2017.05.21 22:13|6879 イマジカ
(2017年5月11日15時発表)

売上高 875.86億円(前期比+25.1%) 会社予想(超過
営業利益 17.87億円(前期比+173.4%) 会社予想(超過
経常利益 20.14億円(前期比+165.0%) 会社予想(超過
当期純利益 17.07億円(前期比は-15.55億円の赤字) 会社予想(超過

・売上高営業利益率(2016年度4Q)→2017年度4Q
(2016年度4Q 0.00%)→2.04%(改善
・売上高経常利益率
(2016年度4Q 1.09%)→2.30%(改善
・売上高純利益率
(2016年度4Q -2.22%)→1.95%(改善
・売上高原価率
(2016年度4Q 69.30%)→71.22%(悪化
・売上高粗利益率
(2016年度4Q 30.70%)→28.78%(悪化
・売上高販管費率
(2016年度4Q 29.76%)→26.74%(改善
・販管費率(対粗利益)
(2016年度4Q 96.96%)→92.91%(改善

・営業利益の四半期別前年比
1Q 赤字転落
2Q 黒字化
3Q +66.01%
4Q 黒字化

●セグメント別業績
◎映像技術サービス事業
売上高 156.09億円(前年同期比+4.7%) 1Q時 -0.4% 2Q時 -2.0% 3Q時 +1.5%
営業利益 12.28億円(前年同期比+25.9%) 1Q時 -23.9% 2Q時 +9.7% 3Q時 +27.3%

 1Q低調も2Qから回復。3Qからは今までの短信にはなかった「IP配信業者からの受注が増加」と言う文言が入るようになっています。現在スカパー!もIPサービスに力を入れているようですし4K専門チャンネルなどで共同制作をしているため主にスカパー!のことでしょうか。テレビ等のポスプロが伸びないなか久しぶりに出てきた新たな収益源として期待できるのか注目されます。

◎映像ソフト事業
売上高 215.60億円(前年同期比+75.0%) 1Q時 +101.1% 2Q時 +91.7% 3Q時 +107.0%
営業利益 10.08億円(前年同期比+115.6%) 1Q時 +1261.0% 2Q時 +929.1% 3Q時 +1288.7%

 期中にOLMなどを子会社化したため大きな増収増益。既存のCM制作なども堅調でした。あまり目立ちませんが昨年話題になった欅坂46のデビュー曲のPVなどはこの事業に属する子会社の制作です。2曲目もたしかそうです。

◎放送事業
売上高 57.44億円(前年同期比-1.5%) 1Q時 +4.0% 2Q時 -1.7% 3Q時 -1.1%
営業利益 1.89億円(前年同期比+34.2%) 1Q時 +212.8% 2Q時 +145.9% 3Q時 +189.5%

 昨年春に業績の悪い子会社1社を売却し採算が改善。15年度に黒字化してから3期連続の増益となりました。今春先には海外映画などを放送していたIMAGICAティーヴィーをWOWOWに売却することで合意。

◎映像システム事業
売上高 139.76億円(前年同期比+15.8%) 1Q時 +9.7% 2Q時 +12.4% 3Q時 +3.5%
営業利益 13.38億円(前年同期比+8.2%) 1Q時 -27.9% 2Q時 -2.0% 3Q時 -51.8%

 グループ唯一の高利益事業ですが3Qで想定外の前期比-51.8%の減益でした。こりゃマズイんじゃないか?と心配していたのですが4Qで急回復。為替は2Qが円高、3Q円安、4Q円高と言う感じだったので3Q時は2Qの円高が受注に影響したのかも。プロ用機器で大型案件受注、4K・8K対応案件を獲得できたようですが、この流れだと次の1Qはまた少し落ち込むような気も。

◎人材コンサルティング事業
売上高 114.76億円(前年同期比-12.8%) 1Q時 -11.5% 2Q時 -10.8% 3Q時 -12.4%
営業利益 4.96億円(前年同期比+19.7%) 1Q時 -19.5% 2Q時 +4.3% 3Q時 -14.1%

 1Qよりグループ内の再編で映像技術者が映像技術サービス事業に転籍。売上高は伸び悩んだものの人件費軽量化で増益。ゲームなどのデバック作業案件が堅調。

◎メディア・ローカライゼーション事業
売上高 216.58億円(前年同期比+32.3%) 1Q時 48.48億円 2Q時 +86.4% 3Q時 +44.1%
営業損失 -11.61億円(前年同期は-15.35億円の損失) 1Q時 -7.78億円 2Q時 -10.24億円 3Q時 -12.04億円
 売上高は大きく伸びましたがのれん償却の関係で赤字は当分続く見通し。今期の業績予想を見ると「のれん等償却額」は全体で14億円(前期15億円)を見込むようです。正直、この事業の先行きがまだ見通せません(笑)。

 全体として営業利益率などは前期より回復しましたが依然として2%台とかなり低い水準。原価率は上がって粗利益は下がっており販管費を切り詰めた増益と言う印象もありますが、連続していた大型M&Aも一段落したため今期の業績が今後のベースになりそうな雰囲気も感じます。幾分余裕はありますが、M&Aの影響で悪化した財務はまだ回復していませんし、依然としてバカ高いのれんは残ったままなので今後の消却額などで業績は変化しそうですね。期中にコロっと変えるので業績予想はかなり難しいです(苦笑)。

 会社予想は前期から通期予想のみで売上高+0.4%、営業利益-10.5%、経常利益-25.5%。純利益予想は無し。この会社の業績予想はほとんど意味がないのでむしろ控えめな数字で良かったんじゃないでしょうか。
 既に短信にも今1Q期間内に子会社の株式譲渡益を計上予定とあり、金額は精査中となっていますから、まずはそれを確認したいところです。洋画で定評のあるチャンネルで自分もよく見てはいたのですが、如何せん年代が古いものばかりで「これ、見てる人多くないよね?」と感じていたのですが、WOWOWへの譲渡と言うことで見られる映画も増えるでしょうし良い判断なのかなと。英国系の映画に強いチャンネルで重宝している人もいたでしょうし残って良かった(笑)。

 今回の数字で目標株価を算出すると372円ほど。数年前は営業利益20億円は稼げる会社でしたし映像コンテンツにはかかせない企業なので復活して欲しいです。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.05.20 12:51|週末PF
 こんにちは。今週末のPFです。前週末比-38,100円となりました。



 マネパが一時の急騰から落ちてきたので485円ぐらいならマネパ口座で買おうと待ち構えましたが安値は496円まで。直近安値が423円で直近高値が626円なのでフィボナッチ的には高値から61.8%戻しを達成したので昨日は一服と言う感じでしょうか。現状この期間でトレンドラインを引くと485円あたりでクロスするので買い下がりをスタートするならこの辺りがいいかと考えています。
 急騰初日が2470万株、二日目が3500万株とあまりに最初に出来高が膨らみ過ぎたため、それ以降は出来高が急減。前回12月の急騰場面では一番多くても742万株ほどで620円ほどまで上げているので今回は非常に効率が悪いです(笑)。最初に頑張りすぎてしまって続けられないと言うのは過去の急騰場面を見ても確認できるので、ここの傾向なんでしょう。上げたいならもっとジワジワやった方が上がるのにな~と言うのが今の所の感想です。
 日足(6か月)の価格帯別の出来高を見ると570円あたりが異常に膨らんでしまい、短期的には上蓋のようになってしまったので上値は重そうで余程のニュースが出ないと厳しそう(苦笑)。戻り売り、空売りも多そうなので面倒ですね。ただ、月足の価格帯別出来高を見ると470~520円ほどの出来高が一番多いので下値も400円台で堅そうな気もします。結局自分のやることは変わらないと言うことですね(笑)。

 日経平均は前週末比-293.14円の19590.76円となり5週ぶりに反落。なんだかんだと色々なニュースが駆け巡りましたが1か月間上がり続けていたので思いのほか強かったです。円高傾向が進行してもっと下げるかと思ったのですが、全く下げませんでした。

 週末の日米10年債の金利は日本が0.039%(前週末比-0.004%)、米国が2.235%(前週末比-0.091%)で金利差は2.196%(前週末比-0.087%)と縮小。為替のドル円は111.26円(前週末比-2.07円)の円高となっています。これで日経は-293円ですからたいして下げてませんね。ただ、FRB要人発言を見ていても6月の利上げに対して消極的な発言をする人が出てきてますし、トランプ大統領への信任が揺らいでいるなど雰囲気は悪そうです。マスコミの情報によって政治が混迷するのは世界共通のようです。少し日本の報道機関と米国の報道機関の姿勢は違うようで日本の場合は反日的なものが多く、米国は反政権で反米的な報道ではないですが。これだけ自国の国民をバカにしている報道機関って世界にあるんでしょうかね? 外国の報道機関はどういう感じなんだろう?

 昨日から本日朝にかけてのドル円は1時間、30分足で見ると111.7円付近から111.1円付近でレンジ相場を形成。上値は重いが下値も堅いと言う印象です。急落開始時点から底を打つまででフィボナッチをとるとこんな感じ。
20170520イメージ
 概ねフィボナッチ(黄色い線)に沿った動きで適当に動いているようでも意外と規則正しいんだな~と。安値が確定された後の戻り売りなどの「目途」にはなりますが、必ず発生するわけでもないですし突き抜けてから戻る場合もあるので、このラインに来たから必ず、と言うわけではなくあくまで「目途」として使うのが正しいのかなと。そのラインでポジションをとっても想定した通りに動いてくれるまで我慢が必要そうです。

 今週は我慢が出来なかったことが多く失敗してしまいましたが、木曜日の失敗で損失する金額に目が慣れたので我慢できる範囲が広がった金曜日はなんとかプラスに出来ました。昨日のブログで書いたポジションも-1,500円まで行きましたが我慢してプラスで決済できましたし、今後の課題は落ちた(上がった)時に建て玉を増やせるか?かなと(課題が増えただけ)。まぁ、そもそも我慢しないで済むポジションで入れるようになりたいのですが、これは至難の業なので(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。




2017.05.19 21:06|ブログ
 こんばんは。テロ等準備罪法案が委員会を通過し来週には衆議院で可決する見通しであり、やっと一つゴタゴタが終わる雰囲気になってきました。今回の審議は30時間ほどでしょうか? 本来はもっと時間を取っていたはずなのですが民進党の審議拒否などが度々起こり短くなったのは自業自得でしょう。共謀罪からテロ等準備罪と名前を変えましたが内容も随分とソフトになり必要最低限の法案と言う感じもしますが、もう10年以上もこれやってるようですし、さすがにオリンピックを目の前にしてもういいでしょうと言う気がします。一部のメディアは相変わらず「共謀罪、共謀罪!」と言ってますが余程イメージを悪くしたいんでしょうかね。朝日が捏造を繰り返しても潰されない良い国だと思っているのですが(笑)。

 採決の動画を見ましたが、優秀そうな若い議員がいて大阪はいいですね。地元の国会議員はあまりパッとしない感じの人ですし、都議会議員は民進党なのにそれをあまり表に出さず「自分にはしがらみがありません!」「都議会で質問回数がNo.1になりました!」とよく分からないことを言う若い人なので羨ましいです。問題は内容なので回数を自慢されても「?」です(笑)。

 今日は加計学園についてはあまりニュースがありませんでしたが、実は「かけい」だと思っていたのですが、「かけ」なんですね。テレビの報道番組は見ないで字だけで情報を集めていることがほとんどなので気づきませんでした(笑)。

 為替の方は昨夜上昇して朝方下落、日中に上げて夜下げると言う展開。日本時間で上げずにそのままにしとけばいいのにと思いますが、「買い」で入る人が多いですし日本時間と言うのはそんなものなんでしょう。
 それでも良い感じで円高一服と言う雰囲気だったのですが、昨日の午後から下げていたユーロ/ドルが上昇を再開し先ほど昨日の高値を抜きました。現在、ユーロ関連の指標が良いためドルを売ってユーロを買う流れ強いんですよね(苦笑)。そのためアオリを受けて円高傾向も進んでいます。まぁ、急落と言う感じでもなく上値が重いと言う感じではあり、昨日の安値110.2円台はまだ先です。今は米国10年債の金利が上昇してますからこの程度ですが夜に下がり始めるようだと…と震える夜です(笑)。111.1~111.7円台のレンジ相場になるだけならいいのですが。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.05.18 20:31|ブログ
 こんばんは。夜中のうちに下へ突き抜けて110.5円台まで突入したドル円ですが日中は高値で111.4円台まで回復。下落トレンドが続くかと思って売りで参戦したのですが、目途となるラインを次々と抜けられて少し痛い目に遭いました…。「う~ん、トレンド的に下落だと思うのになぁ? そのうち反転するかな?」とやり続けたのは失敗でした(苦笑)。かと思えば16時過ぎからの欧州タイムでは急激に円高が進み、どうやら入るタイミングが半日早かったみたいです。今現在は110.380円ほどで推移してますが、この時点で本日朝方の安値を抜いた状態。もう今は分足などではなく日足を見て取引しています(笑)。
 今現在、買いで110.700円を2,000通貨ほど持っているのですが、日足だと次の安値目途は109.6円ほどなのでしばらく放っておこうと思います。

 加計学園について昨日の書類に続いて今度は日付など入った書類が出てきたそうですが、面白いですね。官房長官が会見で日付などが入っておらず~と言ったら次の日に「日付がわかる書類があったぞ!」と出てくるなんて(笑)。ただ、結局今日の書類でも「誰が」作ったものなのか分からないので、人の名前と日時が分かればある程度誰でも作れる雰囲気ですね。この書類を作った人が出てこないと話にならないんじゃないでしょうか。本当にいればですが。
 ネットでどんな感じなのかな?と調べてみると、どうやら今治市に加計学園を熱心に誘致したのは民進党の高井たかし議員らしく、HPを見ると過去に地方創生特別委員会で当時の石破大臣に質問していました。

前文は略。
「加えて、地方の課題も質問しました。愛媛県今治市に50年ぶりの新設をめざす「獣医学部」について。四国4県の大学には獣医学部が一つも無く、獣医師の偏在が問題になっています。地元の岡山理科大学が力を入れており、「これは何としても実現して欲しい」と山口俊一与党筆頭理事(徳島県選出)とともに、石破大臣に強くお願いしました。石破大臣もかつて鳥取県に誘致を試みた経験があるそうで、前向きな答弁を引き出すことができました。」
 岡山理科大学と言うのは加計学園のことですね。

 地方の自治体が特区を利用して大学を誘致するのはおかしくないですし、獣医師がペットなどを見る町医者が多くて畜産関係へ進む人が少ないと言うのも聞いたことがありますし、岡山選出の国会議員が地元の大学の手助けするのも不思議なことではないです。なので「何としても実現して欲しい」「石破大臣に強くお願いしました」と言う強い働きかけも間違ってはいないかと。ただ、現在の話の中でこの人の話が抜け落ちているのがおかしいだけですね(笑)。今どんな気持ちで過ごしているのか興味津々です。

 民進党議員と与党議員で一緒に力を入れて誘致までたどり着いた話だと思うのですが、なぜか民進党は「総理が~」「総理の友人だから~」と連呼しています(笑)。仮に少しぐらいの配慮があったとしても与党、野党が賛成した案だったら別にいいんじゃないかと思うのですが。元々スピード感を重要視してましたし今のままだと別に悪いことしていない(はずの)地元と大学に「森友」と同じなんじゃないかと悪いイメージがついてしまって少し気の毒ですね。恐らくどこのマスコミも民進党や共産党に配慮して報道しないとは思いますが、別に官邸だけで決めた話じゃないよと言うのは知れて良かったです。ネットのある世界で良かった(笑)。

 ちなみに国会で民進党の玉木議員の質疑を動画で見ましたが、「私の弟も獣医師免許を持ってますが獣医はしてません」と誇らしげに言っていましたが、個人的にはそういった免許だけ持って実際に就労していない人がいるから統計上は獣医師が足りているように見えてしまう一因なんじゃないかい?と画面の前で突っ込んでおきました。わざわざ言うなんて馬●じゃないかと(笑)。
 書類も写真で見たのですが、やっぱり官僚の文章っぽくないんですよね。普通の会社員でもやらない口語で書いている部分もありますし誤字脱字も多いですし高級官僚に回す書類としては幼稚な感じが。何よりいつ作成されたか、誰が作ったのか(その人が名乗り出ない限り)証明が出来ないものなので何も進まない気がします。まぁ、これを口実にして審議拒否などをするんでしょうが(笑)。民進党は審議拒否が多すぎるのでその時間分の給与を国民に返して欲しいです。なんとも思ってないので返すはずないですが(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。

2017.05.17 23:16|FX
 こんばんは。またまた森友学園の話題が戻ってきたようなのですが、何でしょう? なんか籠池氏の話って後付の感じがしますし、昨日のヒアリングを見る限りだとむしろ詐欺要素が強まった感じで自分のクビをグイグイと絞めている気が…。ついこの間、音声データを公表して「ゴミが出たから値引きしろ」と恫喝していたのに、急にゴミはなかったらしく私は知らなかったと言われても…。と思っていたら別件の補助金不正受取で大阪府が刑事告訴することが決まったようです。こちらの件に関しては言い逃れできない感じかと思うのですが、どうなんでしょうね? 着地点が全く見えないですね(苦笑)。

 さらには新ネタで加計学園にまつわる謎文章が朝日から出され早速民進議員が飛びついて意気揚々と質疑していました。もう森友では無理なのでこちらで脚本を作ってきたんでしょうか? 朝日、となると最初に浮かぶイメージが「捏造」なのですが、朝日から民進にパスと言う流れだと更にこのイメージが膨らんでしまいます(笑)。
 「文科省関係者」から入手とあり「誰」なのかが分かりませんが、そんな文章を大人数が持つはずないと思うので調べたら分かっちゃいそうな気も。そんなリスクを冒して官僚がこんな文章出しますかね? そもそも頭のいい官僚がこんなハッキリと名前を出して記載したり作文みたいな文章書くんですかね? 証拠が残るのに? 会話で済む話なのに? 何かストーリーに必要な人の名前を全部入れている感じなんですが(笑)。
 書類としての体裁はおよそ官公庁使用ではないのですが、「私が出しました!」と名乗り出てくるなら悪い意味で盛り上がってきそうですね。誰が作って誰が出した文章なのか分からない限りは怪文書扱いでしょうか。だって関係者だと言って僕が書いて新聞社に送っても、新聞社が「これは本物だね」と言ったら信憑性のある文書として扱われることとたいして変わらないですよね(笑)。誰が書いたか分からない文章が国会で取り上げられるとはスゴイ国です。こんなこと以前にはなかっ……、あ、民主党の偽メール事件がありましたね(笑)。今回はどうでしょうね?

 さて、昨日はFXはまたブログを書いた後に一波乱。またまた急落を喰らってしまいました。もう21時以降は怖すぎです(笑)。この急落はナンピンでしのいでプラスにしたのですが、ここで精算しとけばいいのにあろうことか全建て玉を持ち越したまま就寝。もう落ち着いたから大丈夫だろ~なんて考えてしまったのですが、甘い考えでした(笑)。
 朝に確認すると日本時間開始とともに急落の第二波がスタートしており評価損は-8,000円ほど…。「ぉぉ…」と言う感じでした(笑)。
 チャートを確認して、もう1回トレンドを考え直した結果、ある程度戻したところで全て損切。3か月目で最大の損失を出してしまいました(苦笑)。今思えば夜の急落で4時間足が上昇トレンドラインをハッキリと割っており、元々上に下落トレンドラインが堅い上値としてあったことはハッキリと覚えているので、あそこでトレンドが変わったことを認識するべきでした…。やっぱりあれはヤバい動きだったのだと胸に刻んで今回は大きく損切です(苦笑)。
 損切した後は売り参戦でチョビチョビとマイナスを返済しているのですが、ちょうど大きな経験値を得たと言うこともあり取引通貨の上限を1万通貨にしました。どこかのタイミングで始めたいと思っていたので、そういう意味では踏ん切りがつきました(笑)。

 現状の取引の仕方自体は今月やっていて悪くはなかったので基本的なことは変えず。大まかな感じはこんな感じ。
・トレンドラインを引く。
・月足、週足、日足で大きなトレンドを確認。
・入れそうな足を探す。見るのは4、1時間足、30分足のみ。小さい足は無視する(動きに対応できないから(笑))。
・入れそうな足の直近高値と安値でフィボナッチ・リトレースメントを引く。
・目途となるライン付近以外では入らず、中途半端なポジションをとらない。あと少しで来そう、と言ってそこで入らない。
・下落トレンドなら戻り売り、上昇トレンドなら押し目買い。これのみやる。
・ダマしに気を付ける。一呼吸おいて確認してから入る。
・よく分からないなら入らない。
・急落、急騰は無視。その後の戻り売り、押し目買いで対応する。自分の目途で止まるとは限らないので飛びつかない。
・損切注文も入れる。今までは入れてなかったのですが数か月やって「これぐらいかな?」と言う目途が出来たので少し大き目ではありますが入れることにします。
・夜間は慎重に!
・ユーロ/ドル、米10年債の動きも確認する。

 今現在、こんな感じでチャートを見ています。これはドル円の4時間足。右から7本目の大陰線が昨夜の急落場面です。水色の上昇トレンドを突き抜けて下落しています。こういったラインを自動機能で引いてくれるので非常に助かりますし、黄色い横線がフィボナッチ・リトレースメントなのですが安値から高値で引いた後の右側分の動きを見ると結構入る目途になっているのが分かるかと思います。
20170517イメージ

 この図でいくと今は一番下のラインである111.191円に行くのかその上の111.500円近辺で止まるのかを確認中です。ここで止まらないならエライことですね(笑)。
 昨日の分を無理して持ったままだったら-17,000円ほどになっていたので今回は損切して良かったです(笑)。3か月の損益がキャンペーンで貰ったお金を含めると-7,600円ほどと可愛いものなのですが、万を超えてくると少し痛いのでリカバー出来る範囲で済んで良かった(笑)。

人気ブログランキングに登録しています。
よろしければクリックをお願い致します。


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
      アフィリエイトはアクセストレード
カウンター

プロフィール

たぐまる

Author:たぐまる
2012年2月より株式運用開始。現在は会社を退職し「長期投資家」を目指して日々勉強中です。
※当ブログはリンクフリーです。

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

検索フォーム

QRコード

QR