FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7599 IDOM(旧ガリバー) 2018年度2月期 1Q決算

2017.07.22 18:20|7599 ガリバー
(2017年7月12日15時発表)

売上高 711.30億円(前期比+7.5%
営業利益 12.43億円(前期比-0.2%
経常利益 9.03億円(前期比-23.0%
当期純利益 4.57億円(前期比-37.5%

・売上高営業利益率(2017年度1Q)→2018年度1Q
(2017年度1Q 1.88%)→1.75%(悪化
・売上高経常利益率
(2017年度1Q 1.77%)→1.27%(悪化
・売上高純利益率
(2017年度1Q 1.11%)→0.64%(悪化
・売上高原価率
(2017年度1Q 77.33%)→77.38%(悪化
・売上高粗利益率
(2017年度1Q 22.67%)→22.62%(悪化
・売上高販管費率
(2017年度1Q 20.79%)→20.87%(悪化
・販管費率(対粗利益)
(2017年度1Q 91.70%)→92.27%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q -0.16%

●地域別セグメント業績
・日本
売上高 605.62億円(前年同期比+11.4%
セグメント利益 15.69億円(前年同期比+16.4%

・豪州
売上高 101.84億円(前年同期比-10.8%
セグメント損失 -2.32億円(前年同期-0.05億円の損失)

 売上高は国内小売が好調のため+7.5%の増収。セグメント利益も増益と国内は他社同様に好調です。
●主要項目前期比比較
・買取台数 48,369台 → 48,726台(前期比+357台
・卸売台数 31,819台 → 31,393台(前期比-426台
・小売台数 23,396台 → 32,947台(前期比+9,551台

 卸売台数は小売への変換を図っているので減っていて良いのですが買取台数があまり伸びませんね。毎期数十店舗増加している割にはと言う感じです。小売台数は粗利益率を下げてまで売っているので毎四半期高い伸びです。
 中古車市場全体としては2017年1~6月の6か月中5か月が前期比プラスで現在4か月連続プラス。四半期も2四半期連続でプラスになるなどまずまずの環境。伸び率は1~3月が102.1%、4~6月が104.1%とここ5年間では高い伸びではありますが、新車ほどは伸びませんね。

 国内はネクステージなど競合他社が伸長して、ネクステージの今期売上高予想は1,000億円ほど。まだガリバーの半分よりも少ない水準ではありますが、毎期10~20%伸びてきており数年後には…と言う雰囲気。今1Qのガリバーの営業利益は1.75%ですが、ネクステージは2Q時点で2.78%。小売は薄利多売の事業なので率としては高くないですが、その中でも約1%ほど違うのでネクステージの方が効率良く売っている印象ですね。原価率はネクステージの方が高いので、高く買い取って少ない店舗で安く売っているイメージがあります。
 ネクステージは毎期数十店舗も増やすわけではないので売上高販管費率は12~14%ほどで安定していますが、ガリバーは毎期20%ほど。とにかく販管費がかかる会社です。新規出店費用が足を引っ張っているとしか思えないのですが(笑)。現状の店舗でも多く感じるのですが、ネクステージその他も店舗を増やしている中、更に…と増やしても効果はあるのかな? と以前から疑問が。

 市況がまずまずなので国内は良かったのですが、豪州事業が低調。豪州全体の新車販売はそこまで悪くないのですが(17年1~6月累計は前年比+0.2%)、会社資料の「西オーストラリア新車市場」は昨年から前年比マイナスが続いています。「西」と言うのが微妙なところで豪州の西ってあまり人が住んでいるイメージがありません(笑)。シドニーとかメルボルンは東ですよね? 
 地域の市況が悪いのに加えて「のれん」を消却しなければいけないため更に利益を削りますし、今1Q時点で「のれん」の残りは92.42億円が計上されており、15年度末が19.97億円だったことを考えると償却が終わるのはまだまだ先だなぁ~と言う感じですね。現時点ではハッキリしませんが豪州事業買収が正しかったのか検証が必要かも。
 元々豪州自体の自動車販売も16年の1年間で117万台ほどと日本市場の1/4ほどですし、実はこれが現時点で過去最高の数字らしいのでここから大きく伸びるイメージもないんですよね。数年前のIRなどで東南アジア、豪州などに進出すると出た時は非常に期待感があったのですが考えていたような中古車販売だけと言う事業ではありませんし、現状はまだ成功とは程遠い感じです。これが更に数年後に毎期プラスを記録するようになるなら先見の明があったと言うことになると思うので会社側はそんなに気にしていない雰囲気もあるのですが、今後どうなるんでしょうかね?

 国内が好調になってきたので今期に限れば前期比でそこまで可笑しな決算にはならない印象ですが、如何せん出店攻勢をやめないのが引っかかります。店舗ってそこまで細かく必要なんですかね?

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

Re: タイトルなし

ありがとうございます! 参考にさせてもらいますね~。

他のブログにシスロケの概要が載ってました。
参考までにhttp://www.spotoushi.net/archives/47959488.html

Re: タイトルなし

 コメントありがとうございます。知らない会社だったのでHPを見てみたのですが面白そうな事業の会社ですね。決算書や売上区分を見ると車両再販業務支援からシステム業務支援へ軸足を移しているところで数字的にはここ数期は停滞感がありますが、メインとなったシステム業務支援は増収傾向とまずまずの雰囲気でしょうか。ただ、JASDAQ上場から10年ほど経過しても売上高がまだ10億円ほどと伸びていない点が気になりますね。海外の中古車の細かい情報などがどんどん増えるなら需要がありそうなんですが。マークラインズなど自動車産業特価の情報サービスは比較的ニッチな分野ですし興味深い事業であり候補に入れて決算を追ってみようかと思います。

いつも勉強させていただいております。
システムロケーションって会社はどうでしょう。
たぐまるさんが好きそうな会社だと思います。
非公開コメント

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。