2016.12.31 14:19|月末PF
 12月末のPFです。前月末比-19,499.77円となりました。



●2015年度 実現利益額(税引き後)
(2014年1-12月 +244,274円)
(2015年1-12月 +418,146円)
2016年1月 +67,675円
2016年2月 +94,728円
2016年3月 +28,117円
2016年4月 +157,526円
2016年5月 +2,869円
2016年6月 +13,589円
2016年7月 +35,940円
2016年8月 +3,083円
2016年9月 +18,004円
2016年10月 0円
2016年11月 +58,319円
2016年12月 +26,753円
2016年合計 +506,603円

●2015年月末PF内利益
(2014年12月末 +772,099.52円)
(2015年12月末 +588,528.26円)
2016年1月末 +482,375.01円
2016年2月末 +198,855.10円
2016年3月末 +326,982.34円
2016年4月末 +98,451.19円
2016年5月末 +106,396.83円
2016年6月末 +36,089.69円
2016年7月末 +79,659.68円
2016年8月末 -44,828.23円
2016年9月末 +39,435.43円
2016年10月末 +91,720.95円
2016年11月末 +92,068.67円
2016年12月末 +72,568.90円
PFの2015年末比 -515,959.36円


 15年年末のPFが+588,528.26円で今年の確定利益が+506,603円でPF内利益が+72,568.90円、これを足すと+579,171.9円となり差引-9,356.36円。利益確定で払った税金が8.5万円ほど。う~ん、見事に税金を払っただけと言う寂しい結果となりましたね(笑)。

 昨年末に保有していた銘柄は株式が9銘柄と投信が1つ。それが今年は2銘柄と投信1つまで減少。仕事をしたなと思うのは日経が沈んだ時期にVTHDを買い増して後の上昇で利益確定をいくつかした所だけだった気がします。後はほぼ傍観者であり、区切りをつけて整理をし始めた9月以降は特に見ているだけでしたね(苦笑)。思いのほか10月以降にPFが盛り返したことで、やっていたアルバイト探しをやめて市場を注視しましたが、如何せん自分基準の目標株価と実際の株価の乖離が大きくなる一方で全く手が出ず、保有銘柄の上昇が止まってしまえばジ・エンドでした。

 投信のワールドリートは15年1月をピークに下落局面に入り基準価額は丸々2年間下がりっぱなし。15年1月末の基準価額は5,240円で今12月の終値は3,343円ですから-36.2%も下落したことになります。この間自分はひたすら分配金の再投資を行い取得単価を下げ続けおり、15年1月末の取得単価4,416円から今12月現在で3,338円まで下げています。-24.4%も下げたことになりますね。
 今年1~11月まで取得単価が基準価額を割り込みマイナスとなりましたが、今12月は1年ぶりにプラスを回復して久しぶりに特配ではない配当金をもらいました。まぁ、その分税金を払うことになり再投資分の金額が減ったのでかなり微妙ではありますが(笑)。

 一年前と比較すると
・数量
105.64万口 → 133.78万口(+28.1万口
・取得単価
4,174円 → 3,338円(-20.02%
・基準価額
4,241円 → 3,343円(-21.17%
・損益
+7,078.26円 → +668.90円(-6409.36円
・損益率
+1.61% → +0.15%(-1.46%
・評価額
448,043.41円 → 447,231.22円(-812.19円

 毎月1回再投資をしていますが、投資しているお金は既に投資しているお金であり、新たに追加のお金を入れているわけではないので、特に注目するのは「口数の増減」、「評価額の増減」の二つとなります。評価額は-812.19円とマイナスですが、口数は+28.1万口となっており、自分的には812円で28.1万口を買ったと考えることにしています。これを続けて行っていつかどこかでリートの上昇局面が来てくれたら…と期待はしていますが、当然まだ下落することも想定されるので、見通し的にはまだ先かなとも考えています。プラスになってもヨコヨコと言う見通しを数か月前に立てて見守っていますが、実際にヨコヨコなので見通しが当たっているのが嬉しい反面、上がらないなぁ…と言う気持ちで微妙なところです。

 この投信がどういった性質のものかを書いた記事は見たことがあるのですが(大抵評判は悪い)、実際に長く保有して推移を記事にしている人は見たことがなく、自分自身も数字をよく見始めたのが今年からなので(遅っ…)、機会を見てもう少し詳しい推移を記事にしようかなと思ってます。現金に困って売り払う可能性は0ではないのでそれまでに機会があればですが(笑)。

 日経平均は年初からの下落から数字上は回復し、終値は19,114.37円となり前年末比+80.66円で、バブル崩壊後では最長となる5年連続の上昇を死守。高値は12/21の19,592.90円、安値は6/24の14,864.01円。差は4,728.89円となり、15年の4,051.22円より+16.7%ほど値幅の大きい年となりました。
 ただ、実際のところ昨年末の終値を上回ったのは最後の12月だけなので、月足で見ると出入りはそれほどなく、ひたすら出、出、出だったような気もします(苦笑)。自分が入ってよい入口は6月だけだったのですが、この時に良い銘柄が見つけられず入れなかったのが今年の主な敗因なんでしょうね…。

 PF内利益は増やせませんでしたが注目リストの企業は一年間でかなり増え、投資を始めて5年目だった今年で自分のやりたい投資スタイル、興味のある銘柄の傾向、色々な指標の見方・使い方なども勉強出来ましたし、そういった意味では有意義な一年でした。数年間、実験的に続けてきた目標株価の算出方法なども少しマイナーチェンジを加えながら徐々に納得の行くものになってきており、完璧と言うのは当然あるはずもありませんが、自分的にはある程度使えるなと言う目途も立ったので、今後に生かして行きたいと思います。とは言え、そろそろ働きたいので、とりあえず来年の目標は、「アルバイトをする」とするんですが(笑)。いや、本当にいい加減に探せよと(笑)。

 とにかく色々なイベントが起こり大変な一年でしたが、読んでくれている皆様お疲れ様でした。そして、一年間ありがとうございました! しばらく更新はありませんが来年も宜しくお願い致します。それでは良いお年を~~。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2016.12.31 12:13|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比-28,271.6円となりました。週中にサックスバーHDを売却した影響で+15,000円ほど減っています。



 日経平均は前週末比-313.3円の19,114.37円と8週ぶりに下落。7週連続で陽線だった週足も8週ぶりに陰線となっています。ただ、終値は短期線で止まっておりトレンドが崩れるところまでは行っていない感じです。昨年の最終週は前週に短期線が長期線を割り込む形で終わっており、今考えるとチャート的には非常に悪い雰囲気で年を越していたので、そういった意味では今年はまだ余裕があるのかも。まぁ、昨年の今頃に年明けからあんな大参事が起こるとは全く考えていなかったのですが、チャートを見ると危ない傾向は出ていたんだなぁとシミジミ思いますね(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.12.30 19:12|注目中の株
 こんばんは。12月末時点で注目リストです。

単価=目標株価(前期末の数字で計算)
株価>単価 割高
株価<単価 割安

※全てが欲しい銘柄ではなく、欲しい銘柄の比較対象も入っています。
※期中に株式分割、併合などあった場合は目標株価は変わります。一通り確認はしてますが、見落としがあったらすいません。

●注目自動車(19社)
201612注目自動車
 今まで自動車メーカー自体は追っていなかったのですが、今年下半期に入り日産に勢いが出てきており、来年以降国内販売が面白そうだと感じたので今後は決算を追っていくことにしました。オートバックス、イエローハット、ソフト99、ロックペイントなどを追加し、不動産に分類していた駐車場銘柄をこちらに移したので前回より数が増えています。市場を細かく見れば部品などの会社もまだまだあるのですが、製造過程までは興味がなくあくまで完成車が市場に出て以降の周辺企業を調べているので、現在の企業を中心に追って行こうかと思います。

●注目小売(28社)
201612注目小売
 服、バッグ、靴、メガネ、家具、時計、宝石、カーテン、リユースなど生活に身近で、大抵の人が知っている企業が多くリストの中では一番親近感が持てるグループになりました。超優良に入れているシマムラ、ニトリ、ファーストリテイリング、ワークマンなどを加えた企業群を見ていれば、だいたいの消費動向が見えるかな?と考えています。

●注目産業機械(22社)
201612注目産業機械
 
●注目環境インフラ(11社)
201612注目環境インフラ
 
●注目不動産金融(12社)
201612注目不動産金融
 以前から金融系の銘柄にも興味を持っており興味のある企業が見つかったら調べたいと思っていたので今回からマネーパートナーズグループをリストに入れています。FXの会社ではありますが、興味があるのは2017年にビットコイン関連になりうるのか?と言うことと、ここが発行しているマネパカードが非常に便利そうと言うことです。春先にビットコイン銘柄としてお祭りになっていましたが、未だ取引開始には至っておらず今後の動向が注目されるところです。取引自体はすぐにでも開始出来るらしいのですが、法整備や会計処理をどうするかなど色々と問題があり現状は足踏み状態らしいです。なので既に実際に流通しているマネパカードが今後知名度を上げていくのかが現在一番の注目点でしょうか。本業のFXは円高局面が続くと弱い印象があるので為替動向にも注目したいと思います。日本ではロング一辺倒の人が多いと聞くのでそういう影響もあるんでしょうか。

●注目流通(7社)
201612注目流通
 秋からの円安局面で観察していたエーアイテイーが800円台から1,000円台後半になってしまいました。円安はプラスとは認識していたのですが割高感を感じたので買えませんでした(苦笑)。買いたいとかは全くないですが、ANAをリストに追加。いつも訪日、出国動向などは追っていますが、もう少し詳しくなりたいのでこういった銘柄にも少し目を向けようかと思ってます。

●注目飲食(15社)
201612注目飲食
 ブログには書いてませんが一応は毎月月次をチェックしている企業が14社ほどあり、飲食系も小売同様今年はあまり良くありませんでした。飲み屋が一番悪くて既存店月次が全くプラスにならない企業が多いですね。ファミレス系も下半期に入ってマイナスが続いてますし低調で、サイゼリヤとトリドールの奮闘が目につく程度でしょうか。今年上場したコメダも月次を見てみると3~11月の9か月間で既存店の前年割れが7回となっており上場前の雰囲気からすると少し「あれ?」と言う感じです。

●注目ITマスコミ(19社)
201612注目ITマスコミ
 ファンコミュは欲しいなぁと考えてはいるのですが、社長さんのツイッターを見て少しゲンナリしており、主力サービスの一つの低下傾向に歯止めの目途がつかない印象を持っていることもあり保留中。VOYAGEは最近バンダイなどのリアル企業?と提携を発表していますが、業績への影響が見通せないので保留。先行投資などで減益が続く見通しを会社が示しているのですが次の決算以降で何か変化があるのかを注目しています。

●注目教育趣味(6社)
201612注目教育趣味
 東京個別が最近スゴイですね。とうとう今日の終値で946円となり、自分が保有していた時の800円台を余裕で上抜いてしまいました。先日発表されている生徒数などの伸びはまずまずの数字でしたからその辺りが好感されているんでしょうか? ここまで伸びるとは少々意外でしたからビックリです。

●超優良(45社)
201612注目超優良1
201612注目超優良2
 目標株価(単価)と比較した場合の評価益率でマイナスなのは45社中わずか3社。自分なりに評価して超優良リストに入れているので高PER、高株価なのは仕方ないのですが、あまりに高過ぎてとてもじゃないけど手が出せません(苦笑)。新年度に入りインフォマートが株式分割を迎えて684円ほどとなり金額的には買い易くなったのですが、PERは60倍以上…。普段PERを見て売買はしませんが、分割後の目標株価は161円なので乖離が大きすぎますね(苦笑)。
 分割したことによって僕のようなのは買い易い株価となりましたが、普段デイトレなどしている人にとっては旨みはない印象です。(税金を考慮せず)同じ1万円を儲けようと思うと、1,000円の株価なら10%上がればいいですが、これが600円の株価だと約16.7%必要となり手間がかかりそう。2万円を株価1,000円で儲けるなら20%ですが、600円なら33.3%も必要ですから枚数や回転率を上げないと厳しそう。しかも今回の分割で発行済株式数は1.29億株とかなり多くなったため板を消化するのも時間がかかりそうですしね。ただ、上がりづらそうになった反面、下がりづらくなった気もするので会社としてはそれでいいのかな?と言う気もします。しかし、こんな小型株で1.29億株ってスゴイ数ですが、エリアリンクのようにならないか心配ですが、業績やサービスを見る限り一緒にするのは少し違うかなと思われます。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.12.29 21:15|9990 サックスバー
 こんばんは。明日で年内の取引が終わりで何とか無事に終われるかなとも思いましたが、本日の日経は久しぶりに大きく下げましたね。日経平均は前日比-256.58円の二日続落で、東証一部の売買代金は四日ぶりに2兆円台でした。元々一週間ほど踊り場で足踏みしており、買い意欲が小さい所へ昨夜の米国市場の下げがあり、今週に入って発生した東芝問題も合わさって相場全体としては終日売り優勢でした。個別に見るといくつかの銘柄は昼ごろに一時、値を戻しているものも見受けられましたがかなり少数派でしょう。

 東芝は26日の終値443.1円から本日の終値258.7円まで約58%ほどの下落。出来高は昨日、一昨日とS安になる時間帯もあったため膨らんでいませんでしたが本日の出来高は6.38億株と急増。東証一部の出来高が22.49億株なので影響が非常に大きかったですね。いっそのことS安で張り付いてくれていた方が良かったかもしれません(笑)。元々特設注意市場銘柄になっていましたし、上場維持も危ぶまれていただけに会社の言う「数千億円規模の損失」と言うのが本当なら、ついに…と言う感じなんでしょうかね?
 株価の方は今年2月に安値で155円まで行っており、高値はつい先日の12/15の475.2円。こんなデカいだけの銘柄は普段見ていなかったのですが、安値から200%以上も上昇してたんですね(苦笑)。まだ100%計上するかは分かりませんし、続報もないため見通しは立たないでしょうから、しばらくは異常な状態が続きそうな感じでしょうか。

 最近数か月の小売月次や先日のライトオン決算を見て、消費者の購買意欲回復はまだ先と言う思いが強くなったのでサックスバーを本日売却しました。SBI証券は朝10時30分までに申し込めば単元未満株(S株)を後場の取引に出し売買させてくれると言うので初めてやってみたのですが、買う人がいなければ当然約定しないため、開始直後は何も反応なし。こんな日だから買う人いないかな?と思ったら30分くらいして約定してくれました。朝方に売り込まれていたのですが、10時30分過ぎから切り返してきて昼間には前日終値付近となっていたので、タイミングが良かったため運よく昨日終値より少し高く売れて一安心。

 悪い業績や月次など通過しても株価の方は上がり続けてくれて7月の安値901円から1,200円台まで回復してくれてましたし、他の銘柄を見てもそこまで売り込まれていないので持っていても良いのですが、自分なりの小売の見通しが今後数か月は悪そうと言う方に傾いたので今回はそちらを重視しました。株価とは別の話ですね。
 15年7月には高値で2,428円まで行ったのでほぼ半分の株価になり非常に残念ではありますが、次にまたそんな状況になることがあれば今回の経験を生かしたいです(苦笑)。+30%超で終われただけでも良しとしなければ。
 大好きな銘柄なので当然今後も注目して決算なども追いつつ、何か良い変化があれば再度チャレンジしたいと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.12.27 22:53|統計など
 こんばんは。日本は年末、海外はクリスマス休暇と言うことで昨日、今日の東証一部の売買代金は1.63兆円、1.83兆円と二日連続で1兆円台まで低下。1兆円台、二日連続とともに米国大統領選の直前である11/7、8以来の水準となります。

 日経平均は昨日が-31.03円、本日が+6.42円と終値もそうですが値幅自体も小さく、先週から小動きとなり踊り場のような印象です。日本市場は本日が12月の権利付最終売買日となり、実質的には明日から新年度となり、先週まで6週連続かつ10月以降の11週のうち10週を売り越している個人投資家の動向がNISA枠復活でどう変化するのかが注目されます。
 ただ、自分が現状買っていないのはNISA枠復活を待っていたわけではなく、単純に資金が少なく高値圏から買っていくことor買い下がっていくことが難しいから、と言うのが主要因なので「NISA復活! よ~し、明日からは…!」なんてことはないでしょう(笑)。

 先週12月月次を発表している7445 ライトオンが1Q決算(9~11月)を本日発表。3か月のうち2か月の月次が80%台だったこともあり、売上高は前年同期比-3.0%、営業利益-89.3%、経常利益-90.8%、純利益は-0.91億円の赤字となかなかインパクトのある決算となっています。

 80%台の月次が2か月あった割には売上高は-3.0%で収まっており、11月の二桁増加が大きく寄与したのかなと思われます。営業利益は-89.3%-10.67億円と大減益なのですが、前年度1Qの営業利益が前期比+167.7%+.748億円と大増益だったためであり、その前11~15年度の1Q平均である4.84億円と比較すると-3.57億円ほどの差となります。まぁ、それでも大きな減益なのですが、ここ数年の中で昨年度が突出して高かったため、今期以降も継続されるものなのかが注目された決算ではありました。

 元々過去数年の四半期業績を見ると、1Qは不得手で2Qに期の利益が集中する会社なので、今回店舗閉鎖損失を特損に計上して赤字となった純利益が通期で必ず赤字になるかと言うと現時点では可能性は低いかと思われますが、2Q最初の期間である12月月次の低調っぷりを見ると、2、3Qが好調だった昨年度ほどを期待するのは酷かなと言う印象で、期を追うごとに可能性は高まりそうかも。大きな要素として天候次第と言うのがあるので服飾はやはり難しいですね(苦笑)。

 HPを見るとSUPER HIT SALEと題してMAX50%OFFのセールを12/31まで実施しており、昨年度より積み上がっている在庫を売りさばいてとにかく利益を捻出してどこまで行くかと言う感じでしょうか。一瞬、姪っ子の服でも買いに行こうかなと考えたのですが、もしかすると1、2月に更なるセールがあるんじゃないか? と期待してしまうほど現状が悪いので少し待ってみようかな?

 ちなみに20日締め月次の来年の月ごとの休日の増減は16年と「変わらず」が7か月、「一日少ない」が4か月、「一日多い」が1か月となっているので、休日数だけで考えるなら16年より不利な並びとなってますね。年間の休日数もたぐまる計算だと3日間少ないですし苦戦しそうな気もします。
 もちろん消費が上向いて、そんなの関係なしに売れる状態になればいいなと思いますが、まだまだ時間が必要そう。先に好決算を発表しているしまむら、ニトリのようなリスク管理、在庫管理の鬼のような会社はそうそうなく、この2社は凄すぎて笑えるレベルです(苦笑)。

 ジョージ・マイケルさん死去のニュースが流れていますが、まだ53歳だったんですね。自分が初めてライブ映像を見たのは20数年前だと思うのですが、その時は自分より随分年上と感じたのですが、実は一回りも違わなかったことに驚きです…。本当に歌が上手くて、見た目もカッコよくCDを買いに行ってよく聴いていたのを思い出しました。とても残念です…。

 Queenのオフィシャルに自分が見たライブ映像があったので、久しぶりに見て、やっぱりカッコいいなぁと思いました。
 

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.12.24 00:34|統計など
 こんにちは。小売の20日締め各社の12月月次が発表されています。あまり休・祭日にIRを発表する会社は多くないですが、しまむらはいつも関係なく発表するので個人的には良いなぁと思います。

・ニトリ
全店 103.1%(20か月連続プラス) 前年12月119.2%
既存店 95.5%(2か月ぶりマイナス) 前年12月113.1%

・しまむら
全店 95.6%(2か月ぶりマイナス) 前年12月110.8%
既存店 94.5%(2か月ぶりマイナス) 前年12月108.5%

・ライトオン
全店 87.2%(2か月ぶりマイナス) 前年12月120.5%
既存店 86.2%(2か月ぶりマイナス) 前年12月117.4%

・西松屋
全店 90.3%(2か月ぶりマイナス) 前年12月105.7%
既存店 88.6%(2か月ぶりマイナス) 前年12月104.0%

 各社とも前年12月が好月次でハードルが高かったこと、休日が昨年より二日少なかったことなどで大きく売上を落としています。個人的には前月11月が例年より非常に寒く需要の先取りもあったのかなと感じます。比較的落ち込みの少なかったニトリなどを参考にすると既存店などは休日二日減をマイナス4.6ポイントと見積もっているのですが、仮に他企業にそれを当てはめたとしてもライトオン、西松屋はかなり悪い部類に入るので好月次が続いた16年1~4月の反動減が来年は少し心配されますね。

 11月月次は各社とも上記の寒さに加えて前年11月が低調だったこと、休日が二日多かったことが重なって数字上は非常に良かったのですが、それ以前の月次を見ると、
・ニトリ
既存店 2か月連続マイナス

・しまむら
全店 3か月連続マイナス
既存店 3か月連続マイナス

・ライトオン
全店 2か月連続マイナス
既存店 2か月連続マイナス

・西松屋
全店 2か月連続マイナス
既存店 2か月連続マイナス

 となっており、元々夏以降に消費はかなり低迷しておりプラス材料が無くなると弱いことが目立ちます。12月に入って寒さに慣れたのか、実際に少し気温が高いのか11月より暖かく感じるので、その辺りの影響もあったように感じます。

 まだそこまでの影響はないかとは思いますが最近はフリマアプリのメルカリやレンタルアプリのメチャカリ、ここ数年ではリユース企業の服飾比重の増加などで、新品購入のサイクルが長くなっているのかもしれません。
 先月たまたまメルカリの決算公告に目を通したのですが、28年度6月期決算で売上高122.5億円、営業利益32.8億円(利益率26.8%)で黒字決算となっており、今後も伸びてくるようなので注目しておいた方が良さそうです。

 メチャカリを運営しているのは「earth music&ecology」でお馴染みのストライプインターナショナル。メチャカリ自体は昨年からスタートした事業ですが、グループ全体の年商が14年度で1,103億円となっており、だいたいハニーズの倍、アダストリアの半分、ライトオンより少し大きいぐらいの規模となります。
 メチャカリは毎月5,800円(税別)を払って好きな服を3点までレンタル出来るシステムらしいのですが、自分では試せないので使い勝手などは評価できないのがツライところです(笑)。出荷完了から60日間借り続けた商品はもらうことが出来るらしいので、使い方によってはお得な感じがしますね。価格帯的にはハニーズとアダストリアの中間辺りでしょうかね? ブランドの名が通っている分だけハニーズへの影響の方が大きくなりそうではあるので、こちらもメルカリ同様注目したいと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.12.23 13:10|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比-11,104.12円となりました。



 日経平均は前週末比+26.52円の19,427.67円となり7週連続の値上がり。21、22日と小幅の続落となったことで下落傾向と見る向きもありますが週単位で見ると上昇して終わってるんですね。と言っても22日の引け前20分まではマイナスで最後に無理やりプラスに持ってきた感じなので作られた感がアリアリではあります(苦笑)。実際に昨日も日銀のETF買いが742億円入っており、今週4営業日で3回と年末高に向けて余念がありません。
 
 昨日発表された投資部門別株式売買状況(現物)によれば12月2週は、
法人 2週ぶり売り越し
個人 6週連続売り越し 売り越し額増加傾向
外国 6週連続買い越し 買い越し額は前週の14.6%まで縮小
証券 6週連続売り越し ほぼ個人と同じ動きしかしない
 となっており、個人の売り越しが止まりません。月間で見ても7~11月の5か月連続売り越し中であり、12月も2週現在では売り越しです。今週の下落局面で個人がどう動いたのか来週の発表が注目されますが、買い越しになったとしても高値圏なので握力は強くなさそうな気もします。

 空売り比率は11/10から昨日までで30営業日連続で30%台を記録。14日以降、価格規制ありの空売りも1日おきに20%後半を記録してますが、日経もそれ以降値幅が小さくなりヨコヨコの展開ですから少し踊り場に入っているのかも。

 国債10年物の金利は19日が0.076%に対して21日は0.056%と日銀会合を通過して低下傾向。ただ、米国金利も低下しているので為替のドル円はヨコヨコです。ここ2、3日で見ればどちらかと言うと円高方面へ行きたがっている印象も。2/24~11/14までマイナス圏に入っていた10年物は11/15以降はずっとプラス圏にあり、現在は8、9年物までプラス圏に。10年物が0.029%あたりになると丁度8、9年がマイナスに入るようにも見えるので今後も注目してみたいと思います。日銀の言う0%近辺はこの辺りなんでしょうかね?

 昨日引け後に20日締め小売3社(ライトオン、西松屋、ニトリ)の月次が発表されましたが、ニトリ以外の2社が想像以上に悪くて萎えました(苦笑)。昨年より2日休日が少ないことを-4~-5%と見込んで95%ぐらいなら上出来かと考えていたのですが、既存店が80%台に入っており、11月の好月次がやはり休日が2日多かったことと寒さによる先取りだったことを浮き彫りにした雰囲気です。しまむらがまだ発表していないので何とも言えないですが、服飾系の回復はまだ先ですね。ちなみに来月初旬に決算発表予定のハニーズは先日中間決算の下方修正を既に発表しており、通期予想は決算時に改めて発表するようです。

 12月は11月より暖かい日が多い印象で、東京は昨日雨でしたが気温暖かく外に出た時にビックリするほど。本日は今のところ快晴で予想最高気温は19℃~20℃と「おいおい、12月後半だよ…」と言う感じです(笑)。かと思えば北日本では強風だったり、北海道では大雪で飛行機が飛べなかったりと夏以降続く天候不順は継続中と言う雰囲気。11月に東京で50数年ぶりに雪が降った時に見たニュースではこの後の2月に記録的な大雪だったと言うものがあったので可能性はありそうで個人的には警戒中です。まぁ、警戒しても意味はないのですが(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.12.22 18:34|3333 あさひ
(2016年12月22日15時発表)

売上高 410.93億円(前期比+5.2%) 2Q時 +6.3%
営業利益 37.01億円(前期比+0.8%) 2Q時 +2.3%
経常利益 37.99億円(前期比+1.3%) 2Q時 +2.9%
当期純利益 24.88億円(前期比+5.4%) 2Q時 +4.7%

・売上高営業利益率(2016年度3Q)→2017年度3Q
(2016年度3Q 9.40%)→9.01%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度3Q 9.60%)→9.25%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度3Q 6.04%)→6.06%(改善
・売上高原価率
(2016年度3Q 50.68%)→50.75%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度3Q 49.32%)→49.25%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度3Q 39.92%)→40.25%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度3Q 80.95%)→81.71%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q +12.63%
2Q -25.94%
3Q -12.69%

 出店は前期末418店舗(直営394店、FC24店)から438店舗(直営414店、FC24店)と20店の純増。今期の新規出店は24店舗予定なので出店は順調そうです。10月に退店が1店舗あり、昨年12月にも3店舗の退店がありますが、この5年間で退店はこの4店舗のみなので1店舗でもかなり珍しいです。

 3Q期間での新規事業としては、11/10にIRが出ている「OpenStreet 株式会社及びソフトバンク株式会社との事業提携による自転車シェアリングサービス事業」が開始されています。名称は「HELLO CYCLING」であさひは自転車の提供やメンテナンスを担当しているようです。
 HPでステーションを見てみると、現状では東京都中野区の7か所と台東区1か所、港区1か所とほぼテスト状態なので業績は現状度外視の雰囲気。配置場所を見るとコインパーキングなどに設置しているようなので今後どうなるか注目したいと思います。
 他には任天堂とコラボした幼児車「マリオカート」を発売しているのですが、正直どこから見ても普通の自転車でした(笑)。「マリオカートをモチーフにした」とあり、カッコいい感じをイメージしたのでガッカリです(笑)。

 悪いニュースとしては、一部店舗(18店舗)で防犯登録書類の控え等が誤廃棄されていたことが11/16のIRに出てますが、一店舗ならまだしも18店舗もあると言うことは、単純な間違いと言うよりは常態化している悪習慣があったのかもしれないですね。

●月次の推移
・3~5月の月次累計
全店 107.7%
既存店 102.7%
(3月117.9%、4月101.3% 5月93.6%

・3~8月の月次累計
全店 106.2%
既存店 101.3%
(6月98.1%、7月98.8%、8月101.6%

・3~11月の月次累計
全店 105.0%
既存店 100.5%
(9月98.9%、10月89.2%、11月109.7%

 9、10月の既存店が前年割れ、特に10月が痛かった雰囲気ですが、元々売上高、利益ともに1Q偏重の会社なので金額ベースだと大きな差はありません。3Q単体の売上高は+2.49億円(+2.27%)、営業利益は-0.45億円(-12.69%)となっており、10月にもう少し数字が上がっていれば、横ばいから少し上昇と言ってよいレベルかと思います。
 1Qで前年より悪化していた在庫回転率などは2Qで前年並みか少し悪いくらい、今3Qで前年並みか少し良いくらいまで回復しており、一定の歯止めはかかったかな?と言う印象。ただ、前年の回転率が良かったわけでもないので改善したと言うレベルではないかもしれないです。

 棚卸資産は1Qで前年同期比+30.69%と例年より異常に増えていたので推移に注目していますが、2Qで+11.15%、3Qでは-0.3%と改善。昨年、一昨年とは逆に期を追うごとに棚卸資産は減る傾向となっています。ここは1Q(春先)に業績を上げる会社なので、当然4Q時に一気に在庫が増えるのですが、在庫を一気に増やすなら4Q単体の減益幅が拡がるでしょうし、今期はどうするのか気になるところです。

●会社予想 → 3Qとの差 → 前年度4Q単体
売上高 517.95億円 → 107.02億円 → 93.30億円(+14.70%
営業利益 34.64億円 → -2.37億円 → -4.37億円
経常利益 36.20億円 → -1.79億円 → -3.69億円
純利益 21.02億円 → -3.86億円 → -3.93億円

 2Q時点ではもしかして久しぶりに4Qでも営業黒字にするのかな?なんて少し考えたのですが、修正しなかった今回の数字だけを見ると、やっぱり赤字っぽいので少し残念。
 売上高は+14.7%と二桁増が必要ですが、16年度4Qは前年同期比+13.52%だったため、可能性としてはまだ達成可能かなと感じます。ただ、来年1・2月に個人的には大雪などがあるんじゃないかと心配しているので天候要素が大きいかもしれないです。
 利益面は会社予想と3Qとの差より、前年度4Q単体の方がマイナス額が大きいので少し厳しい状況かも。2011年を最後に4Q単体は営業赤字が5年続いており、最大で-6.25億円、最少で-0.77億円、平均で-3.27億円なのでどちらかと言うと厳しいのかなと。ただ、最大と最少でかなり差がありますし、どれだけ4Qに在庫を増やすのかによって大きく変わるので判断は正直つかないです(苦笑)。最近の円安元高もプラスではなく、今日現在の16.9円は昨年12月時点の18.5円に比べればマシではありますが今後どうなるか全く不透明なので何とも言えないですね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.12.21 21:46|統計など
 こんばんは。11月の訪日外客数が日本政府観光局より発表されています。

●全体
201611全体
11月 187.54万人(前年同期比+13.8%
1~11月累計 2,198.84万人(前年同期比+22.4%
 市場別ではロシアを除く19市場が11月として過去最高を記録。ほぼ全ての市場が既に前年合計を抜いており、空前の訪日ブームの様相です。年累計で低調なのはロシアのみであり、1~11月の累計は5.05万人で前年比+0.1%。主要市場の中で最低の訪日数であり、交流がないことが窺えますね。先日の会談の成果として来年以降増えて行くのか注目して行きたいと思います。その前に欧州との関係を改善しないと劇的に増えることはないと思いますが。

●韓国
201611韓国
11月 42.69万人(前年同期比+18.6%
1~11月累計 459.6万人(前年同期比+28.1%
 11月として過去最高。500万人まで残り40.4万人で、昨年12月が41.57万人であることから大きな問題がなければ大台に乗りそうな雰囲気です。12月に入って更に円安が進んでますし、ここ2年の年間最多月は12月ですから単月で50万人もありそうな気もします。
 14年が275.5万人、昨年が400.2万で今年が500万人超えとなるとたった2年で220万人ほども増えたことになり、よくよく考えると異常ですね(笑)。

●中国
201611中国
11月 43.28万人(前年同期比+19.2%
1~11月累計 594.55万人(前年同期比+28.0%
 11月として過去最高。中国からの訪日ピークは7、8月でそれ以降は前月比で低下して行きますが、傾向通りなら1月にまた増えることが予想され、下手すると来年には700万人なんてことも可能性も。全体数から見れば少ないですが、以前より不法滞在者が増加傾向にあるらしいですし、将来大丈夫かな?と心配になってくる数字ですね。爆発しそうで爆発しない中国経済も来年は分かりませんし、訪日数もそろそろ落ち着いてもいいんじゃないかと思い始めてます(笑)。


●台湾
201611台湾
11月 30.07万人(前年同期比+1.4%
1~11月累計 388.88万人(前年同期比+14.0%
 11月として過去最高。12月を残して15年の年計である367.70万人を超えて過去最高を更新。ただ、トランスアジア航空の解散が決定したことにより22日以降の全便が運航停止となった影響もあり、伸び率は+1.4%と小幅の上昇に留まっています。まとめサイトなどを覗いてみると、どうやら色々と問題があったようで来年1月より清算手続きに入るみたいですから、台湾からの訪日数はしばらく減る可能性もありますね。個人的には上位2国より増えて欲しい地域であるので日台政府でどんな施策をするのか注目したいと思います。

 今年は訪日外客数も多いですが、出国日本人数も多く11月は前年同月比+10.6%と8月以来の二桁増。人数も11か月間の中で4位で1~11月累計は前年比+5.4%。現状の円安水準が続いてどう変化するかこちらも注目したいと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2016.12.20 22:06|ブログ
 こんばんは。金融イベントとしては年内最後の日銀金融政策決定会合を本日通過し、日経平均は前日比+102.93円の19,494.53円まで上昇。終値としては昨年12/8の19,475.28円以来の高値となります。前場は結果発表前ということで低調な動きでしたが、後場に入り本日の高値19,511.20円をつけるなど強かったですね。

 引け後には日銀からETF買入が発表されており、昨日今日と二日連続で742億円の買入れを実施。先週13、14日の19,200円付近での買入に続き19,400円でも買ってきたことになり、もはや下支えとかそういうレベルでは語れない感じです(笑)。別に大きく下落しているわけでもないタイミングで4回も買っており、買い方としてはトレンドに乗った順張りでしょうか。一日2~3兆円の東証一部の商いの中に742億円ですから日銀のETF買いだけで上がることはないですが、アナウンス効果は抜群ですから現状売りで入るのはやはり危険でしょうか。昨日の買入を確認した時点で遊びの1571 日経インバは引っ込めることにしました。ほんの少しの下落も許してくれないので、もう少し待ってから再度検討しようかと思います。

 政策面は据え置きとなった会合ですが、景気判断は上方修正しており、輸出、個人消費、鉱工業生産などの判断を引き上げています。個人的には引き上げるほど良いかな?と疑問もありますが。産業機械統計を見ても受注はまだ低調ですし、11月に個人消費(特に服飾)が好調のようにも見えましたが、休日数や寒さなども考慮すると12月はどうなるか確認したい所ですし、飲食系の8月以降は悪いので身近な消費に限れば盛り上がってきた印象はまだないですね。本日が20日と言うことで明日以降、20日締めの月次を発表する会社をまずは注目したいと思います。

 以前12月のIPOで気になっていると書いた3556 リネットジャパングループが本日マザーズに上場。初値は公開価格1,830円の+92.8%となる3,530円と上々のスタート。高値で3,990円(+118.0%)となった時は「おお~」と思ったのですが買いは続かずその後は下がり続けて終値は3,150円(+72.1%)となっています。申し込みを検討したのですが、公開価格が1,830円と自分が考える目標株価の倍以上だったので今回も見送りました。
 どうせ当たらないでしょ?と言うのもありますが、これから成長するために上場してくる企業に対して、現時点の事業価値と財産価値で目標株価を算出しようとするのがそもそも間違っている気もします(笑)。公開価格は高くなるのが常ですし初値や当日のなるべく高値での売り抜けを考えるぐらいでないとIPOには参加しない方が自分にはいいのかもしれません。ただ、一度ぐらいは当選して高値で売ってみたいです(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR