FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3179 シュッピン 2018年度3月期 1Q決算

2017.08.05 13:17|3179 シュッピン
(2017年8月4日15時発表)

売上高 67.44億円(前期比+16.7%
営業利益 3.18億円(前期比+26.1%
経常利益 3.16億円(前期比+27.0%
当期純利益 2.17億円(前期比+27.4%

・売上高営業利益率(2017年度1Q)→2018年度1Q
(2017年度1Q 4.38%)→4.73%(改善
・売上高経常利益率
(2017年度1Q 4.31%)→4.69%(改善
・売上高純利益率
(2017年度1Q 2.96%)→3.23%(改善
・売上高原価率
(2017年度1Q 83.07%)→82.93%(改善
・売上高粗利益率
(2017年度1Q 16.93%)→17.07%(改善
・売上高販管費率
(2017年度1Q 12.55%)→12.34%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2017年度1Q 74.15%)→72.30%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q +26.05%

◎事業別
・カメラ事業
売上高 48.30億円(前年同期比+11.0%
セグメント利益 3.88億円(前年同期比+13.4%

・時計事業
売上高 16.79億円(前年同期比+37.0%
セグメント利益 0.86億円(前年同期比+94.3%

・筆記具事業
売上高 1.40億円(前年同期比+18.0%
セグメント利益 0.13億円(前年同期比+13.5%

・自転車事業
売上高 0.94億円(前年同期比+13.2%
セグメント損失 -0.03億円(前年同期は2.1万円の損失)

 自転車事業以外は増収増益を確保。自転車事業は2ケタの増収ではありますが、値引きによる粗利益率低下と販管費の増加で赤字幅は拡大。ただ、業績への影響は軽微な事業なので今はあってもなくてもと言う感じです。この事業だけはなかなか上向きになりませんね。

 利益率その他指標は全て改善し、原価率・販管費率ともに前期比でマイナスとなる良好な状態に見えます。これ以上下がるかと言うと、また別の話ではありますが、常に下げることを(特に販管費)意識している会社なので、余程のことがない限りポーンと上がることなく安定的な数字を出すと思います。元々営業利益率5%が目標で、今1Qで4.73%なのであと少しなので、そこまでは行けそうな雰囲気ですね。買取金額を下げて販売価格を上げれば短期的に利益率は向上するんでしょうが、客は離れて行くでしょうし、元々高い利益率を目指している会社ではないですし、自分から会員登録をしてくるような良質な顧客を減らしてまでやる価値はないため、ここはそういったことはしない気がします。在庫の増加ペースも増えて仕入れも順調そうです。会社いわく「価値ある在庫」が着実に増加しているそうです。

 会員数は7月が前月比+3,346人となり総会員数は32.9万人に。昨年12月に+3,437人増加と初めて3,000人を超えてから8か月連続で毎月+3,000人超の入会者となっており順調。
 2Q最初の7月月次も前年同期比138.5%となり11か月連続で前年比プラスを維持。昨年6~8月の月次が前年比マイナスでありハードルが低いことを考慮しても十分な伸び率ではないでしょうか。同時期は免税の売上が非常に低調でしたが、現在は再び増加傾向となっており、業績への影響はそこまで大きくないですが堅調な印象です。資料を見るとカメラではなく時計事業の店舗売上が前年比で146.9%の増加、金額にすると+3.32億円も増加しているのが印象的ですね。やはり時計はじかに触って買う人が多いんでしょうか。

 あえて言うと月次ベースで見る売上高EC比率が少し気になるぐらいでしょうか。6月まで21か月連続で60%台を維持していたのですが、最新の7月では57.1%に低下。と言ってもEC売上高自体は前年比121.0%と伸びていますし、その伸びよりも店舗売上の伸び率がより高かったんでしょうし、EC売上高がマイナスになって比率が下がるなら問題なんでしょうが、そういった兆候も数字上は見受けられないので現状では特に問題ではないのかな。

 現在、リユース各社は苦戦していますが、ここは非常に好調で三四半期連続の増収増益。中国人による爆買いが~と言われて買われ始めた印象の株価も、爆買いが無くなった今でも高値維持しているのは、それがなくても伸びて行ける会社との評価が固まったからなのかなと言う印象です。ただ、株価2,000円超えとなっており、そろそろ売りたい人も多くなりそうですし、分割に丁度良い株価なので、発行済株式数から見てもありそうな印象です。で、また2,000近辺になったらもう1回と言う感じでしょうか。
 新興市場から上がって分割を繰り返す企業がありますが、株価が1,000円以下、800円とかになるような分割は、それ以降株価の反応が悪くなる印象があり、やらない方がいいこともあるため2,000円近辺は可能性があるかなと感じます。まだ1,197万株しかないですし、規模的にはあと2回ぐらいあるんじゃないでしょうか?

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。