FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017年6月 第五週PF

2017.07.01 14:21|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比+400円となりました。

20170630PF.png

 日経平均は前週末比-99.24円の20,033.43円となり反落。金曜日の下げで2万円を切る場面もありましたが引け間際の15分間に買いが入り終値では2万円台を維持となっています。前日の米国市場が大きく下げていた影響を受けて金曜の日本市場も下げ基調ではありましたが、昨夜のNYダウは持ち直しており先物の方はプラスで戻ってきてますね。

 欧州の経済指標は良好なものが多く見られユーロ高の流れは変わらず。そのため円安ドル高、ドル安ユーロ高が同時に発生しておりユーロの強さが現在は際立っている印象です。長期的にはそのうち整合性が出てくると思いますが短期的には通常のロジックは無視と言う感じでしょうか。
 日米10年債の金利は日本が0.081%(前週末比+0.028%)、米国が2.304%(前週末比+0.160%)となり金利差は2.223%(前週末比+0.132%)と久しぶりに大きく拡大となりました。縮小傾向が続いていましたが金利差は1か月ぶりに2.2%台へ。
 主要各国の中銀が利上げなどタカ派発言したり、色々なことが重なって訳わからない感じですが、やっと米国金利が上昇し始めた雰囲気です。ちょっと突然ではありますが(笑)。ただ、欧米の指標自体は良好な数字ではありますが、肝心のトランプ政権の政策実行への疑念は依然としてあるのでこのまま金利上昇が続くのかはかなり不透明です。高まりを見せているユーロ圏への投資意欲が続けば問題ないのかな?とも思いますが、主役はやっぱり米国ですし気になりますね。

 夕べの米国指標が発表されている時にポーンと出てきたニュースに中国とインドの国境で睨み合っているなんてのが急に出てきた時に米国指標は良いのに急に円高になった局面があったのですが、ちょうどその時ドル円を持っていたので肝を冷やしましたが、1時間ほど待ったら再度円安になったので無事に逃げることが出来ました。今となっては指標は良いものインフレ率の上昇に関しては少し期待外れだったためなのか、急に出てきた中印のニュースが問題だったのかは分かりませんが、なんで急にそんな今さらなニュースが流れたのか少々不思議ですね。緊迫した状態が進行したんでしょうかね?

 いよいよ明日は都議選投票日ですが、地元は変な形で目立ってしまい誰が当選するか意外に注目されている気が。先日、犯罪疑惑が出てしまったT議員ですが、その日の夜にニコ生に出演してました。ニコファーレで3方を大画面に囲まれた中、演説をしたのですが今回の疑惑について少し触れて「私はやってない。私のサインではない」と発言していました。ただ、これが私の筆跡ですと書いてみせるわけでもなく、それだけだったので疑念は残ったままの印象です。ユーザーは遠慮がないので大画面には「PC」や「横領」、「ちゃんと説明して」「アモーレ」など色々な批判の声が流れ続ける中で発言したのは良いことだと思うのですが、多くの有権者の目に留まるSNSでは何も言っておらず、どうやら選挙が終わるまでは何も言わない雰囲気です。ニコ生は必ずしも有権者が見るわけではないので、自分のSNSで言ってくれる方がいいと思うのですが…。余談ですが、他の候補者のSNSを見るとTBSなどが朝からついて回って、なんとか都合の良い発言を引き出そうと質問してきたようです。なんか低俗な週刊誌みたいですね(笑)。

 昨日の都知事会見でフリー記者からこの件を問われた小池知事は「存じません」とササっと会見を打ち切って帰ってしまいました(苦笑)。問答を聞いてみると、どうやらいつも挙手しても小池知事はこの記者を指名しないらしく今回は無理やり質問したようなのですが、党の代表に党から出馬している候補者の疑惑を聞くのは当然なのでもう少しちゃんと答えるべきだったのではと感じます。豊洲移転の会見もそうでしたが、全く質問に答える気がないのが疑問です。ただ、この記者も下村議員の会見でそれなりの説明が出てきても「疑惑が強まった」的な質問をしていた人だと思うので、この記者自体も怪しい人のような気もしてます(笑)。ただただ権力が嫌いで、権力=悪と考えている人なのかも。

 嫌な記者とかしつこい記者、トンチンカンな記者がいるのは分かりますが、官房長官などはしつこく何度も同じ質問(と言うか週刊誌ネタ)をしてくる東京新聞の記者が手を挙げれば当て続けて一応返答はしているので知事ももう少しやって欲しい所です。動画などで確認できますが、この点橋下元知事はかなり会見に力を入れていたかと思うので、都知事が出来ないと言うことはないかなと。
 あまりに東京新聞がしつこいので、先日は会見の最後の質問者となったフリー記者の女性が官房長官に「東京新聞さんやジャパンタイムズさんの質問はしつこいとお感じになっていますか」と質問したところ、「全く感じていません(ニッコリ)」と満面の笑顔を見せていました(笑)。つ、強い(笑)。
 本当にしつこくて何人も他社の記者がいる中で一人で長い話を何回も何回もするのでほとんどの時間をこの東京新聞の記者が使ってしまうため他記者の出番はほとんどない日もあり、やり過ぎだと見ている方は感じているのですが、よくよく考えてみると官房長官はこの記者だけに不用意な発言をしないよう集中して返答すればいいので、ある意味楽なのかもしれません(笑)。質問内容はだいたい週刊誌引用のスキャンダルで官房長官に関係ない話なので「本人に聞いて下さい」で終われますしね。
 朝日、毎日、共同などの反政府系マスコミがこれを許容している間は実は楽なんじゃないでしょうか(笑)。長々と話すわりに証拠を自分で調べてきているわけでもなく、「週刊誌では~」「(私が思うには)こういうことなんじゃないか?」と繰り返すだけなのでこの人、実は記者ではないんじゃないか? と言う気が最近してます(笑)。とにかく話が長いし話し方が高飛車なので不快指数は高いです。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。