2017.04.13 17:28|7599 ガリバー
(2017年15時20分発表)

売上高 2515.16億円(前期比+19.7%) 会社予想2435.00億円(達成
営業利益 45.84億円(前期比-39.2%) 会社予想76.00億円(未達
経常利益 42.46億円(前期比-37.9%) 会社予想71.00億円(未達
当期純利益 23.33億円(前期比-43.2%) 会社予想41.00億円(未達

・売上高営業利益率(2016年度4Q)→2017年度4Q
(2016年度4Q 3.59%)→1.82%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度4Q 3.25%)→1.69%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度4Q 1.96%)→0.93%(悪化
・売上高原価率
(2016年度4Q 75.43%)→75.66%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度4Q 24.57%)→24.34%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度4Q 20.98%)→22.52%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度4Q 85.38%)→92.51%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -38.97%
2Q -54.53%
3Q -26.58%
4Q -40.40%

 昨年と同様に4/3に大幅な下方修正を出しており既に周知されていましたが、改めて会社予想と比較するとヒドイですね(笑)。毎度のことなので慣れてしまいましたが、業績予想をする時に一体どうやって数字を組み立てているのか現場を見てみたくなります。マイナス要素を全く考慮しないでやっている気がします(笑)。

●セグメント別業績
・国内事業
売上高 2,093.16億円(前年同期比+10.4%
セグメント利益 52.16億円(前年同期比-29.7%

 短信には「新車市場の低迷が続く環境のなかで販売費及び一般管理費の増加を補えず減益」とあるのですが、他の中古車銘柄が不調と言うこともないので正直、当社のコストコントロールの問題の方が大きいと思います。他社の業績拡大に対抗して、とにかく出店、出店を繰り返し売上高のみ伸ばしているなか、ネクステージなどはSUV専門店など顧客の嗜好の変化に対応した店舗を作りつつ業績を伸ばしており潜在顧客が減少している中、数で勝負しているのは分が悪いかなと。

 2月末の店舗は543店舗(直営459、加盟店84)となっており、前年同期比+40店舗。今期も出店を続けるそうなので、出店過多はまだ続きそうな雰囲気です。

・豪州事業
売上高 405.96億円(前3Q 319.45億円)
セグメント損失 -2.33億円(前3Q -0.47億円)
 2Qから損失額が大きくなりましたが、前3Qの途中からの連結のため、まだこの事業の全貌は分かりません。豪州の新車販売台数は2016年の年間で117万台ほどと日本の約5分の1と小さい市場のため当然中古車市場も小さいのですが、高い金を出して買収した事業なので何とか黒字化しないとマズい気がしますね。

 長短を合わせた借入金は約440億円まで膨らみ、15年度以前は16~10億円ほどだった減価償却費も16年度24.49億円、17年度29.64億円と増加傾向のため利益減少の要因に。小売台数が堅調に推移していることから展示販売店舗を新規出店を継続するとあるのですが、販管費の増加がかなり多いため「売っても、売っても儲からない」と言う状態に見えます…。

 直近5年間で一番の営業利益は14年度の70.94億円。この時の年間の販管費は294.60億円で売上高販管費率は17.39%。今17年度は営業利益45.84億円で販管費は566.34億円、販管費率は22.52%。営業利益は-35.38%減少して、販管費は+92.24%も上昇。売上高は1,693億円から2,515億円と+48.47%上がりましたが、販管費を倍増させて取り組んだ割には…と言う気もします。とにかくシェアを取りたかったのかな。実質的にやりたいからと始められない新車販売と違い、中古車販売の参入障壁は低く競合も多いですし、自動車そのものが汎用品なので商品自体に大きな差はないためシェア維持は難しい印象です。

 悲観的なことばかり書いてますが、2010年度4Q以降に四半期で営業赤字は出していませんし、小売業態への変化も台数的には進んでおり、やりたい方向性は一応分かります。ただ、海外でわざわざ小売する必要があったのかは今のところ疑問です。仕入れて輸出だけにして、国内店舗に注力と言う方が競争力強化にはなった気もするだけに現状はモヤっとする感じですね。ネクステージの追い上げが力強い上に速いので、いつか逆転するのか注目したいところです。

 今回の数字で目標株価を算出すると465円ほど。会社今期予想が珍しく(笑)低く営業利益55億円となっており若干の現実味は感じるので、その数字で概算すると580円ほど。来年は消費税が10%になると言うことで多少の駆け込みがあるでしょうし注目したいです。その時に店舗増の効果が出るならいいんですが。ただ、ネクステージが先日、株式分割してお求めやすい株価になってますし、人気的にはこっちでしょうか。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。



スポンサーサイト
2017.04.13 12:15|8008 ヨンドシーHD
(2017年4月10日15時発表)

売上高 497.97億円(前期比-5.8%) 会社予想515.00億円(未達
営業利益 65.29億円(前期比+6.8%) 会社予想65.50億円(未達
経常利益 77.96億円(前期比+13.7%) 会社予想77.00億円(達成
当期純利益 49.62億円(前期比+16.0%) 会社予想49.50億円(未達

・売上高営業利益率(2016年度4Q)→2017年度4Q
(2016年度4Q 11.56%)→13.11%(改善
・売上高経常利益率
(2016年度4Q 12.96%)→15.66%(改善
・売上高純利益率
(2016年度4Q 8.09%)→9.97%(改善
・売上高原価率
(2016年度4Q 41.70%)→41.06%(改善
・売上高粗利益率
(2016年度4Q 58.30%)→58.94%(改善
・売上高販管費率
(2016年度4Q 46.74%)→45.82%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2016年度4Q 80.17%)→77.75%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q +14.78%
2Q +35.21%
3Q +7.57%
4Q -6.33%

 3Q時点で会社予想に対して売上高は厳しい見通しでしたが、4Q単体で153.20億円と売却した三鈴を除いた前年度売上高150億円から+2%とまずまずの数字。営業利益は4Q単体で前年同期比-6.33%ですが、利益面全てを通期で見るとほぼ会社予想通り。売上高未達に係らず利益はほぼ達成と言うことで会社側の努力が見えます。
 資料によると前年度の三鈴を除いた売上高は480.08億円となっており+3.7%ですから、まずまずと言う感じでしょうか。利益率が大きく改善していますが、利益率の低いアパレル赤字部門を売却したことで高い粗利益のジュエリー事業の比率が高まったことが主要因かと思われます。営業利益率は2009年度末が4.45%で毎期上昇しており、ついに13%台ですが、これは結構スゴイことなんじゃないかな? 売上高はほとんど変わっていないので不要な事業を捨てて利益の出る事業に集中した結果なんでしょう。

●ジュエリー事業
売上高 331.66億円(前年同期比+4.0%) 1Q時 +7.0% 2Q時 +7.3% 3Q時 +6.6%
営業利益 59.80億円(前年同期比+2.6%) 1Q時 +7.8% 2Q時 +7.1% 3Q時 +5.3%
 売上高は5期連続、営業利益は8期連続で過去最高を記録。ただ、4Q期間の12~2月の月次は、
12月 全社 102.8% 既存店 96.4%
1月 全社 96.7% 既存店 89.8%
2月 全社 95.9% 既存店 92.2%
 となっており、現状が良い状態かと言われるとあまり良くはない印象です。新年度に入った3月も全社92.4%、既存店88.8%と低調なスタートですから店舗売上の伸び悩みは心配されるところですね。EC事業がずっと伸びているのが幸いですが、昨年前半が非常に高い伸びだったため後半から伸び率は低下傾向で3月の112.4%は月次にEC事業の記載し始めた15年度からで一番低い伸び率となっています。こちらも頭打ちが少し心配されます。

●アパレル事業
売上高 166.30億円(前年同期比-20.8%) 1Q時 -21.8% 2Q時 -20.0% 3Q時 -20.1%
営業利益 4.94億円(前年同期比+162.1%) 1Q時 +123.0% 2Q時 +3.36億円(黒字化) 3Q時 +349.5%
 売上高は三鈴売却もあり減りましたが期を通して一定となっており安定的。営業利益は大幅な黒字となりましたが3Q時点で5.40億円あったので4Q単体としては営業赤字となったようです。4Q期間のアパレル2社の月次は、
・アスティ(既存店)
12月 79.5%
1月 93.8%
2月 97.6%
・アージュ
12月 全店 113.0% 既存店 112.7%
1月 全店 102.9% 既存店 103.3%
2月 全店 106.3% 既存店 104.4%
 以前は個別の業績表記があったのですが、現在はないので個々の売上高は分かりませんが15年度を見ると売上高は少しアスティが多いぐらいでほぼ同じ、営業利益はアスティが高く、アージュはかなり低利益だったため、利益減はアスティの影響が大きいのかなと推察します。ただ、アパレルである1四半期に営業赤字になることはよくあることなので、今回の営業赤字が仕入れなどの季節要因なのか販売不振なのかは計りかねます。通年で赤字だった三鈴の影響が完全になくなった今期からハッキリ分かってくるかなと。

 今回の数字で目標株価を算出すると2,708円。今現在が2,600円ほどなので若干の割安感はありますが、3月月次はジュエリー、アパレル共に低調のため注意深く観察して行こうかと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。


03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR