FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年6月 第三週PF

2017.06.17 15:56|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比-27,300円となり、6週ぶりにPF内利益が10万を切りました。が、気にしません。



 日経平均は前週末比-70円の19,943.26円となり3週ぶりに2万円割れ。それでもFOMC、日銀政策決定会合を通過した後にプラスとなっているので悪くはないのかなと。

 日米10年債の金利は日本が0.055%(前週末比-0.001%)、米国が2.153%(前週末比-0.048%)、金利差は2.146%から2.098%(前週末比-0.048%)と縮小。ただ急落の後から急騰で週末は111円台を一時回復するなどして終値は110.85円(前週末比+0.52%)となり円安となっています。

 日本側からは特になにも材料が出ておらず、4~6月の為替はひたすら海外要因で上下している印象。円は蚊帳の外でドルを中心にユーロが強くなったり弱くなったり、ポンドが急落したり急騰したりで、その影響で円高、円安を繰り返している感じですね。特にユーロ/ドルはG7、米国のパリ協定離脱以降はドル高に傾いており、4週ほどドル安への流れが停滞しています。せっかくメルケル首相などがG7前に米国に気をつかったのか「ユーロは安すぎる」などと発言したのに、その後にパリ協定から離脱を発表したので一気に気遣いがなくなった気もします。めったに為替などに言及しないメルケルさんが気を使ったのに(笑)。
 米国はペースはともかく利上げ継続、カナダ中銀も今後の利上げを示唆、英国も委員のうち3人が利上げ支持、ユーロも年末以降に緩和解除の動きが出そう、豪州も来年利上げするのでは?とも言われており、各国がタカ派的な動きをしている中で日本は緩和継続を選択。次の消費増税どうするの?なんて話もチラホラでており何かしらの政策が欲しい所です。また延期なんて流れが出てくると、今度は財務省あたりからおかしなリーク情報が出てきそうで怖いですね(笑)。

 昨日の国会集中審議で実質上は今国会が閉会となり半年間続いた政治問題が一段落となりそうな感じです。野党4党は納得いかないなどと言ってますが、結局のところは特区を進めたい内閣府 VS 既得権益を守りたい文科省と民進党+マスコミと言う構図で、勝った内閣府が敗けた文科省の敗戦処理をすると言うおかしな事案でしたね。
 昨日の山本大臣の説明によれば、内閣府から文科省にメールをしていたのは文科省から出向している文科省職員だそうで、これが人づてに聞いたことや自分で「こうだろう」と考えたことをせっせと文科省に連絡しており、それを元に都合のよいメモを作り残していたのが、「特区」と関係ない部署の課長補佐…。それを「自分は見た」と言っている元次官…。天下り斡旋を主導して実質的にクビになったその元次官を聖人のように祭るマスコミ…。叩いていたはずの元次官の発言を信用できる話だとする野党…。なんか不思議な世界ですね(苦笑)。

 有識者会議(総理はここにはいない)などで加計学園などの特区にGOを出しているが、獣医師会の抵抗にあい獣医学部のない地域に1校だけと記載し内閣側が配慮することで決まったところに「誰か」が情報を流出させて、それを受け取った「誰か」が「いや、これ問題だろ~。友達だからだろ~」と騒ぐ。
 でも、加計学園は民主党時代にテーブルに乗っており、総理と友達だったからと言うのもほぼ関係ない話で、1校だけならと言うのも獣医師会側も認めており、京産大が~と言うのも単に申請が遅すぎた話で、愛媛県などの自治体はそのずっと前から資料なりを提出して(テレビでは資料は数枚など言っているようですが、実際は数十枚あるそうです)色々と動いているため実績が全く違うので加計学園に決まったのもおかしくはないため、「総理の友人」と言うこと以外は別に気になる所もない話でした(苦笑)。

 大臣が変わってから急にスピードが上がって加計学園に決まったと言うのも、石破元大臣が内閣府の意向に反して獣医師会側に「絶対通らない条件を作った」と伝えていることが獣医師会のHPの会議録に記載されており、石破元議員が邪魔していたこともバレているので、やる気のない大臣からやる気のある大臣に変わったんだから、そりゃスピード上がるよと言う話。広く知られた話でHPを見れば自分でも確認できる話なのですが、マスコミはどこも流さないと言うのはまずおかしいですね(笑)。
 調べれば調べるほど、ただただ文科省の三流っぷりが露見するだけで、しまいには文科省のなんとか穏便に事を収めようとした再調査結果も内閣府に「いや、ここは違うだろう」と否定され、文科省からの出向職員がせっせと情報を流していたことをバラされる始末。
 新聞などの世論調査で「納得いかない人が何%もいて~」とやるでしょうが、情報を曲げたり時系列を無視した説明、政府側の情報を正しく報道してないんだから、新聞・テレビでしか情報をとらない人が「納得がいかない」と言うのは当たり前でしょう。必要な情報が抜け落ちてるだから、こんな複雑なドロドロした政争を理解できるわけがないです(笑)。
 集団的自衛権の時も森友学園の時も旬が過ぎたら報じなくなりましたし、テロ等準備罪が成立した話もそのうちしなくなるでしょうし、この問題も報じなくなってくるんじゃないでしょうか。次は何だろう? 沖縄の基地問題に戻るのかな? こちらも偏向報道が続いている事案ですし、この半年でかなり進んだと思われる報道不信が増幅されるのか注目したいです。あとはこの半年で曲解した情報をさも正しい情報のように垂れ流す国会議員の選別も進んだでしょうし、次の選挙も注目ですね。とにかく民進党議員を中心に野党4党のヤバさが際立った半年間であり、自分の感覚的には共産党を超えたんじゃないでしょうか(苦笑)。
 実際のところ真実なんて分かりませんが、自分的に納得できる話は今回も政府側の話なので、もうこの話はお腹いっぱいと言う感じです。ただただ報道系のマスコミ関係者の気色悪さが残り後味の悪い半年間でした(苦笑)。あとヤ●ーのニュースの偏りが半端ないと言うことを確認した半年です。

 とりあえずは間近に迫った都議会選挙ですが、都民Fがある程度の議席を確保してしまうのは今の報道っぷりだと仕方ないのかなと。陣容を見る限りは左派勢力なのですが、公約を見ると「これって? 公約にすることなの?」と言うのもあり、政策的にはかなり未知数の印象。ただ自民の印象が悪くなっている状況での選挙なのでどうなるか全く分かりません(苦笑)。とりあえず自分の選挙区は下村元大臣のお膝元で現職に元秘書がいます。で、都民Fから立候補したのも元秘書なので、元同僚対決の様相らしいです。都民Fの立候補者は有名サッカー選手と結婚したタレントの兄弟らしいので同情票?が見込まれるのかも。秘書をつとめた議員とは別の政党へ移ると言うことは、政治思想的に大きな変化をしたと考えるのが普通かなと思うのですが、どういった変化なんでしょうね? 単純に自分を推してくれないからとか? まぁ、分かりませんが今回は入れないです(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。