2017.02.28 17:56|4666 パーク24
(2017年2月28日16時発表)

売上高 504.04億円(前期比+7.7%
営業利益 42.63億円(前期比-13.5%)金額にすると-6.68億円
経常利益 43.53億円(前期比-10.6%
当期純利益 28.72億円(前期比-10.2%

・売上高営業利益率(2016年度1Q)→2017年度1Q
(2016年度1Q 10.54%)→8.46%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度1Q 10.40%)→8.64%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度1Q 6.84%)→5.70%(悪化
・売上高原価率
(2016年度1Q 74.25%)→74.40%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度1Q 25.75%)→25.60%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度1Q 15.21%)→17.14%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度1Q 59.07%)→66.95%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -13.54%

◎セグメント別業績
●駐車場事業
(国内)
・タイムズ駐車場運営件数 15,992件(前年度末比101.3%
・運営台数 536,780台(前年度末比101.1%
・総運営件数 17,367件(前年度末比101.1%
・総運営台数 653,324台(前年度末比101.2%
売上高 359.75億円(前年同期比+5.2%
(調整前)営業利益 62.29億円(前年同期比+4.7%

(海外)
・総運営件数 1,482件
・総運営台数 363,118台
売上高 6.21億円(前年同期比+25.8%
(調整前)営業利益 0.47億円(前年同期比+75.3%)

 新たに豪州など5か国で事業を行っている会社を買収したので海外の規模が大きくなり今回から国内、海外を別々に表記するみたいですね。合算した総運営台数は101.6万台と100万台を超え前年度1Q比で+64.1%と大きく伸びています。
 1Q期間でのみなし取得で今1Qに損益影響はないとあるので、運営件数や運営台数には数字が入っているでしょうが、売上高、利益には反映されていないと思われます。

 気になっていた「のれん」は短信によると168.87億円。1月のIRではいくらになるか分からなかったのですが、大きいものの思ったよりは少ないと言う感じです。前年度末の10月時点の「のれん」は3.86億円しかありませんでしたが、今回の買収で171.74億円と大きくなったので、これから毎期どんな風に償却して行くか注目したいと思います。
 今回の短信には前年度と同じ0.38億円ののれん償却額しか記載されていませんでしたが、連結に入ってくる2Q以降に分かるのかなと思います。20年償却だとだいたい毎期8.5億円ほどでしょうかね?

●モビリティ事業
・会員数 754,770人(前年度末は719,434人)
・車両台数 43,720台(前年同期比101.8%) うちカーシェアリングサービス車両は16,836台)
売上高 138.50億円(前年同期比+14.1%
(調整前)営業利益 5.09億円(前年同期比-28.6%)金額にすると-2.04億円

 車両台数の伸びは前年度1Qも100.5%と小さかったのでこんなものかなと。ただ、カーシェア用車両は前年同期比+22.5%と高い伸びですし、全体に占める割合は前年度1Qで35%、今1Qでは38.5%と高くなっています。
 売上高は順調に二桁増でしたが、営業利益は安全装備への投資、増車ペースの加速等によるコスト増加で30%近い減益。会員数の伸びがを見ると11~1月の3か月で+3.5万人も増えているので確かに増車ペースを上げないと間に合わない気がします。

 セグメント別の営業利益は調整前の数字の合計は67.86億円。調整額(のれん消却額+全社費用)は25.23億円となっており、これは前年同期比+43.4%、金額にすると7.64億円も増えた計算になります。この辺りの推移も2Q以降どう変化するのか注目かなと。

 海外の数字が2Qでハッキリ分かるまで良いとも悪いとも言えない決算かな?と言うのが印象ですね。国内駐車場は安定して伸びてますし、モビリティの減益も投資や増車のためとあるので、それを信じるなら問題のない数字なので、売上高200億円~250億円規模が推定される海外の数字待ちと言う感じです。特に利益ですね。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2017.02.27 20:39|マネパカード
 種類は多いですが、外貨両替が出来るタイプのみ、気になったところを。

◎VISAプリペイドカード
●Visa TravelMoney Gonna(ジャックス)
・外貨両替機能の付帯されたカードが対象。
振込手数料は顧客負担
・振込が反映されるまで約1時間。
年会費はないが口座維持手数料100円(月間)がかかる
・海外での利用金額が円残高より引き落としの場合の海外事務処理手数料は4.0%
国内利用可能
・有効期限は5年間。自動更新され有効期限月に新しいカードが送られてくる。

●MoneyT Global(ジェイティービー)
入金出金手数料は顧客負担
・反映まで約1時間。
・海外ATMで現地通貨を引き出した場合、ATM手数料に加え決済手数料が5%取られる。
・旅行会社JTBならではの危険回避情報配信サービスなどがある
・自分の国内口座への払戻し手数料500円がかかる。
・国内利用は不可っぽい(ハッキリ確認出来ず)。
・有効期限は5年間。更新の仕方、され方の記載がHPで見つけられない…。

●NEO MONEY(クレディセゾン)
・13歳以上から申し込み可能。
・払い戻しはカード解約が必要だったが好きな時に出来るようになった(手数料は500円(税抜)かかる)。
・セブンイレブンATM又はセゾンのATMでチャージのみ出来る(国内のみで引出は出来ない)。
・指定金融機関のインターネットバンキングでチャージできる(国内海外可)。
提携金融機関が多いので各金融機関のクレディセゾン口座に入金できる
外貨両替時はアジア通貨の両替がお得(両替ショップと比較して10%ほど)。米ドル、ユーロでは若干割高かも。
・海外での利用時に海外サービス手数料が4%取られる。
・更新時期が来たら会社から連絡が来る。

●海外プリペイドカード GAICA(アプラス(新生銀行グループ)
・満13歳以上から申し込み可能。
・為替手数料は利用金額の4.0%
・三井住友のチャージ専用口座に振込。反映時間は金融機関営業日の10時、13時、16時。
振込手数料は顧客負担
・利用できるのは海外のVisa加盟店、ATMのみ。
・有効期限は5年間。原則自動更新だが期限から遡って2年間カードの利用がない場合は更新されない。



人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。


2017.02.27 20:32|マネパカード
 自分が実際に使っているauWALLETプリペイドカードとマネパカードと比較しやすいキャッシュパスポートのみ気になったところを。

◎auWALLETプリペイドカード
●利用停止の手続きは24時間対応
●紛失・盗難における補填は行っていないが、auスマートパス会員は第三者不正使用に対し補填される場合あり。
 適用条件は4/1~3/31の1年間に1回、1auIDあたり1回まで。申告時にauスマートパスプレミアムまたはauスマートパス会員であることなど。電話による申告受付日の10日前から受付当日を含む11日間に紛失・盗難起因の第三者不正使用に対し補償上限金額を10万円として補償。
●海外からの問い合わせは非対応。
●有効期限は5年間らしい。期限近くに更新メールが来て、手続きをすれば新しいカードが送られてくるらしい。
 ちょっとHPでハッキリ確認出来ず利用規約には「本カードの有効期限は、本カード券面に印字された期日までとします。」とあるので手持ちのカードを確認すると5年間でした。方法についてもよく分からずネットで引っかかったのが更新メールが来るらしいと言うものでした。
 ちなみに規約には、有効期限経過後は残高は失効とあるので、カードを使わなくなる時はお金は抜いておきましょう(笑)。

●特徴
・利用額200円(税込)ごとに1ポイントのWALLETポイントが貯まる。1P=1円計算。1,000円で5Pなのでほぼ0.5%のポイントバッグでしょうか。
・au携帯電話、auひかり等の利用額1,000円(税抜)ごとに10ポイント貯まる。1.2P=1円計算。
・提携サービスやクレカのポイントをWALLETポイントに交換できる。
・WALLETポイントをau利用料金に充当できる(条件あり)。
・auの携帯代金、修理代金などに使える。
・WALLETポイントを家族に贈ったり、契約者が同一名義の複数回線ある時はポイントをまとめられる。
・オートチャージがあるので人によっては便利。
設定例)「1,000円」未満になったら「5,000円」をオートチャージ(常に1,000円以上チャージされていることになる)
 オートチャージと言っても、チャージ額が「1,000円」の状態で買い物に行き、1,001円以上の買い物をした時は残高不足で支払い出来ません。自分は1,000円チャージされた状態で買い物に行って3,000円を支払う時に支払いできず、その時にやっと意味を理解…。一番最初に設定して以来深く考えていなかったので、支払い時に足りなくてもオートチャージされると勘違いしてました(苦笑)。
・インターネットサイトでも利用可能だが、月額制には対応していない。同じく光熱費や家賃などの支払いも不可。
・MASTER CARD対応の店舗ならどこでも使用できる。セブンイレブンなどポイントアップする企業が複数あり、200円ごとに2ポイントとなる(ほぼ1%のポイントバッグ)。
・WALLETポイントを現金としてチャージできるのは月1回、100相当のポイントから利用可能。
・チャージはスマホ専用アプリ、WEB、auショップ、コンビニで出来る。
・銀行からの引き落としは毎月1回、携帯料金と合算で清算される。
・オートチャージが発生するとメールが来る。
・海外で使用できるが、海外サービス手数料として利用金額の4%がかかる(決済時の交換レートに加算)。
銀行などからのカードへの振込手数料はなし

◎キャッシュパスポート
・海外専用プリペイドカードなので利用は海外のみ。ただTポイントカードを保有している人はTポイント付キャッシュパスポートを申し込めるので貯まったTポイントを国内で利用することは可能らしいです。
・年齢制限がない。
入金手数料は入金金額の1%
カード清算手数料(自分の口座への払戻し?)は500円(税抜)かかる
・12か月間利用・入金がないと13か月目から毎月150円の月間カード管理用がかかる。カードを解約する、または残高が手数料以下になるまで引き落としされる。
為替手数料は4%
・利用できる通貨は、円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、カナダドル、シンガポールドル、香港ドルの9通貨。
・初回申込時に1枚無料でスペアカードが発行される。
・カード有効期限は5年間。更新する場合は一度清算して新たにカードを申し込む形になる。清算依頼書を記入して会社までFAXし、その後にカードを新たに申し込む。
・MASTERCARDが買収したトラべレックス カードプログラム事業が発祥。



人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.02.27 19:06|マネパカード
 先週マネパカードを申し込んだのですが(申込日1日目として)5日目にカード口座開設のお知らせが来たのでサイトにログインできるところまでは来ました。カード自体は書類と別々の郵送なのでまだ届いていません。
 マネパカードの特性上、マネパのFX口座も開設した方がお得なのでカード口座にログインした後、そのまま申込みをし、現在は開設のお知らせメールが来た状態となっています。ここから数日後にFX口座開設の書類が来るので使い始めるためにはまだ時間がかかりそうです(苦笑)。
 アクセストレードの「アフィバッグ」(自己アフィリエイト)での申し込みなので別々になってしまったんですが、よく見ればどこかに記載があって同時に申し込めたのかな?

 待っている間に他のプリペイドカードなども含めて色々調べたのですが、結論を最初に書くとマネパカードのメリットを最大限生かすにはマネパのFX口座は開設しておいた方がいいだろうなと言うのが個人的な感想です。

 プリペイドカードはMASTERCARD、Visaのどちらかを扱っている発行会社が多いのですが、MASTERCARDのHPに乗っているプリペイドカードを抜粋すると、
●MASTERCARD
・Web Money Card(ウェブマネー)
 入会後3か月は利用金額の1.0%、4か月目以降は0.5%のWebMoneyが貰える。
・Orico Prepaid Card(オリコ)
 利用金額の0.25%をキャッシュバッグ。
・dカード(NTT dokomo)
 利用金額200円で1ポイント。dポイント加盟店では100円で1ポイント。
・au WALLETカード(au)(プリペイドとクレジットの2種あり)
 基本は利用金額200円で1ポイントの還元。セブンイレブンなどでは2ポイント。
・キャッシュパスポート(マスターカードプリペイドマネージメントサービシーズジャパン株式会社)
 ポイントなどは特にないようです。
・マネパカード(マネーパートナーズ)
 利用金額に対して常時1.0%のキャッシュバッグ。FX口座を持つと1.2%、月間100万通貨以上のFX取引で1.5%となる。キャンペーン適用中の還元率は1.5%、1.7%、2.0%。

 Visaプリペイドカードの種類は多くHPには14社ありました。海外向けの会社を抜粋すると、
●Visa
・Visa TravelMoney Gonna(ジャックス)
・MoneyT Global(ジェイティービー)
・NEO MONEY(クレディセゾン)
・海外プリペイドカード GAICA(アプラス(新生銀行グループ)
 各社ともキャッシュバッグやポイント還元はないようです。

 上記の赤色の会社が外貨両替機能がついた海外向けプリペイドカードですが、国内利用のみとは言えキャッシュバッグがついているのは自分が確認出来たのはマネパカードだけでした。
 そもそもキャッシュパスポートやGAICA、MoneyT Globalなどは基本的に国内使用は不可で、海外での利用を前提に作られているカードなので国内利用向けにキャッシュバッグがついているマネパカードが変わっていると言うことも言えるかもしれません(笑)。

 かと言って肝心の外貨両替でマネパカードが劣っているかと言うと、そんなことはなく少額ではそんなに差は出ないかと思いますが、各社の手数料の掛け方ゆえに金額が大きくなればなるほど差がハッキリ出てくるぐらいマネパの手数料は安いと思われます。また最初に書いた通りFX口座を併設することで両替以外の部分、入金や出金にかかる手数料、口座に反映されるまでの時間などでもかなりメリットがあるかと。

 一応、各社のHPから特徴?と言うか気になるところを抜粋したのですが、長くなるので分けて記事にしたいと思います。



人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.02.25 12:44|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比-603.64円となりました。



 先週末から一気に下落して534円になったVTHDは安値で520円まで下落。ただ昨日の高値では535円(終値529円)となり小康状態となっています。一呼吸置いているだけなのか微妙な感じですが、終値での配当利回り予想は3.02%と3%台になったので回復傾向にある自動車販売であることを考えると投資妙味はあるかなと思われます。
 ちなみに自分の取得単価470円だと3.4%ですから配当だけ考えたら慌てて売ることはないかなと。影響は小さいと思われますが赤字と考えられる南アフリカの子会社買収が来期に入ってくる予定のため確信を持って買い増すにはまだ自分的には少し高いので現状維持としています。なんだかんだで市場の株価は高いので利回り3%以上と言うのもリストの中にそんなにないため貴重ですね。

 マネパは相変わらず動きなしのヨコヨコ。500円台を回復したのは12/6ですが約2か月半維持しており定着してきたようにも見えるのですが、価格帯別の出来高をこの3か月で見ると580円台が突出しており、次が550円台と現状の株価より上で売買した人が多いため、もう少しかかる印象です。
 せっかくアフィリエイトに体験的に入ったのでマネパカードを自己アフィリエイトで申し込んだのですが、まだ手元に来ません。一昨日審査終了のメールが来たので昨日あたり来るかと思ったのですがなかな来ませんね。会員になって実際使ってみないと分からないこともあるので使ったら記事にしようかと考えてます。

 昨日はビットコインが数年ぶりに高値をとったことが話題になりましたが、こういうのって高値更新とかじゃないとニュースにならないんですね。一月の安値で8.5万円台になってからは上がり続けているのは確認しており、先週末時点で12万円ほどまで来てましたが、その時は誰も言わなかったのに(笑)。
 更に言うと結構熱いのはZaifで扱っている仮想通貨XEMでしょうか。こちらも1月中旬は0.4円ほどでしたが今日現在で0.8円ほどと倍となってますから今後の推移が注目されます。テックビューロはXEMに力を入れておりビットコインは入口と言う感じですしね。株価は思惑が入りますから別ですが、なんにしろ現状ではマネパその他の会社の表向きの業績への影響はないでしょう。子会社があったとしても、なにしろ連結できないんですから。

 日経平均は前週末比+48.92円と反発。数字上は3日続落で金曜日が少し下げ幅が出たので印象が悪いですが、実はプラス引けでした。日足的にはかなり煮詰まっており下抜けしたら怖さのある感じでしょうか。ここ数日は国有地問題が取りざたされていますが、総理が米国に行く直前に出ていた話題でもあり上手くスルーできたと思っていたので少々残念です(苦笑)。
 国内独自の良いニュースがない中、総理に関する問題は市場的には最大の悪材料となりかねないので何とか切り抜けて欲しいですね。数億円の土地問題で数兆円が吹っ飛ぶのだけは勘弁して欲しいです。民主時代にドブに捨てた為替介入の数兆、数十兆円に比べれば可愛いじゃないかと。

 為替のドル円は前週末比-0.67円の円高傾向。米国10年債が2/15近辺の2.50%から昨日現在で2.315%まで低下し、日本国債10年物は2/22の0.095%近辺から昨日現在で0.065%まで低下。日米金利差縮小で円高傾向ですね。それでも今日現在で112.1円なので踏ん張っている方ではないでしょうか。ワールドリート的には米国債低下でプラス、円高でマイナスと痛し痒しで、どっちにしろ横ばいです(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.02.24 14:54|2461 ファンコミュ
(2017年2月8日15時発表)

売上高 375.15億円(前期比+4.8%
営業利益 58.25億円(前期比-4.7%
経常利益 58.96億円(前期比-4.6%
当期純利益 39.12億円(前期比-1.0%

・売上高営業利益率(2015年度4Q)→2016年度4Q
(2015年度4Q 17.08%)→15.53%(悪化
・売上高経常利益率
(2015年度4Q 17.27%)→15.72%(悪化
・売上高純利益率
(2015年度4Q 11.04%)→10.43%(悪化
・売上高原価率
(2015年度4Q 70.69%)→73.29%(悪化
・売上高粗利益率
(2015年度4Q 29.31%)→26.71%(悪化
・売上高販管費率
(2015年度4Q 12.23%)→11.18%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2015年度4Q 41.72%)→41.87%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q +2.01%
2Q -7.91%
3Q -10.85%
4Q -1.02%

 ブログやサイト向けのアフィリエイトサービス「A8.net」でお馴染みの会社です。アフィリエイト関連を検索するとだいたいどのサイトでもまず最初に登録が勧められるのがA8.netですね。まぁ、勧められる理由の一番手はほぼ「広告主の多さ」だったりはしますが、2000年6月から約17年間もサービスを継続し首位級を維持している業界の最大手と言う位置づけです。
 ただ、アフィリエイトのA8.netのイメージが強いですが、大きく分けて二つ、細かく分けると三つの事業があり、ブログやサイト向けのアフィリエイトだけの会社ではありません。

●事業
・CPA型アドネットワーク事業(以下CPA)
 PC、スマフォ向けのA8.netやMoba8.netなどに代表されるアフィエイト広告がメインの事業。会社の説明によると「主にヒューマンサイドで広告配信を最適化していくアフィリエイト広告やスマートフォンアプリインストール広告」の事業。いわゆるアフィリエイトでイメージされるのはこちらかなと思われます。成功報酬は契約完了や購買発生などによって発生することがほとんどなので、記事の内容などサイト主の力量や熱意次第と言う面も。

・CPC/ターゲティング型アドネットワーク事業(以下CPC)
 スマートフォン向けのnendやnex8などに代表される広告事業。「主にテクノロジーで広告配信を最適化していくスマートフォンアドネットワークや行動ターゲティング広告」の事業。成功報酬は基本的には「クリック課金」となり、サイトに表示された広告を見た人がクリックしただけで報酬が発生するタイプ。似たようなサービスとしてはグーグルアドセンスなどがあるようです。スマホを持っていないので想像ですが、サイトを見た時に画面にパッと入ってくる広告類かなと。悪い言い方をすると「ちょっと邪魔」に感じてしまうあれでしょうかね。
 
・その他
 説明会資料では特段ページを割いてませんが、「広告収入を収益モデルとした自社媒体事業及び他社媒体広告販売等を展開」と短信には記載されています。

●事業ごとの業績
・CPA
売上高 237.98億円(前期比+17.1%
営業利益 48.30億円(前期比+14.0%)※全社費用控除前
・CPC
売上高 129.63億円(前期比-12.5%
営業利益 25.30億円(前期比-19.9%)※全社費用控除前
・その他
売上高 7.53億円(前期比+17.5%
営業利益 0.06億円(前年同期比+409.7%)※全社費用控除前

※全社費用=15.4億円ほど(推定)

 全体の売上高に対してCPAが63.4%、CPCが34.5%、その他は2%ほどの比率。自分が今回アフィリエイトサービスを申し込んだインタースペースの「インターネット広告事業(アフィリエイト)」の売上高は16年度で225.69億円で「アフィリエイト」に関して見ると実は規模はそんなに変わらないみたいです(インタースペースの場合はファンコミュで言うところのCPCも含まれていますが、事業に対しての比率は6%ほどと小さくほぼアフィリエイト(ストア含む)の売上高が占める)。

 更に細かく見ると、
●CPA 
・A8.net
売上高 200.59億円
・Moba8.net(サービス終了予定のため新規獲得はなし。既存広告主はA8.netへ移行)
売上高 19.70億円
・エイトクロップス(ゲームアプリのインストールなど)
売上高 16.76億円

 インタースペースのPC・スマホ向けアフィリエイトが176.43億円ですから限定してみると若干差が出ますね。

●CPC
・nend
売上高 104.91億円
・nex8
売上高 18.06億円
 現在はCPCの伸びが苦戦中で4四半期連続で前年割れ中。特にnendの落ち込みが大きく11か月連続の前年割れとなっています。売上のほとんどがnendだったので厳しい展開ですね。ちょっと単価が低いと言う話もありますが、実際に体験していないので不明です。
 nex8はまだ新しいサービスで14年2Q時単体の売上高は0.03億円でした。今のところの最高値である16年3Q単体は5.05億円とかなり大きくなりましたが4Q単体は4.22億円と少し落ち込んでいます。今後数年伸びていってどうなるか。こちらの伸びがnendの落ち込みペースより大きく早ければ楽しみ、と言う感じでしょうか。

 16年度は増収減益でしたが、17年度会社予想は増収増益予想。新年度最初の1月月次はCPAが前年同月比116.8%、CPCが87.9%、その他が109.1%で合計は105.6%。全体のプラスは5か月連続となっており現状そんなに悪い状態ではないかなと。
 業績が急に伸びた13年度を除けば四半期ごとの業績に差はなく毎四半期、同じような水準の売上高、営業利益を安定的に出しており1Qから徐々に良くなるインタースペースとはタイプが違うようです。なにより利益率にかなりの差があるのは興味深いところです。

 株価の方もこの半年かはずっと同じ水準で推移していますが、16年度末の数字で計算すると目標株価は795円ほど。会社予想で概算すると860円ほどなので現状の770円ぐらいはほぼ適正かなと自分は思います。ここ2期は原価率が高止まりしてますが、販管費率は落としており人材投資その他がひと段落すれば利益率は戻ってきそうな気もします。まぁ、その前に売上高が減ってくればダメですが、現状全体としては売上高はプラスを維持しており業績は安定しているので、今後のCPC、その他を見ながら観察して行こうと思います。と言ってももう1年間観察してるのでいい加減行動しろよと言う話ですが(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.02.23 21:47|統計など
 20日締めの小売銘柄の月次が発表されています。

・しまむら
全店 98.8%(2か月ぶりマイナス)
既存店 97.6%(2か月ぶりマイナス)
 昨年2月が全店110.4%、既存店108.6%と強い数字でここ数か月の月次を見ていると前年同月が強かった時はキッチリと弱い数字となっており、なんか分かりやすい銘柄です(笑)。昨年3月は全店、既存店ともに二桁増だったのでこの傾向で行くとマイナスかな?

・ニトリ
全店 115.5%(22か月連続プラス)
既存店 107.4%(2か月連続プラス)
 マットレスや布団・枕などが好調とありますが、月次を見ていてもあまり家具が好調とは聞かないですね。ミサワを追いかけている関係で家具関係は一応勉強するのですが、家具のオンラインショップなどもかなり増えており、なかなか良い物が売られていたりするので今のところ家具の選択肢では序列は少し低めです。

・ライトオン
全店 86.5%(3か月連続マイナス)
既存店 88.0%(3か月連続マイナス)
 昨日の月次発表を受けた株価は前日比+0.92%。サックスバーやハニーズの時もそうですが、悪い月次がずっと続いてもある時から下げ要素とならなくなることがあるので不思議なものです。まぁ、相場全体が崩れると一気にガクっと来たりするんですが(笑)。その前にライトオンが回復することを期待したいですね。

・西松屋
全店 106.6%(2か月連続プラス)
既存店 104.1%(2か月連続プラス)

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.02.23 21:21|7593&3347 VT&トラスト
 こんばんは。日産のゴーンさんが社長とCEOを退任することが決まったそうですね。代表権のある会長職には引き続き留まるらしいですが、2000年の社長就任後約17年間もトップに君臨してきただけに今後の日産に変化があるか注目されるところです。と言っても新社長は長年ゴーンさんのとなりにいた西川CEOなのでどれだけ変わるのかは分かりません。

 あまり話題にはならず、自分もたまたま読んだ四季報オンラインの記事で読んだだけだったのですが、昨年12月に発表された部長級人事でフォルクスワーゲングループジャパンの社長を15年7月まで務めていた方が日本ネットワーク戦略本部の本部長に就任していたりとひっそりとではありますが人事に関しては昨年から動いており、ゴーンさんの退任も急に決めたわけではなさそうです。ただ、一番気になるのはゲスいところで今後の役員報酬などの額は変わるのかです(笑)。毎年10億円ほどもらっていると思うのでどうなるんでしょうね?
 いずれにしろ最近ではプジョー・シトロエングループ(PSA)がオペルを買収すると言う話も出てますし、日産自体からは一歩引いてグループ全体に集中し始めるゴーンさんの動向はかなり注目されそうです。PSAはマレーシアの自動車大手も買収しようとしているらしいですし同じ仏の自動車メーカーとしてルノーにも何か動きが出る兆候かも?

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。



2017.02.22 21:09|ブログ
 こんばんは。引け後に発表されたライトオンの2月月次が全店86.5%、既存店88.0%となり、1Q~2Q期間である9~2月の6か月で4回目の全店80%台、既存店で5回目の80%と言う厳しい数字。全店の残り2回は1月の90.5%と11月の113.4%となっています。昨年6月まではずっと前年比プラスが続いていただけに7月以降パタっと客足が遠のきましたね(苦笑)。

 前年実績が120%以上だったため反動減が大きくなっていると言う面もあるのですが、2月の客数は前年比70%台まで落ち込んでおり反動減だけではなく会社が言う通り品揃えの面で顧客の嗜好を外している印象です。前年3月の月次は全店120.4%と言う高い数字ですが、4月以降になれば102.5%、101.4%と落ちてくるので、この辺りまでは我慢が続きそうです(苦笑)。20日締めの4月と5月の休日数は4月は前年より一日少なく、5月は同じと休日の並びが今年は悪くプラス材料が少ないので、どこまでニーズを取り戻せるのか注目したいと思います。

 今週末からは月末金曜日をプレミアムフライデーとした新しい試みが始まりますが、納期厳守なのに顧客都合で入稿などが決まる広告、印刷業界で働いていた自分としては絶対15時なんかに仕事は終わらないだろうなぁと考えてしまいます。仮に終わることがあったとしても自分だったら時間を持て余してしまい、やることがなさそうです。そもそも土日も休めない上に24時間体制の下請け会社でしたし、早く終われるのは川上に位置する会社だけのような気も(笑)。仕事が早く終わった、よし買い物行こうと考えてもお金が勿体ないから土日は家にいる人も多そうですし、買い物などの消費より旅行や何かしらのサービスの方が多少伸びるんじゃないかと期待してます。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。


2017.02.21 20:59|ブログ
 こんばんは。東証一部の売買代金が昨日が1.71兆円、本日が1.65兆円と二日連続で2兆円割れ。今年に入って何回か2兆円割れはありましたが、二日連続となると年末12/26~28の三日連続以来となります。国内から良いニュースが出ることもないのでほとんど海外次第ではありますが、微妙な相場が続いてますね(苦笑)。

 日銀のHPに「日本のリテール・大口資金決済システムの特徴」と言うタイトルのレポートが出たのですが、これによると日本の特徴は
・現金残高、およびカード(銀行キャッシュカードや電子マネー)の保有枚数が諸外国に比べて突出して高い
・現金は貯蔵需要(タンス預金など)や支払手段として各国との対比でもかなり多めに保有されている。
・各種カードは支払金額、支払先企業が提供するポイントサービス等に応じて使い分けられていると見られる

 と言った特徴が確認されたそうです。自分も現金払いが多かったんですが、auウォレットカードの使い勝手が良いので最近はほとんど場面でカード払いです。0.5%のポイントがつきますし、イオン系列のスーパーなどのポイントカードも提示してポイント二重取りが出来ることに最近気づいたんですよね。やっと今頃です(笑)。合計で1%は積み重なると大きいですね。更にアクセストレードで本日マネパカードを申し込んだのでカード保有枚数はまた増える予定。
 自分はカード払いに変えたのは随分と遅いですが、統計的には日本ではカード決済のウエイトが小さく現金での支払いが好まれる傾向にあるそうなので典型的な日本人なのかもしれません(笑)。ある程度は財布に現金が入ってないとイヤなんですよね。

 一人当たりのカード保有枚数は日本は平均7.7枚の保有でシンガポールに次いで統計国の中では2番目に多いそうですが、カードで支払いする金額は多くないけれどカードは何枚も保有していると言えるそうです。

 クレジットカードやデビットカード(キャッシュカード)の動向なども簡単にレポートされているので決済関連の銘柄などに興味のある方は見ると面白いんじゃないでしょうか。個人的にはいつかポイントカードなどの実質割引制度がどれぐらいGDPへ影響しているのかレポートしてくれないかなと思ってます。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR