6879 イマジカロボットHD 2017年度 3Q決算

2017.02.15 11:11|6879 イマジカ
(2017年2月14日15時発表)

売上高 605.52億円(前期比+27.7%) 2Q時 +33.1%
営業利益 7.12億円(前期比+1194.54%) 2Q時 黒字化
経常利益 10.51億円(前期比+902.0%) 2Q時 黒字化
当期純利益 9.29億円(前期比+168.4%) 2Q時 +906.4%

・売上高営業利益率(2016年度3Q)→2017年度3Q
(2016年度3Q 0.23%)→1.18%(改善
・売上高経常利益率
(2016年度3Q 0.33%)→1.74%(改善
・売上高純利益率
(2016年度3Q -0.76%)→1.54%(改善
・売上高原価率
(2016年度3Q 68.22%)→70.31%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度3Q 31.78%)→29.69%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度3Q 31.55%)→28.52%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2016年度3Q 99.28%)→96.04%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q 赤字転落
2Q 黒字化
3Q +66.01%

 売上面は連結子会社が増えた分もあるのでこんなものでしょう。利益面の伸びが笑っちゃうぐらいの数字ですがこれは前期3Q単体が-67.95%の落ち込みだった反動なのであまり意味はありません。3Q単体の営業利益は4.84億円ですが、2012年~2016年の3Q平均が6.22億円なのでどちらかと言うと悪い部類になります。売上高の3Q平均は136.45億円で今3Q単体は209.37億円となっており連結子会社増加の影響で大きく増加。売上高だけ伸びて利益は低迷中と言うのは変わらないですね。

●セグメント別業績
◎映像技術サービス事業
売上高 109.41億円(前年同期比+1.5%) 1Q時 -0.4% 2Q時 -2.0%
営業利益 8.79億円(前年同期比+27.3%) 1Q時 -23.9% 2Q時 +9.7%

◎映像ソフト事業
売上高 147.24億円(前年同期比+107.0) 1Q時 +101.1% 2Q時 +91.7%
営業利益 8.98億円(前年同期比+1,288.7%) 1Q時 +1261.0% 2Q時 +929.1%

◎放送事業
売上高 43.17億円(前年同期比-1.1%) 1Q時 +4.0% 2Q時 -1.7%
営業利益 2.38億円(前年同期比+189.5%) 1Q時 +212.8% 2Q時 +145.9%

◎映像システム事業
売上高 83.64億円(前年同期比+3.5%) 1Q時 +9.7% 2Q時 +12.4%
営業利益 4.49億円(前年同期比-51.8%) 1Q時 -27.9% 2Q時 -2.0%

◎人材コンサルティング事業
売上高 84.45億円(前年同期比-12.4%) 1Q時 -11.5% 2Q時 -10.8%
営業利益 4.14億円(前年同期比-14.1%) 1Q時 -19.5% 2Q時 +4.3%

◎メディア・ローカライゼーション事業
売上高 153.29億円(前年同期比+44.1%) 1Q時 48.48億円 2Q時 +86.4%
営業損失 -12.04億円(前年同期は-13.29億円の損失) 1Q時 -7.78億円 2Q時 -10.24億円

 今3Q累計を金額で前期3Q時と比較すると売上高で+131.42億円、営業利益は6.57億円の増加。子会社が増えた映像ソフト事業の前年比は売上高76.11億円、営業利益は8.34億円。
 メディア事業は売上高+44.1%とありますが前期3Q時の数字は6か月間分、今期は9か月間分の数字なので増えていて当たり前。金額にすると売上高46.95億円、営業損失は少し減っただけとなっています。うーむ、これ黒字になるんでしょうか?

 今3Qの増収増益の主な要素はほぼこれだけでしょうか。映像技術サービス事業がプラス軌道に乗ってきたのは良いニュースですが以前のような高収益に戻ることはないでしょうし(人件費削れば別ですが)、どの辺りで安定するのか注目したいですね。

 一番心配なのは毎期利益の稼ぎ頭となっている映像システム事業の利益がガクっと減益になっていることでしょうか。増収は確保したものの売上高は2Q時の+12.4%から+3.5%に下がりましたし、営業利益は前年3Qが-35.45%の減益だったにも関わらず今3Qも-51.8%で、四半期ごとの前年比では7四半期連続で前年割れが続いておりかなり心配な状況かなと。何か開発費とか買収とかにお金がかかっているんでしょうかね? 
 昨年度の営業利益の推移は1Q→4Qで3.36億円、4.21億円、9.32億円、12.36億円と下半期偏重に変わったのかな?とも思ったのですが、今期は2.42億円、4.12億円、4.49億円と3Qに増えず4Qにどうなるか注目したいです。

 一応、業績予想の修正を出しているのですが、営業利益・経常利益が1億円、純利益が2.5億円とわずかですし、四半期ごとの波が大きく業績が読みにくいこの会社がわざわざ出すほどかい?と思います(笑)。「修正理由」の中に「のれん等償却額13億円につきまして、精査した結果、約15億円となる見込みであります。」とあり、やっぱりのれん償却額大きくなるんか~い、と(笑)。これはこっちが本命のニュースじゃないかと勘繰ってしまいますね(笑)。コロコロと変えて欲しくない部分なので、なぜなのか詳しい説明が欲しいところです。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR