スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8732 マネパG 2018年度3月期 3Q決算

2018.01.30 21:49|8732 マネパG
(2018年1月30日15時30分発表)

営業収益 44.14億円(前期比-5.0%) 1Q時 -16.2% 2Q時 -10.1%
純営業収益 41.73億円(前期比-5.9%) 1Q時 -21.6% 2Q時 -12.2%
営業利益 6.72億円(前期比-29.3%) 1Q時 -75.5% 2Q時 -54.4%
経常利益 6.93億円(前期比-27.9%) 1Q時 -73.7% 2Q時 -51.6%
当期純利益 4.65億円(前期比-27.2%) 1Q時 -75.1% 2Q時 -52.6%

・売上高営業利益率(2017年度3Q)→2018年度3Q
(2017年度3Q 20.44%)→15.22%(悪化) 1Q時 7.53% 2Q時 10.95%
・売上高経常利益率
(2017年度3Q 20.68%)→15.70%(悪化) 1Q時 8.17% 2Q時 11.62%
・売上高純利益率
(2017年度3Q 13.75%)→10.53%(悪化) 1Q時 5.26% 2Q時 7.68%
・売上高原価率
(2017年度3Q 4.58%)→5.44%(悪化) 1Q時 8.81% 2Q時 6.44%
・売上高粗利益率
(2017年度3Q 95.37%)→94.54%(悪化) 1Q時 91.19% 2Q時 93.56%
・売上高販管費率
(2017年度3Q 74.94%)→79.29%(悪化) 1Q時 83.58% 2Q時 82.57%
・販管費率(対粗利益)
(2017年度3Q 78.57%)→83.87%(悪化) 1Q時 91.66% 2Q時 88.26%

・営業利益の四半期別前年比
1Q -75.63%
2Q -17.00%
3Q +34.70%

 前年同期比と比較すると指標は悪いですが、1Q、2Qと時間を追うごとに改善はしており、悪い印象はありません。四半期単体の営業利益も4四半期ぶりにプラスとなっており、まずまずの数字かと思います。営業収益もキャンペーンの効果なのか1Q、2Qの二桁減から-5.0%減と一桁まで改善しており良い印象です。キャンペーンなどの利益貢献はまだ先かと考えていたので、個人的には嬉しい誤算でした。9か月間の月次で前年比プラスを記録したのは5回とプラスの方が多かったのですが、マイナスの月の幅が大き過ぎたため、残り3か月で前年比±0近くに持っていけたら御の字じゃないでしょうか。

 説明会資料などを見ないとハッキリしませんが、2Qで気になっていた売上高販管費率は80%台から79%に入り、こちらも良い傾向なので、内訳は資料が出たらよく確認したいと思います。

 決算と同時に「FXcoin株式会社」への出資を発表しています。まだ仮想通貨交換業の登録も受けていない、営業さえしていない新興会社なので情報がないため、どの程度の規模の事業になるかは不明ではありますが、どうやらマネパ自体が取引所を運営することはやはりなさそうですね。再三、資料などでも「決済」事業をやる、と言っているので、言動は一致している気がします。が、現時点から申請する会社となると、審査の目は相当厳しく、時間もかなり要する気もするので事業的に動き出すのは相当先の印象も。

 先週末に発生したCoincheck問題ですが、収拾の目途は立っていない印象。会社のSNSなどを見ると、日本円の入金は可能なのに出金は不可能となっており、お金や仮想通貨を預けている人は全く動けていないようです。540億円相当ほど盗まれているのに返金は450億円相当ほどと返金されても損をする人が多数のようですし、会社側は自己資金で返済すると言っていますが、現時点で本当にそれだけのお金を持っているのか、正直「?」です(苦笑)。手持ちの仮想通貨を換金して返済するのかもしれませんが、それだと事業自体が立ちいかなくなりそうですし、既に金融庁から業務改善命令も受けていることから、申請中だった事業者登録も普通に考えれば通るハズもないので、わざわざ登録されていない「みなし業者」を使うより、さっさと登録済みの取引所へと移動する人も多そうです。まぁ、普通の行動ですけど。と言うか、この会社、まだ審査通ってなかったんですね(笑)。取引所をやっていないマネパが1号で通過していて、数万人が取引している会社の審査が通っていないと言うのも思えば変な話です。

 今回の問題は仮想通貨、ブロックチェーン自体の問題ではなく、会社の管理意識、システムの問題と言う印象で取引についての規制は今よりも厳しくなるでしょうが、まだこれで仮想通貨が下火になると言うのは違うかなと。むしろこれを機に規制やルールの策定がより進むような気もしますし、Coincheckの悪い所などがもっとハッキリしてくれば、今よりはマトモな取引所運営が出来るんじゃないか? とも思います。まぁ、それにはCoincheckが非を認めて情報公開をしっかりする必要がありますが…。う~ん、するかな? と言うより出来る状態なのかな? 今後の動向が気になるところですね。

 最大手の取引所でも結構サーバーダウンなどが起こっているようですし、まだまだ外国為替のFXほどにはシステムが整っていないようなので、取引する人は十分に注意深く考えてから投資して欲しいですね…。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
     アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。