8914 エリアリンク 2016年度 4Q決算

2017.02.15 00:12|8914 エリアリンク
(2017年2月14日16時発表)

売上高 169.08億円(前期比-1.5%) 会社予想168.06億円(超過
営業利益 19.35億円(前期比-27.2%) 会社予想16.75億円(超過
経常利益 19.68億円(前期比-19.4%) 会社予想16.50億円(超過
当期純利益 11.42億円(前期比-26.3%) 会社予想10.91億円(超過

・売上高営業利益率(2015年度4Q)→2016年度4Q
(2015年度4Q 15.48%)→11.45%(悪化
・売上高経常利益率
(2015年度4Q 14.22%)→11.64%(悪化
・売上高純利益率
(2015年度4Q 9.03%)→6.76%(悪化
・売上高原価率
(2015年度4Q 70.46%)→71.78%(悪化
・売上高粗利益率
(2015年度4Q 29.54%)→28.22%(悪化
・売上高販管費率
(2015年度4Q 14.07%)→16.77%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2015年度4Q 47.61%)→59.43%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -17.09%
2Q -58.56%
3Q -5.00%
4Q +198.20%文字色

●セグメント別業績
◎不動産運用サービス事業
売上高 158.20億円(前年同期比+21.9%) 1Q時 +9.85% 2Q時 +14.0% 3Q時 +14.9%
セグメント利益 27.35億円(前年同期比+15.1%) 1Q時 +2.45% 2Q時 +2.3% 3Q時 +2.2%
(会社期初予想 売上高159.82億円)

(内訳)
・ストレージ運用
売上高 85.78億円(前年同期比+15.1%) 1Q時 +17.64% 2Q時 +16.4% 3Q時 +15.6%
営業利益 15.22億円(前年同期比+15.3%) 1Q時 +10.22% 2Q時 +7.9% 3Q時 +8.6%

・ストレージ流動化
売上高 53.25億円(前年同期比+51.1%) 1Q時 +15.19% 2Q時 +23.2% 3Q時 +24.4%
営業利益 7.28億円(前年同期比+43.0%) 1Q時 +0.90% 2Q時 +3.6% 3Q時 +0.4%

(ストレージ運用+流動化)合計
売上高 139.00億円(前年同期比+26.6%) 2Q時 +19.1% 3Q時 +18.9%
営業利益 22.48億円(前年同期比+22.9%) 2Q時 +6.4% 3Q時 +6.0%

・その他不動産運用サービス
売上高 19.16億円(前年同期比-4.2%) 1Q時 -24.12% 2Q時 -13.7% 3Q時 -7.5%
営業利益 4.83億円(前年同期比-11.5%) 1Q時 -14.18% 2Q時 -13.1% 3Q時 -12.1%

◎不動産再生・流動化サービス事業
売上高 10.87億円(前年同期比-74.1%) 1Q時 -74.96% 2Q時 -80.9% 3Q時 -78.1%
セグメント利益 2.46億円(前年同期比-79.0%) 1Q時 -89.71% 2Q時 -82.5% 3Q時 -80.3%
(会社期初予想 8.23億円)

 先月売却しているのですが、ショックを受けるほど会社予想より良い数字ですね…。売上高自体は両事業とも会社予想に近い感じとなっており、これは自分の想定ともほぼ同じぐらい。誤算は利益面で、ストレージの4Q単体があまりに良過ぎて完全に想定外でした(苦笑)。
 過去2期の「不動産運用サービス」の4Q単体の売上高は3Q比で10%以上下がっていたのですが今4Q単体は+11.47%とプラスに。前年同期比は+47.84%と今まで見たことがないくらいの伸びとなっています。営業利益も過去2期は3Q比60%ぐらいに落ち込みますが、今期は+22.60%(前年同期比+86.77%)と非常に高い伸び。

 「運用」の伸びは想定できる範囲なのですが、「流動化」の伸び具合が全く想定できていませんでした…。流動化の1~3Qの利益の伸び率推移を見ると、+0.9、+3.6%、+0.4%で来たものが4Qで+43.0%と急上昇となっており、これは完全に会社資料からは読み取れない類のものかなと。当然自分は過去決算、1~3Qの推移を見て良くて1ケタ前半の増加と見込んでいたのですが、まるでどこからか持ってきたようにいきなり入ってきました。どこかの大金持ちがドカっとストレージを買ったのかと(笑)。この辺りは説明会資料などで確認できたらいいなと思います。

 「不動産再生・流動化サービス事業」は会社予想より少し超過。本格的に底地売買に取り組んだ一年目なので、今後は今回の数字がベースになると考えられますし予想を達成できて良かったんですね。セグメント利益率22.6%は悪くない数字です。今期予想も売上高9.00億円と16年度実績より低くなっており、まだ事業としては探り探りで慎重な印象ですね。

 室数は前年度末比で8,326室の純増(9,246室出店、920室の撤退)の70,651室。。総稼働室数は53,786室(既存物件44,083室)となりましたが、期間中には大型トランク物件、大型コンテナ物件などの閉鎖があり撤退室数は増加したようです。
 稼働率は2Q 75.82%に対して4Qは76.13%。既存物件は84.03%から84.97%に、新規稼働率は46.04%から51.69%といずれも上昇となりました。ただ、前年度4Q時点よりはいずれも若干低い水準となっています。本来16年度は新規で1万室が目標でしたが、色々な理由で未達成。1~3Q時点で例年より遅いペースであることは分かっていたので8,000室ほどかと考えていましたが、だいたい合ってましたね。予算は1万室ペースで組んでいたでしょうし、出店ペースの鈍化が逆にコスト減となって利益には良かった印象です。そもそもそんな急激なペースはいらないですし(笑)。

 今回の数字で目標株価を算出すると1,371円。今期の会社予想が営業利益22.54億円となっており、それを考慮すると概算で1,555円ほど。この範囲が今後の目標株価となります。
 気になるのは中間予想が売上高+3.1%、営業利益-20.1%と増収減益予想になっていることで、本来ならストレージは1Q、2Qが強いため利益は出やすいハズなのですが、どう言う意味でしょうね? 4Qの数字と合わせて考えると、本来「種まき」期間の4Qでコストをかけず、翌期にズラしたからかも?なんて考えてしまいます。この辺りの説明も資料にあればいいなと。

 最近ではストレージ、トランクルームと言うと3461 パルマが人気で、自分も注目して追っていますが正直、上場した時にはエリアリンクの決済外注先ぐらいにしか考えていなかったので最近の主導権を取りにいくような動きはかなり面白そうな感じです。



人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: はじめまして

コメントありがとうございます。エリアリンクは先月売ってしまいましたが、今後も注目を続けて行こうと思っています。また記事にしたら宜しくお願いします。完全に同業と言う訳ではありませんが9639 三協フロンテアと言う会社もトランクルームをやっていてとても良い会社ですよ~。

はじめまして

成長株の中長期投資ブログを書いているsunと申します

エリアリンクの分析記事が検索でヒットして訪問させて頂きました。私が最初に目をつけた時には上場企業で競合といえるような会社はなかったのですが、パルマという会社が上場していたことをこちらで初めてしりました。
他記事も内容が濃く大変勉強になります。今後も時々訪問させていただきたいと思います
非公開コメント

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR