2016.07.30 15:00|9990 サックスバー
(2016年7月29日15時発表)

売上高 133.28億円(前期比-0.1%
営業利益 9.11億円(前期比-6.0%
経常利益 9.25億円(前期比-5.6%
当期純利益 5.84億円(前期比-3.3%

・売上高営業利益率(2016年度1Q)→2017年度1Q
(2016年度1Q 7.28%)→6.84%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度1Q 7.35%)→6.94%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度1Q 4.53%)→4.39%(悪化
・売上高原価率
(2016年度1Q 52.52%)→52.09%(改善
・売上高粗利益率
(2016年度1Q 47.48%)→47.91%(改善
・売上高販管費率
(2016年度1Q 40.21%)→41.07%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度1Q 84.68%)→85.72%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -6.04%

●事業別
・小売事業等
売上高 126.55億円(前年同期比-0.1%
営業利益 8.35円ほどと推定(粗利益率48.2%、販管費率41.6%で計算)

・製造・卸売事業
売上高 7.94億円(前年同期比+5.0%
営業利益 0.76億円ほどと推定

●商品別
・ハンドバッグ 前年同期比+13.6%
・財布 前年同期比+0.3%
・雑貨 前年同期比-2.3%
・メンズバッグ 前年同期比+2.2%
・トラベルバッグ 前年同期比-5.1%
・カジュアルバッグ 前年同期比-4.2%
・インポートバッグ 前年同期比-10.4%

 売上高比率の高いメンズバッグが弱いながらもプラスとなったことが下支えですが、全体的に低調ですね。女性向けではハンドバッグが好調ですが、カジュアルバッグがコラボ商品の売上減少のため久しぶりにマイナス。インポートバッグは「ヒット商品がなく」とあるので、期待されたオロビアンコは低調なのかもしれません。

 6か月連続で既存店が前期比マイナスを記録しており、販管費増加でもう少し減益幅が大きいかと考えていたのですが、原価率が低下して粗利益率が前期比プラスとなったことで、想定より+0.5億円ほど多かったです。売上高は133~135億円予想だったのでほぼ想定内(足し算間違えていて前回の予想は修正してます)。こっそり卸売に期待していたのですが、前期比+5.0%と期待したほどは伸びていないので、予想の下限ですね(苦笑)。

 原価率をコントロール出来ているため二桁の減益は避けられましたが、既存店がプラス転換しない限りは販管費の増加傾向は続きますから「思ったよりは良いが、悪いことに変わりはない」と言う感じの決算で、現状2か月連続で全店月次もマイナスを記録しており、これが続くようなら売上高のマイナス幅も徐々に大きくなってくるでしょうし、当面は月次次第と言う展開で我慢が続きそうです(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
スポンサーサイト
2016.07.30 10:17|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比+2,656.33円となりました。



 いやはや昨日はお昼休みに入ってからの先物はシステムが壊れたんじゃないかと思うほど激しく、怪しい動きでしたね。昼休みに入ってすぐに+300円ほど急騰した時は、「あれ? 日銀がもう発表したの?」と勘違いするほどでした。反対に12時15分過ぎには-750円ほど一気に下落し、一瞬で反発。内容が発表された12時45分過ぎには16,700円まで急騰したかと思えば、これまた一瞬で16,100円台まで下落とチャートだけ見ると、発表がいつされたのか分からないぐらいの動きです(苦笑)。先物の値幅は日中で上が16,700円、下が15,910円と790円ほどもありますが、これが1時間以内に動いたと思うと怖すぎです。
 寝転がって画面を見ていたのですが、自分がニュースを見れるまでタイムラグがあるので、大きく動くたびに、「出たの? 出てないの?」と起き上がるのが面倒くさかったですね(笑)。

 自分のPFに関して言えば、決算だったこともありエリアリンク、サックスバーがずっとプラスでしたし、ダブルインバースが最終的にはマイナスとなったものの小幅安に留まり、前場に入れていたVTHDの100株の空売りが都合よく株価が下がったためプラス1,000円ほどになったことで終日プラス圏をキープ。
 空売りは引けで買い戻してお小遣いにしましたが、ダブルインバースはそのまま保持。+3,000円を超えたので、お小遣いとしては十分か?とも思ったのですが、日経平均が戻しても為替が円高に張り付いて動かなかったですし、怖いのは夜間の先物の方なのでそのままとしました。為替は全然戻りがなかったですね~。

 日経平均は前日比+92.43円の16,569.27円と小幅反発と言う形ですが、値幅は504.84円あり先物ほどではありませんが大きく動いています。東証一部の売買代金は3.29兆円と久しぶりに大商い。値上がりは全体の62%となっており、かなり多くの銘柄がマイナス圏から生還出来た気もします。任天堂とかどさくさに紛れてプラス引けです(笑)。前週末比では-57.98円と3週ぶりに反落しましたが、落ち込んでいた出来高は昨日の商いで回復。
 夜間の先物は前日比-300円の16310円で戻ってきており、NYダウも小幅安で引けているので、月曜は安値から始まりそうな雰囲気。何より為替が一時101.9円台に顔を突っ込むなど円高傾向の102円となってますから良い材料ではないかなと。そういう意味ではダブルインバースは持ってて良かったかもしれません。まぁ、日中の現物に買い支えが入れば分からなくなるので上下どっちに振れても可笑しくないですし、一応は政府の経済対策の発表が控えているため、大きく動くのはその後のイメージを今は持ってます。

 とりあえず持ち株の決算は想定より若干良かったですし、旅行には楽しく行けそうです。株価はどうなるか分かりませんが(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.07.29 19:10|8914 エリアリンク
(2016年7月29日16時発表)

売上高 88.50億円(前期比-20.3%) 会社予想 87.07億円(前期比-21.6%超過
営業利益 12.23億円(前期比-44.1%) 会社予想 9.76億円(前期比-55.4%超過
経常利益 12.44億円(前期比-37.3%) 会社予想 9.62億円(前期比-51.5%超過
当期純利益 7.88億円(前期比-40.2%) 会社予想 6.34億円(前期比-51.9%超過

・売上高営業利益率(2015年度2Q)→2016年度2Q
(2016年度2Q 19.69%)→13.83%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度2Q 17.85%)→14.06%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度2Q 11.87%)→8.91%(悪化
・売上高原価率
(2016年度2Q 69.14%)→70.81%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度2Q 30.86%)→29.19%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度2Q 11.16%)→15.36%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度2Q 36.18%)→52.62%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -17.09%
2Q -58.56%

●セグメント別業績
◎不動産運用サービス事業
売上高 80.80億円(前年同期比+14.0%) 1Q時 +9.85%
セグメント利益 15.02億円(前年同期比+2.31%) 1Q時 +2.45%

 2Q単体では前年同期比-0.2%の減益ですが昨年度も2Q、3Qと減益でしたし、保有不動産の売却で賃料収入が減り「その他不動産運用サービス」が減収減益になるため、こんなものでしょう。

(内訳)
・ストレージ運用
売上高 41.59億円(前年同期比+16.4%) 1Q時 +17.64%
営業利益 8.10億円(前年同期比+7.85%) 1Q時 +10.22%

・ストレージ流動化
売上高 29.73億円(前年同期比+23.15%) 1Q時 +15.19%
営業利益 4.26億円(前年同期比+3.64%) 1Q時 +0.90%

(ストレージ運用+流動化)
売上高 71.32億円(前年同期比+19.14%
営業利益 12.36億円(前年同期比+6.36%

 一番重要であるストレージ運用、流動化の売上高が2Qも各々高い伸びを示しており、順調そうな印象。二つ合わせたストレージ事業は売上高+19.14%、営業利益+6.36%となってますから、現時点では十分な数字かなと思います。今期はここさえ伸びていれば文句はないです。

・その他不動産運用サービス
売上高 9.47億円(前年同期比-13.67%) 1Q時 -24.12%
営業利益 2.65億円(前年同期比-13.11%) 1Q時 -14.18%

 賃料収入のある不動産が今以上に減らないとすると、しばらくは一四半期の売上高4.5~5億円、営業利益1.2~1.4億円で推移しそうですね。1Q、2Qとほぼこの範囲内でした。

◎不動産再生・流動化サービス事業
売上高 7.68億円(前年同期比-80.90%) 1Q時 -74.96%
セグメント利益 1.99億円(前年同期比-82.48%) 1Q時 -89.71%

 最初から大幅な減収減益になることが発表されている事業ですが、昨年度は2Qまでに40.23億円の売上高となっており通期41.92億円の95%を占めるほど偏った販売状況だったため、減収減益率は非常に大きな数字となりました。今期から底地取引への移行となっているので、この事業は「前期比」を見ても意味がなく、今期の予想に対してどうなのか見た方がいいかと思います。

 今期予想との比較で見ると
・売上高予想 8.23億円(進捗率93.3%
・営業利益予想 1.53億円(進捗率130.7%
 となっており、ほぼ予想を達成してますね。1Q時点で20.27億円だった販売用不動産は22.95億円と増加しており、細かい内訳は出ていないので底地なのか、建物なのか分かりませんが仕入れなどは順調そうに見えます。この辺りは説明会資料が出たら確認したいです。予想は余裕で達成しそうですが、販売用不動産を今期中に売るかは不明のため、今2Qでも見通しは据え置きとしておきます。なんにしろ売る物が残っているのは心理的にプラスですね。半分でも売れば上方修正になるのは間違いないのですが、保有もすると言っていたので据え置きが無難でしょうか。

◎その他(調整部門)
営業損失 -4.79億円(前年同期は-4.18億円 +14.59%増加) 1Q時 -2.20億円

 2Q時点での通期予想に対しての進捗率は売上高52.7%、営業利益73.0%となっており、会社の中間予想も超えているため非常に良い決算でした。会社予想と同程度になればいいと言いつつも自分は営業利益の上限を11~12億円と見積もっていたのですが、大丈夫かな? 合ってるかな?とも思っていたので一安心(笑)。あまり適当なことを言うと見た人に迷惑なのでブログには書けませんが内心ソワソワしてました(笑)。

 配当も33円予想から39円予想と6円の増配を発表してくれましたし、個人的には大満足です。

 いつも会社HPでハローストレージのオープン情報などを見るのですが、8月以降のオープン予定があまり更新されず、ペースが遅くなってるのかな? と思っていたのですが、決算と同時に発表された出店状況を見ると、どうやら「建築確認申請による工期長期化」が発生しているため鈍化していたようです。そのため前期末からの純増数は+4,598室と昨年同時期の+6,238室より少なくなりました。
 今期の出店予定は1万弱で、下期にかけて出店スピードは回復する見込みと会社は言っているのですが、実際問題+9,000室でも大きくは業績に影響しませんし、無理やり出店する必要はないのかなと。せっかく建築確認を取りながら出店するようになったのなら、それに合わせたペースに想定し直しても良い気がします。HPで各地の利用状況をこの前確認したのですが(超面倒でしたw)、都内などは別にして地方ではコンテナタイプの2階などは埋まっていない所もかなり多いため、数ではなく場所を重要視した方が効率が良さそうです。2×4タイプの新規出店が今期ここまで一か所とまだ少ないので、こちらも増えればいいなぁ。

 稼働率は
全体稼働率 75.82%(1Q時76.62%)
既存稼働率 84.03%(1Q時84.12%)
新規稼働率 46.04%(1Q時43.70%)
 となっており、大きな変化はなし。新規稼働率は4Qに向けて高くなっていく傾向があるため、4Q時点で53%ほどあれば合格なのかなと思います。

 5月と6月のIRで出た「らくらく運営代行サービス」や「ハローキティとのコラボ物件」などについては短信には記載されていなかったですし、海外への投資がどうなっているかも気になるので、説明会資料で確認したいと思います。

 ちなみにハローキティとのコラボ物件はこんな外観となるようで、キャンペーン中に契約するとオリジナルクリアファイルが貰えるみたいですが、先着1,500名って…。クリアファイルの単価なんてたいした金額じゃないのでこの物件と契約した人みんなにあげればいいのにと若干の疑問が(笑)。
 写真で見て感じるように、やっぱり有名なキャラクターがポンっと視界に入ると目を引きますが、ライセンス料はどれぐらいなんでしょうね?

キティ


人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.07.28 22:26|ブログ
 こんばんは。早いもので日曜日に都知事選挙の投票日を迎えますが、ニュースなど見聞きする程度ですが、雰囲気的には小池さん優勢なのかなと感じてます。野党候補は正直言って人物的にも、発言等も好きではないので選択肢に入れてもいないのですが、かと言って自民の二人も…と言う感じではありますが(苦笑)。
 増田さんに入れた方が都議会などと衝突しないでしょうし無難な気もしますが女性初の都知事も見てみたい気もしますし、これを逃すと次に当選しそうな女性候補っていつ出るんだろうとも思うので入れようかな?と思う人も多いのでは。
 まぁ、前提として都知事は「飾り」と言う考え方で考えるなら余程のア●でない限り誰でもいい…と言う人も多そうなんですが(苦笑)。たぶんこの辺りの感覚は、県知事とは違うかも。自分的には失礼ながら「もしかしてこの人は結構なア●なんじゃ…」と思えてしまうので、野党候補は外してます…。万が一なってしまうと本人や家族的に苦しいでしょうしね…。う~ん、早く決めないとなぁ。

 日経平均は前日比-187.98円の反落で終値は16,476.84円に。FOMCを現状維持で通過して106円台まで行っていたドル円は104.8円ほどまで戻ってますね。ただ、ここ2、3日間と同様に先物はこの時間帯は小幅なプラス圏で推移しており、今日もスッキリしない夜間取引となっています。明日が怖いなぁ。

 昨日決算だった任天堂は朝方は動かなかったものの10時過ぎから大きく下落。前日比-5.49%(-1,225円)の21,080円となっています。上昇の起点が15,000円ほどですからまだ少し余裕がありますが、明日も下げるようなら強気だった人たちもザワザワしてきそうです。

 本格的に決算シーズンに突入しており、注目している銘柄もいくつか発表されているのですが、円高デメリットのコマツやデクセリアルズが前期比-50~-70%の減益となっており、「ああ、やっぱり…」と思う反面、本日発表された6586 マキタは、若干の減収であったもののまさかの+4.1%の営業増益。地域別に見るとほぼ全てで減収減益なのですが、円高の影響で原価率が改善しており増益に寄与したようです。売上高の約80%を海外が占める会社のため、二桁減益も想定していただけにかなり意外でした。想定為替レートをドル円110円、ユーロ円120円としているため、期末にかけてどうなるか分かりませんが今のところ一番驚いた決算ですね。
 2412 ベネフィットワンなどもかなり良い決算のように思えるのですが、既にかなり高いため買うことは出来ず。

 現状は上方修正しても売られている銘柄がありますし、下方修正しても買われている銘柄も見受けられるため、今現在の株価よりこの半年間でどれだけ織り込んできたかも重要な要素になっている気がします。昨日下方修正した7309 シマノも売られると思ったのですが、弱いながらもプラス引けと意外な動きでした。数日経ってまた変化があるでしょうが、通過後一日目の動きとしてはちょっと意外でしたね。まぁ、下方修正しても営業利益率20%の会社なので過度の心配がいらないだけなのかもしれませんが(笑)。

 明日はエリアリンクとサックスバーの決算ですから、楽しみに待ちたいと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.07.27 20:28|ブログ
 こんばんは。今日は何か色々な情報が出てきており、ちょっとハチャメチャな週になってきましたね。今日話題になったニュースで主なところは、

・28兆円の事業規模での経済対策が来週発表されることが発表されたが、報道が先行した
(盛り込まれる内容は不明のため、単年度なのか複数年度にまたがるものかハッキリしない。恐らく複数年度のため本年への影響は微妙との観測も)

・国債は現行40年までだが、政府が50年債の発行を検討しており、日銀が買うならヘリマネに近くなるとの観測が出た
(ウォールストリート日本版から出たらしいが、内容の真偽の方は疑問。財務管理局は「検討の事実はない」との見解を発表)

・指数寄与度の高いファナックが1Q決算で中間、通期の業績予想を上方修正した
(元々の通期予想は売上高-18.9%、営業利益-45.6%だったが売上高-18.4%、営業利益-37.8%へと減収減益幅が縮小した。ただ、コンセンサスには未達らしいのでどう判断されるのか)

・7月の相場を引っ張ってきた任天堂の1Qが減収減益の赤字決算だった
(元々売上高の約7割は海外その他のため円高進行での減収減益は心配されたが、為替差損で-350億円を計上したため、1Qは赤字に)

・発売日が注目されていたポケモンGOプラスの発売が9月に延期された
(先週の鬼IRで業績予想に織り込み済みとあったが、期初の予想にこの時点での延期が織り込まれているとも思えないが業績予想は据え置き…。熱中している人が多い今なら、と言う感じだったが9月時点でどうなるか)

・LINEが2Q決算で黒字転換した
(1Qが赤字決算だったので注目されたが営業利益率は1Q15.65%から2Q18.48%へ改善。ただ、昨年度の1~3Q決算の数字が分からないので3Q以降は以前として不透明さが)

 今日の日中は昼休み中から急激に先物が上昇し、日経平均も後場に急騰。為替もドル円が30分で1.3円ほど円安になるなど、政府の経済対策規模、50年債の話題で急に動きました。日経平均は高値で前日比+438.39円まで行きましたが終値は+281.78円の16,664.82円となっています。
 急騰した割には東証一部の売買代金は2.53兆円で昨日から大きく膨らんだわけでもないので、心理的には「ウワサでは動きにくい…」と感じる人が多かった印象です。

 「来週発表」とした経済対策も、下支えになるなら中身を見てからでも遅くないので、自分もダブルインバースの買いを引っ込めました。買ってから初めて昨日プラスになったものの本日一気にマイナスへ逆戻りですが、他がプラスになりましたし、PFへの影響はほとんどなく、急落時に役に立てばいいなぐらいの気持ちなので少し様子を見てみたいと思います。と言うか、今日の夜中さえどう動くかも分からないので、様子を見るしかないかなと(笑)。
 昨日の夜間取引から為替と先物が違和感のある動きなので、なんだか変な感じです。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.07.25 21:18|統計など
 こんばんは。任天堂は下げましたね~。S安の-5,000円(-17.72%)で値下り第三位、一位イマジカ、二位サノヤスHDとポケモンGO関連で上げた銘柄上位を独占する形となっています。

 日経平均は狭い値幅の中を行ったり来たりはしますが、マイナス圏には長居をしない雰囲気で下げ渋り前日比-6.96円の16,620.29円となり、週末とほぼ変わらず。Fリテイリングや日本電産などが堅調でしたし大崩にはなりませんでした。先週もそうでしたが任天堂の上げ下げにそこまで左右されていない雰囲気です。
 ただ、東証一部の売買代金は2.03兆円と激減。任天堂も2,675億円とピークの1/3ほどまで減ってますし、明日以降に相場の転換があるか注目されるところですが、業績が元々微妙な関連銘柄とご本尊の任天堂が同じ勢いで落ちるかな?とも思うのでよく観察したいと思います。
 そういえば任天堂のHPを見て、3DSの新発売されるソフトを見た時に「メトロイドプライム」と言うソフトがあり、「メトロイドかぁ~、懐かしいなぁ」と思ったのですが、発売前ですがあまり評判が良くないんですね(苦笑)。動画で見たのですが、確かに自分が知っているメトロイドの雰囲気はあまり感じず、コア層には受けなそうな印象を持ちました。
 個人的には子供でも簡単に出来そうな感じで意外と面白そうと感じたのですが、どれぐらい売れるものなのか楽しみです。キャラがもっと立っている方が受ける気もしますが無機質な感じがメトロイドですし、やり過ぎるとロックマンになりそうなので、これはこれでいいのかなと(笑)。

 小売銘柄の7月月次がいくつか発表されています。
・しまむら
全店 106.9%(2か月連続プラス
既存店 105.4%(2か月連続プラス

・ニトリ
全店 111.8%(15か月連続プラス
既存店 106.1%(8か月連続プラス

・ライトオン
全店 93.5%(2015年1月以来18か月ぶりにマイナス
既存店 93.2%(2015年1月以来18か月ぶりにマイナス

・西松屋
全店 102.0%(2か月連続プラス
既存店 99.8%(2か月ぶりマイナス

 ニトリが無双状態ですが、株価は7/4の高値から徐々に下落しており調整中の雰囲気。ずっと好調な月次が続いていたライトオンは久しぶりのマイナス月次。昨年より休日が1日少なかったことも少し影響したことを考慮してもかなり減った印象。客数も全店で88.2%とガクっと減っているのが少し気がかりですね。期間中の東京は雨がほとんど降らず梅雨とは言え天気が良く暑い日が多かったので、ここまで減るのは意外でした。やはりイオンなどのショッピングセンターへ足を向ける人が少なかったのかな? なんにしろ3Qで大風呂敷を広げたわけでもないので、1か月マイナスになっただけでは業績への影響は軽微だと思うのでまだ深刻ではなく、8月決算銘柄で残すは1か月ですし、8月が80%台とか極端にならなければ会社予想は達成できると考えてます。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.07.23 12:54|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比+22,321.75円となりました。週中にはVTHDのナンピン分を200株売却して+9,000円としました。
 一応これで自分がナンピン分だと思う分は処分したことになるので残り300株は高値になるまで保有していようと思いますが、目標株価は460円ぐらいなので既に割高と言えば割高ですし、タイミング良く上昇してくれたのでナンピンで少しでも利益が出たのは良かったので、次に下落してくれたらまた買おうと思います。600株の時に440円台を買うのを取得単価があまり下がらないと思って買えなかったので、これなら買えそうです。



 ここ数日は東京は涼しくてエアコンをつけない日が続いており、梅雨明け宣言もまだ出てません。平年だと7/21頃なので今年はだいぶ後ろにズレているようです。来週の26、27日辺りなんでしょうかね? なんにしろ涼しくて助かっているので、このままでもいいのですが(笑)。今日などは湿気もなく薄らと日が指すぐらいの曇天なので最高です。

 ワールドリートが昨年8月下旬以来約1年ぶりに週末終値でプラスを記録するところまで回復。ひたすら分配金を再投資しているのですが、98.9万だった数量は120.6万まで増え、取得単価は4,444円から3,660円と-784円も落とすことが出来ました。4年半の間1か月に一度の投資しているだけなのですが、数量が増えてくると分配金も徐々に増えてくるので結構楽しみになってきました。
 まぁ、米国の利上げ観測が少し弱まっているため、潜水中に顔を出しただけとも思えるので、すぐにマイナス圏へ入ることも考えられますが、定期的に投資して単価を下げていればプラスになることがあるのを確認出来たので良かったです(笑)。

 日経平均は先週末比で+129.4円と続伸で終値は16,627.25円。先週が+1,390円だったことを考えるとかなり落ち着いてきた印象。出来高も先週の6割ほどと任天堂の売買代金が最高を記録している影で全体では低調な商いでした。任天堂も先週が+11,510円の上昇でしたが、今週は+440円と伸びておらず協奏曲が終わってしまうのか注目されるところです。

 海外では米国市場の3指標が最高値更新を続けていましたが、ここ二日は足踏みで20日の高値を抜けていません。かと言って売られるわけでもないので来週のFOMCを睨んで小康状態と言う雰囲気。米国は現状維持が見込まれますが、日銀は政策期待と緩和期待で直近大幅に上昇していたため、29日金曜日が熱い闘いになりそうです。個人的には現状維持なので下落を見込んでいるのですが、どうなるかな?

 WTI原油先物は6月末の48ドルから44ドルまで下落中。6月前半に51ドル台をつけてから弱い展開になっており再度30ドル台があるのか注目中ですが、資源系は知らなければいけない情報が多いですし、極端に安いか高いかにならない限りは手を出さない方が無難なんでしょう。自分で適正な価格を見積もることも出来ないですし、素人には難しそうです(苦笑)。
 2月の26ドルと言うのは今思えば、かなり安かったのですが、じゃあETFの1699 野村原油が大きく値上がりしたかと言うと、先物の上昇率に比べれば半分ほどだったので微妙なところ。ただ、スイングの3か月で50%取れたと考えると十分ですね。問題は26ドルが「安い」と判断する知識がないことです(笑)。

 来週は29日(金)にエリアリンクとサックスバーの決算が予定されているのですが、31日(日)から旅行に行ってしまうため1、2日の平日の取引が出来ないため、ちょっと今からソワソワ。現状のPFで一番重要なエリアリンクの決算後の取引日にいないって正直少し怖いですが、自分のガラケーの料金設定だとちょっと長めにネットに接続するだけで通信量を超えて結構お金がかかってしまうので終値を確認するぐらいになると思います(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.07.22 21:16|ブログ
 こんばんは。ポケモンGOの日本配信が始まりましたね~。夕方に散歩に出てみると、早速それらしき若者たちを40分ほどの散歩中に4人も見かけました。絶対そうなのかは確認出来ませんが、一人は何やらポケモンのモンスターの名前をブツブツと独り言していましたし、自分の散歩コースにある普段は誰もいない公園を一人でスマホ片手にブツブツ言いながら徘徊していたら間違いないのかなと。正直、夜にこれを見かけたら怖すぎで速攻その場を離れますね(笑)。
 リリース開始発表から株価は大きく上昇しましたが利益確定も同時に行われていたようで4、5回は大きく下落してましたし、13時以降には値幅もなくなり、終わってみれば前日比+0.79%の微増。売買代金は膨らんで7,260億円ですが、チャート的には大きな上髭で微妙な感じです。

 19時15分には任天堂から業績予想についてのIRが発表されており、
・開発・配信しているのは米国法人であること
・当社関連会社はライセンス料及び開発運営協力に伴う対価を受け取ること
・関連会社は持分法適用関連会社であるため、連結業績に与える影響は限定的なこと
・周辺機器であるポケモンGO PLUSの製造及び販売を予定しているが、既に業績予想に織り込み済みであること
・現時点では業績予想の修正を行わないこと
 などを発表しています。

 う~ん、結構異例のIRのように感じるのですが、どうでしょうね? もう少し文章に色々ついていたら印象が違うのかもしれませんが、若干クール過ぎる気も。せめて米国でのダウンロード数が好調なことやリリース直後で業績見通しを立てるのが難しいなど文言があればだいぶ印象も前向きなのですが、バッサリと切り捨てる感じが若干しますね。開発が任天堂ではないことは誰も知ってることですし、わざわざ念押しと言うのもなんだかな。

 米国法人が開発・配信しているため基本的にはライセンス事業なんでしょうし、無料アプリのためユーザーが課金しなければ儲けが出ないと思うので、この短期間で正確な数字は出るはずもないので、現時点で業績予想を変更しないのは当然なんでしょう。来週の決算日に出して荒れるより先にIRを出した方が得策と判断したのかも。それぐらい株価が過熱していることも会社も承知してるんでしょうね。個人的にはどれぐらいの利益が出るものなのか興味があるので業績予想の変更を少し期待していたので残念ですが、持ち越しとなりました。
 3,000万人がダウンロードしたとして月に一人平均1,000円課金すると売上高は300億円。無課金でも結構遊べるようなので、ユーザーが毎月どれぐらい課金するのか見当もつきません(笑)。ライセンス料などの割合も不明ですし、任天堂にどれぐらいの利益が入るのか推測するのもかなり難しそうです。
 今後発売されるであろうポケモンGO PLUSは価格が4,000円ほどするそうですし、任天堂としてはこちらで儲けたいんでしょうが、う~ん、これ皆が皆買いますかね? 確かにスマホを見ないで手元の小さな装置をポチっとするだけなので、「やらないで」と訴えている施設などでは重宝しそうですが、気持ち的な問題として宗教施設などでこれやりたいですかね?(笑) これで4,000円と言うのも高いですが、これの販売状況が分からないと業績予想は立てにくそうです。

 ちなみに僕が任天堂に期待しているのは、3DSを値下げするか原則日本で販売していない2DSの発売です(笑)。春先にキャンペーンか何かで2DSが期間限定で売られたのですがスルーしてしまったので、普通に売ってくれないかと期待してます。3DSの3D機能を甥っ子たちが使っているのを見たことないので安いなら2DSでいいんですが(笑)。

 昨日、不思議な現象があった1357 日経ダブルインバースは、日経がマイナススタートするも、こちらもマイナスで開始。ただ、安値を取った後からは日経が上がれば下がり、下がれば上がりと正しい動きに。実際問題、昨日の終値は直前、本来はそこで終わるはずだった終値より90円ほど高くなってしまっていたので、基準値は株価よりかなり下にあったんでしょう。なので、今日の終値は実際はプラスだったと考えればいいのかなと。二日で考えれば自分の評価損はかなり減っていますし、現在では正常な値に戻っている気がします。
 動き方は戻っていたので来週からは通常通りにと思っているのですが、もし可笑しな動きをするようなら、買っていいのか分からなくなるので保留して観察したいと思います。なんにしろ昨日の安値では評価損がマイナス4,000円ほどあったものがマイナス1,000円ほどに縮小したのは幸運でした。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.07.21 21:46|ブログ
 こんばんは。本日も任天堂が弱含む中、日経平均は前日比+128.33円の16,810.22円と小反発。前場に高値16,938.96円、後場に安値で16,740.00円を記録するなど若干弱い雰囲気にも見えましたね。日経が落ち始めてから任天堂が急落しましたが、昨日同様に全体では引きずられることなく日経平均は最後に持ち直していました。
 東証一部の売買代金は2.58兆円で、任天堂の売買代金は5,182億円と昨日より減少。急落から持ち直しはしましたが上げ幅は前日比+0.85%となり二日連続の陰線引け。さすがに一服感が出てきた印象です。日本版がいつリリースされるか分からないと言うのも少し不安材料なのかも。

 1357 日経ダブルインバースを現在、保有しているのですが今日は引け間際に不思議な現象が。日経がプラスで推移すれば基本的にはマイナスになるはずのETFであり、実際、引けの1分前まではマイナスだったのですが、最後の1分間に異常に買いが入り株価は2,796円から2,885円に急騰。前日比マイナス圏から一気にプラスへと押し上げてしまいました。
 PF全体のプラス金額が引け時点で数分前とあまり変わらず、自分が気付いたのは30分ぐらいしてからで、よく見たら-3,000円以上あった評価損が-180円になっており、「あれ? 表示の不具合が出ちゃったかな?」と思いソフトを再起動。それでも変わらないのでチャートを見たら上記のような動きとなっており、ビックリでした。何がなんだが分からないので普段見ない掲示板を覗きに行ったのですが、みんなも分からないようでした(笑)。
 夕方に先物が開始後しばらくして急落し、為替も一気に円高傾向へ変化したのですが、流れてくるニュースによると黒田総裁の発言によるものらしく「え? これを見越しての買いだったの? 買った人神様かよ!」なんて一瞬思ったのですが、そんなことあるかな?と思い直してあまり深く考えないことにしました(笑)。分からないものは分からないですしね。

 とりあえずPTSを見てみると基準値は今日の終値2,885円となっているので、明日朝の基準値もこれになりそう。今現在は先物が-190円ほどで推移していますが、PTSは-30円ほど。普通はプラスになるところがマイナスでの推移と言うことで、まだ不明な状態が続いている感じ。PTSは基本的に参考程度なのでアテにはなりませんが、これは明日の朝どういう感じになるのか注目したいと思います。

 昨日の終値でワールドリートが約1年ぶりにプラスとなり、今日も日中に円安が進んだことも手伝って少しプラス幅を広げています。ただ、米国がドル高をどの辺まで許容するか不明で牽制発言も出てきそうですし、為替頼みで上昇を期待するのは少し厳しい水準になってきた雰囲気。昨夜辺りからポツポツと利上げ観測が再燃してきており、為替はまだしばらく落ち着かないのかも。
 正直、利上げを見込んでいた年初の見通しとは全く違う情勢になっており、コロコロと発言内容が変わるFRB当局者次第のため、安定して推移することは今は期待しづらい気がしてます(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
2016.07.20 20:36|統計など
 こんばんは。任天堂は上がっても下がってもスゴイ商いですね…。本日も売買代金は7323億円と過去最高を更新していますが、株価は前日比-12.61%(-4,005円)と四日ぶりに反落。朝から下落していましたが、後場開始直後に26,000円と本日の安値をつけた後は反転し引けまでヨコヨコの動きで取引を終えました。チャート的には昨日のマドを埋めての反転ですから買いの勢いはまだありそうな雰囲気。

 任天堂が弱含んだことで日経も下押しするかと思ったのですが結果は逆で13時過ぎから急激に下げ幅を縮めており、安値の前日比-169.28円から終値は-41.42円の16,681.89まで押し戻されています。ちなみにこの時間帯に日経ベアを買い増しており、買ってからズルズルと値を下げられると言う失敗が…。任天堂によって下へ引っ張られるかと思ったのですがそうでもなかったです(苦笑)。自分が考えている以上に強い相場なのかもしれませんが、出来高が減るであろう8月に入っても保てるのか疑問もあるため、少しずつ買い足して行こうかなと思います。

 6月の訪日外客数が発表されています。
●全体
・6月 198.57万人(前年同月比+23.9%
・1~6月累計 1,171.38万人(前年同月比+28.2%
201606全体


●韓国
・6月 34.74万人(前年同月比+38.1%
・1~6月累計 238.30万人(前年同月比+31.0%
201606韓国
 昨年の同時期はMERSの影響で急激に落ち込んでいたこともあり、伸び率は高めに。月を追うごとに減っていた訪日数は久しぶりに前月比でプラスとなっています。


●中国 
・6月 58.25万人(前年同月比+26.0%
・1~6月累計 307.60万人(前年同月比+41.2%
201606中国
 中国は1~5月まで横ばいが続いたのでこんなに増えるとは思いませんでした。為替も円高になりましたし、てっきりそのまま昨年の山を横切るような推移をするのかなと先月の時点では思えたのですが、昨年の5、6月同様にグイっと高い伸びとなっています。
 7、8月のピークが昨年比でどうなるか注目ですが、昨年を超えるとなると60万人超ですから、エラいことになりそうです。観光ビザで入国して所在不明になり出国していないと思われる人も増加傾向らしいですから、大丈夫なのかと少々心配もありますね。


●台湾
・6月 39.78万人(前年同月比+15.2%
・1~6月累計 215.58万人(前年同月比+20.3%
201606台湾
 3か国の中では一番安定した推移を見せているんじゃないでしょうか? 韓国のように乱高下せず、中国のように異常な伸び率にもならずバランス良く伸びているようで一番好印象です。

 5月は4月中旬の熊本地震の影響を受け伸び率が鈍化しましたが、主要3地域は思いのほか伸び率が高く少々驚きが。民間や観光局のプロモーションが上手く行っているのか訪日数が減らないですね。
 訪日数は増えても都心のホテルの平均客室稼働率は5月で前年同月比81.8%となっており、4か月連続のマイナスらしいですから、地方への観光客の誘致と言うのは数字上は今のところ上手く行っている印象も。観光インフラへの投資に力が入っている現状ですから、急激に訪日数が減る事態は避けたいですね。クルーズ船が寄港できるようにしても来なかった、なんて事態は御免こうむりたい(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR