FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7593 VTホールディングス 2018年度3月期 2Q決算

2017.11.16 19:13|7593&3347 VT&トラスト
(2017年11月13日16時20分発表)

売上高 979.91億円(前期比+33.4%) 1Q時 +47.2% 会社予想 +29.3%(達成
営業利益 31.87億円(前期比+4.8%) 1Q時 +21.6% 会社予想 +15.0%(未達
経常利益 33.82億円(前期比+11.0%) 1Q時 +39.8% 会社予想 +14.9%(未達
当期純利益 17.71億円(前期比+4.8%) 1Q時 +49.2% 会社予想 +12.4%(未達

・売上高営業利益率(2017年度2Q)→2018年度2Q
(2017年度2Q 4.14%)→3.25%(悪化
・売上高経常利益率
(2017年度2Q 4.15%)→3.45%(悪化
・売上高純利益率
(2017年度2Q 2.30%)→1.81%(悪化
・売上高原価率
(2017年度2Q 80.96%)→83.33%(悪化
・売上高粗利益率
(2017年度2Q 19.04%)→16.67%(悪化
・売上高販管費率
(2017年度2Q 14.90%)→13.42%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2017年度2Q 78.25%)→80.49%(悪化

・営業利益の四半期別前年比
1Q +21.57%
2Q -3.03%

 売上高は会社の中間予想を上回りましたが、利益面は未達となりました。

●セグメント別業績
◎自動車販売関連事業
売上高 928.88億円(前年同期比+30.7%) 1Q時 +42.6%
営業利益 28.92億円(前年同期比-9.8%) 1Q時 +2.8%

(内訳)
・新車部門(増収増益
ホンダ 2,609台(前年同期比-1.8%) 1Q時 -0.7%
日産 6,852台(前年同期比+24.0%) 1Q時 +41.3%
グループ全体(海外含む) 19,117台(前年同期比+42.7%) 1Q時 +66.9%

・中古車部門(増収 微減益
輸出 3,370台(前年同期比+14.6%) 1Q時 +26.0%
中古車販売台数 28,109台(前年同期比+20.3%) 1Q時 +32.2%
(子会社トラストの中古車輸出事業)
売上高 28.87億円(前年同期比-16.3%
営業利益 0.82億円(前年同期は営業損失0億円)

・サービス部門(増収増益

・レンタカー部門(増収 減益
(子会社トラストのレンタカー事業)
売上高 45.71億円(前年同期比+9.4%
営業利益 4.90億円(前年同期比-28.4%

 総店舗数は130店、総保有台数は16,085台(前年同期比+12.6%)、レンタル終了車両の販売台数は971台(前年同期比+11.0%)となり事業自体はまずまず好調。ただ、出店にともなう車両増や車両の代替に伴う減価償却費の増加で減益。

・子会社トラストの海外自動車ディーラー事業(増収 減益
売上高 16.06億円(前年同期比+18.3%
営業損失-0.11億円(前年同期は+0.04億円)

◎住宅関連事業(増収増益)
売上高 50.07億円(前年同期比+115.3%) 1Q時 +248.5%
営業利益 5.08億円(前年同期比+437.5%) 1Q時 2.08億円

 分譲マンション事業が非常に好調、戸建て分譲もまずまず。大きく営業利益を伸ばす結果で利益貢献大ですね。

 会社予想に未達の要因で大きなものは新車販売ではなくて子会社トラストの方と言う印象です。営業利益で言うと未達分は3.13億円なのですが、トラストの下方修正分は2.27億円もあるので数字上はこっちかなと。発表されている統計を見ると日産の不正に伴う新車販売への影響は9月まではプラスとなっておりそこまで影響していないのですが、10月に入ると登録車は前年同期48.4%と一気に半減。決算上にハッキリ出てくるのは3Qからと思われます。うーん、頭の痛い話です(苦笑)。11月に入り国内5工場での車両生産、出荷を再開したようなので今後の進展を見盛りたいです。

 11/7に発表された乗用車ブランド通称別順位を見ると9月1位だったノート(前年比278.5%)が10月は25位(前年比154.9%)とランクダウン、セレナに至っては9月7位(前年比126.2%)から圏外へ。ただ、ランクは大きく落としましたが、ノートは前年比で見ると大きくプラスとなっており、そういう意味ではプラス要因かも。リーフなどは9月圏外からの10月は19位へランクアップし、販売台数は前年比707.4%と好調なスタートを切っており、印象としては今回の不正で日産を見限った消費者が多いと言うのはないですね。そもそも数年来もその体制で検査されており特別問題があったわけでもないので、自動車自体には問題はないと考える人が多数なのかも。これは昨年の軽自動車問題の時も思いましたが、「よくよく考えると自動車に問題はなく、会社の意識の問題」と言う気がします。

 なんにしろ販売自体が止まっていた期間が1~2か月ほどあるため、ディーラーには堪えますが意外と戻りは速そうな気も。セレナe-POWERなども東京モーターショーで発表されたようですし、ノートも人気車種であることは間違いないので統計を見つつよく観察したいと思います。国内もそうですが英国、スペインの販売もどうなるか気になるところですね。政治、経済で問題が出てきそうな二国だけにこちらも統計は注目したいと思います。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。