8914 エリアリンク 2016年度 2Q決算

2016.07.29 19:10|8914 エリアリンク
(2016年7月29日16時発表)

売上高 88.50億円(前期比-20.3%) 会社予想 87.07億円(前期比-21.6%超過
営業利益 12.23億円(前期比-44.1%) 会社予想 9.76億円(前期比-55.4%超過
経常利益 12.44億円(前期比-37.3%) 会社予想 9.62億円(前期比-51.5%超過
当期純利益 7.88億円(前期比-40.2%) 会社予想 6.34億円(前期比-51.9%超過

・売上高営業利益率(2015年度2Q)→2016年度2Q
(2016年度2Q 19.69%)→13.83%(悪化
・売上高経常利益率
(2016年度2Q 17.85%)→14.06%(悪化
・売上高純利益率
(2016年度2Q 11.87%)→8.91%(悪化
・売上高原価率
(2016年度2Q 69.14%)→70.81%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度2Q 30.86%)→29.19%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度2Q 11.16%)→15.36%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2016年度2Q 36.18%)→52.62%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -17.09%
2Q -58.56%

●セグメント別業績
◎不動産運用サービス事業
売上高 80.80億円(前年同期比+14.0%) 1Q時 +9.85%
セグメント利益 15.02億円(前年同期比+2.31%) 1Q時 +2.45%

 2Q単体では前年同期比-0.2%の減益ですが昨年度も2Q、3Qと減益でしたし、保有不動産の売却で賃料収入が減り「その他不動産運用サービス」が減収減益になるため、こんなものでしょう。

(内訳)
・ストレージ運用
売上高 41.59億円(前年同期比+16.4%) 1Q時 +17.64%
営業利益 8.10億円(前年同期比+7.85%) 1Q時 +10.22%

・ストレージ流動化
売上高 29.73億円(前年同期比+23.15%) 1Q時 +15.19%
営業利益 4.26億円(前年同期比+3.64%) 1Q時 +0.90%

(ストレージ運用+流動化)
売上高 71.32億円(前年同期比+19.14%
営業利益 12.36億円(前年同期比+6.36%

 一番重要であるストレージ運用、流動化の売上高が2Qも各々高い伸びを示しており、順調そうな印象。二つ合わせたストレージ事業は売上高+19.14%、営業利益+6.36%となってますから、現時点では十分な数字かなと思います。今期はここさえ伸びていれば文句はないです。

・その他不動産運用サービス
売上高 9.47億円(前年同期比-13.67%) 1Q時 -24.12%
営業利益 2.65億円(前年同期比-13.11%) 1Q時 -14.18%

 賃料収入のある不動産が今以上に減らないとすると、しばらくは一四半期の売上高4.5~5億円、営業利益1.2~1.4億円で推移しそうですね。1Q、2Qとほぼこの範囲内でした。

◎不動産再生・流動化サービス事業
売上高 7.68億円(前年同期比-80.90%) 1Q時 -74.96%
セグメント利益 1.99億円(前年同期比-82.48%) 1Q時 -89.71%

 最初から大幅な減収減益になることが発表されている事業ですが、昨年度は2Qまでに40.23億円の売上高となっており通期41.92億円の95%を占めるほど偏った販売状況だったため、減収減益率は非常に大きな数字となりました。今期から底地取引への移行となっているので、この事業は「前期比」を見ても意味がなく、今期の予想に対してどうなのか見た方がいいかと思います。

 今期予想との比較で見ると
・売上高予想 8.23億円(進捗率93.3%
・営業利益予想 1.53億円(進捗率130.7%
 となっており、ほぼ予想を達成してますね。1Q時点で20.27億円だった販売用不動産は22.95億円と増加しており、細かい内訳は出ていないので底地なのか、建物なのか分かりませんが仕入れなどは順調そうに見えます。この辺りは説明会資料が出たら確認したいです。予想は余裕で達成しそうですが、販売用不動産を今期中に売るかは不明のため、今2Qでも見通しは据え置きとしておきます。なんにしろ売る物が残っているのは心理的にプラスですね。半分でも売れば上方修正になるのは間違いないのですが、保有もすると言っていたので据え置きが無難でしょうか。

◎その他(調整部門)
営業損失 -4.79億円(前年同期は-4.18億円 +14.59%増加) 1Q時 -2.20億円

 2Q時点での通期予想に対しての進捗率は売上高52.7%、営業利益73.0%となっており、会社の中間予想も超えているため非常に良い決算でした。会社予想と同程度になればいいと言いつつも自分は営業利益の上限を11~12億円と見積もっていたのですが、大丈夫かな? 合ってるかな?とも思っていたので一安心(笑)。あまり適当なことを言うと見た人に迷惑なのでブログには書けませんが内心ソワソワしてました(笑)。

 配当も33円予想から39円予想と6円の増配を発表してくれましたし、個人的には大満足です。

 いつも会社HPでハローストレージのオープン情報などを見るのですが、8月以降のオープン予定があまり更新されず、ペースが遅くなってるのかな? と思っていたのですが、決算と同時に発表された出店状況を見ると、どうやら「建築確認申請による工期長期化」が発生しているため鈍化していたようです。そのため前期末からの純増数は+4,598室と昨年同時期の+6,238室より少なくなりました。
 今期の出店予定は1万弱で、下期にかけて出店スピードは回復する見込みと会社は言っているのですが、実際問題+9,000室でも大きくは業績に影響しませんし、無理やり出店する必要はないのかなと。せっかく建築確認を取りながら出店するようになったのなら、それに合わせたペースに想定し直しても良い気がします。HPで各地の利用状況をこの前確認したのですが(超面倒でしたw)、都内などは別にして地方ではコンテナタイプの2階などは埋まっていない所もかなり多いため、数ではなく場所を重要視した方が効率が良さそうです。2×4タイプの新規出店が今期ここまで一か所とまだ少ないので、こちらも増えればいいなぁ。

 稼働率は
全体稼働率 75.82%(1Q時76.62%)
既存稼働率 84.03%(1Q時84.12%)
新規稼働率 46.04%(1Q時43.70%)
 となっており、大きな変化はなし。新規稼働率は4Qに向けて高くなっていく傾向があるため、4Q時点で53%ほどあれば合格なのかなと思います。

 5月と6月のIRで出た「らくらく運営代行サービス」や「ハローキティとのコラボ物件」などについては短信には記載されていなかったですし、海外への投資がどうなっているかも気になるので、説明会資料で確認したいと思います。

 ちなみにハローキティとのコラボ物件はこんな外観となるようで、キャンペーン中に契約するとオリジナルクリアファイルが貰えるみたいですが、先着1,500名って…。クリアファイルの単価なんてたいした金額じゃないのでこの物件と契約した人みんなにあげればいいのにと若干の疑問が(笑)。
 写真で見て感じるように、やっぱり有名なキャラクターがポンっと視界に入ると目を引きますが、ライセンス料はどれぐらいなんでしょうね?

キティ


人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

株式 ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR