、現在の水準は絶対にキープして欲しいところですね。
 先週あたりからSBI証券の板を見ていて為替の表示がスゴい勢いで変化するようになった気がしており、あれ? こんなんだったかな? と思っていたのですが、お知らせを見たら14日から為替レートの更新間隔が1秒に変更になったそうです。てっきりFOMC、日銀政策決定会合などで取引量が異常に増えているのかと思いましたが、気づかないうちに変更してたようです。

 7445 ライトオン、9843 ニトリHDの12月月次が発表されています。ライトオンは他の服飾銘柄が11月月次で苦戦するなか、11月月次を全店110.9%、既存店109.8%と際立って良かったので、どうなるか更に注目していたのですが、12月も全店120.5%、既存店117.4%と出色の出来となっています。
 昨年度の10~1月の月次が96.5%、90.2%、98.0%、85.3%と弱かったことも主要因なのですが、これで現在今年2月から11か月連続のプラスとなり、9~12月の4か月累計は全店118.3%、既存店116.1%となりました。客単価は前年比100%と変わらないのですが、客数が累計で118.3%となっており、10・12月などは125.4%、124.5%とかなり客足が戻っていることが確認出来ます。キッズ向けイベントなどを開催してますし、テレビCMも再開しているので効果もある程度出ているのかも。確かに近所のショッピングセンターに行った時にライトオンを覗くと昨年以前とは印象が違う気がします。

 ニトリも暖かった11月の影響で既存店は99.10%と低調でしたが、11月下旬から気温が下がってきたことで冬物商品の売れ行きが回復したようで、12月は全店119.20%、既存店113.10%と大きく伸長。昨年12月が全店102.20%、既存店97.60%と極端に悪かったわけでもないのでかなり強い数字ですね。昨年10月~4月は既存店がマイナスになるなどかなり低調に推移しただけに今後もハードルは低いと思われますから期待が持てそうです。「家具」だけの売上ではないので、ミサワなどの参考になるかと言われたらちょっと違いますが、小売全体としては良い話題かなと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2015.12.22 19:26|6879 イマジカ
 こんばんは。まず始めに持ち株6879 イマジカロボットHDの保有株400株を昨日、今日で売却しました。その上でお聞きください。

 売却から数時間後の本日15時に会社からIRが出ました。
「株式会社オー・エル・エム(以下、「OLM」という。)の株式を取得し、子会社化することを決議し、同社との間で基本合意書を締結すると共に、同社の一部の株主との間で株式譲渡契約書を本日締結しましたので、お知らせいたします。」
 OLMなんて知らない人がほとんどかと思いますが、結構な人数がその仕事は目にしているのではないかと思われます。基本的にはアニメーション制作会社なのですが、その作品群を見てみると、
・「ポケットモンスター」
・「妖怪ウォッチ」
・「イナズマイレブン」
・「たまごっち!」
・「ダンボール戦機」
・「はなかっぱ」
・映画「悪の経典」
・映画「逆転裁判」
・映画「一命」

 他にもコンピュータグラフィックスに関するCGIなど多数の作品に参加している企業のようです。もちろん昨年公開で興行収入78億円を挙げた映画「妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!」も、現在公開中の「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」のアニメーション制作もここですし、テレビ放映中のアニメ「妖怪ウォッチ」のアニメーション制作はここです。ポケモンもここです。
「な、泣ける(TT)」

 42か月保有して最後の最後がこれは泣ける…。しかも売却が完了した当日と言うタイミングが悲しすぎる…。

 IRを読むとどうやら以前から4.85%の株式を保有していたらしいのですが、イマジカの有価証券報告書には載っておらず全く知りませんでした。今回の買収により51.33%まで保有比率を高めて子会社化するそうです。
 取得価額は現時点の概算で28.58億円。2Q時点でイマジカの現預金は123.18億円ありますから、特別無理した買収額ではなさそうです。まぁ、春先のSDI買収のために長期借入金が以前のO円から114億円ほどに膨れ上がってはいますが。
 OLMの大株主を見ると社長さんなど個人複数名と電通(12.94%)が確認出来ます。イマジカの保有分4.85%と言うのは他の保有銘柄同様に取引関係の維持・強化が目的だったと思われますね。今回譲渡契約を締結した株主以外とも交渉する旨が記載されているのですが、100%を目指すのかは不明です。他に大きな企業が入っているかは不明ですが、影響力を維持したいと考えるならスンナリ売らない気もしますし、逆にイマジカの株式さえ取得してしまえば影響力は維持出来るので株式交換などでの取得も選択肢に入るのかも。

 株式譲渡実行日は来年平成28年4月4日を予定しており、イマジカが3月末が期末と言うことで今期への影響はなし。一番大事なOLMの業績は、
・2013年度5月期 売上高 58.35億円 営業利益 1.52億円 純利益 1.74億円(営業利益率 2.6%)
・2014年度5月期 売上高 60.61億円 営業利益 0.85億円 純損失 -0.41億円(営業利益率 1.4%)
・2015年度5月期 売上高 79.12億円 営業利益 10.92億円 純利益 9.56億円(営業利益率 13.8%)

 となっており、13、14年度はかなり低利益です。妖怪ウォッチのアニメ開始が2014年1月からで、映画公開が12月ですからその影響で15年度は大幅な業績良化となっています。2012年以前の数字は確認出来ませんが、業界全体を考えると正直儲かっている業界ではないので、妖怪ウォッチがなければ或いは連続赤字だった可能性もありそうです。そういうことなら業績が悪い時に身売りするより、業績が良くなった時に売った方が高値となるのでOLM側としたら良いタイミングだったのかもしれませんね。もう半年待てば更に高値になった気もしますが(笑)。

 正直、妖怪ウォッチがないなら28億円(概算)は高い気がしますが、さらに株式を買い増しするなら少なくとも同額が必要ですし、公開中の映画が絶好調なスタートを切っているだけに資産価値は4月までに更に上がっていそうで、残りの株式取得が上手く行くのかは注目ですね。
 既に来年冬の妖怪ウォッチの映画公開も発表してますが、確か夏にはポケモンが公開されることも発表されていた気がします。ポケモンの興行収入はさすがにかなり落ちてきているようで、代わりに出てきたのが妖怪ウォッチですから、既得権益の奪い合いは凄そうです(笑)。

 アニメーション制作会社と言うことで悪く言うなら「下請け会社」なわけで、その辺りはロボットと同じです。ロボットは「制」作だけではなく、「製」作に入ることで映画公開後の利益をある程度受けますが、どちらにしてもコンテンツの版権を持っているわけではないです。決算説明書に映画のパッケージ写真すら使えないぐらい(苦笑)。妖怪ウォッチも有名なゲーム会社の「レベルファイブ」の商品ですから、何かしらの権利を持っていないなら立場的には弱そうです。作品群を見るとレベルファイブ関連が多数見受けられるので繋がりは強そうですけど、実際のところは分かりません(笑)。そもそも15年度の利益アップが妖怪ウォッチだけのものだったかも分からないですしね。

 2Q時に下方修正したイマジカの今期予想の営業利益は7億円ほど。SDI関連の費用増が不透明のため四季報などでは来期営業利益を5億円ほどとしています。それにOLMの営業利益約11億円をそのまま載せても16億円ほど。正直、会社予想は二転三転して信用度は0に近いので来期予想は10~17億円としか言いようがありません(苦笑)。

 今期予想の7億円で計算した目標株価は概算で100~200円ほどなのですが、仮に営業利益が17億円としても300円ほど。現状は流動資産が減って反対に固定負債(主に長期借入金)が増えているため、財務は以前より悪化しており今日の終わり値423円でも高いぐらいです。ただ、そこにあと数年は利益が見込めるであろうコンテンツが入ったことはプラス材料ですから、株価は上がりそうな気はします。海外展開を考えるならグループで字幕、吹き替えまで作業出来てしまいますしね。東南アジアにネットワークもありますし。

 売り切ってしまった自分からすると、利益が読みにくい水物産業にまた一つ水物が入ってきたとも考えられるので、記事を書いている間に案外売って良かった気もしてきました。他にある程度読みやすい銘柄はたくさんありますしね。IRが出るタイミングが絶妙に最悪だっただけで、今日売らずに明日以降上がったら結局売っていたでしょうし、売らなかったとしても今度は下がるまで保有したでしょうから、現状とあまり変化がなかった気がします(笑)。PFの変化を求めての売却なので上がってしまっても仕方ないと思うことにします。逆に下げられてしまうと、買う気が起きてしまうので、休み明けは必ず上がってくれた方が助かります。

 なんだかんだで好きな会社で、利益が単年で読みづらいことなどを除けば、数年後はある程度良くなっているのでは? と期待していることに変わりはないので、いつかまた機会があれば検討しようと思います。決算などは今後も引き続き追って行きます。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2015.12.21 17:46|3333 あさひ
(2015年12月21日15時発表)

売上高 390.71億円(前期比+7.5%
営業利益 36.71億円(前期比+20.4%
経常利益 37.48億円(前期比+22.0%
当期純利益 23.61億円(前期比+26.4%

・売上高営業利益率(2015年度3Q)→2016年度3Q
(2015年度3Q 8.39%)→9.40%(改善
・売上高経常利益率
(2015年度3Q 8.45%)→9.60%(改善
・売上高純利益率
(2015年度3Q 5.14%)→6.04%(改善
・売上高原価率
(2015年度3Q 51.30%)→50.08%(改善
・売上高粗利益率
(2015年度3Q 48.70%)→49.32%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2015年度3Q 82.78%)→80.95%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q -7.82%
2Q +367.17%
3Q +56.90%

 前年度2、3Qが異常に悪かっただけに今期2、3Qで盛り返してきました。5四半期連続で原価率が51%台になっていたのですが、2四半期連続で50%台に落ちるなど原価の方は安定してきた印象です。旧来は48~49%の会社なので今後そこまで落とせるかが注目です。12月現在は為替は18.7円と直近1年の中では円高元安傾向ですが、2013年12月は13~14円ほどだったことを考えるとまだ無理かなと感じますね。
 販管費の上昇も1Q→2Q+93.1%(前年度103%)、2Q→3Q+38.9%(前年度48%)となっており、昨年度より-10%ほど抑えています。販管費率(対粗利益)も引き続き改善しました。以前は73~77%だったことを考えるとこちらもまだ改善の余地はありそうですが、やはり為替次第でしょうか。

 2Q以降の既存店月次を見ると
9月 90.0%(前年同月106.4%)
10月 108.3%(前年同月90.2%)
11月 104.6%(前年同月97.6%)
 となっており、8月時点の累計99.7%から11月時点で99.9%と若干の改善。もう少しで100%になるところまでは回復してきています。
 4Q期間である昨年度の12~2月月次を見ると
12月 94.3%
1月 93.9%
2月 108.0%
 となっていますから、上手く行けば1月までに既存店も100%超になりそう。

 ただ、前年比で見るとまずまず良くなった数字ですが、それ以前と比較すると依然として弱いままです。3Q時点の営業利益で比較すると、
2011年3Q 32.89億円
2012年3Q 46.72億円
2013年3Q 40.96億円
2014年3Q 38.11億円
2015年3Q 30.48億円
2016年3Q 36.71億円
 となっており、本格的な回復はまだ先の印象。昔の良い時は元/円が12円台ですから比較するのも厳しいですね。それでもある程度回復して来たので、2013年当時の16円台ぐらいで落ち着けば安定しそうな気もします。ただ、元って過去5年間を見ると毎年1~8月までは元高で推移して9月以降元安に推移する傾向があり、12月現在で18.7円の水準ですからなかなか難しいかなと感じます。実は中国人の訪日数も過去の推移を見ると毎年1月から単月の数字が増え始めて7、8月にピークアウトし、9月以降減少するパターンなので、意外とあちらの人はかなり為替に敏感のような気がします。日本人が鈍感なだけかもしれませんが(笑)。

 会社通期予想との差
・売上高 488.20億円 → 97.49億円(前年度4Q 82.19億円)
・営業利益 29.37億円 → -7.34億円(前年度4Q -6.25億円)
・経常利益 29.40億円 → -8.08億円(前年度4Q -5.92億円)
・純利益 17.82億円 → -5.79億円(前年度4Q -4.97億円)

 会社のシステム上4Qは赤字となるのですが、売上高は4Q単体で+18.6%ほど必要で、今3Qが+8.5%だったことを考えると結構厳しいかな? 元々4Qは自転車売れないですしね。そうすると利益面でも厳しくなってきますが、原価や人件費などコストをギュッと絞ってくることも考えられるので判断は難しいですね。現状利益を大きく稼げるのは1Qだけのため4Q時点で仕入れ量を減らすことは難しいと思われますが、4Q単体の営業赤字の推移を見ると、
2012年4Q -2.44億円
2013年4Q -0.77億円
2014年4Q -2.54億円
2015年4Q -6.25億円
 となっており、昨年度が突出して高い異常値のため、そこまで行かないと考えるなら、イメージ的には会社予想に対して利益面では余裕を持って達成出来そうな気もします。問題は-6.25億円が一時的な数字なのかが次の4Qを見ないと判断出来ないことでしょうか…。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2015.12.19 14:02|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比-32,587.83円となりました。



 最大のイベントFOMCをまずは無難に通過してワールドリートなどがプラスで反応するなどホッと一息ついたところでまさか日銀のジェットコースターに乗るハメになるとは全く想像していませんでしたが、PFは保有期間が長く元々益率が高かった銘柄以外は小動きでした。NISA口座はアネスト岩田が高値を更新して続伸となりましたが、VTHDが足を引っ張り小幅に下落。

 米国の利上げでどうなるか注目されたワールドリートはプラスとなり、特に通過後1日目の木曜日は2%超の上昇でしたから、ある程度市場は利上げペースはゆっくりと判断したのかと感じます。
 現状リートの利回りは8~9%ですが、米国の金利が年1%上昇したとしても、金利引き下げ前の5.25%が目途と思われ、米国経済が好調でさえあれば依然として利回り的にはリート優位は動きません。利上げペースがゆっくりなのはいいのですが、その間に景気後退が疑われてきた時は売られると思いますが…。
 とりあえず利上げが決定したことで方向性は出て、短期的に上下動を繰り返してどの水準で落ち着くのかを見ながら、毎月の買付額を考えたいと思います。次の利上げまで数か月あるでしょうから、しばらくは落ち着かないかな?

 日本市場の影響を受けたのかは怪しいですが、昨日は各国とも下落。米国市場も2%超の下落でしたが、日経先物は-120円と意外に踏ん張って戻ってきています。ドル円は121.20円、ユーロ円は131.76円と日銀ショック前の水準までは戻すことが出来ていません。FOMC後はドル円は若干の円安傾向、ユーロ円は若干の円高傾向で各国の政策を反映したある意味正しい推移をしており安定していただけに、日銀がトリガーを引いたのなら少々残念な週末でした。まぁ、実際は原油安や利上げの影響への判断の錯綜だと思いますが(笑)。

 さて、年末と言うことで来年以降のPFのことを考えているのですが、現在は特定預かり4銘柄、NISA6銘柄の計10銘柄を保有しています。特定預かり銘柄は保有期間が長く、
・トレファク 約26か月
・サックスバー 約21か月
・イマジカ 約42か月
・東京個別 約27か月
 となっています。各銘柄とも上昇相場開始初期から持っていたため保有期間中に2~4倍にもなり、保有株を売ることで利益を出してくれました(イマジカなんて昔は2600株も持ってました)。それだけに思い入れも深いのですが、上値もそろそろ見えてきていますし、来年からはNISA枠が年120万円に拡充することもあり、資金をそちらに回した方がいいのでは?と考えています。

 特にイマジカは今期の買収により少なくとも今後10年間は「のれん消却」のため利益が抑制されるのがハッキリしています。何より毎期業績が安定せず、非常に読みにくい…。短期間の株価の上下は別にして業績や財務、利益率の高さなどで目標株価を決める現在の自分のスタイル導入前に購入している銘柄であり、現在の基準だったら絶対に買わないでしょう(笑)。既に利益を出してくれており、業績が悪かろうが単純に好きだから持っている銘柄ですね。しかし、ここより良い銘柄は他に何百、何千とあるわけです。それらを探すために色々な会社を調べたりしているわけなので、そろそろ矛盾を解消しないといけないのかな?と若干悩んでいます。
 株価はある一時、ドーンと上がる銘柄なのですが、安定的ではなく自分も「PFの暴れん坊」と呼んでいるくらいで、他の持ち株は安定的なものを選んでいる中で、ちょっと異質です(笑)。なので愛着さえ捨てれば売却出来るのですが、ただそれが難しい(苦笑)。

 他の3社については評価益率が高く益額もPF全体のほとんど(70%)を占めており、影響度が大きいためどれかを削ることを考えているのですがトレファク、サックスバーは株価は下落しましたが、目標株価付近で推移するようになり、業績は安定的~伸長傾向、東京個別は株価は目標株価よりかなり高いですが、業績は強めの伸長傾向と、決して悪材料があるわけではないので、こちらも悩みます(苦笑)。

 NISA銘柄に関しては来年以降に期待しているものなので、出来れば買い増して行きたいのですが順張りで買い増すことが苦手なのでペースは非常にゆっくりになると考えています。ただあえて削るとすれば、唯一マイナスとなっている北越工業かな。
 マイナスになっているんだから、買い増しすれば?と思われるかもしれませんが、2Q時点の決算では利益の伸び率は高いのですが、売上高はほぼ現状維持のため、まだ確信が持てないんですよね。
 ただ日本産業機械工業会の統計によればこの会社が属する部門であるボイラ・原動機、圧縮機で受注高は好転の兆しは出ています。
・ボイラ・原動機
1~3月 前年同期比+46.64%
4~6月 前年同期比+19.30%
7~9月 前年同期比-34.17%
10月 前年同期比+152.63%

・圧縮機
1~3月 前年同期比-8.85%
4~6月 前年同期比-4.24%
7~9月 前年同期比+6.90%
10月 前年同期比+15.29%
 北越工業は売上高の海外比率が低く、かつ国内シェアが高いため概ね統計と合致する決算だったかと思います。10月の好調を鵜呑みにすれば買いなのですが、3Q期間(10~12月)のたった1か月の結果のため、これだけではなかなか…。せめて2か月分は欲しいところです。この統計発表が小売の月次などと違って2か月遅れの数字のため材料になりにくい原因かなと思います。

 なんにしろ買い増しするためには資金が必要であり、資金=生活費でもあるため無駄遣いは出来ませんし、右肩上がりの上昇相場の終わり間近になってきたと仮定するなら一区切りつけるのもありかなと思えます。そういう意味でもNISA口座に集中させるため特定口座の持ち株を売却or減少するのも丁度良い時期かと。新しい良い銘柄を見つけても10銘柄以上持つのは抵抗があり、すぐ手放してしまったりしたので、資金を集中するためにも考慮したいと思います。そして来年は仕事も考えねば。自宅待機も飽きてきましたし…。

 ちなみに現在のPFの配当金総額は税引きで年4.2万ほどです。リートの分配金を配当と考えるなら11万ほどですが、これを計算に入れるのは少し違うかなと思うので、外しておきます。ず~~っとプラス圏で推移しているなら別ですが、現在は違うので(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2015.12.18 20:46|ブログ
 こんばんは。日銀政策決定会合の結果待ちだったお昼タイムですが、なかなか結果が公表されず昼休み中に先物がプラス圏に入ったり、ドル円も円安傾向を強めるなど、イベント待ちで小さな仕掛けをしているんだなぁ~、なんて見ていたのですが、12時50分過ぎに内容が出ると東証のコンピュータが壊れたんじゃないか?と思うほどの勢いで、画面に表示されている数字がグングンと上昇。時間的には先物が先に大きく動いたのですが、急にルーレットが回るような勢いでした(笑)。

 日銀のHPもアクセスが集中したのか繋がらないし、ニュースは流れてこないしで内容が分からず、キョトンと画面を見ていると持ち株も急激に上がって来たので、「あ、まずいかも…」と思い、空売りをしているサックスバーHDに信用買いを入れてカバーしようとしたのですが、しばらくするとHPにアクセス出来て内容を確認出来たので、買いの指値は引っ込めました。いわゆる追加緩和ではなかったので、今からだと遅いし戻すかなと感じたので。
 今日も前日比でプラスで推移しており空売りとしてはマイナス(前日比で-5,100円、累計で-7,100円ほどのマイナス)でしたが、会合を無難に追加したらヘッジの役目を終えてお役御免(この時点では失敗…)にする予定で、後はどこで買戻しをするかだけだったのですが、日経大爆発の5分後にはすでに上昇分の半分まで戻しており、「あれ? やっぱり戻るの?」と思い、そのままとしました。結果的には高値+51円から終値-2円となり、今日のところは買戻ししないで正解だったかも…。
 理想は来週下落してから買戻しすることなのですが、指標的には売られ過ぎ感が出ている中での空売りで、どちらかと言うと買われやすい地合いです。本来の目的通り万が一の下落のヘッジとして、ある程度のところで買戻しした方が無難かな?

 日経平均は前日比-366.76円の18,986.80円。前場終値が前日比-46.5円の19,307.06円でしたから、今日も落ち着いていていいなぁ~なんて考えてました(笑)。会合後にイベント通過で金曜日と言うこともあり、緩やかに下落してくれたらなぁと思っていただけなので、発表後の動きは眠っている間にジェットコースターに乗せられたようでかなりビビりました…。前日比+562.02円の高値に行ってから、前場終値を割るまでわずか20~30分間の出来事ですから恐ろしすぎます(苦笑)。
 東証一部の売買代金は3.59兆円と昨日より8,000億円ほど増加。先週11日のMSQ3.06兆円を除けば11/5以来の3兆円超えです。3.5兆円を超える日はかなり少ないので本年のベスト5ぐらいになるんじゃないでしょうか? 日経平均の出来高19.91億株もベスト10に入るぐらいで9月以来です。終わってみれば「イベント通過で下落、商いも膨らんで欲しい」と希望していた通りなのですが、過程が想像していたものと全く違います。大幅に上がってから下がるのではなく、そのまま下がって欲しかっただけなのですが(笑)。確かに商いを伴ったら25日線は超えると思ってましたが、勢いそのままに下まで突き抜けてしまったので心理的にはダメージが大きそうです。
 日足的には昨日の上昇のマドを埋めましたが、なが~い上ヒゲの大陰線。ここまで長いのは8/25以来ですね。この時の週足はなが~い下ヒゲの陽線でしたが、今回は反対になが~い上ヒゲの陽線引け。数値は長期線の下ですから形としては宜しくないかと思えます。昨日まで週足はそこそこ良かっただけに一日で変わってしまいました。そういう意味でも今日の上昇分は余計でした…。
 とは言え、突発的なイベント要因ですから来週にガラっと変わることもありますし、今日の売買で需給がどこまで改善されたかにもよりますから、チャートだけでは判断出来ないです。ちょうど今年の高値20,952.71円の半年後でもありましたしね。

 年内最後の大イベントを通過したと言うことで、最近なんとなく考えていたPFの再編含めて週末は色々考えたいと思います。来年以降のPFも考えないと。あ、仕事も(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR