2017.04.29 21:54|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比+28,000円となりました。



 日経平均は前週末比+575.99円の19,196.74円となり2週続伸。色々な情勢が重なって下押ししていた日経も少し落ち着いてきた印象です。木曜発表の投資部門別株式売買状況(現物)を見ると先週時点で海外勢は3週連続の買い越しとなっていますが3週連続買い越しは12月4週~1月2週以来となります。今年に入って16週間で10週の売り越しでしたからさすがに一服と言う感じでしょうかね? 今回の連続売り越しは最長で7週連続でしたが昨年1月からの下落相場で海外勢は14週連続の売り越しと言う離れ業をやっており今年の下落などはまだまだ良い方ですね(笑)。
 3月後半から40%台が続いていた空売り比率は4/24~4/28まで30%台に。とは言っても41%が38%ぐらいになっただけなのであっという間に戻ってしまいそうです。日経が600円近く上がった割には、と言う感じがします。商いも大きく伸びているわけでもないので先週末に週足のレンジからはみ出してしまった所に反発が入っただけの水準かも。

 為替のドル円は先週末の109.07円から111.53円と円安が進行。日米の10年債の金利は日本が0.014%から0.013%に低下。米国が2.246%から2.289%に上昇となり、金利差は2.232%から2.276%へと拡大しています。週明けの4/24にはマドを空けて円安進行となり少しビックリしましたが111円台に乗ってからは111~117.70のレンジ相場に移行しています。チャートで見ていても111.80円より上の抵抗線が非常に強く週末3日間で4回ほど上値を試しに行きましたが全て跳ね返された格好です。
 26日のブログで書いた「111.690円で5,000通貨」の建て玉は、あの日の夜遅くに建値を超えたので3,000通貨を微益で利確し2,000通貨を持ち越しました。その後は一度も建値を超えることはなかったのですが、翌日にチャートと睨めっこしながらナンピンし平均単価を下げつつ利確して行き、最終的にはトータルプラスで終えることが出来ました。最大で2,000円以上のマイナスまで行った建て玉だったのでプラスに出来てラッキーでした~。

20170429FX.png

 画像はドル円の4時間足ですが左上から右下へ降りてきているトレンド線がまぁ、強いのなんの。加えて一番上の緑の233日線もあったので3日間足踏みでした。なんとか超えて終了しており111.75円ほどを抜けることが出来れば112.700円ぐらいまでは…、と言う見通しで円安方面は考えています。下は当面110.300円ぐらいを目途にしておきます。
 画像に入っているトレンドラインはアプリの機能で自動的に引いたものですが非常に便利で、売りでも買いでも入るポイントの目途が増えて自分としては助かります。移動平均線は34、89、144、233日線としているのですがこちらもチャートを見る分には結構良い線いってる気が。これにもう一つ組み合わせたものを週後半は使っていたのですが、相場が動いたこともあって結構良い成績が残せました。26日のように根拠のない異常にオカシイポジションで入ることは無くなった気がします。今見るとあの日に111.690円で買うなんて危なすぎましたね(笑)。我慢して損切しないで良かったです(結果論)。

 25日を過ぎても撃たなかったミサイルを本日北朝鮮が撃ち報道では失敗では?となっていますが、そもそも撃つなよと(苦笑)。中国がそこまでは許したと言うことなんでしょうかね? 核実験じゃなければいいみたいな。撃たれてる日本としてはいつまで続くの?と言う感じなんですが…。そんな折でも国会で左翼野党はまだ「森友が~」とやっており、籠池氏を読んで再度話を聞いていたそうです。正直、じゃあついでにすぐ隣の豊中市の公園が実質2,000万円(14.2億円ではない)ほどだったこともどうしてなのか大っぴらに発表して下さいよと言う感じです。数字的には正直、籠池氏は安く買ったんじゃなくてなんなら高く買わされている気も(笑)。なんなら森友学園の土地の方が元々は悪い条件で特別に「忖度」して1.3億円なのに、なんで隣の土地は2,000万円なのか大阪と近財の方でやって下さいと。民進のT議員の地元ですから色々と話があるんじゃないかと、ウワサで聞いたので誰か解明して下さい(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

スポンサーサイト
2017.04.29 14:54|8914 エリアリンク
(2017年4月28日16時発表)

売上高 50.83億円(前期比+17.4%
営業利益 6.70億円(前期比+5.7%
経常利益 6.59億円(前期比-0.6%
当期純利益 4.30億円(前期比+2.4%

・売上高営業利益率(2016年度1Q)→2017年度1Q
(2016年度1Q 14.65%)→13.20%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度1Q 15.31%)→12.98%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度1Q 9.70%)→8.46%(悪化
・売上高原価率
(2016年度1Q 70.26%)→71.32%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度1Q 29.74%)→28.68%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度1Q 15.09%)→15.49%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度1Q 50.75%)→54.00%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q +5.74%

●セグメント別業績
◎不動産運用サービス事業
売上高 45.33億円(前年同期比+13.3%
セグメント利益 7.76億円(前年同期比+3.5%

(内訳)
・ストレージ運用
売上高 23.48億円(前年同期比+15.4%
セグメント利益 4.41億円(前年同期比+10.3%

・ストレージ流動化
売上高 16.93億円(前年同期比+12.2%
セグメント利益 2.19億円(前年同期比-2.0%

(ストレージ運用+流動化合計)
売上高 40.41億円(前年同期比+14.05%
セグメント利益 6.60億円(前年同期比+6.10%

・その他不動産運用サービス
売上高 4.91億円(前年同期比+7.7%
セグメント利益 1.16億円(前年同期比-8.5%

◎不動産再生・流動化サービス事業
売上高 5.49億円(前年同期比+66.1%
セグメント利益 1.85億円(前年同期比+77.1%

 3月末時点で総室数は前年度末から+2,841室73,492室となり純増。稼働室数は+1,749室の55,535室で稼働率は75.57%(前年度末比-0.56%)。既存は83.45%(前年度末比-1.52%)、新規は37.77%(前年度末比-13.92%)。

 前年度1Qの純増が+2,424室だったので増加ペースはやや速くなり、その分稼働利率は76.62%→75.57%、既存は84.12%→83.45%、新規は43.70%→37.77%と小さくなりました。新規の30%台と言うのは過去の数字で見ると突出して低いのが気になりますが例年通りなら4月以降に上昇傾向に入るため2Qを見てみないと成果は分からないので、6月末で45~50%付近に戻っていれば問題ないのかなと思います。幸い今年から月の中ごろに月次を出すようになっているので注目してみるのもいいかもです。

 中間予想が増収、減益(二桁)予想のところに増収増益の1Qなのでまずまずの数字かと思います。昨年度より早いペースで出店しているため増益幅が小さくなりましたが、2Q以降に稼働率が上がってくるならば、海外案件や底地の購入などでコストをかける可能性もありますが中間予想は問題なくクリア出来そうな雰囲気。

 販売用不動産と仕掛販売用不動産の合計は43.52億円で前期末比+4.55億円の増加。底地事業が含まれる「不動産再生・流動化サービス事業」の売上高は前期比+66.1%、セグメント利益は+77.1%とまずは順調そうです。
 昨年度1Qが底地事業に注力し始めた最初の期なのでハードル自体が低く、市況によって増減があるため毎四半期この水準かと言われれば違うかと思いますが、「今後3年で投資60~80億円」を会社側は見込んでいるので仕入れ額自体は増加して行きそうですね。底地購入に伴って増加していた借入金は長短、社債含めて前期末で47.07億円。今1Qでは48.77億円となっており思ったよりは増えませんでした。自己資金も潤沢ですし50億円レベルに抑えているなら問題ないかと現状では考えています。急激に借入金を増やして底地を買いあさった挙句に不良債権化…と言うパターンが怖く、底地の存在自体がある意味不良債権と言う側面もあるため手を広げ過ぎずに手堅くあって欲しいなと。まぁ、土地を持っておらず専門知識もない素人が心配してもあまり意味ないのですが(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.04.28 21:59|8732 マネパG
(2017年4月28日15時30分発表)

営業収益 60.40億円(前期比-0.9%
純営業収益 57.71億円(前期比-3.4%
営業利益 11.73億円(前期比-23.1%
経常利益 11.98億円(前期比-23.8%
当期純利益 7.94億円(前期比-22.5%

・売上高営業利益率(2016年度4Q)→2017年度4Q
(2016年度4Q 25.02%)→19.42%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度4Q 25.80%)→19.83%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度4Q 16.81%)→13.15%(悪化
・売上高原価率
(2016年度4Q 2.00%)→4.42%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度4Q 97.97%)→95.55%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度4Q 72.95%)→76.13%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度4Q 74.46%)→79.67%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q +14.17%
2Q -47.33%
3Q +3.47%
4Q -46.39%

 決算書を見ても一年間にあったイベントが羅列されているだけなので主なイベントだけ書き出すと、6/24に英国の国民投票があり為替のドル円は99円まで円高進行。11/9には米国大統領選挙があり118円後半と一気に円安が進みましたが、年明け以降は財政政策の不透明感などで円高になり2/7には111円台。現在に至ると言う感じでしょうか。

 四半期ごとの営業収益と営業利益を見ると、
1Q 
営業収益 16.80億円(前年同期比+14.20%
営業利益 4.35億円(前年同期比+14.17%
2Q
営業収益 14.79億円(前年同期比-8.76%
営業利益 2.47億円(前年同期比-47.33%
3Q 
営業収益 14.89億円(前年同期比+10.87%
営業利益 2.68億円(前年同期比+3.47%
4Q
営業収益 13.92億円(前年同期比-16.19%
営業利益 2.23億円(前年同期比-46.39%

 英国の国民投票があった1Qと米国大統領選挙があった3Qが前年比プラス、その結果を受けた2、4Qがマイナスと非常にわかりやすく増減してますね(笑)。必ずしも円高局面で収益が伸びないわけではなく、方向性が出ずに様子見となったのが一番痛かったのかなと思います。
 急激に動いた時はみんなワッ~と取引するのですが、相場が落ち着いた時に、「次はどっちだろう? トレンドが出るまで待機」的な考えになるのは仕方ないかなと2か月FXやってみて感じます。もうガッチガチのプロなんかは別として大半の参加者は素人なので取引量を減らしたりして「待った」がかかるのかなと。明るい雰囲気になる円安傾向だとワーと行くことも出来ますが、参加者の大半は「円売り」(ドル買いなど)を好むため、先行き不透明感のある円高傾向で相場が停滞すると商いが伸びないのかも。

・外国為替取引高 9,317億通貨単位(前期比-4.3%
・顧客口座数 296,861口座(前期末比+21,323口座
・顧客預り証拠金 603.25億円(前期末比+0.9%
・有価証券による預り資産額 62.94億円(前年同期比+50.4%

 口座移管で1,000~2,000円のキャッシュバックキャンペーンを行うなどしたため、有価証券による預り資産額は前期末より大幅に増加。代用有価証券としてFXの証拠金に株式を使えるため、このサービスは非常に便利ですね。まぁ、マネパ株が下落しているので頭に来ている人もいそうですが(笑)。マネパ株を預けて株価が上がってFXに使える金額が増えて更に勝てたら最高かも。

 取引高が減少したもののシステム関連売上高の増加や取引高当たりの収益性の向上で収益は前期並みを維持。システム関連売上高が増加に伴い原価増、金融費用の増加、マネパカードの発行枚数増加などで販管費は前期末比+3.39%。金額にして1.51億円ほどですが、営業収益に占める販管費の割合は70%を超えるので影響が大きいです。

 想定していたより営業利益が多少少ない要因は販管費増加か単純に4Qの営業収益が少ないかのどちらかだと思ったのですが、決算書を見る限りはやはり単純に4Qが低調だったのかなと思います。四半期別に販管費を見ると、
1Q 12.01億円
2Q 11.42億円
3Q 11.40億円
4Q 11.15億円
 となっており、個別の数字は決算説明会資料で確認するとして、欅坂関連のマネパカード販促で3Qより膨らむ計算だったのですがトータルとしては少なく収まったようです。なのでFXの収益がもっとあれば営業利益はもっと増えていたと考えられ、減益の主要因はそちらかなと。

 自分の一番の関心事は仮想通貨ではなくマネパカードなのですが、気になる発行枚数は短信では示されませんでした。正直、教えてもらえないと今後の展望なども描けない投資家が多そうですし、説明会資料などでハッキリとした数字を教えて欲しいですね。
 ちなみに欅坂関連のライブでマネパカードの先行発売が明日4/29の12時から始まるそうです。何か関連したことが発表されないかなと毎日、欅坂の公式HPを見ており、ついでにブログなども読むようになっているので結構詳しくなってきました。日曜深夜の番組まで見るようになってしまったのですが下手なゴールデンタイムの番組より面白いです(笑)。

 金融、証券会社等は来期予想を出さないのですが、これが結構自分には魅力です。ウソのような数字、信用できるの?と疑問に思う数字を出す会社も多く、期中の為替等でも大きく変わってしまう予想の数字は邪魔に感じることが多いので、月次でおおまかな収益が掴める企業はいいなぁと感じます。特に自分は疑り深いので会社の出した予想数字を信じない傾向があるので尚更です(笑)。

 とりあえずは5/9に資料が公表される予定なので、それを待ってまた記事にしたいと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.04.28 11:39|統計など
 こんにちは。20日締めの小売月次です。

・しまむら
全店 98.5%(3か月連続マイナス
既存店 97.0%(3か月連続マイナス

 全店、既存店ともに昨年8月以降の9か月中、7回が前年同期比マイナスとなっていますが、4/3に発表された17年2月期決算は売上高+3.6%、営業利益+22.3%と好調。原価率を低下させ、販管費率の上昇を最低限に抑えることで店舗売上低下による減収減益を防いだ格好ですね。

・ライトオン
全店 90.1%(5か月連続マイナス
既存店 87.9%(5か月連続マイナス

 既に赤字への業績修正を行っており株価への影響は小さいですが相変わらず悪いです。昨年9月以降の8か月中7回で全店・既存店ともに前期比マイナスですが既存店は全て80%台。昨年4月の既存店が100.7%とハードルが低かったにも関わらず今4月は87.9%ですから現状は相当悪いんでしょうね(苦笑)。

・西松屋
全店 98.2%(2か月連続マイナス
既存店 96.0%(2か月連続マイナス

・ニトリ
全店 106.0%(24か月連続プラス
既存店 97.4%(2か月連続マイナス

 全店は相変わらず好調ですが既存店は2か月連続マイナス。昨年9月以降の8か月中、5か月は既存店が前年比マイナスなのですごく良いかと言うと実はそんなに良くはないかなと。それでも決算が好調なのは、しまむら同様に原価率を下げ、販管費率の上昇を抑えることが出来ているからかなと。2社のこの部分が他の小売銘柄にはマネが出来ないところで、出店を継続しているのにコストは下がっていると言うのがスゴイですね。出店から単体で黒字になるまでがかなり早いんじゃないでしょうか。


人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.04.26 23:13|FX
 こんばんは。ただいま絶賛為替の渦に巻き込まれ中のたぐまるです(苦笑)。21時30分ごろのムニューシン米財務長官の「米史上最大の減税」発言がゴングとなりドル円は直前の111.4円から111.73円まで上昇。スルーすべきだったとは思うのですが、せっかくなのでドル買いで参戦。建値は111.690円で5,000通貨となっております。この建値は別に望んだ数字ではなく実際はもっと下でポチっとしたのですが約定できないアラートが出たためやり直し。押し直している間にギュンと上がってしまっていたのに気付かずポンとボタンを押してしまった結果です(笑)。プラスは最初の数分だけで1時間ほどたった現在は111.50円ほどに下がっているので約1,000円ほどのマイナス

 減税のその他の話は以前からウワサが出ており本日も期待からドル円は堅調な推移でした。夕方は少し弱含んでいましたが、20時過ぎから1時間ほど上がり続けており、実際に発言が出る前と直後を合計すると約0.6円ほどの上昇でしょうか。法人税率15%と言うインパクトのある話題の割には動いてない印象もありますね。すぐに下げ始めたのは丁度の高値付近にレジスタンスラインがあったことも影響しているのかも。この辺りにあると言うのは流れてくるニュースで見ていたので、本当だったんだと感心してました(笑)。自分が設定しているフィボナッチの線でもこの辺りに長期線があったのですがキレイに跳ね返っており、おお~と言う感じでした。

 マネパのパートナーズFXはお金を口座に入れてなくても専用アプリのハイパースピードが使えるのでインストールして使用していますが、テクニカルで使えるものの中にある「フィボナッチファン」「フィボナッチ・リトレイスメント」と言うのを試しています。元々移動平均線をフィボナッチ数列に設定しているのですが、チャート全体とは別に自分の好きな所に作ることが出来るので非常に便利ですね。
 もう一つ便利なのが、「オートマチックトレンドライン」と言う機能で、チャートを見ながらラインを引くのが非常に面倒くさくて、やっていなかった自分にとってはとても助かる機能です。設定しておけば自動的にトレンドラインを引き続けてくれるので非常に楽ですね。この機能があることに最近気づきました。ただ、良い機能を使っても結局今日も負けており宝の持ち腐れになっていますが(笑)。

 ブログを書いている間に戻してくれないかな~?と淡い期待をしてましたが、現実は厳しく書き始めた時とほぼ同水準となっており厳しそうです。米国時間の午後に米国で税制改革などが発表されるらしいのですが、内容や実際に進められるかを疑問視する声もありますし、為替の方がどう反応するかは全く予想できないですね。一応はドル高を想定してドル買いで入ったのですが昨日、今日でかなり上がってますから、これ以上のドル高があるのかな?と言う気も。米国の10年債も21時以降上昇してましたが、すぐに下落して材料が出る前の水準に戻っていますから、どうなるでしょうか?

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。


 
2017.04.25 21:18|8732 マネパG
 こんばんは。数日前から話題になっていた日本郵政の大規模減損損失計上が発表されましたね。15年に6,200億円と言う大金で買収した豪州子会社の業績低迷が主要因らしいですが、それ以前に買収金額が異常に高くないですかね? これだけあったらもっと優良な会社が買えたと思うのですが、なぜこんなバカ高い金額を払ったんでしょうね? 会長いわく「価格は少し高かった」とのことですが、買収素人がカモられただけなんじゃないかと言う気がします(笑)。豪州経済が不振に陥るリスクを見抜けなかったとも伝わっていますが、高金利でならした豪州が利下げ、利下げで低金利を導入している時点で、もしかしてとは思わなかったんでしょうかね? 14、15年なら既に中国が危ないんじゃないか、統計などもかなり盛っているんじゃないかと言われていましたし不思議です。

 毎日見ている仮想通貨関係者のツイッターでブロックチェーン技術や仮想通貨で有名な「nem」から「武宮誠の立場の明確化について」と言うものが出ていることを知って見てみたのですが、いやこれ本当ならヒドイ話ですよ…。

 簡単に言っちゃうと、元々の開発陣(外国)に後から合流して、少しの期間、コアな部分ではなくほんの少し手伝っただけの人間が日本に帰ってきてから「自分が開発の中心人物で、nemを創設した」「●●会社のトップ」と名乗ってメディア等にも登場し、銀行などの企業から仕事を請け負おうとした、もしくは請け負っていたことが、あまりに悪質で看過できなくなった本当の開発者や企業が「それは違う」と正式に発表したものとなっています。かなりの長文で出会いから現在に至るまで詳細に書いており、これらのことで開発が遅れたり、日本企業との提携が上手くいかなくなったりと結構な損害を被ったようですし、本当なら詐欺などで訴えてもいい案件の気がしますね。

 発端は先日出版された日経文庫「仮想通貨とブロックチェーン」(木ノ内敏久著)にて、「NEMのブロックチェーン技術並びにテックビューロのプライベートブロックチェーン商品mijinのコア技術について、その開発を率いた。そしてその人物がドラゴンフライフィンテックのCEOである」との表記があり、全ての情報が事実に反するため、今回の告発文の発表に至ったようです(著者には連絡済みで次の版では改訂してもらうことになっているそうです)。
 持ち株マネパの提携先であるテックビューロも被害にあっており、連名で社長さんの名前もありますが正直真偽のほどは自分には分かりません(苦笑)。ただ、こういう輩はブロックチェーンや仮想通貨界隈にはまだまだ多くいそうですし、開発努力もしていない人間が名声を得るなんてことはおかしいと思うので、こんな話もあるよと紹介してみました。 
 こちらから確認できます。 「NEMの声明ページ」 「本文

 ビットコインで話題になっているハードフォーク問題もやろうとしている側からキナ臭いウワサが出ているようで、とかくお金になる話、特に新しい技術が絡むものには怪しい人間が寄ってくるんでしょうか(苦笑)。それとも欲が人を狂わせるのか、上記の話が本当だとしたら怖いですね…。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.04.24 21:33|8732 マネパG
 こんばんは。今日は仏大統領選の第一回投票が早朝には判明すると言うことで早起きして朝からユーロ/円に参戦。いきなり3円ほどのギャップアップから始まって驚きましたが、ちょこちょこやって日本の株式市場の引け30分前までは良い感じで勝てました。21時現在までの戦績は、
取引回数 71回
利益回数 62回(勝率87.3%)
損失回数 9回
利益額 +1,962円
損失額 -3,880円
取引損益 -1,918円

 となっています。勝率80%超で2,000円近くのマイナス。9回損失を出したうちのたった2回。たった2回が大きなマイナスとなってしまったためにこのザマです(笑)。そこまでは1,000通貨でやっていたのですが、結構上手くいっていたので、「そろそろ5,000通貨にするか~」と数量を増やした2、3発目で為替の大きく急激な動きに巻き込まれて撃沈。-1,920円-1,075円の損切となり1取引での最多損失を更新。損切設定は50pipsにしていたのですが、40pipsほどで根を上げて白旗を上げました。ちなみにこの30分後ぐらいにはプラスの位置まで戻ってきており、損切設定なしでひたすら我慢すれば損失とはならなかったパターンでした(苦笑)。う~ん、株式市場の引け前で一方的に動くことがあり難しいですね。
 それでも利益となった取引では、課題にしている利益確定の幅を広めにすることは先週よりは出来ているので3,000円と(自分には)大きなマイナスを出しましたが、トータルでは-1,918円に収まっています。頭にきて1万通貨を1回取引しており、この時の最大マイナスは-3,000円超え。損切せずに我慢、我慢で1時間ほど耐えてなんとかプラス決済したのですが、プラスにならなかったとしたらヤバかったです(笑)。短気はダメですね。

 マネパの2017年度3月期業績の速報値が発表されています。営業収益は月次ベース60.34億円に対して60.40億円とほぼ想定通り。営業利益は12~13億円ぐらい、又は15年度3月期の11.92億円より少し良いぐらいを想定していたのですが、11.73億円とやや届きませんでした。可能性としては予定より販管費がかかったと言うのがありますが、それ以前に4Q単体の営業収益が前年同期比83.8%と低調だったことが響いたのかなと思われます。その辺りは説明会資料などで確認したいです。
 当期純利益は7.94億円となっており、15年度が7.80億円なのでこちらは若干良い数字。法人税減税が今期からあると思うのでその影響もあるのかなと思われます。今年は結構こういう会社多そうな気がしてます。

 とりあえずはなんとか2期連続で営業収益は60億円を確保。マネパカードの販促に力を入れてコストがかかるのは分かっていることで上手く行くにしても時間がかかることも理解しているつもりなので、後は決算説明会資料を楽しみに待っていようと思います。カードの実数などの数字を出してくれると助かるのですが、どうでしょうね?

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.04.22 13:25|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比+34,500円となりました。



 先週末にZaifとの提携サービスを発表していたマネパは約5%ほど上昇。高値では472円まで行きましたが終値は460円となり残念ながらPFのプラス回帰はなりませんでした。もう仮想通貨ネタはあまり反応がないかも?なんて考えていたので少しでも上がってラッキーでしたが、下がってくれても良かったので微妙でもあります。特定口座で100株(460円)を購入しましたが、これは将来マネパに移動させてFXの代用有価証券にしようかな?と考え始めていることと、当分先ですが保有が本当になが~くなってNISA期間が終わった時に取得単価が時価に変わってしまうことにも対応しようかなと考えたためです。

 NISA口座の主なデメリットは他の口座との損益が通算できないことと終了する時に時価計算されることらしく、100万で買ったものが終了時に80万円の時価になっていた場合、80万円から運用スタートしたとみなされ仮に99万円に戻った際に売却すると19万円の利益が出たことになり課税されると言うことで、本来は100万を99万円で売ったので損失となり税金はかかりませんが、NISAの仕組みにより課税されることになるようです。なので「この株はずっと持つんだ!」と決めている銘柄がある場合、その一部は特定口座などで持ってもいいかもしれないですね。NISAは2023年までだったかな? まだ先ですがそれまでに恒久化してくれると有り難いなぁ。

 日経平均は前週末比+285.12円の18,620.75円となり6週ぶりに反発。安値では今年の最安値を更新しましたが小幅ながら戻しています。日足のフィボナッチ指数ではキレイに144日線で戻っており一応機能していそうです。
 
 日米の10年債の金利は日本が0.014%で前週末比+0.003%。米国が2.246%で前週末比+0.014%。金利差は前週末比+0.011%と拡がりドル円は109.07円と前週末比+0.46円の円安水準となっています。ただ、安値では108.11円まで行っており「終わってみれば円安」だったと言うだけで依然として方向性は出てないかなと。終わってみれば先週末より円安だったなんてFXでバタバタと売り買いした自分が馬鹿みたいですね。何もしていない方がプラスだったとか結構笑えます(笑)。「週末の仏大統領選が懸念され円高へ~」なんてニュースなどがたくさん流れてきましたが、終わってみれば主要通貨のほとんど全てが先週末より円安と言う結果であれはなんだったんだ?と為替の予想などは誰にも出来ないんだなと痛感します。将来のどこかでちゃんと運用できるようにと練習していますが、もう既に頻繁な売り買いは必要ないんじゃないか?と感じ始めています(笑)。まぁ、やらないと慣れないのでやりますが。

 今週も国会などを見てましたが、民進党のY氏とK氏は特にヤバいですね(以前から言われてますが)。昔の共産党かと思うほどの発言が多くツイッターなどを見てみても平気で総理へ暴言を吐いており度をこしている気がします。対テロの法案が通ったら国外へ行くなどと言っており、なんで対テロの法案でお前が国外へ逃げるんだと。変な人ですね(笑)。どんなコメントが寄せられているのかな?と覗いてみると、まぁ、非難で埋め尽くされおり、これが毎日くるのに変わらず可笑しな言動を続けられるって、一体どんなメンタルの強さだよとある意味感心してしまいました。自分なら鬱になりそうです(笑)。
 先週には共同通信の記者がインタビューを断られた家の壁を蹴って防犯カメラで証拠を撮られると言うこともありましたが、今週は朝日が維新の議員の質疑が官邸側の指示だったと言うウソと思われる記事を出していたりとテレビ、新聞、ネットニュースなどマスコミ関連も現状ヒドイ状態で、何か起こると自分で調べなければいけないので面倒な時代です(苦笑)。ネット社会になって情報が簡単に入るようになって便利になったハズなのに、ウソや誤報が多く以前より面倒になったと言うのは何だか切ないですね…。
 ちなみに朝日の記事の元になった質疑内容は質疑する前にそれを委託した民間の人と議員の今度やりますからと言う会話がユーチューブで配信される番組であったので、素人の自分でも知ってました。どこにも官邸が入る余地はないと思うのですが朝日恐るべしですね(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.04.21 22:11|FX
 こんばんは。先週末の北朝鮮、トルコ問題を通過して少し円安傾向になっていましたが、週末の本日は23日に予定されている仏大統領選の初回投票を目前にして16時頃から円高に転換してますね。どの通貨も上がり始める前の20日お昼の水準まで戻しており21時現在でこの1時間ほどはずっと揉み合いと言う感じです。自分も頑張って参戦中ですが昨日2回ほど大負けしてしまい本日はコツコツと小さい勝ちを積み上げて挽回中です。

 負け方はいつもと同様で数を増やした時にドカーンと喰らってしまうパターンで、こりゃダメだなと感じたので損切せずに引っ張れるだけ引っ張って、自分がどれだけマイナスを許容できるか試してみることに。結果、一取引でマイナス1,000円ぐらいまでなら我慢できそうなので取引量2,000通貨で損切50pips~1000通貨で損切100pipsぐらいが今の自分にはちょうど良いのかな?と言う感じでしょうか。
 1か月半やってみて「そもそも損切は必要なのか?」と言う疑問があり、イマイチ損切ラインを決めることが出来ていなかったのですが、とりあえずはそんな感じにしてみようと思います。損切を入れておくと損失は限定できるのですが、幅が小さいとすぐに引っかかってしまい少し待てば回復してたのになぁ~と言うのが多々あり、なんだかなぁ?と言う感じなのですが、ずっと画面を見ているわけでもないので全く入れておかないのも危ないので50~100pipsぐらい余裕を見ておけば、かなり落ち着いてトレード出来る気がします。

 損切ラインも問題なのですが、もっと問題なのは利食いですね。これが非常に難しい(苦笑)。現状10回トレードしたら7回ほどはプラスになるのですが、これは利食い幅が非常に小さいためです。一気に動いた時はパパッと利食いしても良いかと思うのですが、毎回そんな上手く行くわけはなく、ジリジリと小幅な上下を織り交ぜて上がって行ったり下がって行ったりすることがほとんどかと思います。そんな時に少しプラスに行ったら利食いを繰り返しているだけなので、1回ドーンと持っていかれるとコツコツ貯めたプラスが無くなります(泣)。マイナス圏では比較的我慢が利くのですがプラス圏では欲が全面に出てしまい我慢できずに…と言うのが多いです。
 今週はなんとかプラス圏でも我慢できるように練習して2回ほど90pipsまで我慢できたのですが、我慢しすぎて利確せずにその建て玉がマイナスになると言う経験もしました。90pipsって結構良い数字なので、満足しないとダメですね(苦笑)。現状、買い玉を保有しつづける環境でもなかったので勿体ないことをしました。

 先日、FX会員にはメールが送られてきて告知されていた「トルコリラ/円」の取引が5/8(月)から始まることが本日、会社HPで発表されました。取引概要としては、
「パートナーズFX」での取り扱い。現状「nano」では取り扱わないようです。
・スプレッドは原則固定(急変時などは拡大することあり)で「3.8銭」。ヒロセが4.9銭、他社が7.0~8.0銭らしいので名目上は業界最狭水準となるそうです。
・スワップは発表されていないので不明ですが、ヒロセを見ると「買い」で8.1円となっており、それに近い数字が期待されます。

 以前見た社長さんのWeb動画で否定的だったのでやらないものだと思っていたのですが、要望が多いため取り扱うことにしたらしいです。加えて現在のトルコリラが非常に安値であること、先日トルコの国民投票が終わり一定の統治安定への道筋ととらえたこと、レートの提供をうける銀行との提携も進み、14行から供給を受けることが可能になったことで安定的なレート配信ができると判断したため今回の発表になったそうです。
 2013年に55円ほどだったのが現状30円ほどですから確かに安いのは安いのですが、なぜそうなったのかを考えると、何年も解決しない、解決するのかも分からない中東問題と言うのがあるため微妙なところではあります。が、トルコがなくなると言うのも考えづらいですし高スワップと言う魅力もあるため、悪くはないかな?と言う感じです。残念ながらnanoで取引できないので自分は手を出しづらいかと思いますが(証拠金次第)、需要はありそうですしどうなるか注目して行こうと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.04.19 20:41|統計など
 こんばんは。昨年11月分以来となる訪日外客数を久しぶりに。

(JNTO4/19発表)
●全体
201703全体
3月 220.5万人(前年同期比+9.8%
1~3月累計 653.72万人(前年同期比+13.6%

 3月としては過去最高で、単月としては過去3番目に多い人数となっています。中国、台湾勢の勢いが落ちてきた中、タイ、マレーシア、インドネシア、ベトナムなどが大きく伸張。米国・カナダも2ケタ増加となり米国は単月で過去最高の13.09万人となりました。意外に米国から来る人って少ないですね。市場別で一番高い伸びを見せたのはロシアで前年同月比+43.9%。元々少ないのですが今年1月より訪日ロシア人に対する査証発給条件が緩和されたことが追い風になっているようです。

●韓国
201703韓国
3月 48.84万人(前年同期比+30.6%
1~3月累計 171.38万人(前年同期比+24.2%

 相変わらず高い伸びでグラフで見ても依然として高い訪日意欲がうかがえます。TV・新聞などが焚き付けるように流す反日ニュースが多いので「余程嫌われてるんだなぁ」と考えがちですが普通に手軽で安全な旅行先として選ばれているのを見ると、テレビで見ることはほんの一部のことなんだなと感じます。

●中国
201703中国
3月 50.90万人(前年同期比+2.2%
1~3月累計 164.87万人(前年同期比+12.0%

 3月としては過去最高となりましたが伸び率は低下傾向。欧州向けツアーの航空券が大きく下がり日本ツアーとの価格差が縮まったことが要因の一つに挙げられています。クルーズ需要が下支えともありますね。元々異常な伸び率を記録していたのでやっと落ち着いてきたのかな?と言う印象ですし、キャパ以上のペースだったので東南アジアが伸びている現状なら減ってくれても良い気がします。
 正直多すぎますし、入国してから行方不明になる渡航者も増えてきており、先日も神社仏閣に液体をかけたとして指名手配された人間もいるようで治安的にも少し不安があるので2015年程度に減ってくれた方いいかなと(苦笑)。訪日する人すべてが悪いはずもないですが、あまりに簡単に入国できてしまっているので少し心配されるところです。

●台湾
201703台湾
3月 33.99万人(前年同期比+3.5%
1~3月累計 103.37万人(前年同期比+3.5%

 中国同様にペースが鈍化傾向。航空会社の解散、座席供給量の減少傾向があるそうで、他のアジア諸国への渡航者数が増えていることもあり今後の伸び率が注目されるところです。

 中国、台湾の伸び率が落ちてきましたが、全体としては増加傾向。今までは急増する中華圏の人たち向けのサービスに力を入れてきたと思うのですが、東南アジア、北米が増加傾向となってくれば、また一味違ったサービスを開発しなければいけないと思うので関係者は大変そうですね(苦笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR